ホーム > 未分類 > 大学入試最新情報<その1>

大学入試最新情報<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年6月21日 5:09 PM
  • 未分類

2020年度(今の高1の代)から、大学入試が大きく変わります。ただし、当初の予定と較べると、かなり腰砕けとなってしまっている感じで、塾講師の中には「変わる変わる詐欺入試」と呼んでいる人がいたりします。
現時点で確定している情報を再度まとめておきます。

①「センター試験」に代えて「大学入試共通テスト」を実施する。日程は従来のセンター試験と同じとする。
②国語と数学はマークシート式の問題に加えて、記述問題を3題出題する。
③理科・社会は当面マークシート式の問題のみ。2024年度(今の小6)から記述問題を導入する。
④英語は民間の検定試験で代替できるものとする。高3の4月~12月に2回受験することができる。マークシート式のテストも2023年度(今の中1)までは併用するが、民間の検定試験を何らかの形で合否判定に反映させるようにする。
⑤成績については、マーク式問題は1点刻み、記述式問題はA・B・C…等の段階別で評価する。
⑥大学ごとの2次試験では、「面接」「小論文」「高校の調査書」「課外活動」等も評価して、生徒の多面的な力が測れるようにする。(一般入試でも調査書を活用できるようにする。ただし、募集要項に活用方法を明記する)
⑦推薦入試とAO入試にも学力試験を義務付ける。

という感じですが、今回、④と⑥について新たな情報・詳細が判明しました。
(次回に続く…)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=11033
トラックバックの送信元リスト
大学入試最新情報<その1> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 大学入試最新情報<その1>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る