ホーム > アーカイブ > 2018年1月のアーカイブ

2018年1月のアーカイブ

さあ、いよいよ!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年1月31日 8:51 PM
  • 未分類

いよいよ、明日から都内の中学入試がスタートします。雪は、明日の夕方から降り始めるようなので、とりあえず明日の入試は大丈夫そうですが、2日の朝は注意が必要だと思います。現時点では、多摩地域はみぞれ混じりであまり積もらないと言われていますが…
GSの生徒たちは、万全の状態で入試に向かえそうです。昨日、少し体調が悪そうな生徒がいたので心配していたのですが、今日はみんな元気そうでした。気持ちの上でも落ち着いているようです。今日も普通に授業を行い、最後の確認を行いました。全体的に調子はいいです。この時間にまだ残って勉強をしている生徒もいます。そろそろ帰さなくては…
もうここまで来たら、シタバタしても仕方ありません。力を出し切って来てくれることを祈るのみです。明日の夜には、ほとんどの生徒の結果が判明します。

2月より新年度の授業がスタートします!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年1月30日 3:12 PM
  • 未分類

いよいよ2月1日から都内の中学入試がスタートします。あと2日。最後の詰めをしっかりやらせて、入試当日自信を持って立ち向かえるようにしてあげることが、我々塾講師や保護者の皆様の最後の務めです。インフルエンザが猛威を振るっています。特に小学校では学級閉鎖・学年閉鎖となっているところも増えて来ました。とにかく、受験生たちが万全の状態で行けるように祈るしかありません。

どこの塾でもそうだと思いますが、入試と並行して新年度の授業が開講となります。今在籍している生徒たちは、1つ学年が繰り上がることになります。現小5生がいよいよ「受験生」となります。1つ上の先輩たち受験の様子を横目で見ながら、何かを感じて欲しいと考えています。
GSで言えば、新小4生の授業が新たにスタートします。最初の数週間の習慣付けが非常に重要です。現小4生は成績優秀な生徒が多く(1月のGSテストでも、4科で全国1位と2位を取った生徒がいます。ベスト10に4人入っています)、全員の平均偏差値もGS始まって以来という状況なのですが、1年前のスタート時に、意識や取り組みの変化が顕著でした。1ヵ月くらいで様々見違えてしまったような記憶があります。授業中の集中力や宿題・復習をきちんと取り組むことはもちろん、確認テストは満点(近く)を取って当たり前というような高い意識で取り組んでいます。いい意味でのライバル意識も強いです。受験勉強をスタートした最初の段階の習慣作りが、非常に重要だということです。
2月から新たに「ガウディア教室」もスタートします。大変多くのお問い合わせをいただき、昨日までに6名の方の診断テスト(入塾テスト)が終了しています。2月1日から体験授業がスタートします。

うちのような進学塾では、途中入塾の負担はかなり大きいものがあります。進度が速いので未履修単元が増えてしまうこと、学習ペースを掴めるまで少し時間がかかること、(別に排他的な感じはありませんが)クラスとして出来上がったところに入るのはなかなか勇気がいること等が理由です。毎年、「もう少し早く来てくれればこんなに大変な思いをしないで済んだのに…」と感じるケースがとても多くなっています。新規入塾をお考えの方は、ぜひ新年度最初からのスタートをご検討ください。小学生もまだ間に合います。新中1は2月9日からスタートです。

また今週も雪の予報が…

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年1月29日 7:06 PM
  • 未分類

先週積もった雪がまだかなり残っている状況ですが、今週もまた雪の予報が出ています。2月1日(木)から2日(金)にかけてです。ちょうど都内の中学入試本番なので、今から心配しています。先週より気温が高いこともあり、降ったとしても量が少なく(先週ほどには)積もらないのではないかと言われていますが、南岸低気圧の進路によっては予報が変わる可能性があるので、特に受験生(の保護者の方)は毎日天気予報等、正確な情報を確認してください。
「備えあれば憂いなし」ということで、最悪の事態も想定して準備しておいた方がいいと思います。電車やバスが止まった時にどうするか? 雪が深くて駅まで歩くのが難しい時はどうするか? 長靴やレインコート・雪道用の手袋が必要なのか? 等々… 先週私が学習したのは、雪が積もったあとに晴れた時は、照り返し・反射で目をやられてしまうことがあるということです。数時間雪かきをしただけで、しばらくものが見えにくい感じになってしまいました。
雪がかなりひどい時は、試験時間が後ろにズレる場合があります。(先週の高校入試では、午前中の入試が午後に変更になった高校がありました) ただし、中学入試はもともと午後も別の学校を受験する生徒もいるので、万一そんな事態になったら、結構慌ててしまうことになると思います。いずれにしても、学校のホームページの情報をこまめに確認することと、困った時は学校の受験生問い合わせ用の電話番号を事前に確認しておいて(保護者の方の携帯に登録しておくといいと思います)、早めに相談することが肝要です。
  

まだまだ最後の追い込みが効きます!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年1月28日 10:43 AM
  • 未分類

受験生が(場合によっては保護者の方や指導者も)意外と忘れている視点は、「どんなに力があっても、入試本番で力を出して来ないと合格は勝ち取れない」ということです。受験勉強では、「頑張って力をつけること」と、それを「本番で発揮して来ること」の両輪が揃って初めて成果が手に入るのです。
では、本番で力を発揮するためにはどうしたらいいのか?ということですが、大きく2つの柱があります。1つは、「ケアレスミス」をいかに防ぐか(最小限に止めるか)ということです。教科の内容に関するミスはもちろん、問題の読み間違い、時間配分や捨て問の見分けミス、解答欄のミス、もっと言えば受験番号や名前の書き忘れ等、あらゆるミスを本番でしないようにすることが重要です。最後の数日で、本番でミスをしないための対策が必要なのです。GSの生徒たちには、今まで時間をかけてそのことを徹底して来ましたが、最後の数日で再度の確認が必要です。入試本番で一番悔いが残るのは、普段しないようなケアレスミスを連発して帰って来た時です。この部分の対策については、まだこれから間に合います。

もう1つは、「気持ち」をしっかり持たせることです。この時期(入試直前期)になると、今までどんなに順調に来た生徒でも、成績的に余裕がある生徒でも、多かれ少なかれ不安になります。適度の緊張感はあった方がいいのですが、緊張し過ぎて頭が真っ白になってしまったり、不安で結果を気にするあまり集中できなかったりしたら、普段の力を出すことができなくなってしまいます。「今までこれだけやって来たんだから大丈夫!」とか、「自分ほど頑張って来た生徒は他にいない!」というように思えるようになれば大丈夫です。
私の今までの経験で言えば、最終的に、「自分は絶対に合格する!」という強い信念、もっと言えば「自分が合格して、その学校に通っている姿の先取りイメージ」を持てるようになれば、ほとんどの生徒が力を発揮して帰って来ています。もちろん、今まで取り組んで来たこと、テストや過去問の結果の裏付けが大きいのですが、中には入試直前期に、まったく根拠なくそういう思いを持てる生徒もいます。そういう生徒はだいたい良い結果を出して来るので不思議です。
この部分については、我々も最大限の配慮をして送り出すようにしています。明らかに自信が持てなくてびびっているような生徒は、入試数日前に「荒療治」をすることもあります。ただし、これも今までの経験で言えば、保護者の方の接し方が一番影響があると感じています。一番最悪なのは、「絶対に合格しなさいよ!」というプレッシャーをかけることです。言葉にしないまでも、全身からそういうオーラが出ている保護者の方がいます。意外と多いのが、「大丈夫?」「大丈夫?」と言い続けてしまうケースです。これも、子どもたちには大きなプレッシャーを与えてしまう場合が多いです。
このブログでも何度も書いて来ましたが、模範解答は「もうすでにあなたはここまで受験勉強を頑張って来て、大きな財産を手に入れて来たのよ。結果はどちらでもいいので、とにかく悔いを残さないように全力でやって来なさい」とか、「落ちても命を取られるわけじゃないでしょ。その時はその時よ。また次に頑張ればいいのよ」というような声かけです。「そんな声かけができれば、苦労しないわよ…」という嘆きが聞こえてきそうですが(苦笑)、この時期、子どもたちは必死に頑張っています。保護者の皆様も、我が子が良い精神状態で入試に行けるようにするために、その部分についてはどうしても頑張って欲しいのです。

まだまだ最後の追い込みが効きます!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年1月27日 12:51 PM
  • 未分類

今朝起きた時の気温は-6℃でした。「意外と高いじゃん…」と思ってしまっている自分に苦笑しました。都心部に住んでいる知り合いと話をしていると(正確に言うとラインやフェイスブックのメッセージのやり取りですが…)、都心部より3~4℃気温が低い時が多いことに気付きます。「山梨県八王子市」とか、「東京のシベリア」とか言われるのですが、これだけ気温が違うと、「同じ東京とは思えない」と言われても反論ができません。ちなみに、先週狭山市の学校に入試応援に行ったのですが、確実に八王子よりも寒かったことを追記しておきます。

「入試本番」まであと5日となりました。2月1日から都内の中学入試が始まるのですが、高校入試の方も埼玉県の一般入試が同日からスタートします。今までは、中学入試の方は埼玉県の前受験、高校受験の方は(内申が一定の重みを持つ)推薦入試だったので、2月1日からが「いよいよ本番!」ということです。ちなみに、この日は都立高校の推薦入試の合格発表も予定されています。
考えてみたら、来週の今頃は、中学入試の方はほぼ大勢が決してしまっています。都立中の入試も終了しています。(昨年のGSの小6生は、2月1日の午前入試の学校に全員が合格してくれたので、とても楽な展開となりました) 2週間後には、高校入試の方も都内の本番が始まっています。もう秒読み、本当のラストスパートの時期となります。
まだまだここからできることはあります。というより、合否ぎりぎりのところにいる受験生たちは(第一志望の学校については、GSの生徒たちでもそういう生徒が多いです)、ここからの最後の追い込み如何によって、勝負が決すると考えています。もちろん、知識の整理や過去問の最終チェック等、やるべくきことを最後までやり切るということが重要なのは言うまでもありません。今日・明日の2日間の過ごし方が非常に重要です。しかし、実はこの時期にそれにも増して重要なのは、「本番で力を発揮できるような準備をする」ということです。
(次回に続く…)

1月入試終了!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年1月26日 5:30 PM
  • 未分類

今朝起きた時、気温計が-9℃を指していました( ゚Д゚)  (目覚まし時計と一体になっているデジタルのものなので、マイナスが2桁になるのを見てみたいと思ってしばらく見ていたら、-8℃になってしまいました) トイレに行って息を吸ったら、鼻とのどが痛い感じでした。昨日の夜は、お風呂を沸かそうと思ってスイッチを入れたら、しばらく沸かしモードになりませんでした。どうやら、湯沸かし器が凍結してしまったようです。凍結予防の機能がついているのに… しばらくして動き出したので何とかお風呂に入れたのですが、一時は入るのを諦めようかと思いました。庭の水道は、数日前から凍結していて蛇口をひねっても水が出て来ません。室内の水道やトイレの給水が凍らないことを祈るばかりです。
私の50数年の人生の中で、一番寒い数日間であることは(たぶん)間違いないと思います。少し前に、「実は地球は温暖化ではなく、少しずつ氷河期に向かっている」という論文を読んだのですが、そのことを思い出しました。確かに寒いのですが、次第に体が慣れて来てしまっている感じもします。インフルエンザの罹患者数も、統計史上最多となったようです。皆様、体調にはくれぐれもご注意ください。

本日も入試と合格発表が続いています。
都立高校の推薦入試から生徒たちが帰って来始めました。本日は小論文・集団討論・面接が行われたのですが、手応えを持って帰って来た生徒が多いようです。高校によっては明日も面接が行われるところもあります。
中学入試も高校入試も、昨日までに行われた埼玉県の入試の合格発表がありました。高校入試の方は、「事前相談」で基準をクリアしている生徒しか受けていないので、「(余程のことがなければ)合格することが分かっている入試」です。当然全員合格なのですが、やはり1つ合格をもらうと気持ちが違うようで、生徒たちからはホッとした感じが伝わって来ます。
そんな中、小6生は今日も普通に授業がありますし、中3生もほとんどの生徒が自習に来ています。
これで、(明日の都立高校の面接を除けば)1月の入試・合格発表がすべて終了しました。次は、いよいよ2月1日。中学入試は都内の本番。高校入試は立教新座高校から、「ガチンコ入試」がスタートします。

都立高校推薦入試応募者数確定!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年1月25日 4:05 PM
  • 未分類

都立高校推薦入試の応募者数が確定しました。推薦入試については願書の差し替えがありませんので、これで最終確定となります。この間お伝えして来た通りですが、今年は都立第一志望の生が少ないため、昨年までに較べると応募者数がかなり減っています。全体で昨年より2200名以上減って、平均倍率が2.78倍まで下がりました。
GSの生徒たちで受験者が多い、進学指導重点校と多摩地区の学区2~3番手校について、倍率の昨年比較を列挙してみます。合格者は定員ピッタリしか出さないので、これが実質倍率になります。

        17年 18年
日比谷(男子) 3.1→2.8
日比谷(女子) 4.4→4.0
戸山 (男子) 2.4→4.2
戸山 (女子) 3.2→3.7
青山 (男子) 3.9→4.1
青山 (女子) 8.2→5.7
西  (男子) 3.2→3.8
西  (女子) 4.9→3.8
八王東(男子) 2.0→2.2
八王東(女子) 3.0→3.3
立川 (男子) 3.0→2.3
立川 (女子) 3.8→3.1
国立 (男子) 2.8→3.4
国立 (女子) 4.0→5.7
町田 (男子) 2.7→2.1
町田 (女子) 3.2→2.7
日野台(男子) 1.7→1.6
日野台(女子) 3.2→1.7
昭和 (男子) 2.0→3.1
昭和 (女子) 2.1→4.2
武蔵北(男子) 2.3→2.1
武蔵北(女子) 4.4→4.1
小金北(男子) 2.3→2.3
小金北(女子) 4.0→2.7
調布北(男子) 1.5→1.4
調布北(女子) 2.6→2.3

青山(特に女子)の倍率が毎年高いのは、他の学校より定員を減らしているからです。
例年のことですが、女子の人気校の倍率が高いです。かなり高いレベルの戦いになることは間違いありません。
多摩地区の学区2番手校の人気が落ちて来ていることが、この数字からも顕著に読み取れます。私の皮膚感覚で言えば、その層の生徒が一番付属高校に流れているからです。
明日から2日間が入試日です。内申点で4割から5割の比重があります。当日は小論文と面接・集団討論が行われますが、学力試験はありません。
本日も、最後の悪足掻きで、小論文の添削と面接練習の予定が詰まっています。今年も中学校の先生の酷い指導にかなり悩まされましたが、何とか間に合いそうです。

「ガウディア」の受付をスタートしました!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年1月24日 1:02 AM
  • 未分類

すべての研修を終了して「開室許可証」をいただいたので、ようやく受付を開始できるようになりました。
ガウディア本社(日能研)での研修には、全国津々浦々から新規開校する室長たちが集まっていました。(現在教室数は300以上あるそうです) ガウディアのシステム、教材の特徴、指導の流れ等を完全に把握することができました。
写真の通り、校舎に看板・のぼり等を掲げることができるようになりました。パンフレット・備品・テキスト等も届き始めました。

対象 / 幼児(年少)~小6(小4以上は中学受験を考えていない生徒)
教科 / 算数・国語 
曜日 / 火・木・土のうち1日または2日(通塾日数を選べます)
時間帯/ 火・木 15:30~16:30 17:30~18:30(どちらか選択)
       土 13:30~14:30 15:30~16:30(どちらか選択)

授業料/ 1ヵ月12,960円(税込) ※週1日でも2日でも同じ料金です

※教材は無学年制のため、それぞれの教科において学力に相応しいところから学習をスタートします。
※最初に、診断テストと三者面談を実施させていただきます。
※面談の際に、詳細パンフレット・カリキュラム表をお渡しします。教材見本をご覧いただくこともできます。
※診断テスト・面談終了後、体験授業を受けていただくことが可能です。
※まずは、お電話にて診断テストと面談の予約をお願い致します。

ガウディアホームページ → http://www.gaudia.co.jp/

1/23 本日の授業について

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年1月23日 12:54 PM
  • 未分類

本日の授業は、平常通り実施します。
まだ場所によってはかなり雪が積もっています。路面が凍結している場所もあります。くれぐれも気をつけて来校してください。
バスが走っていない、車が出られない等の理由で来るのが難しい場合は、無理をしないでください。事前にご連絡をお願い致します。

進路決定第1号!

結構積もりましたね。八王子は(場所にもよるようですが)30cm超のところが多いようです。もう全身が痛いです(´・ω・`)。昨日・今日と、校舎周りと家の周りの雪かきで合計4時間くらい働きました。虫の報せだったのか、昨年我が家の庭のカーポートに屋根をつけました。(ちょっと値がはったのですが)一番頑丈なやつをお願いしました。今回の雪でもビクともしていませんでした。そのおかげで、庭や車がまったく「無傷」だったのが救いです。今日は結構気温が上がって来たので汗だくになり、一風呂浴びてから(ビールは飲んでません!)出勤しました。

雪かきの最中に嬉しい報せが入って来ました。昨日の高校入試(推薦入試)で、第一志望校に合格した生徒が出たのです。今年の進路決定第一号です。今年はかなり倍率も高く、難化が予想されていた高校だったので、喜びもひとしおだと思います。残念な結果だった生徒は、全員が気持ちを切り替えて、午後の入試に向かいました。一般入試に向けて、これからが本当の勝負です。今日はほとんどの学校が、雪のために入試を午後に繰り下げているのです。GSの生徒たちが受けている学校で言うと、明八も西武文理も聖望も、すべて午後になりました。昨日の早い時間に連絡が入って来ていたので、受験生たちも安心して当日を迎えられたと思います。学校の先生方も大変な状況になっているようです。学校に泊まりで雪かきをしている先生方もたくさんいました。本当に頭が下がります。あとは、受験生たちが力を出し切ってくれることを祈るのみです。

ホーム > アーカイブ > 2018年1月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る