ホーム > アーカイブ > 2021年9月のアーカイブ

2021年9月のアーカイブ

都立高校男女枠撤廃正式決定!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年9月30日 7:50 AM
  • 未分類

都立高校の入試について、大きなニュースが続いています。男女別の定員について、ようやく廃止の方向で進めることが発表されました。全国の公立高校で、男女別の定員が定められているのは、東京都だけとなっていたのです。これについて、「男女差別だ!」「ジェンダーフリーの世の中にそぐわない!」という批判が高まっていました。世論が大きくなって来たことと、裁判になったら(都教委が)負けるというような声も出始めたので、都教委も重い腰を上げざるを得なかったということです。
具体的に言うと、ほとんどの高校で、女子の方が合格最低点が高くなってしまっていたのです。同じ点数でも、男子だったら合格、女子だったら不合格という事例が多くなって来ていました。全体的に内申が女子の方が高いことと、中堅・下位校では学力(テストの点数)的にも女子の方が高い場合が多いからです。中には、1000点満点で200点以上ボーダーの差があった(女子の方が高かった)高校もありました。

ただし、依然腰が引けた対応は続いていて、「段階的に進めて、数年後に完全に撤廃する」という形が提示されています。一気に完全撤廃できなかった理由として、「トイレ・更衣室等、施設面の対応が追い付かない」「私立高校の募集に影響が出てしまうのを避けたい」ということを挙げています。これについては、一定理解できる部分もありますが、今まで対応が遅れたことが、これだけ問題を大きくしてしまった要因なので、もっとドラスティックな改革をしてもよかったと感じます。
最近の都立高校(都教委)の改革は、期限を明確に切らないで、あやふやにしたまま進めることが多くなっています。一昔前、石原都知事の時代に、都教委の幹部の方とお話されせていただく機会があったのですが、あの頃は、都立高校改革への熱い思いと共に、スピード感、スケジューリングの綿密さ等に、感動した記憶があります。「こんな感じで幹部が本気で取り組んでいるんだから、そりゃ都立高校の改革は成功するだろうな」と感じていました。私立高校の先生方が、「都立高校の改革のスピードについて行けない」とこぼしていたことを思い出します。その後、都立高校(の一部)が一気に復権を果たし、大学入試でも私立高校と対等に勝負できるようになったことは、皆さんもご存知だと思います。今は、都立高校離れがじわじわと進んでいます。時代背景、大学入試改革の失敗、コロナの影響等、様々な要因があるのですが、私は都教委のこの間のぐだぐだの対応が、都立高校離れの大きな要因の1つになっていると感じています。

男女枠の撤廃について、今後の具体的な流れは以下の通りです。
〇来春の入試(今の中3の代)から、全校で定員の「1割枠」を導入。
〇その結果を分析して、(早ければ今の中2の代から)全校で定員の「2割枠」を導入。
〇その結果を分析して、(早ければ今の中1の代から)全校で男女別定員を廃止。
と公表されています。こういう書き方をしているので、実施時期は後ろにズレて行く可能性があります。

「1割枠」「2割枠」というのがピンと来ない方のために説明しておきます。例えば「1割枠」というのは、定員の9割を男女別に選抜して、残りの1割を男女混合で選抜するということです。結果、最後の1割が全員女子になってしまう高校もありますし、女子の方が多くなってしまう場合が多いのです。今までは、一部の高校のみ「1割枠」を導入していたのですが、それを来年から全校に広げるということです。
(次回に続く…)

10月以降の授業について

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年9月29日 4:41 PM
  • 未分類

明日で緊急事態宣言が全面解除されることになりました。八王子でも、新規感染者数がだいぶ少なくなって来ています。
これに伴い、10月1日(金)より、高2以下すべての学年・コースで、授業を通常通り校舎での対面授業に戻します。(高3のオンラインコースのみ、引き続きオンラインで行います)
ただし、GSタイムや、自習室の利用については、引き続き制約がありますので、システムの「お知らせ」と「メッセージ」を確認してください。
登校前の検温、マスクの着用、校舎に着いた時の手洗い・消毒等は、引き続き励行をお願いします。

都立高校スピーキングテスト正式決定!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年9月28日 10:22 PM
  • 未分類

都立高校のスピーキングテストについて、今公表されていることをまとめます。

◯今の中2の学年から実施。
◯ベネッセが運営するスピーキングテスト「ESAT−J」を使用。
◯出願は7月下旬〜9月上旬。ネットでベネッセに直接。個人情報(写真も)を提出。
◯期末テストが終了した11月末の日曜日に、大学や高校等の外部会場に生徒を集めて実施。
◯イヤホンマイクを使用して、タブレットに吹き込む形式。
◯出題は8題を想定。タブレットの問題を見て、それについて英文を読んだり、イラストの状況を英語で説明したりする問題が中心。
◯採点は海外にデータを送って行う。
◯1月中旬にA〜Fの6段階で結果が返って来る。それを内申書に明記。
◯都立高校の入試では、それを20点〜0点までの4点刻みに変換して、現行の1000点満点に加算。
◯スピーキングテストを受験しなかった場合は、不利にならないように、入試の英語の得点等からスピーキングの点数を換算。
◯今年の中3生が、実験台として同じテストを全員受験させられる。(今週予定されている生徒が多いです)

まあ、突っ込みどころ満載ですが、一番は、この感染防止対策を徹底している中で、中3生に教室で一斉にしゃべらせることの愚かさです。(周りの生徒との距離とか、マスクを取るのかどうかとか、詳細がまだわかりませんが… これによりクラスターが発生したら、目も当てられません)
私がすっかり力が抜けてしまったのは、「スピーキングテストを受験しなくても、不利にならないように扱う」という方針が加わった時です。少なくとも数ヵ月前までは、受けなかったら入試で0点として扱うと言っていたのです。この間公表されている会議の議事録はすべてチェックしていましたが、簡単に言うと、各方面から反対されて突き上げられて、都教委が最後に日和ってしまったのです。一番大きかった声は、テストや採点の公平性と、個人情報をベネッセに吸い上げられることの是非についてでした。
これにより、入試で点数は取れるけどスピーキングは苦手という生徒は、事前のスピーキングテストを受けない方が有利になるということですから、すでに公平な選抜の体をなさなくなってしまったということです。
私は、スピーキングテストについて、こうやって公表された後でも、まだポシャる可能性があると思っています。大学入試がそうであったように…

都立高校スピーキングテスト正式決定!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年9月27日 12:48 AM
  • 未分類

都立高校入試において、英語のスピーキングテストが行われることが正式に決まりました。今の中2の生徒たちからです。何年も前から話には出ていましたが、大学入試の方で英検等民間テストの導入がポシャったので、当然都立高校の方も中止にするものと思っていました。元々は、新しい大学入試に対応できるように…という意図で導入が検討された経緯があったからです。

配点は1000点満点に20点を加算するということですから、100点満点にすると14〜15点分になります。大きいですよね。あくまでも、英語の100点分とは別に扱われるようです。
スピーキングテストは、入試とは別日程で、11月末に行われます。会場テストのように、大学や高校の教室を借りて生徒たちを集める形になる可能性が高いです。

最大の問題点は、スピーキングテストが民間のテストだということです。ベネッセがすべて請け負請け負うことが決まっています。私がスピーキングテストに一貫して反対している理由はここにあります。都教委が一括して運営するなり(無理ですが)、都立高校の現場の先生が手間暇かけて実施するなら、まだ許せるのです。多額の費用をかけて(税金です)、民間にポンと丸投げしてしまう姿勢が許せないのです。マークシートの導入もそうですね。マークシートを導入したのに、入試から合格発表までの日数が延びているのですから、誰も納得しないでしょう。企業との癒着・既得権益ありきになっていると言われてしまうのは当然です。
(次回に続く…)

健康管理が最優先<その4>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年9月26日 12:59 AM
  • 未分類

私がこの10年間で、それまでと変えた(変わった)ことを列記してみます。

〇かなり痩せた
→昔の私しか知らない方は、しばらくぶりにお会いすると皆さんかなり驚かれます。ついに具体的な数字をバラしてしまいます。20年前は98kgでした。10年前は88kgでした。今は78kgです。(「痩せてもまだ78キロもあるんかい!」というツッコミが聞こえました。身長が184センチありますからね…)20年間、毎年着実に1キロずつ痩せていることになります。まずは、このことがとても大きいのです。

〇睡眠時間をきちんと確保するようになった
→10年前までは、平均3~4時間睡眠でした。「自分はショートスリーパーだから、全然大丈夫!」と思っていましたが、まったく違いました。この10年間は、少なくとも6時間、できれば7時間は睡眠時間を確保するようにしています。健康面や頭の働きがまったく違って来ることに気付きました。人間としての生産性がまったく変わります。皆さん、悪いことは言いません。睡眠時間はきちんと確保しましょう。忙しい時ほど、このことを意識してください。受験生もです。

〇週1日は必ず休むようになった
→当たり前のことかもしれませんが、私にとっては画期的なことでした。自分で会社を経営している身としては、なかなかそうは行かない時もあるのですが、余程のことがない限り、週1回は休んでいます。その上で、休みの日はなるべく外に出かけるようにしています。会社勤めの時に、内に籠ってしまい、外の世界をほとんど知らずに過ごしてしまったことへの反省・反動です。出先でも仕事のメール・ラインは常に気にしなくてはならないのは仕方ありません。GS開校以降は、1年間に2回は温泉旅行に出かけるようにしていたのですが、コロナの影響でこの2年間は行けていません。早く行けるようになる日が来るといいなぁ。

〇夜10時半以降食事をしなくなった
→これも普通の人には当たり前のことだと思いますが、塾講師にはなかなか厳しいミッションなのです。GS開校以降は、基本残業をしないで授業終了後速攻で帰宅して、(10時半までに)家で食事をするようにしています。しかも、腹八分目を意識しています。10年前までは、ほぼ毎日夜中2時~3時にどか食い(1日1食の日も多かった)していましたから、そりゃ痩せるだろうよ…という感じです。

〇定期的に運動するようになった
→これは3年前からですが、定期的にジムに通うようになりました。一時はコンスタントに週3日通っていたのですが、今はペースが少し落ちています。しかし、どんなに忙しくでも週1日は行くようにしています。痩せたことはもちろんですが、体質が(筋肉質に)変わったことが大きいです。駅のコンコースなど、階段を一気に駆け上ることができます。セレオ北口のところの階段はなかなかしんどいですが…

〇ストレス減
→会社を経営している以上、ストレスがないと言えば嘘になります。一般の方にはなかなかご理解いただけないのですが、給料をもらう立場と払う立場では、仕事に対するプレッシャーはまったく異なります。おかげ様で、今はGSの経営状態はかなり余裕がある状態になっていますが、開校してから数年間は、給料日の直前に会社が私個人から借金して給料を支払っている状態でした。今でも、給料日に無事に給料を支払えると、ホッとします。(昨日給料日だったのですが、講師が増えたこともあり、GS史上最高の給与支払い額となりました。社員・講師の皆様に感謝です。もっともっと、支払える金額を増やせるようにして行きたいと強く思います。)
しかし総体的には、仕事のストレスは10年前までと較べるとかなり少ないです。仕事の時間だけの問題ではありません。優秀で素直な生徒や、様々理解のある保護者の方が多いこと、生徒指導・受験指導を安心してスタッフに任せられることが大きいと感じますが、一番は、理想とする塾・会社にするために、自分で決定したことをタイムラグなしに実行できることです。大きな会社組織に所属している時は、そこの実感をまったく持てず、とにかく何をやるにしても、時間がかかり過ぎたこと(やりたいことができなかったこと)がストレスになっていたことに気付きました。ものの本によると、中小企業の経営者(社長)は、長生きする方が多いのだそうです。(自分もそうありたいものです) その一番大きな理由は、「様々なことを自己決定して進められるから」ということらしいです。(納得できない)やらされ仕事をしていると、どんどんストレスが溜まって行く(そして早死にする)ということにつながるのでしょうか。
もう1つは、塾はもちろんですが、結婚相談所・FP事務所・カウンセリングルーム等、「すべての仕事がみんなの幸せにつながっている」という実感を持てていることです。仕事がどんなに大変でも、「目の前の人が幸せそうになっている、そしてその役に立てている」という感触を得られているので、頑張れているような気がします。

予定外に長々と引っ張ってしまいましたが、お伝えしたかったことは、今の私は健康面も精神面も絶好調だということです。もう50代後半に足を踏み入れてしまいましたが(いわゆるアラ還?)、大袈裟に言うと、最近が心身共に人生で一番調子が良いかもしれません。皆様のお役に立てるように、まだまだ良い仕事をして行きたいと考えています。(ちょっと事情もあり)あと20年は現役で頑張る所存です。
皆様も心身の健康に留意して、充実した毎日を送っていただきたいと思います。

9月中の授業について

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年9月25日 8:35 PM
  • 未分類

9月中は、今まで3週間と同じ形で授業を行います。
9月末で緊急事態宣言が解除となった場合は、10月1日より、校舎でのリアル授業の割合を増やす予定です。
詳細は、9月29日(水)に、システムの「お知らせ」と「メッセージ」で連絡しますので、必ず確認してください。

健康管理が最優先<その3>

このあたりの免疫力のはたらきについては、この間私が身を持って体感しています。
前回も書いた通り、私はもともと風邪もほとんどひきませんし、インフルエンザにもかかったことがありません。体温がかなり高めだということもプラスにはたらいていると思います。
それでも、40代になってから会社勤めの晩年は、結構体にガタが来ていることを感じました。ここでは詳細書きませんが、いくつか病気も患い、救急病院に担ぎ込まれたり、数日ですが入院したこともありました。人生の中で、一番風邪をひきやすかった時期でもありました。免疫力がかなり落ちていたのです。
当時は、会社で重要なポジションを任されていたこともあり、朝から夜中まで、1年中ほとんど休まず仕事をしていました。帰宅後も持ち帰り仕事があったりして、睡眠時間は平均して3〜4時間でした。食生活も滅茶苦茶でしたし(夜中の2時頃にどか食いとか…)、もちろん運動なぞしたことがありません。仕事は好きだったので、自分ではストレスはあまり感じていなかったと思っていたのですが、心身共にいっぱいいっぱいで、余裕はまったくない状態でした。

私が44歳の時に母が倒れて会社を辞めることになり、1年間の浪人生活を経て、GSを設立しました。来春で開校10周年です。(10周年記念パーティーをやりたいなぁ…)
で、この10年間は、風邪も1度もひいていませんし、病気らしい病気とはまったく無縁です。10年前に抱えていた持病もすべて完治しました。風呂場で転倒したり、階段から落ちたりして、ちょっと大きい怪我は何度かしましたが…
10年前と較べて、体の免疫力がかなり上がっていることに自分で気付くレベルです。普通は、人生で一番体力が落ちたと感じる年代だと思うのですが、私の場合は逆に向かっています。
(次回に続く…)

健康管理が最優先<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年9月22日 9:48 PM
  • 未分類

コロナもそうですが、同じように体内にウィルスが入っても、発症する人としない人がいます。発症した場合に、重症化してしまう人と軽く済む人がいます。この違いには様々な要因があるようですが、一番大きな要因は、体の「免疫力」の強さだと言われています。簡単に言うと、ウィルスや菌を殺すことができる体質、体を守る防御機能のことです。
コロナの場合は、基礎疾患があると重症化しやすいことは皆さんご存知だと思いますが、これも基礎疾患によって体全体の免疫力が落ちてしまうためだと言われています。
この免疫力は、生まれつきの体質(遺伝)である程度決まってしまう部分もあるようですが、同じ人でも、普段の生活習慣や行動様式、さらにはものの考え方(物事の捉え方)でも、免疫力に影響があることがわかっています。以下は、さまざまな情報をもとに、私なりにまとめたものです。

<免疫力を上げるための10ヶ条>

①体温を高めること
②バランス良い食事をして栄養をしっかり取ること
③睡眠時間をしっかり取ること
④定期的に運動をすること
⑤適度に休息を取ること
⑥極力ストレスを溜めないこと
⑦よく笑うこと
⑧心を許せる家族・友人との時間を大切にすること
⑨なるべく楽天的なものの考え方をすること
⑩自分は病気にかからない(免疫力が強い)と思い込むこと

①はとても重要なことで、医学的にも裏付けられているようです。体温が高い人の方が、様々な病気にかかりにくいのです。ちなみに、私は平熱がとても高く、若い頃(デブだった頃)は37.5℃を越えていた時期もありました。(今なら様々な場所で入場禁止になってしまいます) そばにいるだけで、暑苦しいと言われていました。今は36℃台に下がりましたが、それでも人よりは高い方です。そのせいか、風邪などほとんど引いた記憶がありません。インフルエンザ等も1度もかかっていません。

②〜④は、①につながるからという理由もあると思います。
⑥以降は、精神的な部分の影響が大きいということです。特に⑩は、正に「病は気から」ということですね。
何かに打ち込んでいる時は気が張っているから大丈夫でも、ホッと一息ついた時に、体がガタッと来るというのはよく聞く話です。受験生(とその保護者の方)が、入試が終わった瞬間に風邪をひいて寝込むというようなケースも毎年目にします。
⑧もとても興味深いですね。孤独だと病気になりやすいのです。食生活等の問題もありそうですが…
(次回に続く…)

日曜日も戦っています

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年9月19日 1:27 PM
  • 未分類

台風一家じゃなかった(昔、漢字テストでこの字を書いた生徒がいました。家庭の様子がちょっと心配になりました…)、台風一過の爽やかな日曜日となりました。ちょっと暑いくらいで、夏が戻って来た感じです。
本日も、受験生とそのご家族は忙しく過ごしています。
中3生は、午前中に(オンラインで)保護者会を行いました。夏で成績が上がった生徒が多いのでそのご報告と、高校入試や手続き関係の情報、今後入試まで5ヵ月の指導方針について、たっぷりお話をさせていただきました。保護者の方も様々な不安が頭に浮かんで来てしまう時期となります。明後日から保護者面談もスタートするので、その中で志望校(受験校)の決定と共に、不安もすべて解消していただきたいと思います。
小6私立中コースの生徒たちは、四谷合不合を受けに行っています。知らない生徒たちの中に交じってテストを受けますし、保護者の方も付き添いで出かけているので、本番さながらの雰囲気です。緊張する中で、どのくらい結果が出せるか、とても楽しみです。
小6都立中コースは、日曜特訓の授業です。こちらも、日曜日は入試問題(過去問)でどうやって点数を取るのか?というところに特化した授業になります。毎日テストを開けて、合格発表が行われ、(解説を聞いた上で)そのやり直しまで完了して帰るというハードワークです。この時期は、合格ラインを超える生徒が多くなって来るので、こちらも結果が楽しみです。

ということで、受験生は(講師たちも)日曜日も戦っています。この頑張りが成果につながるように、全力で後押ししてまいります。

9月18日(土)の授業について

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年9月17日 2:47 PM
  • 未分類

台風14号が接近しています。関東は明日の夕方から夜にかけてが、雨風のピークのようです。
明日は、校舎での授業は16時半までに終了し、17時に校舎を閉めます。
それに伴い、明日の17時以降の授業については、オンライン授業への変更、授業時間の変更等を行いなす。GSタイムも16時半で終了します。
授業の変更については、学年ごとにシステムの「個別メッセージ」で送信しますので、必ず確認してください。

ホーム > アーカイブ > 2021年9月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る