ホーム > アーカイブ > 2017年7月のアーカイブ

2017年7月のアーカイブ

大学入試改革最新情報<その8>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年7月19日 1:35 PM
  • 未分類

では、将来、自己表現がきちんとできるようになり、他人と円滑なコミュニケーションを取れるようにしてあげるためには、子どものうちに何に注意して育てたらいいのでしょうか?
いわゆるペーパーテストの学力についても、ないよりはあった方がいいに決まっています。特に、語彙力が重要であることは間違いありません。小学校の高学年くらいになって、話したい気持ちはあっても、相手の言っている言葉の意味が理解できなかったり、言葉が見つからないために話ができないという生徒は結構います。だからと言って、読書をすればいいのかと言うと、それもまた違います。いわゆる本の虫みたいな生徒が、面接のような場面ではまったくしゃべれないというケースはよくあります。いや、多いといってもいいかもしれません。学校の昼休みなどに、友だちとコミュニケーションを取ることなく、教室で1人で本を読んでいるような生徒です。こういう生徒は、自ら他人との関わりを拒否している場合が多いようですが、気をつけないと、受信はできるのに発信ができなくなってしまいます。

私の中での結論は明確です。子どもの頃から、会話・言葉のキャッチボールをどれだけきちんとして来たかで決まると考えています。教育心理学の理論で言えば、3歳~6歳くらいまでが一番重要だと言われているので、家庭の役割が一番大きいことは言うまでもありません。小学校の先生に伺ったことがあるのですが、一年生に入学して来た時に、幼稚園から来た子と保育園から来た子では、明らかに会話の能力に差がある場合が多いそうです。(幼稚園から来た子の方がコミュニケーション能力に長けているということです) これは、園での指導の特性によるところもあると思いますが、保育園は共働きのご家庭が多いので、家庭での会話の量の差が影響していることがあるかもしれません。
小学校に入ってからでも遅くはなく、(親や先生等の)周りの大人が、子どもときちんと向き合って話をしているかどうがで差がついて行きます。子どもに、自分で考えて、自分の言葉で話す機会をどれだけ与えているかが重要です。小学校の高学年や中学生になって、ほとんど会話ができない子どもは少なくないのですが、保護者の方(ほとんどの場合はお母さん)とお会いすると、共通の特徴があります。お母さんが、まったく話をしない子どもと似たタイプか、逆に真逆でしゃべり過ぎるタイプです。三者面談をしていると顕著で、子どもに話を振っても、だいたいお母さんが話を引き取ってしゃべってしまいます。そういう場合は、「今、本人に聞いているんですけど…」と遮って、子どもに話をさせるようにしていますが、なるほど、これだと子どもが会話をできるようになるわけがないな…と感じることが多いです。
私は、親や教師が、察しが良過ぎるのは問題だと考えています。子どもが何か主張しようとしている時に、きちんと最後まで聞かずに、先回りしてやってあげるようなことをしていたら、自分では何もできない子どもになってしまいます。
塾でも、単語の羅列でしか話をできない生徒は結構います。我々の傍らにボーッと立っていて、「どうした?」と聞くと、「これ」とか言ってものを差し出すようなケースは日常的な光景です。そういう時は、わざと察しが悪いふりをして、いちいち言い直しをさせるのですが、中学生くらいになると、ここを改善させるのはなかなか大変です。
(次回に続く…)

大学入試改革最新情報<その7>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年7月18日 12:47 PM
  • 未分類

一方で、子どもたちに対して、面接や小論文も含めていわゆる自己表現力を鍛えてあげることは絶対に必要だと思います。ペーパーテストの学力は優秀なのに、この部分がまったくダメという生徒は毎年たくさんいます。大学入試が新しい制度に変わると、2次試験クリアするのが苦しくなるかもしれません。大学生の就活はこの部分で決まると言っても過言ではありませんし、婚活のところでもとても苦労します。GS結婚相談所の会員(私の教え子とその友だちが多い)のお見合いがこの数週間とても多くなっているのですが、この部分(自己表現・会話力)が苦手な者は、やはり相手にOKをもらえないケースが多いです。事前にかなりレクチャーして作戦を授けるのですが、その場になるとなかなかうまく行きません…

何度も言いますが、これは人間性云々の話ではありません。私は、例えば面接や会話の力はスキルだと考えています。スキルであれば、訓練・場慣れで上達します。生まれつきの性格が関係ないとは言いませんが、後天的に鍛えることが十分可能です。
1つ例を挙げると、(皆さん誰も信じないかもしれませんが)私はもともととてもシャイで無口で、人前で話をすることはとても苦手でした。1対1の会話など、できれば避けたい方でした。大学4年生の時に、公務員試験をたくさん受けましたが、ほとんど2次試験の面接で不合格になっていることからも、そのことは一定証明できると思います。
しかし、この仕事を始めてからは、まったくそんな感覚はなくなりました。まぁ、毎日授業や面談をやっているので苦手とか言っている場合ではなくなりますし、数百人相手の講演会なども何度も経験させていただき、場数を踏んで来たことが大きいと思います。今では緊張するということがまったくなくなりました。歳をとったせいもあるかもしれませんが、逆に緊張しなさ過ぎて困ることがあるくらいです(笑)。

私のことはどうでもいいのですが、長いこと子どもたちを見て来て感じていることは、この部分の力をつけてあげられるのは小学生から中1・中2くらいまでがリミットで、中3の受験期になってしまったらなかなか苦しくなり、大学生の就活の時期になってしまったらもう手遅れになってしまうということです。もちろん、30歳~40歳くらいになって、婚活の段階でこの部分を何とかしようとしても、もうどうすることもできないというのが正直なところです。
(次回に続く…)

大学入試改革最新情報<その6>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年7月17日 4:21 PM
  • 未分類

世間は3連休ですが、私は3日とも仕事三昧です。夏期講習を前にして塾の方の仕事が忙しいのは当然です。本日は祝日ですが平常授業はありますし、中3生は夏前最後の「入試バトル」が予定されています。(ここの結果はとても重要です) それ以外にも、学校の先生の研修会があり、お見合いの立ち会いがあり、FPの研修会があり…となかなかハードワークでした。これだけ暑いと、外を移動するだけで体力を消耗します。でも痩せないのですが、なぜなのでしょう…?

今回の大学入試の2次試験の改革について私が一番懸念しているのは、「人物重視」とか「人間性を多面的に評価して」というような枕詞がついて回っていることです。文科省が公式に出している文章にも、そのような表現が散見されます。
皆さん考えてみていただきたいのですが、「人物重視」や「人間性を多面的に評価した」選考で不合格となった生徒や保護者の方はどういう気持ちになるのでしょう? 今までの形式の入試であれば、例え力及ばずとなった場合、(やはり悔しいとは思いますが)単に「学力(得点力)が足りなかった」、もっと言えば「自分の努力が足りなかった」ということで済む話です。ところが、新しい入試で不合格とされた場合は、「人物が劣っていた」、あるいは「人間性に問題があった」ということになってしまうのでしょうか…?

実際、大学生の就職活動において、いくつ受けても面接で不合格となり、不採用通知や「お祈りメール」をたくさんもらった学生は、自分のすべてを否定されたような気持ちになって自信をなくしたり、ノイローゼのような状態になってしまう場合があります。
たかだか大学入試で、「人物重視」という触れ込みは大変危険だと思います。
(次回に続く…)

大学入試改革最新情報<その5>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年7月16日 10:00 AM
  • 未分類

今まで通り、共通テストに向けての学習はして行かなくてはなりません。センター試験レベルの基本に加えて、国語と数学は記述問題の対策にある程度の時間は必要になります。その上で、2次試験で面接や小論文が実施されるのであれば、それに向けての対策もして行かなくてはなりません。
まずは、情報を集めるところからスタートです。2021年度からガラッと入試(2次試験)の形態が変わる大学が多くなると思いますが、特に今の中3生は、過去の情報がほとんど役に立たなくなってしまうので、その年の入試の情報をいち早く収集して、対策を立てなくてはならないでしょう。その部分は(普通の)高校にはあまり頼れません。塾・予備校についても、しっかり対応できるところとそうでないところで2極化することになると思います。大学入試でこれだけ大きな変更は今までに例がないためです。
面接・小論文については、個別対応で指導しないとあまり成果が上がりません。受験生の側はもちろんですが、指導する側はかなり手間がかかります。そもそも、その部分の指導スキルがある指導者がどのくらいいるのでしょうか? イメージとしては、大学生の就活指導に近い感じになるのではないでしょうか? であるならば、(就活コースのある)GSの出番かもしれません。大学生の指導をしている私が確信を持って言えることは、面接・小論文は付け焼刃の対策ではなかなかうまく行かないということです。

私が一番懸念しているのは、高校の調査書や課外活動の取り組みを2次試験の評価に取り入れる大学が結構出て来るのではないかということです。文科省は、2次試験では、部活や生徒会・ボランティア活動等も積極的に評価するようにという指針を打ち出しています。本質的な学力とはかけ離れた指標ですし、高校ごとの基準がバラパラなので不公平感が強いという問題点もあります。具体的に言えば、公立中学校とは違って高校はレベルの差が大きいので、「いわゆる難関校に通っている生徒は調査書点を取りにくいから不利になる」というようなケースも予測されます。高1のうちから、課外活動も含めてそこを意識して取り組んで行くことが必要となるかもしれません。高校生が、今の中学生のように教師の顔色を伺いながら学校生活を送るようになったら最悪だと思います。

私がこの2次試験の改革で一番問題点を感じていることは、もう1つ別のところにあります。
(次回に続く…)

大学入試改革最新情報<その4>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年7月15日 10:56 AM
  • 未分類

実は、今回の大学入試改革で一番大きい変更(受験生への影響が大きい)点は、各大学の2次試験の内容です。当初の計画では、共通テストの方でほとんど記述問題にして、思考力や本質的な学力を測れるようにするということだったので、2次試験では「面接・小論文・調査書・課外活動等」で人物重視の選考を行うという方針が策定された経緯があります。しかし、前述したように(特に最初の4年間は)共通テストが相変わらずマークシート中心で、非常に中途半端な感じになってしまうので、各大学の2次試験が(本質的な学力の測定という意味で)とても重要な意味を持つことになります。ところが、そうであるのに関わらず、文科省は各大学の2次試験の方向性を変更しないと言うのです。そうなると、本質的な学力が測れないまま、各大学が選抜を行わなければならなくなる状況が生じます。
当然各大学は、2次試験では今まで通りの選抜を続けたいと考えています。学力が測れなくなることが困るという建て前もありますが、「本音としては面接・小論文なんて手間がかかりすぎることやってられるかよ」「高校の調査書なんて当てにならないものを参考にできるかよ」ということです。実際問題として、受験者数の多い大学は、文科省の方針通りに入試を実施すると、物理的にパンクしてしまうという声も挙がっています。
しかし、最終的には「ある程度」文科省の方針通りに入試の制度を変えて行かなければならなくなるはずです。国立大学は当然指示命令系統内にあるわけですが(大学の自治はまったく別の話です)、私立大学も(いや私立大学の方が)これを無視するわけには行かない状況になっているようです。なぜかと言うと、文科省が(この入試改革の方針に従うかどうかで)補助金の額に差をつけるという強硬手段に出ることを匂わせているからです。(ほとんどの私立大学は、国からの補助金がないと運営ができません) 先日、ある私立大学の職員の方と話をさせていただいたのですが、その方は「やるしかないんでしょ…」とちょっと投げやりな感じのことをおっしゃっていました。

入試がその方向性で変わって行くのであれば、当然受験生の側もそれに合わせた準備をして行かなければいけません。今までと較べると、かなり負担が大きくなることは間違いありません。
(次回に続く…)

大学入試改革最新情報<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年7月13日 11:14 AM
  • 未分類

私は、50万人以上の規模の全国統一のテストを一斉に実施するということに意味がなくなって来ていると感じています。共通一次・センター試験を導入したことには一定の意味があったと思います。大学に進学する上での最低限の学力の担保という視点で言うと、マークシート式のあの形で問題がなかった(というか処理の手間を考えてもその方がよかった)わけです。あの頃とは時代と状況がまったく異なります。大学に進学する生徒が、数十年前の2倍ほどになりました。大学の進学率も50%を越えて来ました。少子化が進んでいるのに大学の定員は増えているので、贅沢を言わなければ誰でも大学生になれてしまう時代です。この状況下で、全国一律のテストで最低ラインの学力をチェックするという機能に意味があるとは思えません。
文科省が言っているように、思考力・記述力を重視すべしとか、英語も聞けて話せないと意味がないという考え方は間違っていないと思います。私も全面的に賛成です。であるならば、大学ごとの2次試験でそれを必ず課すとか、大学入学後のカリキュラムでそれを徹底する方向で進めればよかったのです。センター試験の代わりとして、受験生全員の最低ラインの学力を測るテストで、この方向性を進めてしまったからおかしなことになってしまったのです。

「じゃあどうすればいいんだよ?」 という声が聞こえてきそうですが、もし私だったら(意味がない仮定ですが)、「センター試験はすべて廃止。以上」とするでしょう。つまり、大学の選抜は、最初から最後までそれぞれの大学にすべて丸投げしてしまうということです。形式等で一定の制約をつける必要があると思いますが、各大学の裁量を大幅に増やすのが今の時代にマッチしていると思います。そうすれば、各大学も「アドミッションポリシー」についてもっと真剣に考えるようになるでしょう。「うちの大学はこういう学生に来て欲しい」ということを、入試制度の組み立てや入試問題の内容で表現することができます。受験生側も、今以上に「偏差値だけでなく自分に合った大学」を選んで受験するようになるはずです。
どうしても全国統一の基準で管理したいのであれば、大検のように、資格審査試験にすればいいでしょう。「大学に進学したい生徒は、この基準を必ずクリアしてくださいね。無理だったら専門学校や就職を検討した方がいいですよ」ということです。その方が、子どもたちも企業も、社会全体がハッピーになれると確信しています。
(次回に続く…)

大学入試改革最新情報<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年7月12日 11:42 AM
  • 未分類

大学入試改革は完全に腰砕けとなってしまいました。私は「変わる変わる詐欺」と呼んでいます。
このブログでも、4年前から改革の最新情報を継続的に書いて来ましたが、長いことお付き合いいただいている読者の方は、「話が違うじゃん!」とお感じになっているかもしれません。私に言わないでください。文科省に言ってください(笑)。
今回の改革の大きな柱は以下の4つでした。

①入試日程の前倒し(高3春からの複数回実施)
②すべての科目で記述問題を中心とする
③1点刻みの点数をつけず、A・B・C…等の段階別評価をする
④英語の4技能を測れるように入試問題の内容を改革する

4年前の段階では、これをすべてやり切るとぶち上げたので、受験(予定)生や塾・予備校は、戦々恐々としていたわけです。しかし、蓋を開けてみると、①はまったく変化なし(センター試験と同じ日程で一発勝負!)、②・③については国語と数学でお茶を濁す程度の出題のみ、④についても4年間は猶予期間でマークシート問題と併用ということになりました。非常にわかりやすく言うと、「あまり変わらないじゃん!」というのが正しい見方です。国語と数学の記述問題の対策は多少必要でしょうし、英語も勉強の仕方は変えて行かなければいけないのは間違いありませんが、その程度のことです。

なぜこんなことになってしまったのかと言うと、理想論で組み立てていたことが、物理的に無理だということが判明したからです。複数回実施もそうですが、一番問題となったのは、「記述問題の採点・評価なんか、そんな短期間でできるわけないだろ!」ということでした。大学の現場からは相当反発が大きかったようです。(というより、「そんなの無理でしょ…」という冷めた声の方が多かったと聞きました) 複数回実施については、高校現場からの反対の声が強かったようです。「高3の夏の前に入試を実施するなどあり得ない」ということです。そりゃそうでしょう。
まとめて言うと、文科省が机上の空論で組み立てたことが、まったく現実的ではなかったということです。何年か遅らせて理想に近づけようとしているようですが、物理的に無理なものは無理なのです。抜本からの組み立て直しが必要だと思います。
(次回に続く…)

大学入試改革最新情報<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年7月11日 3:08 PM
  • 未分類

2020年度(今の中3生)から、大学入試の制度が変更となります。昨日、文科省から実施方針の最終案が公表されました。この後有識者会議等で議論を重ねるようですが、今までの例を見ても大きく変わることはなく、この形でほぼ確定するのではないかと思います。そろそろ細部の確定に入らないと間に合わなくなってしまいます…

変更のポイントを列挙してみます。

〇「センター試験」に代えて「大学入試共通テスト」を実施する。日程は従来のセンター試験と同じとする。
〇国語と数学はマークシート式の問題に加えて、記述問題を3題出題する。
〇理科・社会は当面マークシート式の問題のみ。2024年度(今の小5)から記述問題を導入する。
〇英語は民間の検定試験で代替できるものとする。高3の4月~12月に2回受験する。ただし、マークシート式のテストも2023年度(今の小6)までは併用する。大学ごとに、どちらかか両方かを選択できるようにする。
〇成績については、マーク式問題は1点刻み、記述式問題はA・B・C…等の段階別で評価する。
〇大学ごとの2次試験では、「面接」「小論文」「高校の調査書」「課外活動」等も評価して、生徒の多面的な力が測れるようにする。(一般入試でも調査書を活用できるようにする。ただし、募集要項に活用方法を明記する)
〇推薦入試とAO入試にも学力試験を義務付ける。

(次回に続く…)

スーパークールビズを導入しました!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年7月10日 1:19 PM
  • 未分類

しかし暑い日が続きますね。今も手元の気温計は32℃を示しています。湿度が高いのも体に堪えます… 6月下旬~7月上旬の平均気温は過去最高だった地域が多いそうですが、これから7月~8月にかけてますますヒートアップして、史上最暑の夏が到来すると噂されています。40度近い日が続くかもしれないと… 恐ろしい話です。皆様、くれぐも熱中症・日射病等にはお気をつけください。水分と共に、塩分も摂らないとダメです。紫外線も強いので、肌や目のトラブルもご注意ください。手や背中が軽い火傷みたいになってしまっている方が多いです。視力が落ちてしまうケースもあるようです。帽子・日傘・サングラス等は必需品です。
真夏や真冬になると改めて思うのですが、建物の中に籠ってクーラーの効いた部屋の中で仕事をしている我々は本当に恵まれていると思います。今日郵便配達のお兄ちゃんと話をしたら、汗だくでくたばりそうになっていて、毎日配達の数時間で1キロは痩せると言っていました。(一瞬魅力を感じましたが(笑)、すぐに打ち消しました) 受験生も、夏期講習で朝から夜まで塾に籠って勉強していればいいのですから、ある意味こんなに楽なことはありません。

ということで、本日よりGSは「スーパークールビズ」を導入します。夏期講習会を挟んで9月中旬くらいまでの期間、(襟つきの)ポロシャツ・綿のズボン等での勤務を可とします。(私はそういう普段着をあまり持っていないので、ユニクロに買い物に行こうと思います) さずかに、どこかの企業のように、アロハ・半ズボン・サンダルというところまでは(私の)勇気がなくて踏み込めません。
通勤時間も含めて職員たちの体力の消耗を防ぐことと、教室の温度を下げ過ぎないで済むようにということが大きな目的です。
保護者の皆様におかれましては、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

ゴールが見えているか?<その7>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年7月8日 2:09 PM
  • 未分類

大事なことなので何度も書きますが、この部分は、指導者にあたる大人が意識改革・行動変化をしないと改善することは難しいのです。スポーツであれば監督・コーチが、塾であれば講師がまず変わらないといけません。家庭でも、親が「子どもが深夜遅くまで勉強していれば安心」という状態でいると、(本当に優秀な一部の生徒を除いて)変わることはできません。「とにかく時間をかけさえすればいい」という考え方が、成長を阻害し、成果から遠ざけてしまっているのです。
極論かもしれませんが、同じ成果を出すのであれば、かける時間は短ければ短いほどいいのです。

今働き方改革が話題になっています。電通の過労自殺の一件以来、サービス残業等の会社の違法行為についてはかなり厳しい指導が入ることが多くなりました。確かに、会社・上司に問題があるケースが多いと思いますが、日本の場合は労働者の意識改革が併せて必要だと感じています。休みを取ることに罪悪感を感じたり、上司より先に帰るのに抵抗があったりする職場はまだかなり多いようです。
確かに仕事やその成果はとても重要ですが、仕事以外に打ち込めるものがない人生はつまらないものでしょう。休みの日にやるべきことがないという状況は、やはり何かが間違っています。(一方で、今政府が推進している「プレミアムフライデー」や「小中学校の夏休みの分散取得」については、まったく方向性がズレていると思います)
私は今、学校や企業のコンサルをいくつか請け負っていますが、成果を出すことと共に、この働き方改革やイクボス研修(部下が子育てをしやすいように会社の制度や上司の対応を変えること)に携わることが多くなっています。やはり、このあたりについては、50代の幹部職員たちの意識の低さに呆れることが多いです。もちろん、GSの社員たちにも、この部分については口を酸っぱくして伝えています。「自分の人生が充実していないと、生徒の人生を充実させることなどできない」という確信を持っているからです。
そういう意味では、「人生のゴールを見据えて生きているか?」ということが、とても重要だと感じるこの頃です。

ホーム > アーカイブ > 2017年7月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る