ホーム > 未分類 > FPとしての仕事も少しずつ増えて来ています<その6>

FPとしての仕事も少しずつ増えて来ています<その6>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年6月9日 6:41 PM
  • 未分類

私が現在FPとして携わっている仕事は、大きく分けて2つです。1つは個人の将来の「ライフプラン」の相談、もう1つは多くの方に情報を伝える講演・研修です。
講演については、高校や大学で生徒(学生)や保護者の方に、将来のお金や奨学金の情報をお伝えするものがほとんどです。地元八王子市内の高校・大学で呼ばれる機会が多いです。
個人の相談については、就職や結婚が決まった際や、住宅ローンを組む時などに、将来のお金のやり繰りについて相談に乗ることが多いです。「ライフプラン」の診断と言われてもピンと来ない方が多いと思いますので、日本FP協会のホームページの「ライフプラン診断」のページを見てみることをお勧めします。気が向いたら、ご自分の情報を入力してみてください。どんなことをするのか、少しイメージがお分かりいただけると思います。

http://www.jafp.or.jp/know/lifeplan/simulation/

私は、「FPの仕事は、お金の面に関して、正確な情報の提供を行い、将来の夢を顧客と一緒に描くこと」だと考えています。ですから、私の面談では、お金の貯め方はもちろんですが、お金の使い方についての相談をする場面が多いです。お金は、使うことによって初めて幸せにつながると考えています。これは私の個人的な意見ですが、「親は子どもに多くの財産を残す必要はない」とすら考えています。しかし、実際にライフプランの相談に乗ると、ほとんどの方がお金を節約して(使うのをケチって)少しでも貯金を増やすことしか考えていない感じがします。私が、「このタイミングで家族旅行はどうですか?」とか、「月に1回くらいはちょっとリッチな外食を入れてみては…」というような提案をすると、怪訝な顔をされることが多いです。特にお母様方にその傾向があります。自分のお洒落や、欲しいものを我慢している(というか考えもしていない)方が多いのですが、そこに突っ込みを入れると、「子どもにお金がかかるので…」と寂しい顔をされる方もいます。家庭の中のこのあたりの「常識」を崩さないと、家族みんなが幸せにはなれません。
特に、若い夫婦や結婚を考えているカップルが、お金の不安を抱えているケースが多いです。そういう時は、2人一緒に呼んで、20年後くらいまでのライフプラン表を一緒に作成し、背中を押すようにしています。具体的なイメージと勇気が持てて、元気になって帰って行く場合が多いです。

「お金の面を通して、みんなを幸せをすること」が、FPの最大の使命なのです。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=10989
トラックバックの送信元リスト
FPとしての仕事も少しずつ増えて来ています<その6> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > FPとしての仕事も少しずつ増えて来ています<その6>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る