ホーム > アーカイブ > 2017年8月のアーカイブ

2017年8月のアーカイブ

夏休みをいただきました

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年8月31日 10:12 AM
  • 未分類

昨日まで3日間、少し遅い夏休みで完全にオフとさせていただきました。
今年は那須へ。御用邸近くのコテージとペンションに1泊ずつしました。ホテルとはまた違った雰囲気で、のんびりすることができました。
今日の東京は急に気温が下がって寒いようですが、私があまりそう感じないのは、昨日までの那須とほぼ同じ気温だからでしょうか。

3日間で様々なところに出向きましたが、私の中でのベストは、「ワールドモンキーセンター」での象との触れ合いと(タイミングが合わず乗れなかったのが残念(>_<))、「ウルトラヒーローズワールド」のなりきり体験でした(子どもか!)。

2日目の朝、(アラームを設定していないのに)携帯が激しく鳴り響いて目が覚めました。ミサイル発射の「Jアラート」でした。東京は鳴らなかったようですが、栃木はぎりぎり対象地域に入っていたようです。地域を限定していないようで、「頑丈な建物の中に避難してください」とか、「この上空をミサイルが通過しました」とかの文面が何度か流れて来たので、ちょっとビビりました。ああいう局面になったら、何もできないですね…

本日より、職場復帰しております。明日から生徒指導も再開します。

夏の終わりは婚活日和!?

  • 投稿者: admin
  • 2017年8月27日 9:58 AM
  • 未分類

この週末は、結婚相談所の会員のフォローアップに時間を使いました。夏期講習中は忙しくて、なかなかゆっくり相談に乗れなかったので、昨日今日でじっくり話を聞き、アドバイスをしました。

昨日お見合いが何件かありましたが、こちらは気に入ったのに、先方に断られてしまった会員もいました。
交際相手の自宅に初めて潜入?した会員もいました。こちらはなかなか好感触です。
いい交際をしていたのに、破局を迎えてしまった会員もいます。リセットして、1から出直しです。本人がかなり落ち込んでいるので、励まして背中を押す必要があります。
お見合いがなかなか組めないで落ち込んでいる会員もいます。本人に何らか問題があるケースが多いので、それを伝えて改善させることが必要なのですが、そこの理解やレスポンスの違いで成果に差がついてしまいます。

朝夕涼しくなって、秋の気配を感じるようになりました。人恋しくなるせいか、活発に動き出した会員が多いです。昨日は、ホテルのラウンジが明らかにお見合いをしている男女で溢れていました。
私の今までの経験でも、夏の終わりから秋にかけては、婚約が成立する機会が多いです。ちょっとお尻を叩いて、頑張ってもらおうと思っています。

夏期講習会終了!

  • 投稿者: admin
  • 2017年8月25日 11:01 AM
  • 未分類

夏期講習会が終了しました。毎日毎日は長い戦いでしたが、終わってみればあっという間でした。

中3生の入試バトルは、最後も大きな成果につながりました。結局、MARCH付属や都立国分寺のレベルは、難関クラスのほぼ全員が、レギュラークラスでも何人もが合格を勝ち取って終了しました。(滑り止めのレベルとは言え、この時期に本番の合格ラインを超えられるのは大したものだと思います) 昨日は在籍生徒の半分以上が早実バトルにチャレンジしました。こちらは残念ながら合格者は出ませんでしたが、もう一歩の戦いをした生徒もいましたし、2月の合格に向けて、「これから頑張れば、十分行けるぞ!」という手応えを掴めた生徒も多かったようです。

小6生も、夏の後半になって入試問題での得点力が見違えて来た生徒が出て来ました。夏の前半はまったく歯が立たなかったレベルの問題で、本番の合格ラインまでもう一歩という点数を取るようになって来た生徒が多いです。基礎固めはだいぶできて来たので、第一志望校のレベルの戦いがここから本格的にスタートします。

特に受験学年の生徒たちは、夏の間、あれだけの勉強量をこなしたこと、あれだけ本気でテストに臨めたこと、結果が出た喜び、結果が出なかった悔しさを本当の意味で実感できたことが、今後の戦いの糧となったと思います。この経験を活かして、これからも飛躍して行って欲しいです。

昨日の夜は、講師全員で打ち上げを兼ねて、MTを行いました。酒の肴は、生徒たちの成績です。この生徒は、今後どうやって合格まで導いて行こうか…という話が夜中まで延々と続きました。結構飲みましたが、私は本日も朝から仕事をしています。溜まっていた事務仕事を片付けていて、顧問税理士との面談もあります。明日はお見合いの立ち会いと会員面談、明後日は学校のコンサルが入っています。夏休みは月曜日からです。夏期講習会が終わったら、さすがにちょっと疲れが出て来ました… 結局、この夏は竜泉寺にも行けませんでした。温泉が恋しいです。

夏で変わったこと<その2>

  • 投稿者: admin
  • 2017年8月24日 10:53 AM
  • 未分類

生徒たちが夏の間に一番変わったことは、受験勉強を「自分のこと」として捉えるようになり、本当の意味で腹を括ったということです。そんなの当たり前じゃないかと思われる方もいると思いますが、夏の前半くらいまでは、どこか受験が「他人事」で、やらされ感がプンプンしている生徒も多く、ちょっと苦しくなったら逃げてしまうような感じもありました。成績的に、中学校ではトップレベルの生徒が多い集団でも、実態はそんな状況です。だから、定期テストのレベルや業者テストのレベルであればある程度点数を取れても、入試レベルになるとまったく歯が立たない状況が続いていたわけです。
夏のお盆明けくらいから、そこの雰囲気が一変しました。今のままの勉強をしていては、入試問題のレベルではまったく点数が取れないこと。1問・1点の積み重ねが入試ではとても大事であること。結果を出すためには、普段から自分が泥くさい努力を積み重ねなくてはならないこと。最後の最後、入試の戦いは孤独なので、究極的には誰も助けてくれないこと。そして、学校見学に行ったりして志望校が明確になって来たこともあり、「絶対に〇〇高校に合格する!」という覚悟を決めたこと。ほとんどの生徒が、そのあたりについて、本当の意味で理解をできたから、意識と行動が変わって、それが結果につながり出したということです。
この時期に毎年感じることですが、集団の力学も大きいと思います。クラス全体がそんな雰囲気になって来て、みんな必死に取り組んでいるから、最初は乗り遅れていた生徒も、周りに引っ張られて良い方向に変わって行きます。手を抜くことが許されない雰囲気が出来上がって来ているのです。
昨日も書いた通り、授業時間以外でも、ほぼ全員が自習室で思い思いの勉強をしているのですが、満席で教室がぎゅうぎゅう詰めに埋まっている状態でも、誰1人としてしゃべったり、集中力に欠ける生徒がいないのです。取り付かれたように、必死に何時間も取り組んでいます。外から見ていても、あの雰囲気は圧巻です。その雰囲気を見ている中1・中2の生徒たちも、何かを感じないわけがありません。普段ちょっとチャラい生徒たちも、感化されて神妙に取り組んでいる様子です。これが、毎年難関校にたくさんの生徒が合格して行く塾(校舎)の伝統につながっているのだと感じています。

とは言え、受験は結果がすべての世界です。本日が最終決戦です。生徒たちがほぼ半分ずつに分かれて、早実と明八の入試バトルにチャレンジします。夏の頑張り、成果を形にできるのか… 非常に重要な局面を迎えます。

夏で変わったこと<その1>

  • 投稿者: admin
  • 2017年8月23日 11:19 AM
  • 未分類

夏期講習会も、あと今日と明日を残すのみとなりました。
今年の夏は非常に変な気候ですね… 夏休みに入る前が異常に暑かったかと思えば、夏休みの間は気温も比較的落ち着いて、20日以上連続で雨が降りました。夏休みが終わろうとする頃になって、また一気に気温が上がって来ました。ここから数日間は30度を超える日が続くようです。体の機能が順応していない場合が多いので、熱中症等にはご注意ください。

特に中3生の様子が劇的に変わって来ました。ほとんどの生徒が、夏の前とは「別人28号」です。(古い!) もちろん、得点力の変化が大きいです。同じレベルの入試問題の点数で比較しても、夏の前と較べると大幅アップを成し遂げている生徒が多いです。昨日は、数学の早稲田の問題で合格点を取った生徒が何人か出ました。明日の「最終決戦」が楽しみな状況です。

なぜ得点力が大きく変わって来たのかと言うと、意識と行動が変わって来たからです。
勉強量の免疫がついて来たことが一番大きいです。夏の前は1日12時間以上の勉強をするなんて、想像もつかなかったでしょうし、自分ができると思っていなかった生徒もいたと思います。それが、夏に入ってからはみんな当たり前に淡々とこなして行くようになりました。
ここ数日、困っていることがあります。それは、特に夕方以降自習室の席数が足りなくなっていることです。GSは席数で言うと100以上はあるのですが、小6・中3がほぼ全員授業時間以外にも居座っていることと、小5・中1等、授業のない非受験学年の生徒たちが勉強しに来ていること等により、入りきらなくなってしまっているのです。ロビースペースで数名、職員室の来客スペースで数名が勉強していることが日常的な光景となりました。この感じもGS始まって以来の状況です。
質問に来る生徒も急に増えて来ました。質問の質もかなり良くなって来ました。夏の前半は質問をなかなかできず、結果分からないことがそのままになってしまい、結果につながらかった生徒も少なくなかったのですが、お盆を過ぎたあたりから明らかに様子・行動が変わって来ました。中附バトルの結果等を通して、一問の重みの本当の意味が分かって来た生徒が多いのだと思います。ここ数日は、職員室に生徒の列ができている時間が多く、講師たちは嬉しい悲鳴を上げています。
小6生は、もともと積極的な生徒が多く、以前から質問・相談に来ることが多いので、小6と中3で講師の取り合いをしている場面も目にするようになりました。2~3年前に較べると講師の数が増えている(現在社員5名・講師1名)ため、夏期講習中でも質問対応が十分可能な体制となっています。

生徒たちが、夏の前と比較して一番変わって来たことは…
(次回に続く…)

一問の重み・一点の重み<その4>

  • 投稿者: admin
  • 2017年8月22日 10:44 AM
  • 未分類

あれから35年くらいが経ちますが、あの場面は今でも鮮明に覚えています。結論を先に書くと、私は春高に出場することができていません。その試合(準決勝)で負けたということです。しかも、14対14に至るシチュエーションが非常に特殊でした。我がチームが14対8でリードしていたところから、追いつかれての14対14だったのです。「あと1点取れば全国大会」という場面は何度もあったのですが、その1点が遠かった… 正に「1点の重み」を痛感しました。その状況で追いつかれた時点で、精神的にはかなり追い込まれていたと思います。

練習ではそういう追い込まれた場面を想定して練習をして来ましたが、やはり本大会の雰囲気はまったく違いました。相手の気迫、会場の雰囲気、テレビカメラも含めたマスコミの動き等、あれで平常心ではいられる高校生はなかなかいないはずです。先にマッチポイント(14点)を取ってからチームが急に固くなり、段々追いつかれて来た時の作戦タイムの場面を思い出すと、まだ自分たちが勝っているにも関わらず、みんな顔面蒼白だったような記憶があります。ひと言で言うと、雰囲気にのまれたということになるのでしょうが、その前提として、試合中にもう勝ったと思ってしまったことや、全国大会に出た後のこと(テレビや雑誌に出られるとか…)を想像してしまったような油断があったと思います。勝負は下駄を履くまで分からないということを痛感しました。
ああいう場面になると、頼れるものは、今まで自分が培って来た努力と、それから来る自信しかないということがよく分かりました。ただし、「自分ほど頑張って来た人はいない!」と言えるような、本当の意味での自信を持てるところまで努力をしないと手に入れることはできません。

これは受験勉強でも同じことが言えると思います。生徒たちにも、このことは折りに触れて伝えて来ています。
夏の終盤に入ったこのタイミングで、少しこのことが分かりかけて来た生徒が多いようです。

いよいよ最終決戦!

  • 投稿者: admin
  • 2017年8月21日 10:20 AM
  • 未分類

早いもので、夏期講習会も最終クールを迎えました。さぁ、集大成です。生徒たちは、本当によく頑張って来ていると思います。特に小6・中3生は、受験生としての意識がだいぶ変わって来ました。勉強量に対する抵抗がほとんどなくなりました。1日12時間以上の勉強をするのが当たり前になりました。そろもそも、ほとんどの生徒が校舎に11時間くらいは籠っています…
何度も書きますが、夏の終わりには「結果」を出さなくては意味がありません。頑張った分が結果に出るまで時間がかかるという捉え方もありますが、普段はともかく、夏休みについてはそれは当てはまりません。普段の4~5ヵ月分くらいの学習量をこなして来ているのです。取り組みの集中力・本気度も普段とはまったく違います。本当に頑張った生徒は、夏の終わりに必ず結果に結び付きます。

本日は、小6私立コースが「帝京大学中」、都立コースが「南多摩中」の入試バトルです。彼(彼女)らの目標を考えると、ここは何としてもクリアしなくてはならないミッションです。中3は、最終日に全体で半分以上の生徒が「早実」にチャレンジする権利を得ました。残りの生徒は「明八」でリベンジです。あと4日ですべてが決します。

一問の重み・一点の重み<その3>

  • 投稿者: admin
  • 2017年8月19日 10:38 AM
  • 未分類

この時期、どうしても高校野球が気になります。特に応援している高校があるわけではありませんし(菅生には頑張って欲しいけど…)、試合の結果というよりその過程やドラマ、あるいは監督さんの生徒指導法に注目しています。夏期講習中は生で見る機会はほとんどないので、夜帰宅後、「熱闘甲子園」を見るのですが、今年は特に壮絶な試合、ドラマが多いような気がします。昨日もあったのですが、9回2アウトランナーなしから追いついたり、延長戦で3点を取られた後に4点取って逆転勝ちをしたりという普通だと考えられないような展開が多いです。特に昨日のその試合は、踏ん張っていたいた2年生のピッチャーが最後サヨナラ押し出し(四球)を与えてしまうという、悲劇的な幕切れとなりました。その負けたチームの監督さんの試合後の選手たちを思いやる振る舞いや、「ラストミーティング」での話は、涙なしでは見られない感じでした。
私が改めて感じたことは、「勝負ごとは絶対に最後まで諦めてはいけない」、「結果も大事だけど、そこに至るまでの過程がとても重要である」ということです。

私はこう見えても(?)バレーボーラーだったのですが、高校時代は真剣に全国大会を目指して活動していました。試合形式の練習をしていて、疲れてちょっと緊張感が欠けて来た時などに、(鬼軍曹のような)先生に「春高予選準決勝、ファイナルセット14対14! さあこの1本が勝負!」というような叱咤を飛ばされていました。少し解説すると、春高というのは春の高校バレーのことで、野球で言うと甲子園のような存在のバレーボーラーにとって一番重要な大会です。当時は東京から2校(今は3校)が出場できたので、予選の準決勝で勝てば春高出場が決まるのです。また、今のようなラリーポイント制ではなく(9人制ではありませんよ!)、1セット15点先取の3セットマッチでした。2セット先に取れば勝ちということです。つまり、予選の準決勝ファイナルセットの14対14という場面は、(ジュースなので)どちらか先に2点連続で点を取った方が、全国大会の出場が決まるという非常にシビアな場面なのです。普段の練習の段階から、その場面を想像して1本取りに行くという意識で取り組んでいたということです。
そんなこんなで迎えた私が高3の時の最後の春高予選で、我々はベスト4まで勝ち進みました。準決勝です。これに勝てば念願の春高出場が決まります。ファイナルセットではありませんでしたが、2セット目で何と!実際に上記の想定と同じ、14対14の場面に遭遇したのです。今までの練習はこの場面のためにあったのだということは、後になって冷静に振り返ったら分かることで、その場面ではみんな頭が真っ白になっていました…
(次回に続く…)

一問の重み・一点の重み<その2>

  • 投稿者: admin
  • 2017年8月18日 11:15 AM
  • 未分類

毎年見ていて感じるのは、同じような力を持っている生徒の中で言うと、際どい勝負となった時に、ぎりぎり勝てる生徒はいつも際どく勝てるし、ぎりぎり負ける生徒は常に際どく負けていることが多いということです。1問差で不合格となる生徒の顔触れは、あまり変わらない場合が多いです。抽象的な言い方をすれば、受験でも勝負強い生徒と勝負弱い生徒が存在するということになります。
普段の勉強の甘さ、性格的な部分も含めた雑さ、テストでの時間の意識の甘さ、見直しの下手さ、メンタルの弱さ等、様々な要因があるわけですが、この部分は、普段の習慣から含めて余程腰を据えた取り組みをして行かないと、なかなか変えることはできません。

1つに絞って言えば、普段から常に入試本番を想定して取り組んでいるかどうかということになります。入試本番のかなり緊張した中で、時間に限りがある状態でテストに臨むわけですから、普段からその場面でのアウトブットをイメージして取り組んでおかないと、力を出し切れなくなってしまいます。もちろん、GSでの入試問題バトルは、そのイメージトレーニングを意図しています。
今ちょうど高校野球がたけなわですが、以前ある強豪校の監督がおっしゃっていたことが鮮明に記憶に残っています。「普段の練習から、常に1点差で勝っている状態の9回裏2アウト満塁という場面を想定して、1球1球緊張感持って取り組めるかで勝負強さは決まる」というような内容でした。
(次回に続く…)

一問の重み・一点の重み<その1>

  • 投稿者: admin
  • 2017年8月17日 10:10 AM
  • 未分類

やはり、夏の非常に重要な目標をクリアできるかどうかという戦いにおいて、「1問・数点足りずに不合格だった」という事実は、生徒たちにかなりインパクトを与えたようで、当事者たちはもちろん、それ以外の生徒にも「明日は我が身」という感覚が広がり、クラス全体に緊張感が充満しました。それ以降、授業中の雰囲気もさらに変わって来ましたし、質問に来る生徒も急に増えて来ました。入試本番の合否をリアルにイメージできたということもあると思います。我々がいくら言葉で伝えても、頭では理解できるというレベルで終わってしまっていたのですが、ようやく自分のこととして捉え始めた生徒が多いのだと思います。

当たり前のことですが、1問・1点で合否が分かれるということは、入試本番でも毎年のように起こっていることです。最近は実質倍率2倍前後の学校が多くなっていますが、競争率が2倍ということは、正規分布を前提とすれば、ボーダーライン付近に一番多くの生徒が集まることになります。数点差で受かった生徒と数点差で落ちた生徒がたくさん出ているということです。
特に都立高校がとてもシビアで、情報公開制度によって、入試本番の点数(最近は答案のコピーも)が返却されるのですが、周りの生徒と(1000点満点の点数を)比較することによって、合格最低点もほぼ掴めるので、それこそ「1000点のうち1点足りずに自分は不合格だった」というような事態が判明してしまうことがあるのです。だいたいそういう生徒に限って、とんでもないミスをしでかしているケースが多いので、そのことに気付いてしまうと、しばらく立ち直れない場合も多いです。
(次回に続く…)

ホーム > アーカイブ > 2017年8月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る