ホーム > 未分類 > 大学入試最新情報<その12>

大学入試最新情報<その12>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年7月6日 2:14 PM
  • 未分類

大学入試をするのであれば、今までの受験生以上に、様々覚悟を決めて臨む必要があるということです。具体的には…

①大学入試が大きく変わるので、過去問や今までのデータが使えず、入試制度がぎりぎりにならないと決まらなかったりして、受験勉強がとてもやりにくい状況だということを認識しておくこと。
→とにかく今の高1の生徒たちがかわいそうです。まだ具体的なことがほとんど見えて来ません。今の中3生は、この状況を横目で見ながら、大学受験をするのか、付属高校にするのかの究極の選択をすることになります。リミットは、夏休みが終わったタイミングですから、あと2ヵ月くらいです。今の中2生くらいからは、だいぶ状況が把握できた状態で受験勉強に取り組むことができるようになると思います。
記述問題が増えることもありますが、選択問題でも、単に知識として知っているだけでなく、思考力や応用力、普段の生活の中での経験を問われるタイプの問題が増えます。(プレテストの問題を見る限り、国語と数学はその傾向が顕著です)

②(来年度から始まる新たなタイプの)英検の2級レベルを、高2までに合格するつもりで準備を進めること。
→これもまだ詳細が分かりませんが、外部試験が全員必修となることは決まっていますし、受験資格等として2級のレベルが要求される大学が出て来ることは間違いないので、準備を進めておく必要があるでしょう。高3になると、本格的な受験勉強に時間を割かなくてはいけなくなるので、外部試験は高2までに終わらせておくのがいいと思います。

③「e-ポートフォリオ」のシステムを、高1のうちからきちんと作成して行くこと。
→当然、そこに書くべき内容である、部活や生徒会、ボランティア活動、その他の課外活動等について、積極的に参加していないと、埋めて行くことができません。これも、まだどのような使われ方をするか分かりませんが、2次試験において重要なファクターとなる可能性がある以上、サボるわけには行かないのです。

④面接・小論文の対策も、ある程度意識して進めること。
→新しい制度の入試において、各大学の2次試験で重視される可能性があります。

⑤第一志望のレベルに届かなかった場合、かなりランクが下の大学に進学しなくてはならないケースが出て来ることを認識しておくこと。
→私立大学のボリュームゾーンのレベルがかなり難化しているのです。大幅な定員削減が一番大きな理由ですが、大学によって2次試験の傾向がかなり異なったりして、併願パターンが組みにくくなる可能性もあります。

こんなところでしょうか。
①はともかく、②~⑤については、旧制度の大学入試で受験する生徒は、まったく考える必要すらなかった要素です。極端なことを言えば、センター試験と2次試験で必要な科目のについて、学力(得点力)の養成だけしていればよかったわけです。しかも、過去問で傾向がある程度はっきりしているりで、対策も立てやすかったのです。
それと較べると、かなり負担が大きくなることはもちろん、制度が不透明なことで、精神衛生上もいいことはありません。

そういう状況をきちんと理解した上で、覚悟を決めて大学受験をすると言うのであれば、いいと思います。その覚悟が決まらないのであれば、(付属高校なり高専なり)大学受験を回避する手段を前向きに検討してください。
「大学受験をするな!」ということではありません。「大学受験をするなら、様々本気でやれ! でないと、後悔するぞ」ということです。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=11130
トラックバックの送信元リスト
大学入試最新情報<その12> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 大学入試最新情報<その12>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る