ホーム > 未分類 > 大学入試最新情報<その11>

大学入試最新情報<その11>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年7月5日 4:48 PM
  • 未分類

私立大学について、早慶やMARCHの看板学部等難関レベルはもちろんですが、私の皮膚感覚としてここ数年で一番難化したと感じるのは、「東駒専」のレベルです。一昔前だったら余裕で滑り止めに使えたはずのレベルの生徒が、今はボロボロ落ちて来るケースが増えています。もちろんも、そのあたりのことも模試の判定ではある程度反映されているわけですが、生徒たちや保護者の方はもちろん、学校の先生や予備校の講師たちでさえ、入試の結果が出た後に戸惑いを隠せない様子が見て取れます。
重要なことは、この状況の変化をしっかり把握した上で、併願パターン等を検討するということです。数年前のデータは、ほとんど役に立たなくなっていることに注意が必要です。

大学入試がこれだけ大きく変わって来ているわけですが、私の中での結論は明らかです。「この状況下で大学入試をするのであれば、相当の覚悟を持って決断せよ!」ということです。特に高校受験において、「何となく都立」という選択はダメだと考えています。
GSの中学部は、開校以来、「都立進学指導重点校専門塾」のような形で運営して来ました。入塾する生徒(保護者)のほとんどがそこを目指して来ていたということもあります。結果としても、都立進学指導重点校に進学する生徒の割合が高かったのですが、我々の中でも、その生徒の(高校進学後や大学受験も含めた)将来のことを考えた時に、「その選択が一番いい」と確信できていたからということもあります。
その流れが、昨年あたりから大きく変わって来ました。最初から私立付属高校志望の生徒の割合が増えて来たということもありますが、我々の対応としても、「この生徒は大学受験をさせてはダメだ」という判断をせざるを得ないケースも増えて来ています。生徒の質というよりも、(私立大学の難化も含めて)大学入試が変わることの影響が大きいです。
もちろん、昨年から(東京都の)私立高校無償化がスタートしたことも引き鉄になっています。「経済的な理由により、とりあえず都立高校へ」というご家庭がほとんどなくなりました。(年収制限はありますが)年間44万2千円が支給されるからです。
結果、GSの今の中学生たちは、(学年にもよりますが)都立高校と付属高校の志望者が半々くらいの感じになって来ています。
(次回に続く…)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=11117
トラックバックの送信元リスト
大学入試最新情報<その11> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 大学入試最新情報<その11>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る