ホーム > アーカイブ > 2020年9月のアーカイブ

2020年9月のアーカイブ

コロナ禍によって無駄なことが改善<その4>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年9月30日 10:40 PM
  • 未分類

このテーマで3回も書いて来た後に何なのですが、私は人生のある場面においては、無駄なこと・無駄な時間も必要だと考えています。仕事や受験勉強等、限られた時間内に成果を挙げなくてはならない場面では、どうしても無駄をなくす発想が必要だと思いますが、時と場合によっては無駄を省いて効率のみを追い求めるのは間違っていることもあります。
車のハンドルには必ず「遊び」がありますが、この一見無駄に感じる機能によって、快適な走行ができるようになっているのです。もしハンドル「遊び」がなかったら、手ぶれや切るタイミングのズレなどがそのままタイヤに伝わってしまい、非常に乗り心地の悪いことになってしまいます。
人生においては、恋愛・結婚を初めとする人間関係の構築において、そのことを強く感じます。うちの結婚相談所の会員で、十分に魅力的なのになかなかゴールにたどり着けない者は、この「無駄」の使い方がとても下手です。交際・結婚に効率やコスパを求め過ぎて、一見無駄に感じることに時間をかけないのです。根回しというか、相手の気持ちに寄り添うことができず、杓子定規にものごとを進めようとして、フラれてしまうことが多いのです(泣)。これは、男女とも学歴が高い会員に多いのが特徴です。そもそも恋愛なんて、無駄を積み重ねない限り成就しないものだと思うのですが…(笑)

そういう意味では、私の今までの人生は壮大な無駄だらけでした…(笑)。でも今になって振り返ると、その無駄が今の自分の血肉となっているような気もします。
一番は、大学生の時の4年間です。大学の勉強は単位を取れるぎりぎりのことしかせず、スポーツやバイト・友だちとの交流に明け暮れました。バイトで夜勤をやっていた時期も長かったですし、バイトがない日も友だちの家に入り浸って、ゲーム(ファミコンが出始めた頃です。スーパーマリオとか、ファミスタとか…)やビデオ鑑賞、そしてバカな話で盛り上がって朝まで語り合っていたことも多かった記憶があります。
就職してからで言うと、仕事が終わった後、毎日のように飲みに行っていた時期もあります。その日働いて稼いだ日銭をその日のうちに消費してしまったような感じでしたが、そこで上司(先輩)から薫陶を受けたこと、同僚と語り合っていたことは、その後の人生に少なからず影響を与えていると感じます。
母親が倒れて会社を辞めた後の1年間は、もちろん母親の介護に一定の時間は費やしましたが、とにかく時間が有り余っていました。図書館や書店に入り浸って本を読みまくりましたし、1人で喫茶店に入って時間をつぶしたり、それまでの人生でほとんどしたことがなかったような時間の使い方をしました。とにかく時間はあったので、これからの人生について様々ことを考えたわけですが、おそらく私の50数年の人生の中では一番ものを考えた期間だったと思います。この1年間についても、今の私にとって決して無駄ではなかったと確信しています。
逆に言えば、GSを開校してからのこの8年間は、極力無駄を省いた効率的な経営・運営を心がけているので(職員に家庭持ちが多いこともあり、最近はほとんど飲みにも行きません)、そういう意味ではちょっと寂しい気もします。今までの人生においては、「無駄な時間」によって成長できた気がしているからです。

ちょっと話の取り止めがなくなって来ましたが、皆さんもこの機会に、自分にとって「無駄なこと」「必要なこと」というテーマでじっくり考えてみてはいかがでしょうか? 秋の夜長は、じっくりものを考えるのにとても良い季節です。

コロナ禍によって無駄なことが改善<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年9月29日 8:10 PM
  • 未分類

受験生は、無駄の改善について真剣に考えなくてはなりません。自分では勉強を頑張っているつもりでもなかなか成果につながらない生徒は、間違いなく勉強のやり方が間違っています。無駄な勉強・無駄な時間ばかりかけているから成績が上がらないのです。それなのに、「自分は能力がないから…」と考えてしまって、自信をなくしたり、受験・志望校を諦めてしまったりしてしまうのであれば、とても残念なことです。何度も言います。受験勉強のやり方が間違っているのです。無駄な勉強をしているのです。それを改めれば、必ず成果につながって行きます。
特に小6・中3の受験生は、ここから入試まで4ヵ月。残された時間は限られています。無駄な勉強をしている暇はありません。受験勉強の詰めについて、「何をやるか」が重要ですが、それ以上に「何をやらないか」という視点も重要なのです。もう一度このあたりについて考え直す時期に来ていると思います。

受験生が陥りがちな無駄な勉強について、箇条書きでまとめてみます。
ただ、身も蓋もない話ですが、これは「受験勉強にかなり時間をかけている」「周りから見てもよく頑張っているように見える」(でも成績が上がらない)という生徒について書いているので、「受験に対するモチベーションがあまりない」「受験勉強の時間をほとんど取れていない」「自分でもサボっているという自覚がある」というレベルの生徒には、あまり役に立たないので注意してください。

<あなたはこんな「無駄な勉強」をしていませんか?>
◯ノートまとめに時間をかけ過ぎていて、暗記や問題演習の時間があまり取れていない。
◯分からない問題を延々と何時間も考えている。
◯分からないことは全部すぐに質問する。
◯質問したりして理解できた後に、自分の手で再度解き直しをしていない。
◯暗記する時に手を動かさないで、ただ眺めている。
◯時間・スピードを意識しないで勉強している。
◯テストは受けっばなし。やり直し・解き直しをほとんどしていない。(特にミスの放置)
◯まだ点数を取れないので、過去問にはまだ取り組んでいない。
◯志望校や目標を決めずに、受験勉強に漫然と取り組んでいる。
◯睡眠時間を削って勉強している。
◯「ながら勉強」をしている。(スマホがそばにあるのが最悪)
◯常に友だちと一緒に勉強している。(飲食店やフードコートでつるんでいるのが最悪)
◯自分に(目的や成績が)合わない塾にずっと通い続けている。

コロナ禍によって無駄なことが改善<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年9月28日 5:41 PM
  • 未分類

国もここに来て、ようやく行政の無駄をなくす取り組みに本気で取り組み始めました。河野さんが行革大臣に就任してからの動きはさすがで、行政の縦割りの弊害改善から始まり、印鑑・FAXの廃止等、誰もが無駄だと感じていたことに手をつけ始めました。私がすばらしいと思うのは、官僚の深夜に及ぶ無駄な業務を改善しようとしていることです。私の教え子にも霞が関の住人が何人もいるのですが、ほぼ全員が体を壊しそうになりながら、深夜までの仕事を続けています。意味かある仕事ならまだ救いがあるのですが、最近問題になった大臣・副大臣の出迎えや、国会議員の無茶ぶりによる資料作成等、おかしな慣習によるものが大半なのだそうです。体より先に心が病みそうだと言っている者も少なくありません。

日々仕事を進めて行く中で、このあたりのことを肌で感じることは多いです。この間、コロナの補助金・助成金等の絡みで、申請をしたり、お役所や外郭団体(天下り先ですね)の方とやり取りをすることがあるのですが、「何て無駄なことをしているのだろう…」と感じることばかりです。それをこちらにも要求して来ますし、それにより支給までの日数が伸びてしまうのですから、実害が生じています。(GSは経営的に余裕がありますが、カツカツの状態で頑張っている会社にとっては正に死活問題です)
民間の会社でも、無駄なことを当然のように要求して来るところはまだ多いです。具体的に言うと、「メールで送って来た書類を印刷してそれに記入・捺印した上で郵送で送り返してくれ」とか、「請求書を紙ベースで郵送してくれ」とか、相変わらずFAXでやり取りするのがスタンダードになっているとか…(今の子どもたちはFAXの存在すら知りませんよ…)

最近私が気になっているのは、地域の回覧板の存在です。この時代に、なぜこんなことをしているのでしょうか? メールやネットを使えない高齢者に合わせているのでしょうか? 我が家に回って来る連絡で、すでに締め切りが過ぎていたり、酷いものになるとイベント自体が終わってしまっているものもあります。チラシを1枚ずつ取ってくれというケースも多いのでずが、せいぜい近くの十数件くらいのものです。そんなに重要なチラシであれば、なぜ役員がすべての家庭に投函しないのでしょうか? せいぜい10分、いや5分もあれば終わってしまう仕事です。(それが、回覧板にすると届くまで数週間かかることもあります) 私はすぐにでも廃止すべきだと思うのですが、そんなことを言おうものなら、この人は不思議な人種だという目で見られてしまう雰囲気があります。

というブログを書いている途中で、正にそのことを痛感するアクシデントが起こりました。私は、定期的に狭間のエスフォルタアリーナの会議室(市の施設です)を借りているのですが、空きの確認や予約はすべてオンラインで行うことができるため、とても重宝しています。で、今週どこかで借りようと思ったら、突然市の予約サイトで「期限切れのため更新してください」と出て、予約が取れなくなっていました。何でも、定期的に(実際は不定期です)会員の更新しないといけないルールになっているのだそうです。(そのことも明確に伝えられていなかったと思います) 予約が取れないと困るので、本日担当部署に電話をしてどうしたらよいか伺ったら、「こちらに来て窓口で更新してくれ」というのです。しかも、会議室を借りるのは更新当日ではできないため、事前に行かなくてはならないと… 仕方なく、本日出勤前に車を飛ばして行って来ました。オンライン予約の登録更新を(借りる日以外の日に)わざわざ現地に行かないとできないというのは、システム上おかしな話でしょう。窓口の方に文句を言っても仕方ないので、そういう話はしませんでしたが、何か釈然としないものを感じました。
(次回に続く…)

コロナ禍によって無駄なことが改善<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年9月26日 11:18 PM
  • 未分類

昨日都立高校入試について、コロナの影響で一気に改革が進んだということを書きました。郵送・ネットでの出願やネット発表は、何年も前から言われていたことですが、検討すらされていませんでした。それが、コロナの影響で「なるべく人を集めないようにする」という必要に迫られたら、一気に改革が進んでしまいました。受験生・保護者にとっては、とても良かったということです。まさか、コロナが収束したら元に戻すというようなバカなことはしないと思いますが… これを機会に、合格発表までの日数短縮や、補欠制度の導入等、その気になればできることは一気に進めて欲しいと思います。こういうところを改善しない限り、本当の意味では私立高校には勝てないでしょう。生徒募集が上から目線になっているからです。

都立高校の入試に限らず、コロナ禍によって無駄なことが改善されたことは身の回りにたくさんあります。
会社に出勤しくても在宅で仕事が回せること、会議や朝礼・MT等の大半が実は必要なかったこと、営業は非対面でもあまり問題ないこと等、仕事を進める上で分かったことが多いのですが、もっと身の回りの日常的なことで無駄に気付いたことも多いです。
1つ例を挙げると、学校や幼稚園の運動会です。昨年までは、早朝の場所取りから始まって、親も夕方までずっとその場にいなければいけないことが暗黙の了解でした。お弁当も(校庭で!)子どもと一緒に食べなくてはならないし、一旦出たら再入場ができないというアホなルールを徹底していた学校もありました。それが楽しいという親もいたのでしょうが、ほとんどの親は暑い中、日差しを遮るものがない中で1日中拘束されることに辟易としていた感じがします。それが今年は、ほとんどの学校で「密を避ける」という大号令の元、午前中のみで終了する短縮形となり、自分の子どもの学年の出番の時しか観覧できないようになったのです。もちろん、シートを敷いての場所取りもなしです。学年の種目2つくらいですから、30分程度で校庭を追い出されてしまいます。私の周りのほとんどの保護者の方は、「このくらいがいいよねぇ~」「来年からもこうしてくれればいいのに…」と言っていました。これから行われる、学芸会や合唱祭等も、短縮形で実施される学校が多いようです。
(次回に続く…)

都立高校入試変更点

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年9月25日 6:32 PM
  • 未分類

来春の都立高校入試について、詳細がだいぶ分かって来ました。現段階で判明している変更点をまとめておきます。

<2021年度都立高校入試変更点>

◯要項説明会をウェブサイトで配信。
◯一般入試の日程を2月21日に前倒し。
◯推薦入試について、原則入試を1日で終了させる。(今までは2日連続で実施していた高校も結構あった)
◯推薦入試の「集団討論」は廃止。(ほとんどの高校が個人面接と作文(小論文)です)
◯一般入試の出題範囲から、中3の後半で学習する範囲を削除。(三平方や関係代名詞等)
◯出願は郵送に変更。(今までは高校への持参のみでした)
◯立川高校でインターネット出願を試行。
◯試験の間の休み時間を20分→30分に変更。(これは意味がまったく分かりません…)
◯合格発表にインターネット発表も追加。

かなり劇的な変化です。言い方は申し訳ないですが、コロナのおかげで、一気に入試改革が進みました。今までもかなり声が上がっていた項目が多いのですが、遅々として進まなかったのです。この緊急事態になって、ようやく重い腰を上げていただいたということです。ただ、この時期になってからの変更なので、特に現場の先生方は大変だと思います。

9月24日(木)の授業について

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年9月23日 10:14 PM
  • 未分類

大型の台風12号が接近していますが、当初の予報よりだいぶ東に逸れたため、八王子には暴風等台風本体の影響はほとんどないようです。(千葉・茨城方面の方は、十分にご注意いただきたいと思います)
24日(木)の授業は平常通り実施します。
ただし、台風が前線を引き連れているため、時間帯によっては一時的に少し強い雨や風、それに伴う河川の増水等あるかもしれません。
周囲の状況には十分に注意してください。
ご家庭のご判断でお休みされ場合は、ご連絡をいただきますよう、お願い致します。

感染防止対策と景気回復をどう両立させるのか?

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年9月22日 9:49 PM
  • 未分類

この連休中で、人々の動きがすっかりコロナ前に戻ってしまった感じがしています。高速道路の大渋滞や、飛行機・新幹線・特急等の混雑ぶりはニュースで度々報道されていたので目にした方も多いと思います。八王子周辺で言っても、街中はもちろん、アウトドア施設等もどこも大変な混雑ぶりでした。私が知り合いから直接聞いたり、写真を見せてもらったりした範囲でも、高尾山や昭和記念公園は、過去にもあまり記憶にないくらい人が多かったそうです。ショッピングモールや、ホームセンター、スーパー銭湯等も、大混雑だったところが多いようです。
昨日用事があって、通常車で40分程度で行けるところに向かったのですが、ナビに入れた瞬間に1時間半くらいかかるという表示が出て、地図を見てみたら幹線道路はどこも赤の渋滞マークが引かれていました。「これでは約束に間に合わない!」と焦っていたら、ナビが裏道・抜け道を指示してくれて何とか間に合いました。帰りは夜暗くなってからだったのですが、やはりまだ渋滞している道が多く、ちょっと驚きました。

4連休のシルバーウィークですし、急に涼しくなって気持ちの良い季節になり、コロナも少し落ち着いて来たので、分からないでもないのですが、今まで自粛して悶々として思いが一気に爆発してしまったような感じですね。ゴールデンウィークも、お盆もみんな我慢していたのに… 先週の土曜日から、政府が施設の客入りについての制限を緩和したことも大きいのだと思います。
この状況になれば、半月後くらいからまた感染者が増える可能性が高いと思います。今までは蜜を避けることによって(つまりみんなが我慢することによって)、(他国と較べても)感染者があまり増えずに済んで来たのです。
ただし、一方で経済を回して行かなければならないことも事実です。その後も、「えっ、あの会社が倒産しちゃうの?」というニュースをいくつも耳にしました。GSの周り数十mの範囲だけでも、今までそれなりに繁盛していた飲食店や美容院等で潰れて(長期休暇となって)しまったお店が結構あります。観光地や交通機関も含めて、人が動かなければ、ある程度密を作ってくれなければ、商売が成り立たない会社・お店がたくさんあるのです。感染防止対策と経済の復活、この両輪をどうやって回して行くかが、今後の鍵となることは間違いありません。

実は、八王子で最近、感染者がかなり増えているのです。数ヵ月前までは、東京都の中でも人口あたりの感染者数は一番少ない方だったのですが、この数週間に限って言えば、市部では一番多い方ですし、区部に迫る勢いとなってしまっています。感染者の年齢層もかなり幅が広く、40代から90代に万遍なく広がっている感じです。(市のゴミ収集に関わる部署の方でクラスターが発生してしまったことも公表されています) 学校の先生の感染者も何名か出てしまっていますが、幸い(同じ学校も含めて)子どもたちにはほとんど陽性者が出ていないようです。(なぜ子どもの感染者・特に重症者がほとんど出ないのか、このあたりの分析はそろそろ出て来てもいいと思うのですが…)

以上の状況からしても、まだまだ感染防止対策について気を抜くことはできないと考えています。GSでは、今まで通りのルール(マスク・手洗い・消毒や密回避)をもうしばく徹底して行きます。生徒・保護者の皆様におかれましは、引き続きのご協力をお願い致します。

日曜特訓開講!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年9月20日 1:44 PM
  • 未分類

本日は、小6・中3の日曜特訓の授業を行っています。
受験生のこの時期以降は、日曜日や祝日の過ごし方で大きく差がつきます。世間では4連休ですが、それに合わせて休んでいたら、思うような成果にはつながりません。昨日も小6は授業がないのにほぼ全員が勉強しに来ていましたし、中3は理社も含めて5時間近く授業を行いました。
本当は日曜特訓も毎週でもやりたいくらいなのですが、なかなかそうも行きません。小6私立中コースと中3は月に1回は会場テストを受けに行くことになっていますし、中3は中間テストや期末テストの前(の日曜日)はそちらの勉強に時間を確保させなくてはなりません。自分が受験する学校の過去問をまとめてやる時間も必要でしょう。そう考えて、日曜特訓の授業は月に2回程度しか設定していません。

日曜特訓は、主に「入試問題での点数の取り方」を鍛える日にしたいと考えています。9月以降は平常時の授業でもそのことが中心になって行きますが、日曜日にはより入試本番を意識した実戦的な訓練を積み重ねて行く予定です。授業の中で、実際の入試問題(過去問)を解いてもらう機会も多くなります。1点にこだわらせて取り組ませることと、復習の質を高めさせることが、我々の一番重要な仕事だと思います。
ちなみに、GSの日曜特訓は、基本的に「授業料無料」で実施しています。(1回数百円の教材費のみ頂戴しています) 平常時の授業料も含めて、年間の費用は他の進学塾と較べるとかなり安いはずです。難関校の合格率を勘案していただければ、コストパフォーマンスはかなり良い方だと自負しています。「GSは(生徒には厳しいけど?)家計には優しい塾」なのです。

塾は日本の文化です<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年9月19日 2:34 PM
  • 未分類

「世界的に見て、なぜ日本だけこんなに塾が栄えているのか?」という疑問に対して、私は3つの答えを用意していました。

①学校で学習していることと、入試で問われることのギャップが大きすぎるから。
→中学入試は「選ばれた人たちのためのもの」なので当然ですが、高校入試や大学入試においてもそれは言えます。公立高校については、そのギャップが比較的少なかったのですが、都立高校の進学指導重点校のように、難関校の入試問題が難しくなってからは、そのギャップがますます強くなりました。簡単に言うと、「学校の勉強を完璧にできたからと言って、入試問題で点数を取れるようにはならない」ということです。そのギャップを埋めるためには、塾に通って訓練を積まないとならなくなっているわけです。(「塾なんか行かなくても難関校に合格できた!」という体験談を見かけることがありますが、保護者の方がそのレベルを教えられる場合か、子どもが飛び抜けて優秀な場合に限る話なので、それを真に受けてはいけません)

②学校の先生が勉強(特に入試指導)を教える人ではなくなったから。
→これは決して嫌味ではありません。学校の先生が忙しすぎて、「勉強を教える」ということが仕事の優先順位として低くなってしまっているのです。生活指導、学校行事への取り組み、部活指導、(無意味な)事務仕事等に忙殺されていて、長い時間働いているのに、子どもたちの勉強を(授業時間外で)フォローすることは、実質不可能な状況が多いのです。(海外の方は、このあたりのことも理解できないようです。遅くまで学校で部活をやるという概念が欧米にはないそうです) 進路指導についても、実質「ない」に等しいです。(成績で行ける学校を見繕うのは進路指導とは言いません) また、授業では1クラスの人数が(海外と較べても)多く、標準的な学力の子どもに合わせて授業を進めざるを得ないため、優秀な子は退屈し、勉強が苦手な子はついて行けないという状況になってしまっています。そのため、学校の勉強で飽き足らない子は「進学塾」へ、ついて行けない子は「補習塾」へという流れができているわけです。

③子どもたちの「コミュニティ」としての役割を担っているから。
→塾にはもちろん勉強をしに来ているわけですが、夕方以降や週末の子どもたちの居場所という意味合いが大きいような気がします。授業の合間や行き帰りに友だちと話をしたり、講師にたわいのないことを相談したり、それが楽しいと感じる子どもたちも多いはずです。(私はそれは悪いことではないと思っています) 特に最近は共働きのご家庭が増えているため、学校が終わった後家で1人で過ごしている子どもたちが増えて来ています。夕方以降の数時間を塾で過ごしていれば、(当然勉強もするわけですし、不安なことは何でも相談できることも含めて)保護者の方は安心でしょう。塾にもよりますが、小6・中3・高3の受験生は、授業がない日も自習室を利用できる場合が多いのです。夏休み等の長期休みについては、それこそ朝から晩までいられる塾も多いです。はっきり言ってしまえば、日本の塾は「託児所」としての役割を果たしているのです。私は、日本の塾がここまで繁栄したのは、この部分がとても大きいのだろうと感じています。

取材を受けたサイトメディアについては、今回の分がアップされた段階でこのブログでもご紹介します。(許可はすでにいただいています)

塾は日本の文化です<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年9月17日 3:20 PM
  • 未分類

昨日、某サイトメディアの取材を受けました。私は今までテレビ・雑誌等様々な取材を受けたことがありますが、今回はちょっと勝手が違いました。外国人向けの英語メディアからの取材だったのです。運営しているのは日本の企業なのですが、編集長はフランス人の方ですし(英語はもちろん日本語もペラペラでした)、サイトの内容はすべて英語です。外国人向けに、日本の文化とその根底にある「こころ」を紹介するという内容です。今回は、その特集で日本の「塾」を取り上げていただくことになり、GSに声をかけていただいたという経緯です。(日本を代表して塾の文化を語るのですから、ちょっと責任重大ですね…)

私も今回お話をさせていただくまで知らなかったのですが、欧米に「塾」というものはないのだそうです。 概念としてもなかなか理解しづらいようで、「学校で勉強しているのに、何でそれ以外にもう1つ勉強する場所に行かなければいけないの?」と思っている方が多いそうです。塾は日本独自のシステムであると認識されているため(東アジアの国にはありますが)、日本の文化として取り上げていただくことになったわけです。日本の塾について知っていても、受験のための詰め込み教育をする場所で、子どもたちは嫌々通っていて、それによってプレッシャーを受けているというような、悪いイメージで伝わっていることが多いということでした。(これは日本の方でもまだいますね…)
私は、まず塾=悪というイメージを払拭しなくてはいけないという使命感を持ちました。まず、「子どもたちは総じて楽しく塾に通って来ている」ということに驚かれていました。イメージがだいぶ変わったとおっしゃっていました。

「なぜ日本には塾が必要なのか?」という問いに対しては、日本の教育制度、入試のシステムのところから話をしなくてはなりませんでした。
(次回に続く…)

ホーム > アーカイブ > 2020年9月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る