ホーム > アーカイブ > 2021年1月のアーカイブ

2021年1月のアーカイブ

もったいない!?<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年1月29日 6:36 PM
  • 未分類

私は数年前に、学校の道徳の授業を見学して回ったことがありました。東京都の教育モニターとして活動していたのですが(都教委に報告書も提出しました)、ちょうど道徳の教科化の件で雑誌の取材が2件入って、必要に迫られたこともありました。
その道徳の授業の内容が、それはそれは酷いものだったのです。ひと言で言えば多様性の否定と価値観の押し付け、もっと言えば(様々な意見があり得ることについて)先生の(偏った)考えを生徒たちに刷り込むという感じの授業があちこちの学校で展開されていました。1つ例を挙げると、当時女子サッカーで活躍していたベテランの某選手について、「あの歳まで結婚もせず人生を犠牲にしてサッカーに打ち込むなんて、誰にでもできることではありません。とてもすばらしいことです!」というような授業が行われていたのです。(私は一瞬目と耳を疑いました) もちろん、その選手は人生を犠牲にしているつもりなどなかったでしょうし、その後引退した後に結婚されて、幸せな生活を送っている(ように見える)ことも補足しておきます。

今回の給食の件に見られるように、生徒のためにならないことやマイナスになることを、学校(先生)が良かれと思って指導していることが多いのです。私がいつも声高に指摘していることなのですが、手段と目的が混同されていることが原因になっていることが多いです。今回の件で言うと、食べ物を大切にしよう、もったいないことは止めようという「目的」が、いつの間にか残さないように無理してでも全部食べようという「手段」に置き換わってしまっているから問題が起こるのです。
特に学校でこういう問題が起こりやすいのは、自治体(教委)→学校という組織の形態と、日々の学校運営の慣習によるところが大きいと感じています。分かりやすく言えば、「形だけ整っていればいい」「本質に踏み込めない(踏み込む必要はない)」「クラス運営まで管理職の目は届かない」「横のつながりがないので日々業務改善ができない」というところです。
学校の先生方が、校長や教委への報告の多さと意味のなさに辟易としているのはよく聞く話ですが、同じことを先生方が生徒に対して無意識にしてしまっていることにはなかなか気付かないようです。生徒たちが日々提出させられているノートやチェックシートを、ぜひじっくりと見てみてください。あれにより形だけ整っていればいいということを生徒たちにメッセージしてしまっているということが、手に取るように伝わって来るはずです。一歩譲って言えば、その形すら整えられない生徒も多いので、まずはそこから…ということなのかもしれませんが、全員に(意味のない作業的な勉強も含めて)同じことを要求するのはナンセンスです。特に、入試直前の生徒たちにとっては害悪となることも結構あります。(例えば漢字の百回書きとか、簡単すぎるドリルを何ページもやらせるとか…) コロナ休校期間は、保護者の方が結構大変な思いをしていました。ドリルの丸つけレベルだけではなく、記述の添削や分からないところを教える等、すべての保護者ができるわけではない要求が当然のように出されていました。

今回の給食の件も、生徒たちはチェックシートに花丸をもらえればいいというところが行動基準になっていて、(無理して食べるという)意味のないことをしていたわけですが、おそらく先生方も、職員室に戻って同じことをしていたのではないかと想像しています。自分のクラスの給食が完食された(空になっていた)かどうかを日々報告したり… まさかそんなことを教委に報告を上げたりはしていないと思いますが…
このブログは、近隣の小中学校の先生方も結構読んでいるという話を、生徒・保護者の方からよく伺います。(数年前に、近隣の中学校の先生と「飲みに行こう!」という話で盛り上がったこともありましたが、残念ながら叶いませんでした) 今回の件が、もし該当の学校の先生方の目に留まったのであれば、即改善をお願いしたいと考えています。

もったいない!?<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年1月28日 8:18 PM
  • 未分類

ちょっと怒っています。

本日小学校1年生の生徒が授業に来た際に、お腹が痛いと言っていました。(今GSは幼児から通えるので、小1の生徒も何人かいるのです) みぞれ混じりの雪も降っていたし、冷えちゃったのかな…と思って話を聞いていたら、原因が他にあることが分かりました。
その小学校では、現在「もったいない週間」と銘打って、様々な活動をしているのだそうです。その取り組みの一環として、「給食を残さない」ということにみんなで取り組んでいるとのこと。それ自体は良い事だと思いますし、食べ物を大切にすること、ゴミを減らすことは素晴らしい取り組みです。
しかし、どうもそうではないのです。1人ひとりの配膳分を残さないようにということではなく、クラスごとの分(バケツやケース)を残してはいけないことになっていて、それが全部空にならないと花丸がもらえないルールになっているのだそうです。結果どんなことが起こっているかと言うと、欠席者がいてご飯やおかずが前に残っていたりすると、それを空にするためにおかわりを募ってみんなで食べるように言われるということです。そう言われなくても、そういう制度にしたら、子どもたちは花丸欲しさに自発的にそうするであろうことも容易に想像できます。
で、その生徒は、いつもおかわりをしていてたくさん食べる子だと思われていたこともあり、ここ数日はかなり無理をして残っているものをお腹に詰め込んでいたのです。(給食を丸々2人分食べた日もあったそうです) 私は、「明日から無理して食べなくていい」「残してもいい」ということを伝えたのですが、その生徒は、そうはできない雰囲気だと感じているようです。
同じ学校の6年生たちに話を聞いたら、「自分たちは真面目にやっていないので平気で残しているけど、担任の先生によっては(残さないように)かなり脅かされる」という証言を得られました。

本当に酷い話だと思います。保護者の方にも連絡して、学校の先生に相談するかどうか検討しているところですが、私はすぐにでも中止すべき取り組みだと感じています。
もちろん、子どもたちに健康面で支障が出るようなことをさせていることが一番問題なのですが、私は今回の件から、学校の中に漂っているかなり根深い問題点を強く感じています。
(次回に続く…)

来週より新年度の授業がスタートします!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年1月26日 4:12 PM
  • 未分類

いよいよ来週から都内の中学入試が始まりますが、並行して新年度の授業もスタートします。早くも、次年度に向けた戦いの幕が開くのです。開講日は以下の通りです。

カウディア…2月2日(火)
新小4…2月2日(火)
新小5…2月1日(月)
新小6私立中…2月2日(火)
新小6都立中…2月1日(月)
新中1…2月8日(月)
新中2…3月5日(金)
新中3…3月4日(木)
新高1…3月5日(金)
新高2…4月6日(火)

小学生については1月30日(土)、新中1については2月6日(土)が申し込み締め切り日となっています。それまでに、入塾テスト(体験授業)&三者面談にお越しいただくことが必要です。
学年・コースによっては、残席が少なくなって来ています。満席となった時点で募集を停止させていただきますので、入塾をご検討いただいている方は、お早めにご連絡をお願い致します。

最後の日曜特訓

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年1月24日 1:11 PM
  • 未分類

本日は小6都立中クラスの最後の日曜特訓の授業です。(小6私立コースと中3は先週で終了しています) 昨日の時点では大雪の予報が出ていて、八王子はかなり積もると脅かされていたので心配していたのですが、みぞれ程度で済んで積もりませんでした。予定通り授業ができてよかったです。入試バトル(合格発表)も予定されています。こちらも入試前最後なので、どうしても結果が欲しいタイミングです。今授業前で生徒たちが全員集まったところですが、さすがに緊張感が漂っています。

中3生は、私立高校の推薦入試と前受験が昨日ですべて終了し、明後日が都立高校の推薦入試です。小論文と面接の対策は昨日までにやり切りました。今年は集団討論がないので、例年よりそちらの対策に時間をかけられました。
小6生・高3生も含めて、1月はもう入試がありません。2月1日からの本番に向けて、本当の意味の「ラストスパート」に入っています。

都立中応募者数確定!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年1月22日 2:23 PM
  • 未分類

都立中の入試まで、あと10日余りとなりました。応募者数は既に確定しています。今年も前年より440名ほど減り、応募者数は過去最少となりました。7500名を割り(ピーク時は1万人を越えていました)、トータルの倍率も5.1倍まで下がっています。ここ数年、男子の減りが止まらなかったのですが、今年は女子が昨年より360名以上と大きく減りました。コロナの影響もあると思います。
学校ごとに見ると、やはり中等教育学校の女子で倍率が高いところが多いです。武蔵と富士は、今年から高校の募集停止分の枠が中学校に回って来たので、例年より倍率がかなり下がっています。ただし、(特に武蔵は)合格ラインが大きく下がることにはならないと予想しています。

過去3年間の応募者数推移をまとめておきます。

          19年  20年  21年
一般全体(男子) 3787→3574→3496 4.7倍
一般全体(女子) 4503→4338→3975 5.5倍

南多摩(男子)  420→400→374 4.7倍
南多摩(女子)  489→463→436 5.5倍

立川国際(男子) 259→252→270 4.2倍
立川国際(女子) 349→403→330 5.1倍

武蔵(男子)   302→240→293 3.7倍
武蔵(女子)   291→272→220 2.8倍

三鷹(男子)   478→456→444 5.6倍
三鷹(女子)   600→486→457 5.7倍

富士(男子)   261→310→239 3.1倍
富士(女子)   311→318→280 3.5倍

大泉(男子)   375→306→336 5.6倍 
大泉(女子)   394→405→377 6.3倍

桜修館(男子)  378→389→413 5.2倍
桜修館(女子)  598→568→572 7.2倍

白鴎(男子)   395→382→323 5.3倍
白鴎(女子)   537→514→460 7.3倍

両国(男子)   407→398→407 6.8倍
両国(女子)   405→453→438 7.3倍

小石川(男子)  506→434→390 5.2倍
小石川(女子)  526→448→402 5.3倍

都立高校推薦入試応募者数確定!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年1月21日 2:06 PM
  • 未分類

都立高校推薦入試の応募者数が確定しました。推薦入試については願書の差し替えがありませんので、これで最終確定となります。この間お伝えして来た通り、都立高校第一志望の生徒数(率)は年々減って来ているのですが、今年の推薦入試については、出願者数が昨年より1300名ほど増えています。コロナの状況もあり、少しでも早く安心したいと考えた受検生が多かったことと、集団討論がなくなったため、(対策に時間を取られないので)とても受けやすくなったことが大きいようです。
進学指導重点校と多摩地区の学区2~3番手校について、倍率の3年間推移を列挙しておきます。合格者は定員ピッタリしか出さないので、これが実質倍率になります。

        19年→20年→21年
日比谷(男子) 3.1→2.5→3.0
日比谷(女子) 3.8→4.3→4.6
戸山 (男子) 4.0→3.6→4.0
戸山 (女子) 4.4→4.7→5.0
青山 (男子) 5.9→4.4→6.1
青山 (女子) 7.1→7.1→9.8
西  (男子) 3.2→2.5→3.2
西  (女子) 4.1→4.3→4.8
八王東(男子) 1.6→1.5→2.7
八王東(女子) 2.7→2.5→3.8
立川 (男子) 2.2→2.7→3.9
立川 (女子) 3.7→3.5→4.0
国立 (男子) 2.9→3.3→3.4
国立 (女子) 3.9→4.3→4.8
町田 (男子) 1.9→1.8→2.1
町田 (女子) 2.7→1.7→3.1
日野台(男子) 1.7→2.7→2.5
日野台(女子) 2.8→2.8→2.9
昭和 (男子) 2.9→2.5→2.9
昭和 (女子) 3.5→4.4→3.2
武蔵北(男子) 2.3→2.1→2.8
武蔵北(女子) 3.3→3.4→4.3
小金北(男子) 1.5→1.3→2.1
小金北(女子) 2.8→2.9→3.2
調布北(男子) 1.7→1.6→2.2
調布北(女子) 2.0→2.6→3.0

この一覧を見ていただければ一目瞭然ですが、トップ校・人気校が軒並み受検者数を増やしています。特に都心部の難関校の倍率がとても高くなっています。青山(特に女子)の倍率が毎年高いのは、他の学校より定員を減らしているからです。
例年のことですが、女子の人気校の倍率が高いです。倍率の男女格差がかなり大きくなった高校も多いです。男女でかなり合格ラインに差がつくことになるはずです。
多摩地区の高校(特に男子)の人気が落ちて来ていたのですが(昨年までは推薦入試で倍率2倍を切っているような高校が結構あった)、今年はどこの高校も過去数年では一番倍率が高くなっています。内申点で見ても、昨年よりかなり合格ラインが上がる高校が多くなるはずです。作文・小論文の比重を高くしている高校が多いので、そこでの一発逆転もありそうです。
来週火曜日が入試です。例年は2日間に渡って入試を行った高校が多いのですが、今年はコロナの状況を踏まえて、1日のみで終了します。

今週は高校入試のスタートです!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年1月18日 6:08 PM
  • 未分類

昨日で中学入試の前受験と大学受験の共通テストがすべて終了しました。いつも以上に力を出し切れた生徒、ミスをしたことに気付いて悔やんでいる生徒様々ですが、いずれも1月の戦いはこれですべて終了なので、次はいよいよ2月1日以降の本命校入試となります。
今週金曜日からは、私立高校の入試がスタートします。東京の高校の単願(第一志望)推薦入試と、埼玉県の併願校受験です。都立高校の推薦入試は来週です。第一志望校の推薦入試を受験する生徒は、当然ここで合格すれば受験が終了となります。さずかに緊張感が漂って来ています。最後の詰めをしっかりさせて、送り出したいと思います。

今週から本格的な入試期間に入ることもあり、校舎内の人口密度を下げるために、学年・クラスによっては、本日から授業の一部をオンラインに切り替えています。校舎全体で、受験生に協力してもらっている形です。受験生は、体調に注意して全力で戦って来て欲しいと思います。

大学入試・都立中入試もスタート!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年1月16日 1:05 PM
  • 未分類

いよいよ大学入試もスタートです。本日から「共通テスト」が始まりました。
今年の高3生は、受験について本当に大変な思いをして来ました。6年前から大学入試の制度が変わると言われ続け、そのほとんどが1年前になってボシャり、問題の形式・内容だけが大きく変わるという状況です。過去問もありませんし、問題例や予備校の模試もブレているので、今日から蓋を開けてみないと、どんな問題が出題されるのかよく分からないという入試です。それに加えて、このコロナ禍です。最後の1年間、学校や予備校も休みの期間が多く、息抜きに出かけることも許されず、家に閉じこもって悶々と受験勉強を続けて来ました。緊急事態宣言が出される中、何とか入試は行われていますが、会場はどこも厳戒態勢です。何とか、最後くらい良い思いをして終わって欲しいと強く思います。
GSは今年度から本格的に高校部をスタートしました。集団授業としてはまだ高1生のみですが、個別指導やオンラインで高3生(高卒生)も数名います。全員元気に会場に向かったようです。今日の夜には自己採点結果が出ると思うので、楽しみです。
今日は暖かいですね。今温度計が14℃を指していますが、ここからまだ気温が上がるようです。昨年までセンター試験の日にこんなに暖かったのは記憶にありません。

明日は都立中受検組もいよいよ入試スタートです。西武文理中の適性型試験に全員が臨みます。都立中のそっくり問題で(毎年のように問題が当たる!)、当日の成績表(設問ごとにできたか、どう間違えたか分かる)がもらえるので、都立中の前哨戦としてはうってつけなのです。特に三多摩地区の都立中受検者は、多くの生徒が受検します。今年も緊急事態宣言の中で、300名以上の受検者を集めています。
明日は一転また寒くなるようです。特に狭山は(八王子よりもさらに)寒いので、受検生は注意してください。

高校・大学の授業もオンラインに…

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年1月12日 9:01 PM
  • 未分類

私は、高校や大学で授業を担当する機会を多くいただいています。不定期ではありますが、多い時は月に1回くらいのペースで出かけていました。(もちろん、GSの授業に影響を出さないようにという大前提は守っています) 一昔前は、八王子の公立中学校からも結構お呼びがかかったのですが、地域で有名になり過ぎたのか、本音を語り過ぎて学校の先生方の不評を買ったのか(苦笑)分かりませんが、ここ数年は声がかからなくなりました。
八王子市内の高校・大学に出かけることが一番多いのですが、最近は結構遠い高校・大学(と言っても日帰りできるレベルですが)に呼ばれる機会も増えて来ました。それが昨年からは、コロナの影響で、予定されていた授業が中止になったり、オンラインになってしまったりという状況になっています。年末の大学の授業もオンラインでしたし、明日予定されている高校の授業は、先週までは高校にお邪魔して対面でという予定でしたが、緊急事態宣言が出されてから、急きょオンラインに変更となりました。GSの授業でzoomには慣れていますし、私はあまり違和感がないのですが(特に大学生はzoomで授業を受けることにも慣れています)、せっかくの一期一会の機会なので、できれば生徒・学生や先生方と直接お会いして、授業をやりたかったなぁとしみじみ思います。もちろん今はこの状況ですから仕方ないのですが、1日でも早くコロナが終息して、また学校・大学にお邪魔できる日が来るといいなぁと強く思います。

どこの高校・大学で授業を担当しているかということは、(当然ですが)守秘義務がありここで書くわけには行きません。1つ楽しいエビソードを挙げておくと、高校・大学の授業で、GSの卒業生がいた(教えた)ことが3回あります。うち1人は事前にこっそり伝えてあったのですが、他の2人は当日初めて知ったらしく(うち1人は私も事前に知りませんでした)かなり驚いていました。「先生、何でここにいるんですか!?」状態です。高校・大学で勉強している教え子の様子を生で見られるなんて、本当に素晴らしい機会をいただいていると思います。

成人式は中止ですが…

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年1月11日 3:28 PM
  • 未分類

本日は成人の日です。しかし、八王子市は直前になって式典の中止が決定し、教え子たちもさぞ残念がっているだろうな…と想像していました。しかし…
昼前に駅方面に買い物に出かけたのですが、一瞬目を疑いました。南口のコンコースは、晴れ着や袴・スーツの若者たちでごった返していたのです。式典が行われる例年と同じような感じで、人の波をかき分けて駅の方に抜けるのがとても大変でした。みんな、「やだ~、久しぶり~♡」とか言って抱き合っていたり、とても近い距離で顔を寄せ集めて話し込んでいたり、(ほとんどがさすがにマスクはつけていましたが)無茶苦茶密の状態になっていたことは間違いありません。
思わず、通りがかりの若者に「今日は中止じゃないの?」と聞いたら、「式は中止ですけど、みんなで集まるのが目的なんで、あんま関係ないっす」「フォトスポットが用意されて、ぜひ写真を撮れって言ってたので、来るのは問題ないのだと思って…」と言っていました。その後覗いてみたら、ファミレスや居酒屋は昼からほとんど満席っぽい感じになっていたので、何時間も旧交を温めていた若者が多かったのだと思います。今年はあまり暴れている若者をみかけませんでしたが、例年通りパトカーや救急車が何台か待機していましたし、若者たちが集まることはある程度見込まれていたということなのでしょう。

私は今回のことから、いくつかの点ついて考え込んでしまいました。

〇若者たちは、成人式の「式典」については、あろうがなかろうが別に何とも思っていない。私が声をかけた若者が言っていたように、みんなで久しぶりに集まって、ワイワイ盛り上がるのが目的なので、式典を中止にしてもあまり意味がなかった。晴れ着を予約していたりした子たちは、それを着ないで済ますなどどいう選択肢は最初からなかったのだと思います。(若者たちのこの気持ちは理解できます)

〇今回のことは、若者たちの責任ではない。(緊急事態宣言の発令が直前に出されたために)中止の決定がぎりぎりになってしまったこともありますが、式典の中止を告知する時に、市がきちんと明確なメッセージを発信するべきでした。「密を避けることが目的なので、集まるな!」と。少なくとも私が見た限り、そんなメッセージはどこにもありません。(「フォトスポットを利用してください」というバカなメッセージは見つけましたが…) 何のために式典を中止にするのかということが、少なくとも当事者たちにはまったく伝わっていませんでした。これだと、市が責任を回避しただけだと言われても仕方ないでしょう。万一これで感染が広まってしまっても、「若者たちが勝手に集まっちゃったので…」と言うことかできるわけです。

〇これは国の発信ですが、「夜8時以降の飲食店営業禁止」についても、間違ったメッセージで国民に伝わってしまっているように感じます。今日の若者たちも、おそらく「夜8時までは居酒屋で盛り上がってもOK」と捉えているはずです。そうでなければ、昼から大人数で居酒屋に入って飲むようなことはしないでしょう。話をせずに静かに飲むということも考えられませんし…

まとめて言うと、メッセージの発信の仕方1つで、感染防止という非常に重要なミッションすら、うまく行くか行かないかが左右されてしまうのだろうということです。手段と目的の混同という側面もあると思いますが、日常生活やビジネスにおいて、我々も十分に気をつけて行かなければならないことだと強く感じました。

ホーム > アーカイブ > 2021年1月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る