ホーム > 未分類 > 無事に戻ってまいりました!

無事に戻ってまいりました!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年4月13日 8:53 PM
  • 未分類

ご迷惑・ご心配をおかけし、申し訳ございませんでした。無事に仕事に復帰致しました。両眼とも手術は成功しました。
メールやラインで多くの励まし・お見舞いをいただきました。ありがとうございました。手術当日から水曜日くらいまではほとんど見ることができませんでしたが…(^_^;)
現在どういう状況かと言うと、裸眼で手術前眼鏡をかけているのと同じくらいの見え方の感じです。視力は、これからまだ少しずつ回復して行くはず…と言われています。すごいことだと思います。ただし、まだ抜糸が済んでいないので目にちょっとゴロゴロ感がありますし、埃や菌が入らないようにしばらく(すき間のない)保護眼鏡をかけていないといけないこと、飲み薬を1日3回、目薬を1日5回欠かせないこと等、まだ完全復活には時間がかかりそうです。(本日まではGSテスト期間で、明日から通常授業・面談等始まりますが、そちらにはもう支障がありませんので、ご安心ください)

手術自体は、事前に聞いていた通り、とても簡単に終わりました。目薬や麻酔を何度も挿したりして待ち時間はとても長いのですが、手術台に乗ってからは本当に20分くらいだったと思います。その時間で、目の表面を切開して、水晶体を乳化させて機械で吸い取り、人工のレンズを入れて縫合するという流れが完了してしまうのです。痛みは、目薬の麻酔のおかげで、(私の場合は)手術中も手術後もまったくありませんでした。手術中は機械で強制的に目を開かれた状態なのですが、まぶしい光が見えるだけで、メスやレンズは見えません。まとめて言うと、こんなに簡単に終わってしまうんだ…というのが率直な感想です。
私の場合一番辛かったのは、2日目の手術が終わった後でした。その眼はガッツリ眼帯をされてしまうのですが、もう片方の前日手術した方の目の視力がまだあまり戻って来ず、それまで使っていた眼鏡もまったく役に立たなくなっているので、視界がぼやけた状態で帰ったり、生活したりしなくてはならなかったのです。周りのおじいちゃんたちは、みんな付き添いの方と一緒に帰りましたが、私は独りぽっちだったので、とても心細かったです(;_;) (ビルの下まで病院の受付の方が付き添ってくれて、そこからタクシーに乗ったので危険はありませんでしたが…) 今は、白内障の手術は日帰りで問題なくできるようになっているのですが、この部分の負担を考えたら、入院の方が楽だと思いました。病院の行き帰りや、帰宅後の生活(特に階段の登り降り)でとても怖い思いをしました。
手術後もしばらくは毎日通院しなくてはなりません。(順調に行っても1週間~10日くらい) 待ち時間がとても長いので、時間的に余裕がないとしんどいです。その間、飲み薬・目薬も欠かせません。仕事中に抜けて目薬を挿すというのは結構大変です。(両眼に続けて3本ずつ、間を5分ずつ空けて…というような指示があります) 本当は、40代~50代の方でも早く手術をした方がいいケースが多いそうです。ただし、上記のような状況(仕事をしながらだと難しい)がネックになって、なかなか決断をできないのだいうことを感じました。(まぁ、どんな病気の手術でもそうでしょうけど…) そう言う意味では、費用が全額保険で出ることも含めて、私はとても恵まれた環境にあったということだと思います。

来週前半に抜糸が予定されていますが、見え方が安定するまであと1週間くらい、不便を感じなくなって車が運転できるようになるまでにはあと2週間くらいは必要だと言われています。まだまだ長い戦いになりそうです。それでも、手術を決断して良かったと改めて感じています。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=10724
トラックバックの送信元リスト
無事に戻ってまいりました! - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 無事に戻ってまいりました!

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る