ホーム > アーカイブ > 2019年11月のアーカイブ

2019年11月のアーカイブ

内申点が続々と確定しています<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年11月30日 4:11 PM
  • 未分類

中3生の内申点の確定は、あと数名を残すのみとなりました。中にはひどい中学校があって、内申点告知された翌日に受験校をすべて確定しなくてはならないケースもあります。普通は1週間、短くても数日間は猶予があります。内申点によって、都立高校の受検校はもちろんですが、私立高校で併願を取れる高校が変わって来るため、その相談・検討する時間が必要なのです。翌日までと言われてしまうと、1晩しか猶予がないので、様々なことがバタバタになってしまいます。こういうところを1つとっても、中学校が生徒のことをきちんと考えているかどうかが透けて見えて来ます。

今回の三者面談で「最終確定」しなくてはならないのは、都立高校の推薦入試を受けるかどうかと、私立高校の併願推薦(確約・優遇)を取って受ける高校についてです。私立高校の一般入試は1月末くらいの出願日までは変更ができますし、都立高校の一般入試は、(ここからの得点力を踏まえて)2月上旬の出願までに決めればOKです。都立高校の場合、極論を言えば2月12日・13日の取り下げ・再提出までに決断をすれば間に合います。中には、「うちの中学校はここからの変更は認めていない」というバカなことをおっしゃる先生がいたりしますが、都立高校の差し替えは都教委が全都で決めたルールなので、現場の一教師がその生徒の権利を奪うことが許されるわけがありません。
私立高校の併願推薦(確約・優遇)は、この時期に確定しないと、後で追加・変更することができないのです。なぜかと言うと、中学校の方で取りまとめた上で、12月15日以降私立高校の方と折衝を行うからです。今年の日程で言うと、遅くとも12月13日(金)までに中学校の先生に明確に伝えていないと、受けることができなくなってしまいます。また、埼玉県や山梨県の私立高校を受ける場合は、中学校を通して交渉することができないので、生徒・保護者が個人的に学校と交渉して確約をもらって来なくてはなりません。このあたりのことは、一般的な受験生・保護者の方は意外とご存知ない方が多いので、注意してください。

いずれにしても、来週いっぱいくらいで最終結論を出さないといけません。受験生にとって、ある意味勝負所を迎えているのです。

今日は何の日?

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年11月29日 3:23 PM
  • 未分類

唐突ですが、皆さん、今日は何の日かご存知でしょうか? ちょっと考えれば、「いい肉」の日であることには気付くと思います。精肉会社や焼肉屋さんの涙ぐましい努力によって、だいぶ浸透して来たようです。「たまには家族で(家族でなくても)肉をガッツリ食べよう!」というのは悪い話ではありません。話は逸れますが、恋人同士で一緒に焼肉屋に食事に行くようになれば、ゴールイン間近であるという通説があります。確かに、初めてのデートで焼肉屋へ行くというのは、いろんな意味でないでしょうから、ある程度は当たっていると思います。
いや、違うんです。11月29日が金曜日と重なると(1/7の確率ですね)、「いい筋肉の日」なのだそうです。これも、トレーニングジムの皆様の涙ぐましい努力の賜物なのだと思いますが、ここまで来るとちょっとこじつけ感がプンプンしますね…

私は、ジムに通い始めて1年2ヵ月が経過しますが、ちょっと大袈裟に言うと、ジム通いを始めて人生が変わりました。体重や体脂肪が大きく減って(ついに肥満の領域を脱出しました)、確実に筋肉がついたことにより、疲れにくくなったり、力が出るようになったりという肉体的な改善もありますが、ストレスをほとんど感じなくなったり、訳の分からない有能感(力では負けないぜ!というような笑)が芽生えたりというような、気持ちの上でのプラス効果が大きいように感じています。おそらく、「テストステロン」等のホルモンの分泌が活性化したことが大きいのだと思います。中高年の皆様も、始めるのに遅いということはありません。ぜひジムに通うことを検討してみてください。(私の行っているところは)会費もそんなに高くありません。
手首を痛めていて、しばらくジムを禁止されていたのですが、本日病院に行って、無理しない程度にやるなら…という条件付きでOKをもらいました。禁断症状が出て来ているので(ほとんど病気だ)、嬉しい限りです。

内申点が続々と確定しています<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年11月28日 1:43 PM
  • 未分類

今週は、中3生の内申点確定週間です。昨日までに、すでに半分近くの生徒が「告知」をされています。一番遅い生徒は来週月曜日になります。
やはり今年も最後の最後になって上がった生徒が多いです。一番多いのはトータルで3点上がった生徒ですが、今のところ5点以上上がったバブリーな生徒は出ていません。(毎年何人か出るのですが…) ただ、都立高校のことを考えると、トータルで3点上がれば、(得点力が同じだとしても)受検校を1ランク上げることが可能なので、とても大きいです。
内申点について毎年感じることですが、やはり最後の最後は先生受けする生徒の方が有利です。もっと具体的に言えば、大人とコミュニケーションをきちんと取れる生徒ということになるでしょうか。口数が少なくて何を考えているか分からないような生徒は不利になってしまいます。授業中の積極性・意欲のところで評価に差がついてしまっていることもあると思いますが…
GSに通っている生徒たちの中で見ても、定期テストで同じ点数であっても、内申の評価に差がついてしまっています。これからお子様が中学生になるご家庭は、このことは知っておいた方がいいと思います。

最終的に確定した内申を基に、受験校の最終確定に入っています。中学校の三者面談より先に作戦を立ててしまう必要があるのです。なので、今週末から来週前半にかけては、我々もちょっとバタバタになってしまいます。
(次回に続く…)

日曜日も追い込みに入ります!<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年11月26日 5:02 PM
  • 未分類

「秘密」と言うと大袈裟ですが、簡単に言うと、「都立中の作文で書く内容を、その場で初めて考えている生徒はいない」ということです。乱暴に言ってしまえば、暗記しているフレーズをつなぎ合わせて文章にしているという感覚だと思います。
「体験」についてがその最たる部分で、「体験ストック」と言って、こういうテーマで来たらこの体験を書くということを、生徒は少なくとも10パターン、多い生徒は30パターンくらい頭に叩き込んであります。入試問題を解く時は、テーマを確認した上で、どの体験にしようか頭の中のメモリーから探し出す作業をします。中には、「〇〇の1つ覚え」みたいに、何でもかんでも自分の得意体験パターンに持ち込もうとする生徒もいますが、意外とはまるように書ける場合が多いことに驚きます。
体験だけではなく、最初の結論や最後のまとめの書き方についても、自分の型をいくつか覚え込んでおいて、それをつなぎ合わせて書いている生徒は多いです。その際に、絶対に書いてはいけない流れやタブーの話題も併せて理解しておけば、尚良いと思います。都立中の作文は、厳密な論理性を要求されるわけではないので、それで高得点を取れてしまうのです。

ただし、このレベルに到達するためには、かなりの本数作文を書き込んでいなくてはなりません。GSの生徒たちは、少なくとも1日1本(週に7本)以上は作文を書いています。夏休みや冬休みは、毎日3~4本です。もちろん、1回書いて終わりではなく、採点して返却されたもの(原則、すべて当日中には返却しいます)で合格点に届かなかったものは書き直しもしなくてはなりません。ザッと計算すると、1年間で400本~500本くらいは書いている計算になります。
過去問については、自分が受検する学校についてはもちろん、ほとんどの都立中の問題を過去十数年分は解き切っています。それに加えて、840ページもある全国公立中高一貫校の過去問集(いわゆる銀本)をひたすら解いて来ています。北から順番に今九州地方に入ったところで、そろそろ終わりが見えて来ている状況です。
これだけの本数を生徒が書いているということは、当然私がすべて採点をしているということです。(銀本等も含めて、生徒には一切採点をさせていません。というか生徒にはできません…) このくらいのことをやらせる時は、講師も覚悟が必要だということです。
実は私、先週末くらいから手首を痛めていて、病院に行ったら「関節炎&腱鞘炎」と診断されました。でも、左手なので、採点のし過ぎが原因ではないと思います。ジムかな… しばらくバーベルやダンベルを持てないのが痛い…

日曜日も追い込みに入ります!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年11月25日 3:24 PM
  • 未分類

昨日の日曜特訓で、私は小6都立中クラスの作文の授業を担当しました。昨日も書いた通り、1日で作文の得点力を大きく伸ばすチャンスの日だと位置づけていました。前半は、過去問を1本解いて点数を出して、解説→やり直しといういつもの流れで授業が進みましたが、途中休憩を挟んで残り時間が2時間半となったところで、「都立中作文マラソン」の時間となりました。都立中の作文頻出テーマを書いたカードをたくさん用意しておいて生徒に引かせて、そのお題について400字の作文を書かせるというちょっと遊び心ある企画です。書けたらその場で採点して、合格点(70点)を取れたら次のカードを引いて…ということを繰り返して行きます。2時間半と言えば、だいたい一流のマラソンランナーが42km余りを走り切る時間です。その時間、休憩も取らずに作文を書き続けたわけです。
こんな経験をめったにできないと思いますが、マラソンで言うところのフローの状態になって書き続けると、作文に対する感覚が変わって来ることがあります。書くことへの抵抗・怖さがなくなって、自信を持って書くことができるようになることもありますが、言葉にできない「書ける感覚」が掴めて来る場合があるのです。あまり頭を使わずに、手が勝手に動いて行く感じでしょうか… この感覚を身につけるためには、とにかく1日に絶対的な量をこなすことが大前提なので、毎年この時期にこういう時間を取るようにしています。

ちょっと皆さんに考えてみていただきたいのですが、生徒たちは2時間半で400字の作文を何本くらい書き切ると思いますか? 点数にならないものをいくら書いても意味がないので、70点という合格点を取れた枚数です。
昨日は、一番書けた生徒で9本合格でした。16分で1本書き切るペースです。なかなかのハイペースだということがご理解いただけると思います。全生徒の平均は6本くらいです。これでも、普通の感覚からすると「書くのが速いなぁ」と感じる方が多いと思います。これには、一般の方があまりご存知ない「秘密」があるのです。
(次回に続く…)

日曜日も追い込みに入ります!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年11月24日 11:52 AM
  • 未分類

本日は、小6・中3の日曜特訓の授業が行われます。今までの時期は、学校行事、会場模試、中学生の定期テスト等でなかなか日曜日にどっぷり授業というわけには行きませんでしたが、学校行事や中学生の期末テストがすべて終了したので、ここからの時期は、どうしても受けさせなくてはならない会場模試の日を除いて、日曜日もほとんどフル稼働となります。
この時期やるべきことはまだまだたくさんありますが、一番重要なミッションは、「入試問題でどうやって点数を取るか?」という1点です。今まで生徒たちはよく頑張って来ていますが、結局入試本番で点数を取らないと、合格を勝ち取ることができないのです。このあたり前のことに真剣に向き合うのが、日曜特訓のメインテーマです。

GSの日曜特訓は、大手塾と違って、必要に応じて臨機応変にイレギュラーな時間割を組むことができるのが魅力の1つです。(自分で言うな!) 例えば本日は、小6の私立中コースは1日中算数、都立中コースは1日中作文の授業を行います。この時期だからこそ、こういう日が必要だと考えています。これだけ同じ科目を徹底してやれば、生徒たちも何か見えて来るものがあると思います。それこそ1日で、偏差値で5ポイント、過去問の点数で10点以上を上げにかかるくらいのことができると私は考えています。受験生の目の色が変わって来ているこの時期だからこそ…という前提が必要ではありますが…
(次回に続く…)

文科省が今さらベネッセに抗議をしていますが…<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年11月22日 6:31 PM
  • 未分類

今回の大学入試改革は、最初から「民間企業ありき」でスタートしたものであることは間違いありません。この段階になってもまだ意外と知られていないのですが、改革の話が出始めた時に文科大臣だった下村さんは、学習塾の経営者だった方です。当然、民間教育産業界との関係は深いですし、民間企業が学校教育・受験に関わることに抵抗はありません。
「大学入試にTOEFLを使おう!」と言い出したのは楽天の三木谷さんですし、その後TOEFLは難しすぎるので他の試験も…となった時に、英検と並んでベネッセが入り込んでここまで「勢力」を拡大してのは、文科省とベネッセの蜜月な関係があったからです。ちょっと調べれば、文科省の入試改革に関しての基幹メンバーに、楽天やベネッセの関係者が関わっていたことは簡単に判明します。

当然のことですが、民間企業は営利を追求しなければ生き残って行くことはできません。それが国の官庁とは決定的に異なるところです。大学入試改革に関わる以上、それを利用して利益を最大限に上げようとすることは間違っていません。もちろん、法に触れない範囲で…という前提が必要であることは当然のことですが、今回は公平性という観点で「道義的にどうなのよ?」という声が上がって来てしまっているわけです。これは良くも悪くも、萩生田さんの「功績」と言えるでしょう。
ベネッセがGTECや都立高校のスピーキングテストという公的な試験を運営し、その対策として教材やオンライン講座等自社の商品を受験生に売ることが問題になっているわけですが、そのような動きは、今までも特に高校(特に私立高校)において当たり前のように行われていました。それがあまり問題視されていなかったのに、このタイミングになって文科省(萩生田さん)が、「同士」を崖から突き落とすようなことをしているので、私はとても違和感を感じるのです。
いずれにしても、今さらベネッセを完全に切ることは文科省にはできないはずです。共通テストの記述問題を止められないのも、そこがネックになっているからです。なので、「記述問題を2段階選抜(足切り)には使わないように」(でも採点はベネッセにさせるよ)というような玉虫色の方針を出す羽目になってしまうわけです。

私は、この営業をしている云々の問題よりも、記述問題の採点に関する情報漏洩の危険性の方が比較にならないくらい大きな問題だと感じています。全国で1万人もの採点要員が短期間で集められ、事前に研修と称して、採点基準や解法のポイントが出回るのです。もっと言えば実際の問題が事前に知らされる可能性すらあるかもしれません。採点者の身内に受験生がいれば、いくら守秘義務の契約をするとはいえ、それがまったく話題に上らないと考える方がどうかしています。文科省は、記述問題をゴリ押しで進めるのであれば、まずこの点についての疑念を払拭する必要があるはずです。

文科省が今さらベネッセに抗議をしていますが…<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年11月21日 1:28 PM
  • 未分類

新しい大学入試制度が依然として揺れ動いています。英語民間試験が延期(実質廃止)となりましたが、その後も「記述式問題」や「共通テスト自体」の廃止を求める声が日に日に大きくなって来ていて、まだ実際にどうなるのか予断を許さない状況が続いています。今の高校2年生はこの入試制度改革(改悪)振り回されていて、本当に気の毒だと思います。
そんな中、(私の目から見ると)とても滑稽な茶番が繰り広げられています。「文科省(萩生田さん)がベネッセに厳重抗議を行った」という報道です。何でも、ベネッセが共通テストの記述問題についての採点を請け負ったことを匂わせて、高校や先生に自社商品の営業活動を行ったということのようです。私は、このニュースを見た時、一瞬理解ができませんでした。そんなことは教育現場では周知の事実ですし(このブログでも過去に書いたことがあります)、何で今さら…という感じを強く受けたからです。もし、文科省(萩生田さん)がベネッセとの決別の可能性を探っていて、そのとっかかり(難癖)としてそういう声を上げたのであれば理解ができるのですが、現状ではまだそこまでの勇気はないでしょうから、本当に理解に苦しむ動きです。世間の圧力が日に日に強くなって来ているので、その矛先を(政権や文科省ではなく)民間業者に向けさせようとしていることもあると思いますし、民間業者との癒着を云々されている下村さんに責任をなすりつけようとしている意図があるのかもしれません。

あまり報道はされていませんが、2年後(今の中1生の代)からスタートすると言われている都立高校のスピーキングテストについても酷い状況です。何しろ、都立高校が使用するスピーキングテストの正式名称は、「中学校英語スピーキングテスト Supported by GTEC」となっているのです。もちろん、都教委のホームページでもその旨公表されています。受験に関わっている方であれば、GTEC=ベネッセであることを知らない方はほとんどいないと思います。(まぁ、知らなくても調べればすぐに分かりますね) その上で、ベネッセは都内の中学生に対してGTEC対策の営業を行っているわけです。
例えばホームページのリンク先を1つ貼っておきます。ここには都立高校でもスピーキングテストが実施されるという情報のみで、ベネッセが受託したという文言はありませんが、やっていることは、自社受注を前提とした営業活動ですから、今回批判されていることと何ら変わらないはずです。

https://www.benesse.co.jp/juku-english/contact/index.html

私が今回のブログで言いたいのは、「おいベネッセ、そんなのまずいだろ!」ということではなく、そんなの最初から分かっていて様々な改革が進んでいたのに、「今さら何言ってんだよ、文科省!」ということです。ベネッセにしてみれば、「走れ~!」と言われたからスタートダッシュよく飛び出したのに、気付いたら後ろから撃たれていたという感覚なのではないかと想像しています。
(次回に続く…)

期末テスト間もなく終了!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年11月18日 4:39 PM
  • 未分類

中学生の期末テストは、中高一貫校に通う一部の生徒たちを除いて、あと数日で終了します。先週終了した生徒たちは、本日から返却され始めると思うので、結果が楽しみです。
中3生は、今までは何だかんだ言って、中学校の定期テストや行事の準備に時間を取られていることがエクスキューズになっていましたが、ここからはもう言い訳ができません。目の前には入試の本番しかないのです。あと2ヵ月あまり(都立高校まで考えてもあと3ヵ月)、全力でラストスパートに入らなくてはなりません。

これは小6の都立中受検者についても同じことが言えるのですが、最終的な内申点が決まる直前の学校での取り組みはとても重要です。テストの点数が重要なことは間違いありませんが、今は「平常点」の割合も大きいので、直前期の先生から見た「印象点」がとても重要なのです。宿題を忘れたり、授業態度が悪かったりして目を付けられるのは論外ですが、提出物の質や授業中の積極性、質問に行く等の授業時間外での取り組みで、しっかりアピールできるかどうかで、科目ごとの内申点が変わるケースは決して少なくありません。毎年、GSの中3生は、最後の2学期の内申点で大きく上がる生徒が何人も出るのですが、このあたりのことを徹底していることも多少は功を奏しているのだと思います。
一番早い中学校は、来週早々に内申点が確定します。そういう意味では、今週が最後のチャンスです。

秋の保護者面談期間は終了しますが…<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年11月16日 4:55 PM
  • 未分類

本日も、入塾テスト・体験授業・面談が続いています。今週は私の空き時間がほとんど埋まってしまっています。この時期特有の状況ではありますが、本当にありがたい限りです。(本日来校された方も、全員GSにお通いの方からのご紹介です) 生徒たちは、その対応が終わるのを手ぐすね引いて待っていて、終わった瞬間に質問・相談・復習ノートチェック等に突撃して来ます。指導が行き届いていることを実感します(笑)。

土曜日の夕方は、1週間のうちで一番人口密度が高くなる時間帯です。教室が5つあるのですが、そのすべてがほぼ埋まってしまう感じになります。中3生は3科目の授業がありますが、授業がない小6生もほぼ全員が早い時間から集まって来ています。今は期末試験期間でもあるので(半分くらいの中学校は終了しましたが…)中1・中2の生徒も多いですし、小5生の参集率も高いです。多い時は70名くらいの生徒が同時に自習しているのですが、講師が質問に答えている声以外はシーンとしているので、ロビーにいたら、それだけ生徒がいることに気付かないかもしれません。ちょっと混んでいる感じはあるかもしれませんが、勉強の環境としては最適だと自負しています。「分からないことが出て来た時にすぐに質問できる」ということのメリットもとても大きいと思います。

ホーム > アーカイブ > 2019年11月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る