ホーム > 未分類 > 70歳まで働く時代に…<その1>

70歳まで働く時代に…<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年10月23日 8:16 PM
  • 未分類

今朝の新聞を何気なく読んでいて、あるニュースに目が釘付けとなりました。「70歳までの継続雇用を企業に義務付け 首相が表明」というニュースです。昨日行われた「未来投資会議」(ネーミングセンスが抜群ですね)の場で安倍首相が、「企業の継続雇用を65歳から70歳に引き上げる」方針を表明し、閣僚に指示を与えたという内容でした。来年には制度の方向性を固め、2020年に国会に提出し、早ければ2022年から企業が法的義務を負うことになるという青写真まで提示されていました。

今現在は、定年は実質65歳です。正確に言うと、「高年齢者雇用安定法」という法律の中で、①65歳定年制 ②65歳まで継続再雇用 ③定年制の廃止のうちいずれかを企業が選択しなくてはならないことになっています。本人が希望する限り、65歳までは雇用を継続しないといけないわけです。(ただし実際は、時短勤務や、同じ仕事をしていても給料が大幅に抑えられたりしていて、そのままの条件で雇用継続という形にはなっていません) GSも一応株式会社ですので、就業規則が整備されています。その中で、「65歳定年制」が明記されているのですが、その年齢を70歳に変更する必要が出て来るのかもしれません。現在最年長の社員でも40代半ばですので、あと25年くらい後の話ですが…

私は社員ではないので、定年は関係ないのですが、いったい何歳まで働けるのだろう…?と考える時はあります。平均寿命が80歳を超えて、100歳以上の方も年々かなり増えているというような話を聞きますし、とにかく今の60代の方々はとても元気なので、70歳まで働くなんて当たり前のことだという感じもして来ます。自分の身に置き換えてみても、60歳を過ぎても、今と同じレベルで(経営面はもちろん)生徒指導や保護者対応をしているイメージは結構湧いています。(「その時」までもう何年もないことに気付いて、ちょっと愕然としていますが…)
(次回に続く…)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=11753
トラックバックの送信元リスト
70歳まで働く時代に…<その1> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 70歳まで働く時代に…<その1>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る