ホーム > アーカイブ > 2018年7月のアーカイブ

2018年7月のアーカイブ

大学入試・英語民間テストについての続報<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年7月31日 5:19 PM
  • 未分類

「経済的に苦しい場合は、回数を受けなくてよい」ということは、逆に言えば「普通の家庭は、高3になってからも含めて、民間テストをどんどん受けさせろよ(お金を払えよ)」ということになります。ただでさえ、受検の労力や経済的な負担感を感じているところに来て、民間企業に金をどんどん落としてもらうことが目的の1つであることを自ら吐露してしまったようなものです。そうでなければ、「経済的に苦しい家庭は特別に免除」みたいな発想や、国民に対してこんな早い時期にそのことを公表することにならないはずです。
「英語の4技能の力を小さい時から身につけることが、将来グローバル社会の中で生きて行く子どもたちにとってとても重要である」という高邁なミッションは、今となってはお題目にしか聞こえません。

ここに来て、東大の方針転換をはじめ、新しい大学入試や英語の民間テストについての世間の風向きが変わって来たのは、この間の文科省の様々な不祥事が影響していると思います。文科大臣の「疑惑の視察」に始まり、不正な天下り問題も記憶に新しいですが、最近も幹部たちの起こした信じられない事件が相次いで報道されています。特に、東京医大の不正入試(裏口入学)事件が決定的だったと思います。大学入試を司る省庁の幹部が、個人的な利得のために大学入試を捻じ曲げてしまったのですから、前代未聞のとんでもない不祥事です。今後の捜査で全容が解明されるはずですが、組織ぐるみでの接待・隠蔽等の可能性も指摘されていますし、もう文科省は立ち直れないのではないかとすら感じます。教え子で文科省で働いている者がいて、いつも連絡するとすぐにレスポンスをしてくれるのですが、今回はまったくなしのつぶてです。それほど、混乱しているのだろうと推測しています。以前彼が言っていたのは、「ほとんどの職員(特に若い職員たち)は、国民のために身を粉にして真面目に働いているんです。そのことはあまり伝わらず、一部のおかしな連中の心ない行為のために、会社(彼はそういう表現を使っていました)全体の信頼を失墜してしまっているんです…」ということでした。たぶんそうなのだと思います。それは省庁に限らず、民間企業でもあちこちで散見される構図です。腐って行く組織は、まず頭(2番手・3番手くらいまで含めて)から腐ります。

そんな状態の文科省が、いくら入試改革を声高に叫んでも、世間が「はあ~っ?」という感じになってしまうのは、ある意味仕方ないことだと思っています。
いったい大学入試はどこに向かって行くのでしょうか? こんな状況で、受験生たちは、どうやって身を守ればいいのでしょうか? 子どもたちにはどうすることもできないので、保護者の方や学校の先生、塾・予備校の講師という周りの大人たちが、子どもたちを良い方向に導いてあげる必要があります。そんな偉そうなことを言っている私も、まだ正解が見えていません。この半年くらいの間に、真剣に考えて答えを出すつもりです。

大学入試・英語民間テストについての続報<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年7月30日 10:04 AM
  • 未分類

とにかく、新しい大学入試に利用する英語の民間テストの件での混乱が続いています。
先日東大が、「「民間テストを文科省の言う通りに利用する」とした件について、一旦リセットし再検討し直す」という声明を出しました。まだ、WG(ワーキンググループ)で検討している段階で、最終結論は年内に確定して公表するとのことですが、わざわざリセットするという声明を出すくらいですから、利用に反対意見の勢力が強くなって来ているのは間違いないでしょう。東大は、今年に入ってからだけでも、「利用しない」→「やっぱり利用する」→「やっぱり白紙に戻して検討し直す」と、態度をコロコロと変えていて、学内での混乱ふりが顕著に窺えます。
この件に関する東大の進む方向性は、他の大学にも大きな影響を与えるので、その動向に注目が集まっています。他の大学は、どちらかと言うと、東大に反対してもらって、それに追従したいと考えている節があります。自分たちが声高に反対を主張しても一蹴されるだけなので、東大にコバンザメのようについて行きたいと考えている大学が多いのだと想像します。知り合いの大学の先生は、「頼むぞ、東大!」とおっしゃっていました(笑)。

もう1つ確定した情報で大きいのは、英語の民間テストについて、「高3の4月から12月までの間に受けた最大2回分のみ大学入試に使うことが可能」だということです。これも本当におかしな話です。文科省は、受験勉強の早期化を防止するためというわけのわからないことを言っていますが、例えば(新しい制度の)英検2級を高1あたりで取れる力があったとしても、まだ取るなと言っているのと同じです。大学入試で使うために、同じ級を2度受けるような生徒はいないでしょうから… 早い時期から英語の4技能の力をつけさせると言っておいて、こういう縛りをかけるのでは、正に本末転倒です。
さらに浪人生は、1年前(高3の時)の民間テストのスコアを使用してもいいということも公表されました。ただし、過年度のものを認めるかどうか最終的な判断は、各大学に任されることになるようです。
もう1つ、経済的に苦しい場合や、離島・へき地に住んでいる場合は、現役生でも高2の時に受検した民間テストの成績を利用できるという特例も公表されました。この特例についても、私は「何て文科省はバカなんだろう…」と感じています。世間でどういう捉えられ方をするかとか、国民の感情の部分にまったく理解が及んでいないのです。
(次回に続く…)

本日の授業について

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年7月29日 7:37 AM
  • 未分類

7月29日(日)
本日の授業は平常通り実施します。
河川が増水していたり、地盤が緩んでいる場所があるようなので、注意して登校してください。

本日の授業について

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年7月28日 7:24 AM
  • 未分類

7月28日(土)
本日の授業は、台風接近のため完全に休校と致します。自習室開放も行いません。
進路は西寄りに逸れるようですが、今後台風の北側・東側で雨風共に大変強くなる予報が出ています。
本日は外出せず、各自自宅で勉強してください。
尚、(天災による休校の場合は)振替授業は行いません。

明日の授業について

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年7月27日 8:08 AM
  • 未分類

台風12号が接近して来ています。現時点での予報では、明日土曜日の昼頃から夕方にかけて、関東地方に接近する可能性が高いと言われています。この暑さと海から直接来るため、勢力が強いまま上陸し、雨・風共に注意が必要な状況のようです。

明日の授業については、朝8時の時点で、このブログにてどうするかをご連絡します。明日授業が予定されている学年の生徒は、来校前に必ず確認してください。

強力なご紹介のおかげです!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年7月26日 4:05 PM
  • 未分類

ファンクラブの件は冗談だったのですが、真面目な入会希望のお問い合わせを何件かいただいてしまいました。ほんと、すみません…

最近、新規に入塾いただく方から、「入塾したくて(通える学年になるまで)何年も待っていた」とか、「満席になってしまうことが心配で何度もお問い合わせいただく」とか、かなり熱烈なラブコールをいただくことが多くなっています。また、入塾するご本人(保護者)ではなく、(GSにお通いの)ご紹介者の方からご連絡いただくケースが増えていることも特徴の1つです。最近でも、「夏期講習はまだ間に合いますか?」とか、「席を1つ確保しておいてください」というようなご連絡をGSにお通いの保護者の方からいただき、「わかりました。確保しておきます。でも、正式にはその方から直接連絡していただいてください」とお願いするような場面がとても増えているのです。中には、他の塾に入塾が決まりかけていたのに、そちらを止めさせてこちらに連れて来ていただいたり、中学受験をするつもりがあまりなかったのに、「いい塾があるから、通って受験しなさいよ」と誘っていただりというような、かなり強引な(?)ことをしていただいた方もいらっしゃいました。

この間生徒数が一気に増えて来ているのは、ひとえに保護者の皆様がこのような動きを取ってくださっているからです。GSは講師たちがあまり営業的な動きをしていないのですが(あえてさせていない側面もあります)、優秀な営業マン(ウーマン)の皆様がそれぞれの小中学校にいらっしゃるので、とても助かっています。本当にありがとうございます。
GSでは、紹介者の方に図書カードやポイントシステムのポイント進呈というような御礼は行っておりません。今後もそのつもりはありません。ご紹介いただく方は、その方(子)にとって、GSが本当にいいと思うから紹介していただいているわけで、そのような御礼・見返りを出してしまうと、かえって紹介しにくくなってしまうのではないかと考えるからです。
ただし、我々も人間ですから、たくさんご紹介いただいている保護者の方とは、当然懇意になりますし、通ってくれているご子息・ご令嬢は、つい贔屓してしまっりということがないわけではありません(笑)。ただし、GSの贔屓というのは、勉強を徹底的にやらせて鍛えるということですので、誤解のないようにお願い致します。
(次回に続く…)

<夏期講習会>小5と中2はまだ間に合います!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年7月25日 10:15 AM
  • 未分類

本日で夏期講習会は3日目を迎えますが、まだ開講となっていない学年があります。小5は7月28日から、中2は8月10日から授業がスタートとなります。この2つの学年については、まだこれからの申し込みが可能です。特に、小5と中2は生徒が増えて来ていて、クラスを増設しましたが、それでも残席が少なくなって来ています。これ以上のクラスの増設はできませんので、今度満席になったら、しばらく(最悪入試まで)募集停止となります。入塾をご検討いただいている方は、早めにご連絡をいただきますよう、お願い申し上げます。

今年度になってからの新規入塾者が昨日で50名を突破しました。今年も生徒数・新規入塾者数共に、開校以来最も多い推移となっています。昨年も同じことを言っていたので、これで2年連続最多数を更新したことになります。
さらにありがたいのは、非受験学年の生徒が増えていて、学年ごとの人数バランスが良くなっているため、これだけ生徒が増えて来ていても、何とか教室や講師のやり繰りができてしまうことです。(まだ2号館が必要な状況ではありません) そうは言っても、夏期講習の第2クール以降は、時間帯によってはすべての教室(5つです)が稼働する状態になってしまいます。その場合、待合室、そして最悪職員室の片隅が一時的に自習室に変更となることをご了承ください。(クーラーは効いていますので、ご安心を)

この2~3年で入塾者数が大きく増えて来ているのですが、この間折込チラシやDMは一切やっていませんし、このHPは(毎日数百名の方にご覧いただいているようですが)あまり営業チックな内容は更新していません。そんな中で、これだけ多くのお問い合わせをいただいているのはとてもありがたい限りです。今年もほとんどの方がGSにお通いの方からのご紹介での入塾です。自分で言うのも何ですが、特に最近はとても熱狂的な(?)コアなGSファンの方が増えて来ているように感じます。現在GSにお通いでない方も含めて、ファンクラブを設立しようかと考えています…(笑)

いよいよ夏期講習!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年7月24日 10:02 AM
  • 未分類

小5から中3の生徒に関しては、夏期講習が始まる前に2週間かけて、「GSシート」を作成させています。これは、年に3回長期休みの前のタイミングで、明確な目標と成績アップのための計画をまとめさせるためのツールです。
具体的にどんな項目があるのかをご紹介します。

〇志望校
→これは、小5や中1であっても、きちんと記入させています。もちろんその後変わることはあってもいいわけですが、その時点で明確な志望校をはっきりさせておくことがとても重要だと考えています。都立を目指すのか私立を目指すのかによって、小6・中3になってからの受講科目、勉強の仕方が変わって来るので、それを早い段階で把握しておきたいということもあります。

〇模試の成績の結果と目標
→直近の自分の成績(偏差値)を記入し、これを次回のテストでいくつまでにするのかという目標の数字を入れさせています。もちろん、志望校合格から逆算していなくては意味がありません。次回のテストは9月の1週目に予定されています。毎年、夏期講習の前後でトータルの偏差値で10以上上がる生徒は少なくありません。今回も、ほとんどの生徒が高い目標を設定しています。
小6・中3の受験生は、過去問の目標点数も書いている生徒が多いです。

〇(中学生の場合)定期テスト・内申点の結果と2学期の目標
→今回、全体的に内申点がかなり上がった生徒が多く出ました。中3でトータルで10点以上上がった生徒が出たのですが、私の長い塾講師人生の中でも初めて見ました。「都立は行けるところでいい…」と言っていた生徒が、「一番上のレベルを目指す!」と言い出しました。都立高校の場合、内申点の影響がそれほど大きいのです。
最終的に高校に送られるのは、中3の2学期の内申点です。中1・中2の生徒も含めて、2学期でいくつまで上げるのかを明確に決意させています。

〇科目ごとの具体的な目標
→科目ごとに、自分の弱点を洗い出し、この夏の目標を明確にしています。例えば数学で言うと、「計算力が弱いので、毎日塾の課題以外に問題集を1ページ解く」というような感じです。この部分が自分で把握できている生徒といない生徒では、成果に大きく差がつきます。

〇目標を達成するための計画
→上記の目標を達成するために、いつ、何を、どのくらい取り組むという具体的な計画を立てさせています。特に夏期講習会がない期間の計画がとても重要です。妥当な計画を事前に決めて、それを淡々とこなして行くような形で取り組んで行くことが理想です。

〇決意表明
→シートの一番最後にこの欄があります。ここに書かれた文章を読めば、その生徒がどのくらい本気になっているかが分かります。ただ「気合いを入れて頑張ります!」みたいなことを書いているだけのものはNGです。自分の置かれている状況をきちんと理解しているか、「何をどうするべきなのか」ということが具体的に分かっているか、そして「絶対に結果を出す!」という強い意志を確認する場です。

毎回感じることですが、このGSシートの質とその後の成果は、ほぼ正の相関関係があります。自分でなかなかうまく作れない生徒は、講師が話をしながら埋めさせるのですが、結局、生徒本人に自主性・自発性が出て来ないと、実効性があるものに仕上がりません。

計画は立ちました。後はしっかり取り組んでもらって、結果を出すだけです。

いよいよ夏期講習!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年7月23日 9:44 AM
  • 未分類

前回まで、子どものうちに身につけるべき(勉強以上に)大切なことをまとめて来ましたが、書き終わって振り返ってみたら、「何だ結局、これは受験でうまく行くための要素じゃないか」ということに気付いてしまいました… そういうことです。つまり、成績を上げて受験で成功するためには、まず「人間力」を鍛えないといけないということです。GSでは、このあたりのことを常に意識しながら生徒たちと接しています。受験勉強を通して、将来の就活や婚活、そして社会の中で困らない力をつけてあげたいと常に考えています。受験だけでなく、人生のGood Smileを手に入れて欲しいという思いが強いです。

そうこうしているうちに、夏期講習会の初日を迎えてしまいました。毎年、初日の朝はとてもワクワクします。今年もどれだけ力をつける生徒が出るのだろう… 今年もどんなドラマが生まれるのだろう…と。こちらがびっくりするくらい、様々な部分で成長する生徒が多く出るのです。
講師たちも、気合い十分です。今年の夏は特に暑いですね。生徒や講師たちの、体調管理は最優先で配慮したいと思います。夏期講習中、講師たちは「スーパークールビズ」で勤務させていただきますので、ご理解のほどお願い申し上げます。服装の基準は、国の基準に合わせています。ポロシャツ・綿パンはよく見かけますが、驚いたのは、最近はアロハや沖縄ファッション(何て言うんでしたっけ?)もOKなのだそうです。さすがにビーサンは✖のようですが… GSでも、色違いのアロハを用意しようかと思いましたが、やっぱり止めました(笑)。
(次回に続く…)

文武両道の重要性<その7>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年7月21日 12:28 AM
  • 未分類

〇会話・コミュニケーション能力
→塾で子どもたちと接していて感じるのですが、挨拶をきちんとできない生徒は、成績が伸びません。うまく理由を説明できないのですが、30数年の経験則です。友だちとはもちろん、大人ときちんとコミュニケーションを取れるようになるかどうかは、小学校の高学年や中学生の時期に、一番重要なミッションの1つだと考えています。
GSでは、この部分の力を伸ばしてあげたいという思いが強く、(小学生であっても)生徒たちと対等なコミュニケーションを取るようにしています。最初はほとんど会話ができなかった生徒が、次第にそれなりのコミュニケーションが取れるようになって行きます。それに伴って成績が上がって来るケースが多いことも特筆しておきます。ただし、この部分は我々の力だけではどうにもなりません。保護者の皆様のご協力が絶対に必要です。

〇SOSを発信できる
→これも、子どもたちにとって非常に重要な力です。塾で分からないことを質問できるかどうかというようなことも大切ですが、そういうレベルの話ではなく、本当に困った時に、助けを求められるかということです。勉強や受験のこと、友だちや先生との関係、親子関係等、子どもたちには様々な悩みがあるはずです。そんな中で、自分ではどうすることもできないと感じるような問題が起こった時に、悶々としていないで誰かに相談することができるかどうかはとても重要です。例えば、学校でいじめられていて結構辛い状況になっている時に、我が子は親に相談してくれるという確信が持てるでしょうか? 自分は そのことに気付いてあげられるという自信があるでしょうか? そう言い切れないのであれば、まだ子どもとの関係を見直す余地があるということです。

〇感謝の気持ちが持てる
→特に入試直前期にこのことを強く感じます。特に両親や家族に対して、感謝の気持ちを持てていて、それをきちんと言葉や態度で伝えられるかどうかはとても重要だと思います。入試の結果にも影響します。私がこのことに気付いたのは、普段の成績的にはかなり足りない学校に、いわゆる奇跡の合格を果たして来る生徒が、入試前日や当日の朝に、親に感謝の思いを伝えて出かけて行くことが多いことを、保護者の方から伺う機会が多かったからです。
塾に通わせてもらえたこと、夜遅くに送り迎えをしてくれたこと、講習会でお弁当を2食作って持たせてくれたり届けたりしてくれたこと、もっと言えば産んでくれてここまで育てて来てくれたこと等、普段当たり前と思っていることに感謝できるような子どもになって欲しいと強く思います。

ホーム > アーカイブ > 2018年7月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る