ホーム > 未分類 > 5月~6月は差がつく時期です<その3>

5月~6月は差がつく時期です<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年5月10日 9:01 PM
  • 未分類

もう1つこの時期に差がつく要因は、「5月病」にかかる生徒が出て来ることです。
この時期に欠席がちになる生徒が要注意なのですが、急に学校や塾に行きたがらなくなったり、仮病を使ったり、特に体で悪いところもないのに具合が悪くなったり(我々は半仮病と呼んでいます)するケースが見られるようになります。大事なテスト(プレッシャーがかかるテスト)があると、必ずと言ってよいほどそうなってしまう生徒もいます。

欠席・遅刻が多い生徒は、なかなか結果につながりません。理由はいくつかあります。
GSのような進学塾の場合、1回休んでしまうと、取り戻すのがかなり大変になってしまいます。毎回の授業で、質量共にそれだけ濃密な内容に取り組んでいるからです。(例えば中学生の場合、中学校の学習内容をほぼ2年間で学習するわけですが、中1のうちから入試を意識したレベルに踏み込んだカリキュラムになっています) それが一番大きい理由ですが、もう1つは、「逃げる癖」がついてしまうと、なかなか困難なミッションに立ち向かうことができなくなってしまうからです。本当に具合が悪い時に、「絶対に休んじゃダメだ、這ってでも来い!」と言うことではありません。ちょっと体調が優れないとか、プレッシャーがかかって苦しいとか、気持ちが乗らないとかいう時に、もうひと踏ん張りができるかどうかが大きいのですが、その時すぐに、「休んじゃえばいいや」「逃げちゃえばいいや」となってしまうと、次第にそれが習慣化してしまい、将来的にも苦しい時に頑張れなくなってしまいます。そういう生徒に限って、休んでしまった分や逃げてしまって遅れた分を後で挽回しようとはしないので、周りの生徒とはどんどん差がついて行ってしまうことになります。

GSという塾の名前は、「Good Smile」から取っているのですが(「後藤・スマートになりたい」ではありません…)、一番の趣旨は、「苦しい時ほど笑顔で頑張れる人になってほしい」ということです。生徒たちには、ちょっと苦しくなった時に、すぐに逃げてしまったり悲壮感を漂わせたりせずに、状況を打開するために前向きに立ち向かってほしいのです。
(次回に続く…)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=10848
トラックバックの送信元リスト
5月~6月は差がつく時期です<その3> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 5月~6月は差がつく時期です<その3>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る