ホーム > 未分類 > 文武両道の重要性<その7>

文武両道の重要性<その7>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年7月21日 12:28 AM
  • 未分類

〇会話・コミュニケーション能力
→塾で子どもたちと接していて感じるのですが、挨拶をきちんとできない生徒は、成績が伸びません。うまく理由を説明できないのですが、30数年の経験則です。友だちとはもちろん、大人ときちんとコミュニケーションを取れるようになるかどうかは、小学校の高学年や中学生の時期に、一番重要なミッションの1つだと考えています。
GSでは、この部分の力を伸ばしてあげたいという思いが強く、(小学生であっても)生徒たちと対等なコミュニケーションを取るようにしています。最初はほとんど会話ができなかった生徒が、次第にそれなりのコミュニケーションが取れるようになって行きます。それに伴って成績が上がって来るケースが多いことも特筆しておきます。ただし、この部分は我々の力だけではどうにもなりません。保護者の皆様のご協力が絶対に必要です。

〇SOSを発信できる
→これも、子どもたちにとって非常に重要な力です。塾で分からないことを質問できるかどうかというようなことも大切ですが、そういうレベルの話ではなく、本当に困った時に、助けを求められるかということです。勉強や受験のこと、友だちや先生との関係、親子関係等、子どもたちには様々な悩みがあるはずです。そんな中で、自分ではどうすることもできないと感じるような問題が起こった時に、悶々としていないで誰かに相談することができるかどうかはとても重要です。例えば、学校でいじめられていて結構辛い状況になっている時に、我が子は親に相談してくれるという確信が持てるでしょうか? 自分は そのことに気付いてあげられるという自信があるでしょうか? そう言い切れないのであれば、まだ子どもとの関係を見直す余地があるということです。

〇感謝の気持ちが持てる
→特に入試直前期にこのことを強く感じます。特に両親や家族に対して、感謝の気持ちを持てていて、それをきちんと言葉や態度で伝えられるかどうかはとても重要だと思います。入試の結果にも影響します。私がこのことに気付いたのは、普段の成績的にはかなり足りない学校に、いわゆる奇跡の合格を果たして来る生徒が、入試前日や当日の朝に、親に感謝の思いを伝えて出かけて行くことが多いことを、保護者の方から伺う機会が多かったからです。
塾に通わせてもらえたこと、夜遅くに送り迎えをしてくれたこと、講習会でお弁当を2食作って持たせてくれたり届けたりしてくれたこと、もっと言えば産んでくれてここまで育てて来てくれたこと等、普段当たり前と思っていることに感謝できるような子どもになって欲しいと強く思います。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=11237
トラックバックの送信元リスト
文武両道の重要性<その7> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 文武両道の重要性<その7>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る