ホーム > アーカイブ > 2017年10月のアーカイブ

2017年10月のアーカイブ

過去問の取り組み<その4>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年10月31日 1:39 PM
  • 未分類

過去問実施後の分析は、ここまでやって初めて大きな効果があるわけですが、これには大きな問題点があります。生徒たちが自分1人でこのレベルまで掘り下げるのは、なかなか難しいのです。毎年様子を見ていても、それを自分でできるのは、中3生のごく一部の(早慶や西・国立にほっといても受かって行くような)優秀な生徒たちのみです。小6生や中3生の普通の生徒たちは自分ではできません。保護者の方も、そのレベルの分析をするのは難しいと思います。
ではどうすればいいのかということになるわけですが、ぜひ塾の講師を利用してください。この時期にこういう過去問指導をしない(できない)塾は、存在価値がないとさえ思います。もちろん、集団授業の塾の場合は、クラス全体に対してある程度共通する部分の指導が入ると思いますが、最終的には個々の生徒たちが受験する学校について、個別にやり取りをしないとダメなのです。もちろん、この部分は授業時間外のコミュニケーションが中心になります。それを要求するのは、集団授業の塾に通っている場合であっても、当然の権利です。

小6・中3受験生の保護者の方は、まず我が子が自分が受ける学校の過去問をどのくらい解いているか確認してください。もし今の時点でまったく手をつけてないとしたら、すぐにでも(保護者の方が)行動を起こさないといけません。塾に通っている場合は、講師と連絡を取り合う必要があるでしょう。少なくとも過去5年分について解く日を決めてください。点数を全科目集計して、合格最低点と比較するところまでは確認してあげてください。
塾によっては、「それをするのは12月くらいからでいい」というようなバカなことを言うかもしれません。それをうのみにしないでください。中学入試も高校入試も1月中旬くらいから始まり、本命校まで考えてもあと3ヵ月ほどしかないのです。のんびりしている場合ではありません。その時になって合格ラインにまったく足りないということが分かっても、できることが限られてしまいます。
(次回に続く…)

過去問の取り組み<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年10月30日 1:37 PM
  • 未分類

台風一過の青空の下で木枯らし1号が吹きました。これはとても珍しいことなのだそうです。もちろん普通は同じ時期に来ないからということもありますが、実は木枯らし1号というのは、東京と大阪でしか定義されていないのだそうです。(私も今日初めて知りました) つまり、上記のような状況は東京と大阪でしかあり得ないということです。

同じ年度の過去問を全科目揃えて解いた後に、「トータルであと何点足りないから、それを埋めて行くためにどうするのか」ということをしっかり考えることがとても重要です。その際に絶対にやってはいけないことは、「ケアレスミスで◯点落としたから、この分は大丈夫」としてしまうことです。全然大丈夫ではありません。歯が立たなくて点数を落とした時よりも問題視しなくてはならないくらいです。理解できなかったことはきちんと勉強して理解できるようになれば、次のテストでは点数を取れるようになる可能性が高いですが、ケアレスミスが多い生徒は、本番でも必ずと言ってよいほどしでかして帰って来ます。何度も繰り返し間違えるのは「ミス」ではありません。単なる力不足です。きちんと問題の本質を理解し直した上で、ミスをなくすための習慣作りをして行かなくてはなりません。

前回書いた通り、科目ごとの分析をすることが必須です。例えば、英語であと20点足りない(取らないと行けない)という結論に達した場合、内容をつぶさに精査して、「リスニングが弱いからここを強化しなくてはならない」とか、「文法的な部分で詰めが甘いから再度それをやり直す」とか、「とにかく長文を読むのに時間がかかってしまって読み切れないので、1日1本長文を読む練習をする」とか、具体的なアクションにつながる分析をする必要があるのです。もちろん、それを実際に行動に移さないと意味がないわけですが…
算数や数学で言うと、分野別の点数の取れ方を確認することが重要です。その際に、あまりにも難しい捨て問レベルの問題をあまり気にしないことです。今の自分の状況で、取らなくてはいけないのに取れなかった問題について検討することです。計算や数値の処理でミスをしている場合は、その部分の対策も必要になって来ます。例えば、毎回のように因数分解で点数を落としている場合は、因数分解の練習に時間をかけなくてはいけません。ひと通りのパターンの練習をして、「これで入試レベルの因数分解はもう大丈夫という状況になって、初めて落とした点数(普通は1問5~6点)が見込めるようになるわけです。
(次回に続く…)

本日の授業

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年10月29日 10:07 AM
  • 未分類

本日の日曜特訓の授業は、予定通り13時よりスタートします。
ただし、夕方遅い時間くらいから強風圏内に入り、雨風とも強くなるとの予報があるので、以下の通り短縮授業とします。
授業終了は16時05分となりますので、お迎えにお越しいただくご家庭は、その時間に合わせてお願い致します。
台風が接近する前から雨が激しく降る時間帯があるようなので、気をつけて来校してください。

〈本日の授業時間〉
13:00~14:30 1科目目
14:35~16:05 2科目目

今週も台風が…

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年10月28日 12:04 PM
  • 未分類

今週末も台風の影響を受けそうです。先週ほど勢力は強くないようですが、現時点では明日日曜日の夜遅くに関東地方の南岸に接近するとの予報です。先週の大雨で、地盤が緩んでいたりするところがあると思いますので、くれぐれもご注意ください。
10月ももう終わろうとしているのに、台風が2週続けて上陸するのにビックリです。異常気象の影響があるのでしょうか…?

〇本日の授業・GSタイム・面談等は、すべて平常通り実施します。

〇明日の日曜特訓の授業についても、現段階では平常通り実施する予定です。ただし、今後台風の動きが早まったりして影響が出そうな場合は、休講・授業の短縮打ち切り等の可能性があります。その場合はこのブログで情報を発信しますので、必ずご確認ください。

過去問の取り組み<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年10月27日 6:13 PM
  • 未分類

自分が受験する学校の過去問に取り組んだ場合、解いて採点した後が重要です。もちろん、合格最低点と較べて(その年に受験していたら)受かったのか落ちたのかという視点が重要なのですが、それだけで終わってしまったらダメなのです。
間違えた問題を1問1問解き直すこともできればした方がいいのでしょうが、自分で個人的に解いた分については、そこをあまりこだわり過ぎない方がいいと考えています。授業中にみんなで解いて解説を聞いたものについては解き直しまできちっとするべきですが、解説を聞いていない問題を、自力あるいは解説を読んだだけで自分でやり直しをするのはなかなか大変です。この時期はただでさえやらなくてはならないことがたくさんあるので、そこまで踏み込んで行くと対時間効率がとても悪くなってしまうということもあります。
例えば、小6都立中コースの銀本については、解いて採点をされた分については、解答・解説をひと通り目を通して納得しておく程度でいいことにしています。毎週5本程度は解いてもらうことになるので、それを全部解き直すのは不可能に近いのです。それでも、問題に慣れてもらうことと時間の使い方を体に覚え込ませるという意味で、数をこなすことには意味があると考えています。もちろん、自分が受検する中学校の過去問については、授業中に時間を計って実施し、採点後返却して解説をした上で、やり直しまでチェックをしています。

過去問の結果が出た後にしなくてはならないことは、大きく2つあると考えています。
1つは、受かった場合は合計点でどのくらい余裕があるのか、不合格だった場合はトータルであと何点足りないのかを確認して、特に点数が足りなかった場合に、合格するためのイメージを作り込むことです。例えば、私立高校の過去問を解いて3教科トータルで30点足りなかった場合でも、「単純に各教科あと10点ずつね」という話にはならない場合がほとんどです。「国語はちょっと出来過ぎでこれ以上はなかなか見込めないので、英語と数学で15点ずつ取る!」とか、「今回は数学でミスが多すぎたので、数学であと20点、英語であと10点は取れたかな?」というような生々しいやり取りをすることが重要だと考えています。このやり取りをする上で、「過去問管理シート」がとても重要なツールになるのです。これを私は過去問の「トータル、こうでねえと」と呼んでいます。
(次回に続く…)

過去問の取り組み<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年10月26日 8:20 PM
  • 未分類

この時期の小6・中3受験生の授業は、入試問題でどうやったら点数を1点でも多く取れるのか?という視点で進めています。もちろん、重要事項のチェックや知識のまとめなどもまだまだして行きますが、すべては「テストで点数を取るために」というところに繋がっています。授業中に実際の過去問を解いてもらうケースも多くなっています。ただし、量的にはそれだけでは足りませんし、クラスの中でも受験する学校が違うので、特にこの時期以降は、生徒各自に自分が受験する学校の過去問を解いてもらうことが重要なミッションとなります。そういう意味では、受験校が今の時点で決まっていないと話にならないわけです。滑り止めの学校を最終決定するのはもう少し先でもいいと思いますが(特に中3は内申が確定しないと決められない場合が多い)、この時期に第一志望校・第2志望校くらいは決まっていないと、過去問を解き切るのが難しくなってしまいます。

土日を中心に家で解く生徒が多いのですが、最近は家では集中して取り組めないということで、GSの自習室に籠って解いている生徒も増えて来ています。
自分で過去問を解く時に、重要なことがいくつかあります。まず、必ず時間を計って取り組むことです。時間に関係なく長い時間かけて解くのはもちろんダメですが、最悪なのは、つまみ食いのようにちょっとずつ解いて答えを見て…というような解き方をしてしまうことです。もっと早い時期(夏前とか)ならありかもしれませんが、この時期は点数をきちんと出さないと意味がありません。
もう1つは、採点をいい加減にしないことです。生徒に任せておくと、どうしても採点が甘くなってしまいます。小6生は、採点は保護者の方がやると決めているご家庭も多いようですが、その場合も辛目につけるのが原則です。記述の部分は塾で講師に見てもらった方がいいと思います。
都立中の過去問は、生徒や保護者の方が採点するのはなかなか難しいと思います。GSでは、自分たちが受ける中学校の過去問は、すべて授業内で実施することにしています。家ではいわゆる銀本(みくに出版の全国問題集)に取り組ませていますが、専用のノートに解かせて、すべて私が採点するようにしています。事前に問題を見ておかなくてはならないので、なかなか大変です(>_<)

GSでは、「過去問管理シート」を生徒に持たせていて、解いて点数を出したら記入することになっています。折りに触れて、その取り組み状況と結果を確認しています。この時期は、かなり進んでいる生徒と、ほとんど進んでいない生徒にくっきり分かれてしまいます。進んでいない生徒に、講師が「過去問を解け~!」と叫んでいるのが日常的な光景です。
(次回に続く…)

選挙の結果を受けて

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年10月24日 4:19 PM
  • 未分類

衆議院議員選挙が終了しました。ここでは結果についての論評をすることを控えますが、ほぼ戦前の予想通りの結果に落ち着いたというところだと思います。
今回は、消費税増税の使い道も含めて、特に教育に関する公約・政策が注目される選挙となりました。選挙の結果を受けて、早くも安倍総理が言及したこともありますので、今後の方向性をまとめておきます。

◯消費税は、リーマンショック級の状況にならない限り、予定通り2019年の10月より10%に増税する。
〇消費税の増税分の多くを、教育政策に充てる。(今までの計画を変更する)
〇幼児教育の無償化を優先的に進める。2019年から5歳児の無償化を先行し、2020年より3歳児・4歳児も含めて完全無償化とする。(ここには原則年収制限を設けない)
〇0歳~2歳については、経済的に苦しい家庭のみ無償化を進める。(生活保護家庭や住民税非課税世帯のレベル)
〇公立高校の無償化については、今後も継続する。(年収制限も継続)
〇私立高校の無償化については、年収制限も含めて今後検討する。(何も決まっていないということ)
〇大学等の無償化については、現時点では具体的な話が出ていない。(どちらかと言うと否定的ということ)
〇返済不要の給付型奨学金制度を拡充する。(現在は生活保護家庭や住民税非課税世帯しか対象となっていない。この枠を広げるということは明言しているが、具体的な方向性はまだ示されていない)

現時点で確認できたことは以上です。全体的の方向性で言えば、大学等の高等教育よりも、子育て・幼児教育を優先しているということです。政府の見解としても、非婚晩婚化、少子化の対策が急務だと考えているためです。
東京都の私立高校の無償化が決定した経緯はこのブログでも以前書きましたが、公明党が早い段階から主張していて、選挙で公明党の力を借りる必要があった小池知事が就任後すぐに決断したということのようです。今回も公明党は、幼児から大学まですべての完全無償化を公約で謳っていました。今回の選挙では少し議席を減らしてしまったのですが、連立与党として重要なポジションを占めていることに変わりはありません。今後の取り組みにも期待したいと思います。

台風一過<本日の授業について>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年10月23日 11:35 AM
  • 未分類

本日の授業・自習室開放は、平常通り実施します。

台風21号は、朝5時頃に八王子市付近を通過したようです。上陸する台風としては史上最大級という触れ込みだったので、心配していました。風の強さはそうでもないように感じましたが、とにかく雨の量・強さがすごかったです。雨漏りや浸水が心配で、何度も確認してしまいました。
八王子でも避難勧告が出た地域があったので、大変な一夜を過ごされた方もいらっしゃったと思います。
現在(11時半)も、風がまだかなり強いですし、浅川・多摩川も依然として水位が高いです。崖崩れの可能性がある地域もあるようです。くれぐれもご注意ください。
一部の鉄道が朝から止まっていましたが、まだ平常運転に戻っていない路線もあるようです。通塾に支障がある場合はご連絡ください。

台風が接近しています

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年10月20日 6:36 PM
  • 未分類

台風21号が本州に接近して来ています。現時点での予報では、月曜日の朝から夕方にかけて、関東地方に最接近(直撃の可能性も)する可能性が高いようです。激しい暴風雨を伴い、勢力もかなり大きいようなので、くれぐれもご注意ください。
GSの授業等の予定は以下の通りです。

10月21日(土) 授業・面談・GSタイム等、すべて平常通りに行います。
※夕方以降、雨・風が強くなる可能性があるようなので、十分に注意してください。

10月22日(日) 完全休校
※ 小6・中3の会場テストがいくつか予定されています。当日の対応については、テスト業者のHP等で確認してください。問い合わせ先の電話番号も掲載されていると思います。
※選挙が予定されていますが、日曜日はかなり悪天候となる可能性があるので、土曜日に期日前投票を済ませることをお勧めします。

10月23日(月) 当日判断
※多摩地区の小中学校でも、すでに臨時休校を決定しているところがあるので、確認してください。
※案内文でお知らせしている通り、GSの授業・保護者面談・自習室開放については、当日の正午までにこのブログで連絡します。台風の進路・状況によっては、休校となる可能性もあります。必ずブログを確認してから来校してください。(個々のご家庭へ連絡は致しません)

保護者面談はまだまだ続きます…

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年10月19日 4:30 PM
  • 未分類

10月から秋の保護者面談がスタートして3週間近くが経ちますが、まだ消化率は40%程度の状況です。今までの時期は小6・中3の受験生が中心だったのですが、ようやく終わりが見えて来ました。ここからは非受験学年が中心となります。全員の方と終了するのは、11月下旬くらいになってしまいそうです。その後すぐに小6・中3の2回目の面談(受験校決定最終面談)が予定されているので、なかなかハードなスケジュールです。
私の場合、面談の期間は様々な事務仕事が滞ってしまう傾向にあります。もちろん、授業とその準備、生徒・保護者対応、配布物等の準備、職員の給料の処理等には影響が出ないようにしていますが、それ以外の仕事に充てられる時間が限られてしまうため、内部的な事務作業がどうしても後回しになってしまいます。経理的な仕事がその代表的なものですが、このブログの執筆も、意識して時間を確保しないと飛んでしまう時があります。(一昨日の火曜日がそうでした… ちょっとだけ言い訳してみました)

最近、校舎を離れての仕事も増えて来ています。現状では、お見合いの立ち会い、学校や塾のコンサルが中心ですが、来月以降学校での生徒・保護者対象の講演もかなり入って来そうです。土日や平日の昼間等、塾の仕事に影響がない範囲で出かけるようにしていますし、お見合いの立ち会いは八王子の京プラがほとんどで時間のロスがあまりないので、何とかこなせています。
そのおかげで、今年度は塾部門以外の売上がかなり増えています。これはうちのような中小企業にはとてもありがたい状況です。新たな経費がほとんど発生しないため、売上が丸々利益となるからです。
経営基盤が安定すれば、塾にお通いの生徒・保護者の皆様にもご安心いただき、還元できることも多くなります。生徒たちが卒業した後も、利用してもらえるサービスがいくつもあります。社員たちの待遇もさらに改善できるかもしれません。私の中ではいいこと尽くめなのです。

ホーム > アーカイブ > 2017年10月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る