ホーム > 未分類 > 模試の結果について思うこと<その8>

模試の結果について思うこと<その8>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年9月14日 2:05 PM
  • 未分類

私が最近感じている最悪の塾講師は、「生徒に依存されている講師」です。いわゆる「面倒の見過ぎ」というやつです。面倒を見ることは大切なことですが、それによって生徒の自主性を奪い、結果としてスポイルしてしまっているのでは話になりません。そのことに講師本人はまったく気付かず、すごく良いことをしていると思っているからたちが悪いのです。大手塾の若手講師に多いのですが、ベテランになってもこの悪癖が抜けない講師も少なくありません。算数・数学の講師に多いのも特徴です。

具体的に最悪な例をいくつか挙げてみます。

〇授業や個別指導で、ひたすらしゃべり続けている講師。
→場面・場面で生徒に考えさせないのが最悪です。大学受験の予備校や、よほど優秀な生徒たちの集団であればそれでも成果が出るのでしょうが、一般的な小中学生の塾においては、立て板に水のごとくしゃべり続けている講師のクラスは、だいたい成績が上がっていません。私は、生徒が質問に来た時の対応で、成績を上げられる講師かどうかを見抜ける自信があります。

〇すぐに答えを与えてしまう講師。
→入試問題の解説授業において、特にこの部分の差が顕著になります。算数・数学は、間違えた問題を生徒が自分で解き直さなくてはならないのですが、力量のない講師は、ホワイトボード(黒板)で解説する中で自分で答えを出して、生徒たちはそれをノートに写して終わりというような授業をやっています。それでは、生徒たちが点数を取れるようになるわけがありません。
文系の科目についてもそれは同様です。都立中の作文についても、そのことを強く感じます。ダメな講師は、作文用紙を赤ペンで真っ赤にして返します。それ見て生徒や保護者の方が満足しているとしたら、状況はとてもまずいです。点数を取れるようになっていないのではないでしょうか? 漢字のミスを直したり、重要なポイントくらいを赤入れすることは必要でしょうが、模範解答的な文章を講師がズラズラ書いて提示するのはまったくナンセンスです。まずいところについては、生徒が自分の手で再度考えて書き直さなくては意味がないのです。その際に、必要以上に講師が誘導してしまうと、生徒が自分の言葉で作文を書けなくなってしまいます。

〇「自習室に来い」が口癖の講師。
→自習室に来させるのは、成績を上げるための手段であって目的ではありません、生徒が自習室にやって来て、「今日は何をすればいいですか?」と聞きに来たり、何をしたらいいか分からなくてボーッとしているような状況があったら末期症状です。自主的に勉強しに来るきっかけは、講師や保護者の方が誘導しても構いませんが、あくまでも生徒本人が自主的に来て、講師を利用するというスタンスが正しいのです。そうでなければ、成績が大きく上がることはありません。

〇中学校の定期テストを何から何まで面倒を見ている(と錯覚している)講師。
→本当に何から何まで100%面倒見切れればまだいいのですが、様々な中学校の生徒が混在している中で、そんなことができるわけがありません。結局中途半端に終わってしまう場合が多いのです。それを売りにしている塾もありますが、講師の対応によっては生徒がどんどんダメになって行ってしまうので要注意です。GSの中学生は、毎年(定期テストの対策を売りにしている)近隣の某塾からの転塾生がとても多いのですが、その部分に関しては本当に(塾に)スポイルされてしまっている生徒が多いことに愕然としています。定期テストの対策について、口を開けて待っている生徒の割合がとても多いのです。塾が(講師)が対策をしてくれないと勉強ができないと思い込んでいる生徒が(時には保護者の方も)いたりします。そういう生徒たちは、高校に行ったらどうするつもりなのでしょうか? 大学生になっても、対策をしてくれないとテストの勉強ができないと言い続けるつもりなのでしょうか?
自分で計画を立てて学習を進めて行き、その中で困ったことがあれば塾(講師)を利用するというのが正しい姿勢です。もちろん、その過程において行き詰った時は、一緒に計画を立ててあげたり、学習の進捗を点検してあげることは必要だと思います。最初から全部塾に(講師に)丸投げというのは、まったく違うと考えています。
(次回に続く…)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=11508
トラックバックの送信元リスト
模試の結果について思うこと<その8> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 模試の結果について思うこと<その8>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る