ホーム > 未分類 > 模試の結果について思うこと<その2>

模試の結果について思うこと<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年9月7日 8:15 PM
  • 未分類

本日でGSテスト(全国模試)は終了です。現在この時間に、中1・中2の最後の科目を実施しています。やはりテストの日は、受験学年はもちろん、小4や中1あたりでも、かなり緊張感を持って来ているようです。終わった後は、暗い顔をして帰る生徒が多いのが気になります。家に帰って、親に「できたの?」と聞かれるのが嫌だと言っている生徒が多いです(苦笑)。
最終的に(点数の)結果が出揃うのは明日、偏差値や全国順位が分かる成績帳票が返って来るのは2週間くらい先になります。
昨日も書きましたが、クラスの中でも大きく差がついて来ているのが今回の特徴です。やはり、夏休みが終わってから(学校が始まってから)の取り組みがそのまま結果につながっているように感じます。この1週間で集めて点検した夏の後半の宿題の取り組みと、テストの結果がほぼ一致しています。

取り組みの差を具体的に挙げてみます。今回のGSテストの範囲の復習プリント等を夏の後半の宿題に出していたクラスが多いのですが…
<しっかり取り組んでいる生徒>→それこそ夏期講習中や、9月に入ってからすぐにノートを見せに来て、分からないところを質問し、その上でやり直しをして、課題を完璧に仕上げた(できた)状態で早めに提出。
<サボった生徒>→期限の日にノートを忘れて持って来ていなかったり、出したはいいけどおざなりにやっていて、丸つけして返した後に当然復習までできずにテストを迎えてしまう。
というような差があるわけです。これがテストの結果に直結しないはすがありません。
(次回に続く…)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=11469
トラックバックの送信元リスト
模試の結果について思うこと<その2> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 模試の結果について思うこと<その2>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る