ホーム > 未分類 > テストで点数を取るために<その7>

テストで点数を取るために<その7>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年6月20日 5:15 PM
  • 未分類

塾のことで言うと、非常に冷たい物言いに聞こえたら申し訳ないのですが、「塾に通っていれば成績が上がる」などということはありません。残念ながら、それは幻想です。塾に通いながら、本当に頑張った生徒たちだけが大きな成果を手に入れることができます。
中学校の内申点も、テストの成績(偏差値)も、形としては絶対評価になっていますが、実際には相対評価です。みんなが同じように頑張れば、成績は上がりません。入試本番も同じです。競争がある以上、合格する生徒がいれば、不合格となる生徒もいます。全員が合格したら、入試での選抜が成り立たなくなってしまいます。
矛盾したように聞こえるかもしれませんが、GSは生徒たちの成績を上げて、難関校に合格させることには絶対の自信を持っています。最近の数年間で言えば、受験学年1年間の平均で、内申点は3~4ポイント、偏差値は5~6ポイントくらい上がっています。中には、偏差値で10くらい上がっている生徒も結構います。
入試の結果で言うと、第一志望校合格率は、私立中・高で70%、都立中で50%、都立高校で75%くらいです。我々はもっと行けるはずだと思っていますが、かなり高いレベルでチャレンジさせていることや、全体の倍率と比較すると、なかなか良い結果であるはずです。しかし、これらの結果は、生徒たちが本当に頑張りきっていることの結果であって、GSに通っていれば合格できるという話ではまったくありません。
もちろん、我々はすべての生徒に対して手を尽くしますし、保護者の方も必死にバックアップをしていただける場合がほとんどです。それでも、一年間まったく成績が上がらなかったり、受験で考えていたレベルの学校に3つも4つも落ちてしまったりする生徒が(人数は少ないですが)出てしまうのが現実です。
この部分で差がつく要因を1つに絞れと言われたら、私は「子どもたちの受験に対する自主性・主体性」だと答えます。あと1つ付け加えるとしたら、「素直さ」でしょうか。
能力の差は、ある程度までは努力で埋められます。ただし、「努力ができる」というのもある種の能力で、そこは受験期になってから慌てても、なかなか変えることができません。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=11026
トラックバックの送信元リスト
テストで点数を取るために<その7> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > テストで点数を取るために<その7>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る