ホーム > アーカイブ > 2018年11月のアーカイブ

2018年11月のアーカイブ

都立高校改革続報<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年11月30日 2:10 PM
  • 未分類

都立高校のここから数年間の配置計画が都教委から公表されました。どうでもいい理念的な部分や細かい部分は割愛して、GSの生徒やこのブログの保護者の方に関係がありそうな項目を抜粋してご提示します。

〇英語の入試にスピーキングテストを導入する
→英語の4技能対策の一環です。リスニングで「聞く」能力は測れているので、あとは「話す」力ということです。数年前から「やるぞやるぞ」と前フリだけしていますが、依然としてスケジュール等具体化されていません。生徒たちにヘッドホンマイクをつけさせて、話した内容を録音して後で採点する方式でほぼ確定しているようです。この形は、民間のテストではもう当たり前に行っているのですから、技術的には何とでもなるはずです。何をモタモタしているのでしょう?
今の中2が実験台となり、現中1が受験する年から導入される可能性が高いという情報がありますが、後にズレ込む可能性もあります。私は、リスニングも止めて、受検生全員と(英語で)面接するのが一番良いのではないかと思います。まぁ、「そんなの物理的に無理…」という声が返って来るのは目に見えていますが… であれば、入試で4技能を測ることなんて止めた方がいいくらいです。

〇都立小中高一貫校の開校
→これも舛添さんのせいで一旦停滞していた案件なのですが、ようやく具体化して来ました。当初の予定通り、立川国際中に小学校を併設する形になります。2022年度ですから、来春幼稚園に入学する満3歳児の学年から入学が可能になりそうです。定員や入試の形態、カリキュラム等、詳細はまだ決まっていません。
私は、まず本体の立川国際中高の立て直しが先だろうと感じます。特に大学入試のところがあれだけガタガタになってしまっているのです。(都立中の中でも一番苦戦している方です) その状況で、付け焼刃のように小学校を併設して、12年間鍛えれば何とかなるだろうという思惑が透けて見えて来ますが、そう簡単には行きません。

〇新しい国際高校の設置
→港区白金に設置予定ですが、開講時期等はまだまったく白紙です。国際教養学科として第2外国語の時間を増やす等独自のカリキュラムを作成し、海外の大学進学コースも設けるというような青写真は公表されています。国際高校の人気を背景に、今後のグローバル社会に対応できる人材を育成することが目的です。
将来英語を本格的に勉強して、海外の大学に進学したいと考えているように生徒には、とても魅力的な学校になるでしょう。何しろ、場所が白金ですし…(笑) 相当人気が出て、倍率も高くなることは間違いありません。こういう学校は、入試で内申点を使うのは止めた方がいいと思います。このあたりで、都教委の本気度が分かります。
(次回に続く…)

ついにファッションモデルデビューしました!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年11月29日 8:59 PM
  • 未分類

私事で恐縮ですが、今週発売の雑誌でついにファッションモデルとしてデビューさせていただきました。
今までも、仕事の上では様々な雑誌で取り上げられたり寄稿したことは多く、GSで働き始めてからの6年間でも、「東洋経済」「週間ダイヤモンド」「総合教育技術」「女性セブン」「FPジャーナル」等、錚々たる雑誌で取り上げていただきました。書籍の出版も、印税が入るものだけで3冊ありました。
しかし、今回はまったく毛色が異なる雑誌ですし、ファッションモデルとして声がかかるとは夢にも思いませんでした。思い返せば、大学生の頃は「ポパイ」や「ホットドックプレス」、20代の頃は「メンズノンノ」の読者モデルに憧れていて、応募しようとして友人に羽交い絞めにされて止められた記憶があります(笑)。これで30年越しの夢が叶ったことになります。

発売までは守秘義務があることと、発売後も恥ずかしくて雑誌名や詳細はここで語ることはできませんが、誰でも知っているメジャーな雑誌です。いわゆる読者モデルというやつですが、ファッションコーディネーターやヘアメイクさんが付いて、本格的なスタジオでプロのカメラマンに撮影していただきました。自然な笑顔を作るのがこんなに難しいのだということを改めて実感しました。カメラマンやプロデューサーに「固いんだよな~」と言われれば言われるほど、次第に固くなって行きました…(苦笑)
担当していただいたのは、「40代の男性を輝かせる!」というのをコンセプトにしている会社でした。すみません、私は50代です。その雑誌の特集では、50代のモデルは私が初めてとのことでした。
最初に、普段着でいつものありのままの(ダサい)写真を撮られました。これがビフォーで、1時間くらいかけてコーディネートしていただいた後に撮った写真がアフターとして使われる段取りです。何てことない、「ダサい40代(私は50代)のビフオーアフター」がテーマなのでした。つまり、普段ダサい人しか出られない特集だったのです…(泣)
でも、( 短い時間でしたが)とても素敵にしていただいて、雑誌にも取り上げていただいて、私はとても満足しています。翌日にはすっかり元に戻ってしまったことは、内緒にしておきます。

校舎に見本誌を置いてありますので、興味がある方はぜひ見に来てください!

慶應よお前もか!?<その4>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年11月28日 2:42 PM
  • 未分類

都立高校の入試改革が失敗して、優秀な生徒も含めて私立高校(付属高校)に生徒が流れ出していることは既報の通りです。都立高校全体で見ても、定員割れとなった高校がたくさん出ています。もちろん、東京都の私立高校無償化の施策が痛かったことは間違いないのですが、都立高校のくだらない入試制度と不公平な内申制度に、受験生・保護者・塾が愛想を尽かして来ていることは紛れもない事実です。都立進学重点校専門塾として認知されていたGSですらそういう状況になって来ているのですから… 

このまま行くと、大学入試でも同じ状況が進行して行く可能性があります。国立大学離れです。そのことに気付いて愕然とする保護者の方が多いのですが、今は国立大学の授業料は、私立大学とそんなに変わらなくなって来ています。今後、条件付きながら大学の無償化も進んで行きます。返済不要の奨学金制度も拡充される予定です。経済的な部分がそんなに変わらないということになれば、あえて国立大学を選ぶ必然性がなくなって来ます。一般的には私立大学の方が施設・設備は充実していますし(国立大学は古く汚いところが多いのです)、資格試験や就職のところを見ても、私立大学が引けを取っているということはありません。慶應・明治に代表されるように、就職に強く、ブランドイメージ戦略によって、人気が高まっている私立大学も増えて来ています。
文科省がここ数年の舵取りを失敗すると、特に優秀な中学生の都立(公立)上位高校から国立大学へという必勝パターンが崩壊することになる可能性すらあるのです。
今なら、まだ歯止めが効きます。ここから1年間が勝負所だと思います。

慶應よお前もか!?<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年11月27日 12:31 PM
  • 未分類

逆に言えば、今回の大々的な入試改革において、文科省に対する不信感はかなり大きなものになって来ているということです。「これはおかしいだろ?」と感じる点はたくさんあると思いますが、私が特に感じてるいるのは以下の3点です。

〇最初に大風呂敷を広げておいて、年々状況が収束して来ていること
→塾業界では「変わる変わる詐欺」と呼ばれています。何しろ最初は、「高2のうちから複数回実施」「ほとんどを記述問題で数百字の作文も実施」というようなことが言われていたわけですから、今どれだけ腰砕けになってしまっているかお分かりいただけると思います。大学・高校等教育現場の反発が思いの外強かったことと、採点等物理的に無理があるためというようなことを言っていますが、そんなことは最初から分かっていたことです。子どもたち(保護者も)の不安を煽るだけ煽った責任は大きいと思います。

〇2年前になっても、まだ入試の詳細が公表されていないこと
→何度も書きますが、今の高1生は新しい入試制度で大学受験に臨むのです。まだ何も分かっていないと言ってもいい状態なので、特に今の高1生はかなり不安になっています。今の中3生でも、この状況に痺れを切らして(呆れて)付属高校志望に舵を切った生徒がたくさんいます。
プレテストによってある程度問題の形式は知れ渡って来ましたが、記述問題の採点の方式や採点基準、あのレベルの問題で点数を取るための対策、そして2次試験の内容(面接・小論文はどうなるのか?)、e-ポートフォリオの扱い(どの程度合否に影響があるのか)等、細かいことは何も公表されていません。
それに加えて、東大や慶應がこの制度からの離脱を宣言しているように、全体に対して拘束力があるのかないのかも今イチ分からず、不安を増長してしまっています。それこそ志望を慶應一本で考えているような受験生は、このテストや新しい入試制度の対策をしなくてもいいのかもしれないわけです。

〇英語の民間試験を活用するようにしたこと
→これを天下の愚策と呼ばずして、何をそう呼ぶのでしょうか。素人が考えても、経済界や企業の利権が絡んでいることくらい想像つく話です。英検について言えば、今持っている資格は流用できず、高3になってから再度受け直さなくてはならないルールです。e-ポートフォリオのシステム開発・運営や、記述問題の採点も民間企業が関わることが決まっています。毎年ほっといても数十万人の受験生がいるわけで、どれたけお金を落としてくれることになるのでしょう。
読む・書く・聞く・話すという4技能の重要性は理解できる部分です。それを安易に民間試験に丸投げしてしまったところが、大きな問題だと言わざるを得ません。東大が指摘しているように、不公平感も払拭できないと思います。今からでも遅くありません。民間試験を大学入試にそのまま流用することは止めるべきです。
(次回に続く…)

慶應よお前もか!?<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年11月26日 1:29 PM
  • 未分類

慶應大学は、今までもセンター試験を使っていませんでしたし、入試においても正に唯我独尊・独立自尊の道を行くような感じでしたので、業界では今回の決定について、あまり驚きを持って受け止められていないような感じです。
もう一方の私学の雄である早稲田大学は、まだ詳細こそ公表していないものの、何らかの形で「大学入試共通テスト」と「英語の民間試験」を入試で利用するという流れになっています。早稲田は、今様々な大学改革を行っている最中なのですが、私が一番驚いたのは、文系の看板学部である政治経済学部の入試において、数学を必修とすることを決めたことです。今までは、英語・国語・社会の3教科で受験することができたので、極端なことを言えば、数学は(理科も)早い段階で切ってしまうことができました。これからはそうは行かなくなります。大学に入学してから、数学の知識はもちろん、論理的な考え方をできない学生が増えていることがその根底にあるようですが、思い切ったことをするなぁと感心しました。早稲田はここ数年、資格試験や就職も含めたプランド力で、慶應に少し水をあけられてしまった感が否めないのですが、これらの大胆な改革によって、巻き返しを図ろうとしている様子が伝わって来ます。

いずれにしても、東大と慶應という国立・私立のトップに位置する大学が、早々と新しい大学入試の改革の波に乗らないということを宣言したことは、大きな意味を持つと思います。文科省が何年も前から肝入りで準備して来た改革の流れに、反旗を翻す形なわけです。他の大学が追従する可能性もありますし、影響は小さくないでしょう。
私が一番感じるのは、これらの大学(東大・慶應等)はしっかりと生徒の方を向いているということです。会見の内容や公表された文面からそのことを感じるのですが、2年後の入試に向けて受験生が不安にならないように、早めに柱となる部分を決定して公表したというニュアンスが伝わって来ます。そのことは、受験生や保護者にも伝わるはずです。
(次回に続く…)

慶應よお前もか!?<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年11月24日 12:49 PM
  • 未分類

2020年からの新しい大学入試について、依然として不透明な状態が続いています。今の高1生はあと2年余りで入試を迎えるわけですが、この時期にこの状態では、不安になるなというのが無理だと思います。

先日、全国各地の会場で2回目のプレテストが実施されました。私は、そもそもこのプレテストについても疑問に感じています。受験対象となったのは、全国の高2生・高3生の中から抽出された生徒たちなのです。皆さんは違和感を感じないでしょうか? この生徒たちは、大学入試でまだセンター試験を受験する学年なのです。特に高3生はあと2ヵ月で本番を迎えるというピリピリした時期です。そんな時に、大学入試が変わるから、君たちが受ける入試とはまったく違うけど、実験台として協力してくれという話は、やはり「大人の側の論理」だと感じずにはいられません。実際、まったく傾向が違う難しい問題を解かされて自信を失くしてしまった生徒がいるという話を聞きました。「センター試験では9割取れるのに、プレテストでは半分くらいしか取れなかった…」というような事例です。

問題もひと通り見ましたが、前回よりは質がだいぶ改善されたと感じます。全体として題意が分かりやすく、点数を取りやすくなりはした。数学の記述問題は書く量がかなり減り、国語も何を答えればいいのかがだいぶ明確になりました。平均点は前回より上がる科目が多いと思います。前回の問題が酷すぎて、あちらこちらから非難囂々だったのですが、そこでの意見をだいぶ取り入れた感じはします。
ただし、不安な点もないわけではありません。私が一番不安に感じるのは、特に国語の記述問題の採点基準のブレです。あのレベルの問題だと、1人が全員分を採点するのでない限り(そんなことは不可能ですが)、どうしてもブレが生じます。点数を付けずに、A~E等で段階別の評価をすることになるようですが、それでも不公平な状況は生まれるはずです。ということは、「自己採点」にも影響を及ぼします。今までのセンター試験では、自己採点の結果を基にして、2次試験の出願大学を決めるケースが多かったのです。センター試験はすべてマークシートの選択問題だったので、それが可能でした。今後、記述問題をどう採点していいか分からなければ、自分で点数の出しようがないわけで、2次試験の出願の際に迷ってしまう状況が出て来るでしょう。それは、予備校の講師が採点をしたとしても同じことです。

そんな折、また大きなニュースが飛び込んで来ました。慶應大学が、2020年以降の入試において、この「大学入試共通テスト」と「英語の民間試験」を使用しないということを公表したのです。
(次回に続く…)

本当の勝負はここからです!<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年11月22日 10:16 PM
  • 未分類

〇質問・相談に頻繁に来るようになる
→やはり、本気で合格したいという思いが強くなって来た生徒は、積極的な行動が取れるようになります。今まであまり質問に来なかった生徒が、頻繁に職員室に出入りするようになります。前回書いた通り、難しい問題を考え込んでいると時間が足りないので、すぐその場で質問して解消してしまおうと考えるようになるのだと思います。
また、自分の課題ややるべきことを、講師に確認している生徒も見受けられるようになります。「〇〇の単元が苦手だから何かプリントをくれ」とか、「自分は最後のまとめをこれを使ってこんな感じでやろうと考えているんだけど、これでいいか?」とか、前がかりな相談をしている生徒が増えて来るのです。
毎年、職員室に居座って出て行こうとしない生徒が散見される時期です。とっかえひっかえ講師をつかまえて、質問・相談をしているからです。中には、職員室の受付カウンターを「ちょっと借ります」とか言って、そこで勉強を始める生徒がいたりします。もちろん、来校者の方がいらっしゃったら、追い出すことになるわけですが…
最後の追い込みの時期に、待っていては奇跡の合格は果たせません。積極的な行動が合格を引き寄せるのです。

〇入試本番に行く時に、自信満々(に見える)
→入試直前期の様子が、とても自信満々に見える生徒が多いです。入試前日や当日の朝に、我々の目を見て「絶対に合格して来ます!」と宣言して行く生徒も少なくありません。成績的に足りない状況の生徒でもです。
1年間単位で見れば、ずっと全力で頑張れていたわけではなかったり、成績的に安定していなかったりする生徒もいるのですが、最後の追い込みの数ヵ月は自分でも頑張り切れたという実感が持てている生徒が多いようです。入試に行く時に、「自分ほど頑張って来た受験生は、そうはいないと思います」というようなことを言う生徒もいます。
我々から見たら「根拠のない自信」なのですが、奇跡の合格を引き寄せるためには、それがとても重要なのだと感じます。最後は本気の「自己暗示」です。

〇周囲に対して感謝の気持ちが持てている
→これは本当にそう感じます。入試当日の朝、ご両親に向かって「今まで本当にありがとう。おかげでここまで頑張って来ることができました。今日は全力で戦って来ます」というようなことを言って出かける生徒がいます。(お母様は、もうそれだけでウルウルになってしまいますよね…) これも不思議なのですが、奇跡の合格を果たした生徒の保護者の方から、後でこういう話を伺うことが多いのです。
また、最後の授業が終わった後に、(自分の意思で)我々のところに挨拶に来てくれたり、周りの生徒たちへの感謝の思いを伝えていたりする生徒も、合格率は高いような気がします。
「神様が見ているのだ」というようなことを言うつもりはありませんが、そういうところがしっかり理解できていて、「協力してくれた自分以外の人たちのためにも頑張る」という熱い思いは、入試本番の緊張感溢れる戦いにおいて、とても大きな力となるのだろうと分析しています。

さあ、受験生の皆さん、ここからが本当の勝負です。残り2~3ヵ月くらい、本気で戦いましょう。そして、自分の手で合格を掴み取って来てください!

本当の勝負はここからです!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年11月20日 1:55 PM
  • 未分類

<最後の追い込みが効いて奇跡の合格を果たす受験生の特徴>

〇体力・気力が充実している
→これからの時期は、まず体力(健康面)がとても重要なのです。だいぶ寒くなって来て、風邪をひいている生徒も増えて来ていますが、受験生が入試直前期にしばらく寝込んでしまったり、健康面に不安を抱えた状態だと、最後の追い込みは効きません。勉強時間を確保することは重要ですが、睡眠時間を削ったりして、無茶をしては絶対にいけません。睡眠時間の管理、栄養面のでの配慮、風邪・インフルエンザの予防等が重要になると思いますが、この部分については、保護者の皆様に全面的にご協力いただく必要があります。
体力・健康面で問題がなければ、この時期の数ヵ月は気力で乗り切ることができます。毎年、結果として奇跡の合格を果たす生徒たちは、最後の追い込みの時期にとても気合いが入って来ます。ようやくエンジンがかかって、入試の最後まで走り抜ける感じでしょうか。

〇勉強量をきちんと確保している
→奇跡の合格を果たす生徒たちは、最後の追い込みの時期の勉強量が半端ないです。(←流行語大賞の本命) 勉強時間ではないことに注意してください。勉強「量」です。(まぁ、最低限の時間はかけないことには難しいですが…) 暗記すべきこと、(過去問も含めて)問題を解くこと、復習… すべてにおいて、やるべきことを徹底的にやっている感じがします。ダラダラ時間をかけていても意味がありません。この時期に最悪なのは、分からない問題をうんうん考え込んでいることです。すぐに質問して覚えて、次に出て来たら解けるようにしておけばいいのです。

〇「自分は絶対に合格する!」と決めている
→これが本当に不思議なのですが、どんなに偏差値が足りなくても、どんなに過去問で点数を取れなくても、あまり落ち込まないで、合格のみを目指して邁進している感じがするのです。本人に聞くと、「だって、どうしても合格したいんです!」とか、「過去問は過去のもの。入試本番で合格点を取ればいいんですよね?」とかいう言葉が返って来て、ちょっとびっくりするような時もあります。
大事なことは、「合格したい!」じゃないんです。「自分は合格する!」なんです。合格のイメージしか持っていないのです。中には、合格発表で自分の番号を見つけて喜んでいる場面や、入学後の学校生活をすでに思い描きながら勉強している生徒もいます。本人の中では、合格をすでに先取りしているわけです。深層心理・潜在意識の側面から言うと、このことはとても理にかなっています。子どもたちはそれを意識してやっているわけではないでしょうが… 
(次回に続く…)

本当の勝負はここからです!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年11月19日 6:55 PM
  • 未分類

中学生の期末テストがあと数日で終了します。(一部中高一貫校の生徒は12月に入ってからになりますが…) 遅くとも来週中には中3生の内申点が確定することになります。
毎年多くの受験生たちと接していて感じるのは、小6生も含めて、受験はここからが本当の勝負だということです。中学入試まであと70日あまり、高校受験で都立高校まで考えてももう100日を切りました。もうこれしか残されていないという見方もありますが、まだこれだけ残っているという見方もできるのです。今までは、中学校の定期テストや部活、小学生も含めて学校行事やら何やらでとても忙しく、なかなか受験勉強に集中できなかった時期もあったと思います。ところが、ここからの2ヵ月・3ヵ月は、もう目の前に入試本番しかありません。第一志望校の合格のみを目指して、全力で邁進できる期間なのです。今までのんびりしていた生徒たちも、さすがに目の色が変わって来ます。クラスや塾全体がそういうピリビリした雰囲気になるため、集中力も自然と高まって来るはずです。(残念ながら、小学校はもちろん、中学校でもそうはなって来ないのが悲しいところですが…) 今まで苦労していた志望校の過去問でも、数をこなしてだいぶ慣れて来るので、点数が取れるようになって来る生徒も増えて来ます。今までこなせなかったレベル(量)の勉強を、この時期はこなせるようになることもあります。

受験生は、入試当日まで学力・得点力が伸びます。それを証拠に、偏差値が足りなくでも、過去問で1度も合格ラインを超えられなくても、入試本番で今までで一番良い点数を取って帰って来て、奇跡の合格を果たす生徒は、毎年少なくありません。ただ、それらの「奇跡組」の生徒たちの顔を思い出すと、最後の2~3ヵ月の過ごし方において、いずれも共通項があることに気付きます。それをまとめます。
(次回に続く…)

※アクセス数の多いブログの特徴として、ブログをいいところで止めて、「早く次の分が読みたい!」と読者に思わせるというテクニックがあります。はい、それを忠実に実行しています。すみません…

また売れ始めました!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年11月18日 12:28 PM
  • 未分類

今日は小6・中3の日曜特訓の授業です。中学生の期末テストはあと数名を残して終了しており、中3生はいよいよ今週から最終内申の確定報告が入り始めることになります。今年は都立高校志望の生徒がとても少ないのですが、この時期はやはりちょっとドキドキします。

昨年発売された私の著書「子どもの幸せは親次第!」が、再び売れ初めたようです。昨年4月の発売時は、発売日から3日間アマゾンのジャンル別ベストセラー1位を獲得して、正に爆発的に売れたようですが、その後あまり多くの数は売れなくなっていました。それが、ここに来てまた動き出しています。GSの職員室にも販売用として積んであるのですが、10冊くらい仕入れても、数週間くらいで完売してしまいます。(本日また10冊追加発注をしました) ここ数ヵ月で、新規入塾された方がとても多いこともあります。(9月以降で20名ほど新規入塾がありました) 受付カウンターに積んであるので、入塾面談や手続きにいらっしゃった方は、(狙い通りに笑)「これは何ですか?」と手に取って、ほとんどの方がその場で買ってくださいます。学校の先生や、出入り業者の方が買って行かれるケースも増えています。飛び込みで来校されて買って行かれた方もいました。受験のことはもちろん、今の就職や結婚の状況をかなり詳しく書いていることで興味を持っていただける方が多いようです。
アマゾンのサイトでも、今のところロングテール商品になっているようですが、これが今後も続くといいなぁと勝手に考えています。ちなみに、印税はすべてGSの売上になっていて、後藤個人には1円も入って来ません。もっとも、これによって稼ごうという気持ちはあまりありませんが…

私が不思議に感じているのは、買っていたただいている方の地域です。GSの生徒や卒業生の保護者の方の割合が高いでしょうから、八王子・日野で多く売れているのは理解できるのですが、その後は横浜・港・新宿・世田谷・渋谷…と続きます。(ちなみに、海外だとドイツが多いようです) どんな方々が買ってくださっているのでしょうか…? 生徒のお父さんが職場で発注・受け取りをしてくださっているのかな? 元教え子たちかな? それとも同業者の方? ぜひ、ご連絡をお待ちしています!

まだお読みになっていない方は、ぜひ手に取ってみてください。

「子どもの幸せは親次第!」 ギャラクシー出版 1,500円(税別) ※GSの職員室でお求めの場合は消費税分サービスします!

https://www.amazon.co.jp/dp/4866282800/

ホーム > アーカイブ > 2018年11月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る