ホーム > 未分類 > ガウディア教室報告<その5>

ガウディア教室報告<その5>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年3月28日 10:34 AM
  • 未分類

まとめて言うと、この形できちんと取り組ませて行ったら、大きな成果につながるだろうということです。もちろん、教材のすばらしさ(内容とシステム)が前提にあるわけですが、それ以外の部分で私が感じていることを再度まとめておきます。

〇勉強は楽しく取り組まないとダメだということ
→本人が喜々として取り組めるかどうかが大きいと感じます。少なくとも、イヤイヤやっていても何もいいことはありません。お子様は、「もっと宿題をたくさん欲しい!」と思ったことがあるでしょうか?

〇生徒本人の自主性を育む必要があること
→上記の点とも関係すると思いますが、生徒が口を開けてえさを入れてくれるのを待っている状態だと、本当の意味での力はつかないと思います。1つ例を挙げてみます。例えば、分からない言葉が出て来た時に、お子様はどういう行動を起こすでしょうか? 最悪な順番に言うと、①気にもしないこと、②気にはなるけど解決しようとしないこと、③すぐに誰かに聞いてしまうことです。正解は、④「すぐに自分で調べる」ことです。ガウディアの教室には常に辞書が置いてあって、分からない言葉が出て来た時は自分で調べることになっています。間違えた問題は、まず自分でじっくり考え直すことがルールです。前のところを見直すことも重要な行動です。どこで間違えたのかが理解できるまで、間違えた式や答えを消してはいけないことになっています。もちろん、その上でどうしても自分で解決できないものは質問してもいいのですが、「まず自分の力で解決しようという姿勢」があるかどうかがとても大きいと感じます。

〇できないところに戻って勉強し直すことが重要
→国語も算数も、これがとても大切だということを改めて認識しました。集団授業の中では全員に対応することは不可能ですし、生徒たちが各自でそれをやって行くのもなかなか難しいものがあります。ガウディアは、無学年制ということもあり、入塾の段階の診断テストの結果に基づいて、できないところ(正確に言うと完璧にできるところ)からスタートします。学習を始めた後も、躓いていてどうしようもないところが出て来たら、戻って(その基礎となる部分の)前の単元をやり直すこともあります。(今のところそういう事態になっている生徒はいませんが…) システムとして、すべての問題に正解して〇をもらわないと(すべての単元で花丸をもらわないと)先へ進めないことになっています。もちろん、中学受験レベルの問題ではないからそれが可能になるわけですが、授業を聞きっ放しで終わったり、できないことをそのままにしておいたりすることが許されないのです。自然と生徒たちも、完璧に理解して、ミスなく取り組むという意識・習慣でできて来ます。この形で学習して行けば、誰でもできるようになって行きます。例外はありません。

〇優秀な生徒でも退屈することがありません
→集団授業の中では、いわゆる「落ちこぼれ」と同じように、「浮きこぽれ」る生徒が出てしまいます。授業の内容はほぼすべてできてしまって、退屈してしまう状態です。学校ではそのことが前提ですし、GSのような進学塾でも、クラスで何名かはそれに近い状態になってしまう場合があります。(別課題を用意する等して、極力そうさせないようにしていますが…) 1つ前の項目とは逆の話ですが、ガウディアではできる生徒はどんどん進んで行くので、1つ上の学年の学習をしている生徒が何人もいます。今、幼児や低学年で来てくれている生徒には、「小4から本格的に受験勉強を始める前に、小6の範囲まで終わらせてしまおう!」と唆しています。速く進めばいいというわけではありませんが、分かりきっている単元を何度もやって退屈してしまうという事態が起こらないのがいいところです。力がある生徒は、どんどん進んで行けばいいのです。

これらの部分は、進学塾の集団授業にどっぷり浸かっていると、気付かなかったり忘れがちになるところだと思います。そういう意味では、ガウディアの指導によって講師も鍛えられるのです。(30年以上塾講師をやっている私がそう感じるのですから、間違いありません) 幼児の指導などは正にそうですね。言葉遣いまで変わってしまうので、そのモードのまま中学生の授業に行くと、生徒たちが目を丸くしていることがあります(笑)。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=10677
トラックバックの送信元リスト
ガウディア教室報告<その5> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > ガウディア教室報告<その5>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る