ホーム > アーカイブ > 2020年7月のアーカイブ

2020年7月のアーカイブ

セミの鳴き声

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年7月30日 11:39 AM
  • 未分類

今日も朝から雨模様なので、朝一でコインランドリー&無重力マッサージに出かけました。帰宅した途端に、晴れて気温も上がって来ました。絶好の洗濯干し日和じゃないか! まぁ、人生そんなもんです…
今日も午後は面談&授業がありますし(小6都立中クラスは「南多摩バトル」です)、夏期講習会を前にして毎日のように新規入塾のお問い合わせ&体験授業が入っているので、なかなか忙しくなりそうです。(中学生全学年と高1生は満席札止めとなっているので、とても残念です…)

雨上がりに、久しぶりにセミの鳴き声が聞こえました。「今年は涼しいから、まだ泣かないなぁ」とずっと気にしていたので、たぶん(身の回りでは)今年初めて鳴いたのではないかと思います。うまく説明できないのですが、例年だと夏の終わりのような鳴き方に聞こえました。ミンミンゼミだと思うのですが(ちょっと自信がない…理科の先生しっかり!)、気のせいか哀愁を漂わせていました。
私がセミの鳴き声から何を感じていたかのかと言うと、「やばい! 夏がそろそろ終わってしまう!」ということです。特に小6・中3の受験生は、この夏で少なくとも志望校に手が届くところまで行かないと、合格はかなり厳しくなってしまいます。1ヵ月後には、何としても結果を出さないといけないのです。毎年、夏の終わりに聞くはずのセミの鳴き声を耳にして、ちょっと焦りを感じたということです。

生徒たちには、今週中に夏の目標と計画を明確にさせて、「絶対に成績を上げるぞ!」という強い決意を固めさせる必要があります。そういう意味で、とても大事な1週間となっています。

さあいよいよ!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年7月27日 6:43 PM
  • 未分類

今週で、ようやく中学生の期末テストが終了します。1ヵ月半に渡って行って来た保護者面談も、残り数件となりました。(私の担当分はあと2件です)
いよいよ来週から、本格的に夏期講習会がスタートします。学校の夏休みの期間が、例年に較べて半分くらいになってしまいました。そのためGSでは、この時期は夕方以降の時間に授業を行い、お盆休みをつぶして授業時間数を確保しています。特に小6・中3は、例年の夏期講習会とそんなに変わらない時間数を確保することができました。

小6・中3は、先週・今週で入試バトル(過去問実施→合格発表)を行っています。結果が出た生徒も出なかった生徒も、リアルな結果を目の当たりにして、気合いが入って来ました。
小5~中3の生徒は、先週・今週で「GSシート」を作成し、夏の目標と計画を作り込んでいます。本格的な夏がスタートする前に、自分の課題を明確にして、それを「絶対に克服して成績を上げるぞ!」という決意を固め切る必要があるのです。

しかし、最近の天気は本当にどうかしちゃっていますね。気温も、日照時間も、降水量(時間)も、いずれも観測史上最高(最低)の7月となるようです。梅雨明けも8月に入ってからになるようですし、肌感覚として夏期講習が始まるという感じかしません。8月は一転して暑くなると言われていますが、最近天気予報がまったく当たらないので、私はまだ信じていません。私は個人的には、夏らしく暑くなって来た方が気合いが入るのですが…
昨日も今日もとても困るのは、カラッと晴れたと思って洗濯物を外に干して、ちょっと買い物等に出かけている間に土砂降りの雨が降って来たりすることです。昨日は、干してせっかく乾きかけたものが雨にやられ、その後コインランドリーに持って行くという、とても非効率な1日となりました。

いずれにしても、ここから1ヵ月が受験生にとって、非常に重要な期間となります。講師たちも毎日のようにMTを行って、クラスごと・生徒ごとの作戦を立てています。生徒たちにも、今週で再度気合いを注入して行きます。今目の前で、K先生が中3の生徒たちを締めて(絞めて)います。

現在の生徒募集状況

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年7月25日 4:04 PM
  • 未分類

生徒募集再開後、毎週のように新規お問い合わせ・入塾手続きをいただき、満席の学年・クラスが増えて来てしまいました。満席の学年は、ウェイティングリストにお名前を入れさせていただくことになりますが、番号が早い方であれば順番が回って来る可能性がありますので、早めにご連絡をお願い致します。
入塾に際しては、体験授業をお受けいただいた上で、三者面談を実施させていただきます。

<現在の生徒募集状況>
小4→あと3名
小5→あと1名
小6→私立中コース・都立中コースとも若干名
中1→満席募集停止
中2→満席募集停止
中3→満席募集停止
高1→満席募集停止
高2・高3→オンラインコースのみ可
ガウディア→夏期講習会は満席募集停止・9月以降あと数名
ステップワールド→前期は募集終了・後期は11月開講

スポーツの日に思うこと

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年7月24日 7:34 PM
  • 未分類

今日はスポーツの日です。10月の体育の日が、今年から名前が変わりました。体育の日は、1964年の東京オリンピックの開会式に合わせてされたものなのですが、今年のオリンピックの開会式に合わせて、時期と名前が変更になったのです。オリンピックが中止(延期)となった今となっては、そしてコロナの影響が大きい状況下では、あまり意味がなくなってしまいました。ちなみに、スポーツの日は来年からはまた10月に戻ることになっていたのですが、オリンピックが来年行われることになったため、来年もこの時期に移動することが決まっています。

ということで、私は朝からコインランドリーに籠っていました(笑)。ジムに行こうかと思いましたが、今日は早めに仕事に出なくてはならないため、断念しました。ジムが再開した後、週2回はジムに通い、プロテイン生活も復活しましたが、1ヵ月経って早くも目に見える形になって来ました。大胸筋と上腕二頭筋が発達して来て、家で寝る時等に着ているTシャツはパッツンパッツンになりました。コロナ太りで一時的に履けなくなっていたズボンが、何とか履けるようになりました。太ももが少し太くなったのでちょっと窮屈感はありますが… 引き続き努力を継続して行こうと思います。

スポーツの日だから改めて考えたのですが、やはり人間は、健康・体力がとても重要だと改めて感じます。私の場合、体重が2~3kg違うだけで疲れ方が違います。この齢になって、病気らしい病気にほとんどかかっていないことに感謝しています。これから夏期講習会が本格的に始まりますが、毎年受験生たちの様子を見ていても、まず苦しくなるのは体調を壊したり、体力がない生徒です。暴論ですが、体力と気合いだけあれば、多少成績が足りないくらいの状況は夏で何とでもなってしまいます。
そのために私が重要だと考えていることは、睡眠時間の確保と食事と運動です。詳細ここでは書きませんが、私の経験から言えば、この3つの生活習慣を改善するだけで、体調・健康面はかなり変わります。

本日も平常通り授業を行っています。密を避けるために、いくつかのクラスはオンライン授業です。あと3分で中学生の授業が始まります。生徒たちが三々五々期末テストの結果を見せに来ています。みんな、なかなか頑張っていると思います。

Go To 合格キャンペーンスタート!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年7月23日 10:38 PM
  • 未分類

世間では、本日より4連休のようです。もともとは、東京オリンピックの開会式に合わせて2日間祝日にして、「みんなで応援しましょう!」という週末になるはずだったのですが、今となってはほとんど意味がない祝日となりました。昨日からGo Toトラベルキャンペーンもスタートしましたが、東京への出入りが対象外となる等、かなり混乱しています。東京はもちろん、全国的にも感染者数増が過去最多となって来ている状況なので、こんな中で本当にキャンペーンをスタートしたことに、ある意味感心しています。私はGS開校以来、年に1~2回は泊りがけの温泉旅行に出かけると決めていて、今まで8年間は叶えられて来ましたが、さすがに今年はちょっと躊躇しています。余談ですが、新聞やテレビのニュースで「Go To」の文字を見かける度に、そして悪者扱いされる度に、全区の後藤さんは心を痛めているのではないかと心配しています。

毎日雨が降って涼しいことと、まだ生徒たちが学校に通っているので、あまり実感が湧かないのですが、GSでも昨日から夏期講習期間がスタートしています。とは言っても、まだ学校があるので(何と、今日・明日の祝日も普通に授業をやっている学校があるのです)、夕方普段と同じ時間帯での授業となっていますし、密を避けるために一部のクラスはzoomでのオンライン授業になっています。朝からガッツリ授業を行えるのは、8月5日からの予定です。ただし、日野市の一部の学校等は、その頃はまだ学校の授業が夕方まであるので、授業に参加できない日が出てしまいます。八王子の中でも、学校(校長)によってかなり対応が違って来ていますし、(教委で出しているものではなく)学校ごとの夏休み短縮、土曜日や祝日の授業実施についての案内文を読むと、その学校(校長)の力量が手に取るように分かります。コロナや文科省・教委のせいにしてまったく他人事だったり、言い訳に終始して何を言いたいのかまったく分からない案内を配っている学校もあります。(それだけ、訳の分からないクレームが多いということなのかもしれませんが…) こういう緊急事態になると、学校ごとの本質が透けて見えて来て、(不謹慎ですが)とても面白いです。それは、塾についても同じことが言えるのでしょうが…

特に、小6・中3の受験生は、この1ヵ月が勝負どころです。正に天王山です。1ヵ月後、夏期講習会が終わった時に、成績(模試や過去問の点数)的にかなりかけ離れているようだと、合格の可能性はかなり低くなってしまいます。逆に言えば、今からスパートをかければ、まだ間に合います。
今週から、全クラスで入試バトルがスタートしました。今週は、小6私立中クラスは「日大三中」、中3は「中附・明明」にチャレンジしています。小6都立中クラスは、来週「南多摩バトル」が控えています。夏前の成果という意味では、とても重要なテストです。生徒たちは、さすがに緊張感を持って臨んでいます。

いよいよ、本格的に「Go To合格キャンペーン」をスタートします。特にゴロ合わせ等の意味はありませんし、授業料半額にもなりません(苦笑)。
ちなみに、GSの電話番号は、「56-1851」(合格に向かって、いっちょやって来い!)ですし、我が家の車のNo.プレートは「3759」(みんな合格!)です。「だから何?」と言われても困るのですが…

コインランドリーで人生を考える<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年7月22日 9:41 AM
  • 未分類

誤解を招くと困るので最初に再度書いておきますが、「生徒たちの成績を上げて、行きたい学校に合格させること」はとても大切なファクターです。今後も、ここにこだわって校舎運営をして行くことには変わりありません。大変不遜なのを承知で書きますが、我々はその部分に絶対の自信を持っています。同じ生徒を同じ期間預かった時に、「難関校への合格」という戦いにおいて、近隣の他塾に負けることはありません。過去数年の合格率でそのことはお伝えできると思います。もちろん、現状で満足しているわけではありません。今後も、さらに高きを目指して取り組んでまいります。

しかし、長い目で今後のことを考えた時に、それだけでは絶対にダメなのです。
日常の指導における付加価値も重要だと思います。様々あるのですが、私が最近一番感じているのは、生徒にも保護者の方にもあまり過度なストレスがかからないように、いかに効率的に合格に導けるかということです。睡眠時間を削ったり、日曜日や夏休み・冬休み等に朝から晩までずっと勉強をしたり等、無茶をして勉強をする時代は終わりました。他のもの・ことを犠牲にしたり、家族関係を悪化させてまで受験に臨むのはナンセンスです。もちろん、一定の勉強量を確保することは絶対に必要ですし、時と場面によっては、生徒に気合いを入れたり、保護者の方に苦言を呈したりということをしなくてはなりません。そんな中でも、受験勉強に楽しんで取り組めるようにして行くこと、家族も含めた全員が前向きに目標に立ち向かって行けるようにすることが、必要不可欠になると思います。生徒本人が嫌々やっていたり、保護者の方に極度なストレスがかかっていて、家庭が崩壊するような状況になるのであれば、受験そのものを見直した方がいいと思っています。

もう1つ、コロナの影響で、社会の価値観が大きく変わって来ていることが挙げられます。とても乱暴に行ってしまえば、「いい学校(大学)を出たからって何なのよ?」という意識・感覚が、社会の中でだいぶ広がって来ていると感じます。東日本大震災の時にも多少それを感じましたが、今回の方がさらに強いと思います。「これから社会はどうなって行くの?」という将来の不透明さが、今回の方が強いからです。来春の入試が普通に行われるのかもまだはっきりしませんし、大学生の就職活動も実質止まってしまっています。社会に出てからも、自宅待機の期間が長くなっていたり、給料やボーナスがいきなりカットされたり、会社が突然なくなってしまったり…というような状況が特別なことではなくなってしまいました。コロナウィルスに感染してしまうことも含めて、「明日は我が身」という不安がかなり大きくなって来ているのです。こんな社会の中では、学歴は無力です。それよりは、「会社に頼らず稼ぐ力」、「苦しい中でも前向きに生きて行く力」、もっと言ってしまえば「どんな状況下においても、幸せになれる力」が重要になって来ます。
目の前の勉強や受験、どこの学校(大学)に進学するかということが重要でないと言っているわけではありません。勉強はできないよりできた方がいいに決まっていますし、いわゆる良い学校(大学)には、良い仲間・良い環境があるので、自分の成長につながるチャンスが大きいことも間違いないでしょう。しかし、それだけじゃダメだということです。将来、「稼げるようになるか」、「自分の人生をきちんと生きて行けるか」、「自分や大切な人を幸せにできるか」、というような視点を持って、自分を成長させて行かないといけないのです。塾の立場で言えば、そういう基準も含めて生徒を鍛えて行かなくてはならないということです。「目の前のことだけでなく、子どもの10年後・20年後のことを考えて成長を促すこと」「そのために、子どもたちや保護者の方と日々本気で向き合うこと」が重要だと考えています。

具体的に言えば、受験勉強を通して、「素直さ」「忍耐力」「自主性・自発性」「レジリエンス」「コミュニケーション能力」「人望(人に好かれる力)」等の力を身に着けて行くことが、が今まで以上に大切になります。そのためには、保護者の皆様のご協力が絶対に不可欠です。学校の先生や塾の講師の力だけでは、できることに限界があるからです。
「親は具体的に子どもにどう接して行けばいいのだろう?」と悩まれている方が多いのではないかと思います。そういう方は、ぜひ拙著「子どもの幸せは親次第!」を手に取ってみてください。何かしらのヒントは得られるのではないかと思います。手前味噌ですみません。(このホームページのトップページに、書籍の詳細案内のリンクを載せています)

コインランドリーで人生を考える<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年7月20日 6:20 PM
  • 未分類

私くらいの年齢になったら、ましてや会社を経営する立場なわけですから、定期的に将来のことや、物事を思索する時間を取らなくてはならないことは肝に銘じているつもりです。しかし、実際には日常の忙しさにかまけて、(生徒指導・保護者対応をはじめとする)目の前の仕事に没頭してしまうことが多く、なかなかそういう時間を取ることができていません。なので、意識して捻出する必要があるわけですが、今の私の場合は、週に何回かのマッサージ機タイムをその時間に充てているということです。人によっては、入浴タイムや、夜ベッド(布団)に入ってからが、ものを考えるのにベストの時間だという場合もあるでしょう。私の場合は、それはまったくできません。お風呂は烏の行水のごとく数分で出てしまいますし(夏はシャワーだけで済ませてしまうことも…)、夜はぎりぎりまで仕事をしたり本を読んだりしていることが多いのですが、布団に入ったら数秒で眠りについてしまいます。余程のことがなければ、朝まで目を覚ますことはありません。これは旅行に行ったりして環境や枕が変わっても同じなのですが、よく他人に羨ましがられます。夜なかなか眠れなくて困っている方の辛さは、私には自分の体験としてはイメージすることができません。

で、この数週間、無重力マッサージ機の上で様々なことを考えたわけですが、改めて気付くのは、自分にとってもやはりコロナの影響はとても大きいということです。半年前とは、考えていること、大袈裟に言うと「仕事や人生の価値観」がまったく変わってしまいました。もう「コロナ前」には戻れないでしょう。半年前には、こんな状況になるとは想像もしていませんでした。
仕事の行く末について考えたことは、ここではあまり具体的に書くことができないことも多いのですが、書ける範囲でいくつか挙げておきます。

◯在宅ワーク・オンライン授業が日常的で当たり前のことになる
→これについては、改めて書くまでもないでしょう。コロナが落ち着いても、当たり前のように継続して行くことになります。一般の企業の事務職や、IT系の企業等はすでにそちらに大きく舵を切り始めていますが、学習塾についてもこの波は広がって行くはずです。この3ヵ月で、十分やって行けるということが分かってしまったからです。GSで言えば、オンライン授業になっても、テストの成績(模試や中学校の定期テスト)にマイナスの影響はほとんど出ていません。小6・中3の受験生については、夏期講習会も含めたここからの本格的な入試対策のところでは、やはり生徒たちを目の前に置いて指導したいと考えています。過去問を解く際は、やはり家だとなかなか気合いが入らないようです。1つ例を挙げれば、今後は台風や大雪で授業を休校とすることはなくなります。生徒も講師も自宅にいながら授業ができるからです。停電やネットの接続がダメになったら難しくなりますが…
私がこの間考えていたことは、オンライン授業であれば、それこそ全国から生徒を集められるのではないか?ということです。入試問題の対策のことを考えたら、現実的には東京都内のみということになるのかもしれませんが、校舎への通塾を前提としない形の生徒募集は検討しようと考えています。毎年、ちょっと通塾するには時間がかかり過ぎて難しい地域にお住まいの方からの問い合わせを結構いただきます。ニーズはあると思います。

〇「拡大路線」を進めることにあまり興味がなくなった
→8年前にGSを開校した時は、やはり行く行くは「株式上場」をイメージしていました。その過程として、校舎数を増やし、売上・利益を増やして行くことが規定路線となっていました。生徒数がかなり増えて、今の校舎が手狭になったこともあり、ずっと、「2号館」「2校舎目」を具体的に検討していました。実は、3度「契約一歩手前」まで行ったのです。3度とも直前で「突発的な事変」が生じ、契約に至りませんでした。(3回目は今春の高校部専門校舎です。物件は2つまでに絞り込んでいました。コロナがなければ、確実に契約して立ち上げていました)
今現在は、「株式公開・上場」については、まったく興味がなくなりました。一昔前は、それが起業人のステイタスであり、やはりそこを一旦のゴールと考えることが当然だったのかもしれませんが、今はもう時代が違うでしょう。私は最近はメリットよりもデメリットの方が大きいと考えるようになりました。今1つの校舎のみですが、お陰様で常に満席近い運営を継続することができるようになり、社員講師を6名抱えながら何とか利益を出すことができています。正直、「現状維持で何がいけないのだろうか…」と考えることもあります。しかし、GSで学びたいという生徒がまだまだたくさんいるわけですし(現在ウェイティングリストの名前が結構増えて来てしまいました)、「将来はGSで働きたい」と言ってくれる講師も少なくないので、(八王子の2号館も含めて)校舎を増やして行くことは考えなくてはいけないだろうと思っています。現状でも社員講師の待遇は(私が知っている範囲の)大手塾と較べても見劣りしないはずですが、もっともっと改善して行きたいとは常に考えています。その1点において、売上増・利益増にはこだわって進めて行くつもりです。株式を無理に公開しなくても、それはできるということです。

〇成績アップ・第一志望校合格には引き続きこだわって行きますが…
進学塾として運営している以上、社会の状況がどんなに変化したとしても、この一線は譲ることができません。最終的には、「入試において第一志望校に合格させる」ということがすべてに優先します。開校以来で言うと、年によって多少の幅はありますが、私立中・私立高・都立進学指導重点校の第一志望校合格率はだいたい75%前後、都立中の合格率はだいたい40%前後で推移しています。入塾当初の成績からすると、(第一志望校は)かなりチャレンジさせている生徒が多いので、その中での合格率ということで言えば、かなり高いはずだと自負しています。「早いカリキュラムと過去問レベルのしかけ」「絶対的な勉強量確保」「確認テストや復習ノートでの追い込み」「どこよりも早い(裏情報も含めた)正確な入試情報の提供」が、生徒たちの合格を支えていると分析していますが、突き詰めて言えば講師の経験値・力量に行き着く部分だと考えています。(それ故に、近隣の大手塾と較べると、講師の平均年齢がかなり高いのですが…)
ただし、今回のコロナの影響を様々考えた時に、進学塾としても、それ(成績アップと合格)だけては絶対にダメだと強く考えるようになりました。
(次回に続く…)

コインランドリーで人生を考える<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年7月18日 1:21 PM
  • 未分類

最近、朝一でコインランドリーに行くのが日課になっています。今週は1日置きに3日出かけました。毎日降り続く雨により、洗濯物がまったく乾かなくて困っているからです。世の主婦の皆様は、かなりストレスが溜まっているのではないかと想像しています。近所にコインランドリーは結構あるのですが、車を止められるところがほとんどなく、私はスーパーに併設されている大型コインランドリーまで遠征しています。今朝は、9時くらいにすでにたくさんの人が来ていました。幸い、1つだけ空いているボックスがあり、待たずに済みました。
基本的に、家で洗濯機にかけてから乾燥機だけを使いに行く感じなので、30分程度で終了するのですが、まだスーパーも開いていない時間なので、待っている時間は写真の無重力マッサージ機に身を委ねています。17分間で300円です。これがなかなか気持ちいいのです。体がほぐれて血行が結構良くなり、気持ちがリフレッシュできたような感じがします。マッサージが終わって、フカフカで温かいバスタオルを取り出すと、とても幸せな気分になります。雨が続いて鬱陶しい中で、プチ幸せを感じたい方にはお勧めです。

で、お伝えしたいのはここから先です。
マッサージ機に身を委ねている時間、様々なことを考えます。17分間という短い時間ですが、結構長く感じます。当日の仕事の段取りや、授業・面談の予習をしていることが多いのですが、今日は長い目で将来のことを考えていました。会社の行く末についてはもちろんですが、(おそらく半分以上は過ぎてしまっている)自分の人生についても少し考えました。普段そういうレベルでいかにものを考えていないかということに改めて気付きました。今後も、定期的にこういう時間を意識して確保する必要があると思います。
(次回に続く…)

塾もサバイバル…<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年7月16日 10:37 PM
  • 未分類

新型コロナウィルスの感染状況はそう簡単には収束しないだろうということに、みんなが気付き始めています。特に東京では第2波が押し寄せて来たと言ってもいい状況にになってしまっています。「重症者が少ないからそんなに心配する必要はない」というような論調もありますが、例え数%でもリスクがある以上、自衛を徹底して行くしかありません。もうこれ以上経済を止めるわけには行かないというのもその通りですが、だからと言って密な状態を解禁したり、感染防止対策を疎かにしていいということにはなりません。
専門家の意見を総合すると、今のような状況が、あと1年くらいは続く可能性が高いようです。そうなれば、東京オリンピックは来年も開催することはできないでしょうし、(密が前提となる)大小様々なイベントも自粛を継続せざるを得なくなります。

教育について言えば、そこの動きが一番早いのが大学です。もうすでに、9月以降も授業を完全にオンラインのみで行うことを公表している大学が結構あるのです。GSの卒業生でも、(4月以降)まだ1度も大学に行ったことがないという者が何名かいます。せっかく(勉強も含めた)キャンパスライフを楽しもうと思っていたのに、下手をしたら今年は1度も大学行かずに終わってしまうのかもしれません。
私立中高は、来春の入試を例年通りに実施できない可能性も視野に入れて動き出しているところが多いです。この状況の中では、電車に乗ってまで学校に通おうとする生徒は大幅に減ってしまうのではないか(生徒が集まらなくなってしまうのではないか)という危機感を持っている先生方も多いです。(その部分でも都立中高は危機感がないように感じます) ここ1ヵ月くらいで、家庭の経済状況が想像以上に悪化しているというデータを目にする機会が多くなりました。特に中堅以下の私立中学(特に男子校・女子校)は大きな影響を受けることになるでしょう。塾がこれだけつぶれているのですから、学校だってうかうかしていらいれないということです。

塾については、今までだいぶ書いて来ましたが、生き残れる塾とそうでない塾で完全に2極化することになるはずです。大手塾の中てもそうなるでしょうし(私は最終的には3つぐらいのグループに再編されると予想しています。メガバンクのように…)、個人塾や地域密着の小規模塾は、生き残るためのハードルが今まで以上に高くなります。5年後、いや3年後に生き残っている塾は、何らか武器(強い特長)を持っている塾です。中途半端な塾は、その頃まで体力(資金力)が持ちません。
最後に、<「こんな塾が生き残る!」10の特徴> というリストを載せようと思い、一旦書いて下書き保存したのですが、こういう場で公開するメリットはほとんどないということに気付いたのでやめることにしました。(顧問先の塾にはすでに伝えてあります) 1つだけ書いておくと、昨年までとはリストの内容が大幅に変わっているということです。①は「当日でもオンライン授業に切り替えることができる」という項目ですから… (あっ、1項目公開してしまった…) ちなみに、コロナ以前の「塾生き残り10項目リスト」は、数年前に「週刊ダイヤモンド」で特集が組まれた時に寄稿して大々的に掲載されたので、今でも検索でヒットすると思います。興味がある方は、そちらをご覧ください。

塾もサバイバル…<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年7月15日 1:14 PM
  • 未分類

コロナの状況が落ち着いたとしても、様々なことがコロナ前に戻ることはありません。人々の生活様式や働き方、企業の舵取りや全体の経済状況については、様々な場面で語られているので、何となくイメージできている方が多いと思いますが、受験の意味合いや塾に期待されること等も大きく変わって来ると思っています。正にパラダイムシフトです。

まず、全員が一堂に会して何かを行うという機会が、大きく減ることになるはずです。非日常のイベントはもちろんですが、日常的な仕事や学校・塾もその方向で進んで行くでしょう。
特に事務系やIT系の会社は、在宅ワークでもまったく問題ないということに、みんなが気付いてしまいました。いや、問題がないどころか、通勤時間や形式的な会議・MT等、いかに非効率な時間が多かったかを認識することができたのです。経営者は、オフィスのスペースがこんなにいらないということに気付きました。数ヵ月間、半分くらいのスペースでも問題なく仕事を回すことができたからです。実際、特に都心部では、大幅なダウンサイジングが進んでいるようです。今後もこの傾向には拍車がかかるでしょう。

学校や塾では、オンライン授業が必須となりました。コロナの問題がなくても、取り入れて行かなければいけないタイミングに来ていたのですが、遅々として進みませんでした。それがわずか2ヵ月で一気に浸透しました。今は高校生以上や塾に通っている中学生で、zoomを使えない生徒はほとんどいない状況です。特に塾では、生徒や保護者の方と、システムやラインでつながったりして、距離感が一気に縮まったところが多いようです。GSでは、動画システムでは100%、ラインでは95%以上のご家庭とつながっています。これにより、休校中でも生徒や保護者の方と、それなりにコミュニケーションを取ることができました。
私が一番感じているのは、授業だけやって終わりというような、生徒・保護者の方と距離感が遠い塾は、もう生き残って行くことができないだろうということです。
(次回に続く…)

ホーム > アーカイブ > 2020年7月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る