ホーム > アーカイブ > 2017年6月のアーカイブ

2017年6月のアーカイブ

日々の新しい出会いに感謝

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年6月30日 2:35 PM
  • 未分類

中学生の期末テストが終わったこともあり、新規入塾のお問い合わせが増えています。今週だけで4名の方との新たな出会いがあり、入塾テストや体験授業のお約束をしているところです。やはり、今GSにお通いの方や卒業生からのご紹介が多いのが特徴です。

このタイミングで、結婚相談所の方も新規お問い合わせ、入会が続いています。昨日入会いただいた女性は、私の教え子の友だちの友だちの友だち(!)です。当然、元の教え子とはまったく面識がないわけですが、「面倒見がよくて成婚率が高いと聞いたので…」とおっしゃっていました。こういう人のご縁を大切にして行きたいと思います。
今週末も、八王子の京王プラザホテルでお見合いが組まれており、私も立ち会う予定です。正に、良いご縁となるといいのですが…

さあ、期末テスト!<その7>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年6月28日 11:02 AM
  • 未分類

この計画・自己管理の部分は、技術・スキルの1つなので、学習・訓練によって上達するはずです。入塾したばかりの生徒たちは、「自分で計画を立ててそれをつぶして行く」ということができないケースが多いのですが、その段階では、授業について行くことが難しかったり、テストでなかなか結果が出ないという状況が続く場合がほとんどです。日々様々なやり取りをして行く中で、次第にできるようになって行くわけですが、それでようやく受験生として1段階レベルアップできたことになります。テストで目に見えて結果が出始めるのはその後です。

しかし、長いこと受験生の様子を見ていて感じることは、この部分(自分で計画を立ててそれを淡々とこなして行く)がどうしてもできるようにならない生徒が毎年一定の割合でいるということです。それこそ手取り足取り指導して、毎日のようにチェックしたとしても、3日坊主で終わってしまったり、形式だけ整えて中身が伴わなかったり(計画通りに取り組めない)、計画はもちろん最低限の日々のTo Do管理すらできなくなってしまったりします。当然、そういう生徒は受験の戦いではとても苦しい状況を迎えることになります。

最近、これらの生徒に共通する特徴といくつかの類型が見えてきました。以下にそれをまとめます。

〇言い訳や他責が多い
→常にできない言い訳を探しています。口癖は「でも…」「だって…」です。宿題・課題を忘れた時も、まずできなかった言い訳から入る場合が多いです。「やったけど忘れて来た」という定番のフレーズもよく使います。誰かのせい、何かのせいにする場面もよくあります。「~だからできなかった」ということしを1年中言い続けていたりします。真摯に反省して改善するということがなかなかできません。こういうタイプの生徒に対応する方法は1つしかありません。言い訳を一切聞かないことです。私は、「は?」「だから?」とあえて冷たい対応をするようにしています。やらなければいけないことをやっていないということは、本人が一番よく分かっています。残してやらせるとか、翌日持って来させてチェックするとか、現物主義で対応して行くしかありません。

〇親や教師に依存している
→はっきり申し上げて、親が過保護過ぎると、子どもが自分で受験勉強を進めて行くことはできなくなります。小学校の低学年のうちであればまだしも、小6の受験期や中学生くらいになって、親が学習管理をすべてやっていたら、子どもをスポイルしてしまいます。中学受験について言えば、親が腹を括って100%やり切れば、結果につながる場合も多いと思います。ただし、高校受験・大学受験ではそれは非常に難しくなりますし、将来的に子どもが自分で取り組めるようにという視点は常に持っている必要があると思います。勉強以外の生活習慣についても、同じことが言えます。身の周りの片づけや時間の管理等、親が手を出し過ぎていると、子どもは自分で何もできなくなります。どのタイミングで手を離すか、自立させるかが非常に重要です。
塾の講師に甘えているケースも少なくありません。「〇〇塾に通っているから安心」「先生が何とかしてくれる」というような感じがありありで、自分で考えて取り組もうという意識があまりありません。ひどい生徒になると、「私は何をすればいいですか?」というようなことを頻繁に言っていたりします。本当に困った時に相談してくれるのはいいと思いますが、「結局、自分がやるしかない。そのために塾(先生)をとことん利用しよう」というスタンスが正しいのです。
塾の講師のスキルが低いと、これを何でもはいはい全部聞いてしまって、結果的に生徒をダメにしてしまう場合もあるので、注意が必要です。

〇親の覚悟が決まっていない
→全項の内容と矛盾するように感じるかもしれませんが、これもケースとしては多いと思います。2つ例を挙げます。
①「部活が忙しすぎて勉強する時間がないんです。毎日長時間の練習で疲れていて、これ以上勉強しろと言うのが可哀想で…」
②「家でゲームやスマホばかりいじっていて、集中して勉強しないんです…」
親がこのモードに入っていると、成績は間違いなく上がりません。私は①のケースの方がより深刻だと思います。それで、生徒本人も保護者の方も、「成績が上がらなくても仕方ない。高校は行けるところに行けばいい」という共通認識を持っていていただけるのであれば、問題ありません。しかし、ほとんどの場合、「成績を上げたい、少しでもいい高校に進学したい」と考えているのです。であれば、両立してやるべきことをやって行く(やらせて行く)しかありません。時間が限られている中で、どうやって効率よく勉強して行くかを決めて取り組んで行く必要があります。本当に可哀想なのは、部活ばかりやっていたために、行けるはずの高校に行けなくなってしまうことです。
②のケースは言うまでもないと思います。ゲーム・スマホを買い与えたのは、誰なのでしょうか? 本当に不要で子どもにとってマイナスだと感じるのであれば、その時点で取り上げればいいだけです。実際、私は今までに、ゲームを1年間預かったり、その場でスマホを解約に行ってもらったりしたことが何度かあります。当然、最初子どもは泣き喚いたりするわけですが、親が本気だと分かると観念します。今までの例だと、入試の結果もうまく行った場合がほとんどです。
お伝えしたいことは、親が子どもに対して腰を引いていたら、子どもを本当に変えることなどできないということです。もちろん、塾としてはその状況下で何とか生徒たちの状況を良い方向に変えて行こうと全力で取り組みます。しかし、保護者の方の協力がないと、うまく行かない場合が多いです。

来週から、小5以上の学年は「GSシート」を作成し、夏の目標と学習計画を作成してもらいます。夏で大きな成果を出すために、非常に重要な局面だと考えています。

さあ、期末テスト!<その6>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年6月27日 12:39 PM
  • 未分類

これは、定期テストの勉強だけに限らず、受験勉強全般に言えることなので、中学受験を考えている小学生についても当てはまることだと思います。自分で計画をきちんと立てて、それを実行できないようだと、なかなか成果に結び付かないのです。
もちろん、宿題や課題を漏らさずに取り組んだり、持ち物や提出物を忘れないというような最低限の管理ができないようでは話にならないのですが、受験生はそれを一歩進めて、成績を上げるため、合格するために必要なことをピックアップして、粛々とそれをこなして行くことができないとダメなのです。

こういうことを書くと、「そんなレベルの高いことは我が子には無理です」というような声がとんで来るのですが、決して難しいことではありません。大きく2つの柱があります。1つは、「To Doリストの管理」です。受験生は週単位で管理して行くのが一番やりやすいと思うのですが、1週間でやるべきことを挙げて、それを1日ごとに割り振って、「今日やるべきことはこれ!」ということを明確にするということです。もちろん、最低限の宿題・課題、確認テストに向けた復習等が最優先になりますが、前述した通り、それ以外の「自分の足りないところの穴埋め作業」をどれだけ入れ込めるかが、非常に重要となります。
もう1つが、「タイムマネジメント」です。自分で立てた計画を、どうやってきちんとこなして行くかという部分の計画・管理です。毎日、何時に何をどこでやるかということもありますが、集中力の持続やそれ以外の雑事・雑念のシャットアウト、計画が崩れた時のリカバー方法等も含めてということになります。一般的には、毎日の計画をあまり詰め込み過ぎない方がうまく行きます。毎日、計画通りに事が進むとは限らないので、やり切れなかった分も週末にまとめてこなすとか、一度崩れた時に修復が効かないと、計画自体が絵に描いた餅になってしまうからです。

やはり、スケジュール帳・手帳等、管理するツールは必要になると思います。小中学生の場合は、紙ベースで管理するべきです。パソコンやスマホのカレンダーアプリは不向きです。私個人的には、カレンダーと一体となったビジネス手帳がいいと思っています。前述した理由で、週単位で2ページ見開きのものがベストでしょう。(ちなみに、私は高橋書店のフェルテ10(No.240)がお気に入りで、何年も愛用しています)
正にビジネスマンのように毎日手帳を確認して、やるべきことを「自分で」管理して進めて行くのが、受験生としてのあるべき姿だと思います。小6や中3になって、そんなことが自分でできないようでは、はっきり言って、今から飛躍的に成績を上げて今の実力よりかなりレベルが高い志望校に合格することは難しいです。結局、自己管理ができるかどうかということに行き着くので、これができないと、将来社会に出てからまともにやって行けるのかがとても心配になります。
(次回に続く…)

さあ、期末テスト!<その5>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年6月26日 12:16 PM
  • 未分類

もう1つ定期テスト前に感じることは、計画性の有無についてです。
いつテストがあるかは年度の初めに分かっていて、試験範囲も2週間前には公表されるので、準備する時間はたっぷりあるはずです。しかし実際には、テスト直前の様子を見ていると、勉強をやり切って最終チェックに余念がない生徒がいる一方、前日になって「間に合わない!」と叫んでいるような生徒もいます。その時点で結果はある程度予測できてしまいます。
勉強のやり方の問題もあると思います。テストの1週間前になってノートまとめに時間をかけているような生徒は論外です。それが必要なのであれば(私は必要ない科目がほとんどだと思います)、中学校の授業が終わる度に作成・更新して行かなくてはなりません。テストの直前に必要なのは、とにかく暗記に時間をかけることと、テスト形式の問題を数多く解いて慣れると共に、時間配分やミスをしそうなところを体に染み込ませて行くことです。分からない問題をうんうん唸って考えているのも最悪です。とっとと教師に質問するか自分で調べるかして、頭に入れて行かなくてはいけません。
前述したように、GSでは5教科の教科書準拠ワークを持たせて取り組ませているのですが、その取り組み方を見ていると、生徒ごとに大きな差があります。テストの前に溜めてまとめてやる羽目にならないように、中学校での学習が終わった段階で少しずつ取り組んで行くように指示をしているのですが、実際はテスト前に慌てて取り組んで、結果全部終わり切らないというような生徒もいたりします。

定期テストだけでなく受験勉強全般に言えることですが、「いつ、何を、どのくらいやるか」というスケジュール管理がすべてだと考えています。ここが「自分で」できるようにならないと、なかなか成績は上がりません。
(次回に続く…)

さあ、期末テスト!<その4>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年6月24日 9:24 AM
  • 未分類

こういう言い方はたぶん誰もしないと思いますが(だからあえてここで書くわけですが)、私は「受験勉強において自分にとってマイナスとなる友だち関係は断ち切るべきだ」と考えています。はっきり言って、邪魔されて(して)しまっている関係はあちらこちらに存在しています。さらに問題が根深いのは、本人たちがそのことに気付いていないケースも多いということです。いや、(本来はマイナスなのに)いいことをしていると思っているケースすらあるのではないでしょうか。

1つ例を挙げます。いつも一緒に勉強している仲良し2人組。学力や成績にかなり差があるので、いつも片方の生徒がもう一方の生徒に質問したり、教えてもらっている。皆さんは、この関係をどう感じるでしょうか? 結論としては、2人にとってマイナスであるということです。友情や思いやりとはまったく別の話です。それは別の機会に育んでください。間違っても一緒に勉強してはいけません。
教えている方は、当然それに時間を取られたり、集中力が欠けたりするわけです。教えることによって理解力が増すからメリットがあるなどというくだらないことを言う教育者がいたりしますが、それは入試のリアルな現場を知らないから言えることです。もしその生徒が、自分1人で集中して取り組んでいたら、間違いなく今よりは成果につながるでしょう。
一方教えられている方はメリットしかないように思うかもしれませんが、これもそうではありません。分からないことを(考えもせず)すぐ聞く癖がついてしまったり、甘え・依存心が強くなってしまい、これを続けていると自分では何もできない受験生になってしまいます。最大の問題点は、こういう生徒は人に迷惑をかけている(時間を奪っている)という自覚がないことです。GSでも見かけることがありますが、自習室等で集中して何かに取り組んでいる友だちに、どうでもいいことを話しかけて集中力を途切れさせるような生徒がいます。見かける度に注意・指導をするのですが、そういう生徒は何がいけないのか理解できていない様子です。質問・相談をするなら、教師にすればいいのです。

そういう意味では、塾の選び方がとても重要だと思います。成績順にクラス分けをされていたり、似たような成績の生徒が集まっている塾では、上のようなケースはあまりありません。意識が高い生徒が多かったり、そういう部分まで踏み込んできちんと指導してくれる塾であれば、その部分の心配はいらないでしょう。
塾によっては、定期テストの前に生徒たちを自習に呼んでおいて、騒がしくて集中できなかったり、友だち同士でおしゃべりして時間が過ぎてしまったというような話も聞きます。GSでは、物音を立てるのも憚られる雰囲気があります。質問は教室を出て教師のところに行ってするルールです。
(次回に続く…)

さあ、期末テスト!<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年6月22日 4:18 PM
  • 未分類

まとめて言うと、テスト中の45分なり50分の間だけ集中しようと思っても、なかなか難しいということです。普段勉強をダラダラやる癖がついていたり、「ながら勉強」が当たり前になっているような生徒は、やはりテストでの集中力に欠けて、見直しもきちんとできない場合が多いようです。
これは私の中でまだ確証がないのですが、家で常にリビングで勉強している生徒と、自分の部屋に籠って1人で勉強している生徒とでは、テストでの集中力の度合いに違いがあるのではないかと感じています。一概にリビング勉強がダメだということではありません。特に小学校の低学年から4年生くらいまでは、その方が成績が良い生徒が多いというデータを見たことがあります。親とのコミュニケーションの密度とも関係があるのかもしれません。しかし、小6の受験期や中学生になったら、ある局面では自室に籠って(自室がない場合はそれと同じような環境を作って)1人で集中する訓練をするべきだと考えています。非常に分かりやすく言ってしまうと、「中学生にもなって1人で勉強できない生徒は、集中しきれない場合が多い」ということです。
私が確信があるのは、友だちと一緒じゃないと勉強できないような生徒は、集中できていないということです。過去の生徒たちのことを思い出しても、これはほぼ100%当てはまります。定期テストの前になると、誰かの家に集まって「みんなで」勉強していたり、最悪の場合マックやファミレスに集まっているようなケースもあります。(GSの生徒でそんな話を聞いたら、かなり厳しい指導が入ります) 塾の自習室に来ている場合は問題ないと感じるかもしれませんが、これも友だちと示し合わせて「何時に行こうね」とかやっている生徒は、だいたい集中できない生徒です。たくさん席が空いているのに、常に隣合わせで座るような関係も×です。

本来、受験勉強は孤独なものです。入試本番は、誰も助けてくれません。信用できるのは、今まで自分が積み重ねて来た努力のみです。その孤独な戦いに耐えられない生徒から脱落して行きます。意味なく群れてはいけません。もちろん、切磋琢磨しているいいライバル関係であれば、まったく問題はありません。
(次回に続く…)

さあ、期末テスト!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年6月21日 12:36 PM
  • 未分類

GSの生徒たちは、中学校の中では成績が上位の生徒が多く、英語や数学は毎回100点も結構いて、クラス平均は90点を超える状況です。定期テストの前に慌てて勉強している生徒はほとんどいません。GSはカリキュラムがとても早く、中学校よりは数ヵ月前に学習していますし、その後確認テストやGSテスト等で何度もチェックを繰り返して定着した頃に中学校でテストがあるので、余裕があるのは当然です。
ただし、毎回100点を取りに行く戦いをしているので、ある意味大変です。1つもミスが許されないわけですし、英語は中学校の教科書の単語・熟語はもちろんのこと、本文と訳を完全に暗記した上でテストに臨む生徒が多いです。

中1・中2は、直前の授業で期末テストの範囲の総復習テストを実施することが多いのですが、そこでの様子を見ていて感じるのは、見直しの上手い下手で差がついているということです。まず、スピードがない生徒が負けます。解き終わらないような生徒は論外ですが、時間ぎりぎりまで解いている生徒は、まず満点近くの点数は取れません。単に手が遅いというよりは、勉強不足で解き方を完全にマスターできていないケースの方が多いです。ほとんどの生徒が余裕を持って解き終わっているのですが、集中して見直しをしている生徒はだいたいミスを見つけて直せますし、だだボーッと眺めているだけの生徒はやっぱりケアレスミスに泣くケースが多いです。もちろん、見直しのポイント等もレクチャーするわけですが、どういうわけか、見直しができない生徒は、何度指導しても集中して見直しに取り組めないのです。
点数へのこだわりが足りないとか、自分はできていると思い込んでいるとか、様々な要因がありますが、私が感じるていのは、普段の生活から改めないとこの部分もなかなか改善されないということです。
(次回に続く…)

さあ、期末テスト!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年6月20日 3:51 PM
  • 未分類

今週は、中学生の期末テスト週間です。すでに始まっている中学校は1つだけで、ほとんどが明日から来週にかけて行われます。中高一貫校は7月に入ってからとちょっと遅い日程になっています。
生徒たちには口を酸っぱくして伝えているのですが、1学期の期末、そして内申点の結果がとても重要なのです。初めて内申点をもらう中1生はもちろんのこと、中2・中3生も、学年が替わって一番成績を上げやすいタイミングだからです。学習内容が基本的な単元が多く、努力が点数に結び付きやすいということもあります。先生が替わった科目も多いようなので、最初の印象付けがとても重要です。最初に「この生徒はできる」と思わせてしまえば、その後多少テストではずしても、5がもらえるケースが多いのです。(もちろんその逆もあり得ます)

GSは、普段は難関校受験に向けてかなりハードなカリキュラムを進めています。定期テストの期間中も、平常授業についてはそれを緩めることはありません。ただし、通常の宿題・課題等の量が減ることも含めて、授業時間外では徹底して期末シフトに入っています。土曜日のGSタイムや授業がない日にも、期末テストの勉強をするために多くの生徒たちが集まって来ています。GSでは、学校の教科書準拠のワークを5科目分持たせているので、それに取り組んでいる生徒が多いです。
この期間になると、質問に来る生徒の数が増えるのですが、今のところ理科・社会の質問が圧倒的に多くなっています。中には実技科目の相談に来ている生徒もいすま。教師たちの中にそれぞれ得意科目があるので、生徒たちはそこを見極めて人を選んで持って来ているようです。なぜか、私のところには体育の質問を持って来る生徒が多いです(笑)。
(次回に続く…)

こちらも増刷決定!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年6月19日 4:16 PM
  • 未分類

すみません。また宣伝です。

「マネして完成! 事業計画書」
ドリームゲート編  発行/技術評論社

http://www.dreamgate.gr.jp/sp/publish/

こちらは3年前に発売となった書籍ですが、本日増刷(3刷)が決定したと出版社の編集の方から連絡がありました。(これでまた印税が入ります(^o^))
この手の書籍としてはまずまずの状況で、3年間じわじわ売れ続けているとのことでした。

自分で起業しようと考えている方に向けて、金融機関から融資を受けるための事業計画書の作り方を解説しています。10種類の業種別にポイントをまとめていて、私がその中の学習塾部門を担当させていただいています。
付録のCDロムに、業種ごとの事業計画書やプレゼン資料のフォーマットが収録されているので、それを打ち替えながら作成して行けば、提出用資料が完成してしまうという優れものです。
これから起業を考えている方はもちろん、興味がある方はぜひ手に取ってみてください。

保護者面談終了!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年6月17日 9:45 PM
  • 未分類

本日で、前期の保護者面談がすべて終了しました。講師5名で担当しましたが、4月末にスタートして今日までかかったので、1ヵ月半以上に渡ってやって来たことになります。私も本日最後の追い込みで、午前中、午後、夕方と3名の保護者の方とお会いしました。そのうち1件は、事情があり家庭訪問での4者面談となりました。家庭訪問は、必要であればいつでも行います。ご希望のご家庭はお声をおかけください。生徒本人は間違いなく嫌がるでしょうが… お父様と面談する際は、ご希望があれば居酒屋で行うこともあります。こんなことができるのは、うちのような個人塾の最大のメリットの1つだと考えています。(昨年は、そのご希望が多く、おかげでダイエットのリバウンドをしてしまいました(>_<))
夕方以降、授業をこなしながらになるので、面談期間はそれ以外の仕事をこなして行くのがなかなかしんどくなります。このブログもほぼ毎日更新するのが、結構しんどいのです。(今日はこんな時間になってしまいました(>_<))

私どもは保護者面談をとても重要な機会だと考えています。家での生徒たちのリアルな様子を知ることができること、志望校や将来のことに対してのご家庭の考え方を確認できることが大きいです。特に志望校については、生徒本人と保護者の方が言っていることが違う場合があるので、それを擦り合わせることが重要なミッションです。ここにブレがあると、生徒が本気で受験に向かえないケースが多いからです。
成績や取り組みが思わしくない生徒を浮上させるための方策を保護者の方と相談して決めることによって、それを実行に移すきっかけとなる場合も多いです。事実、保護者面談の後、生徒たちが急にやる気になって取り組み出したり、成績が上がって来るケースが多いのです。本日のGSタイムには、中学生が期末テスト前だということもありますが、今年度最多の人数が集まって来て、必死に勉強をしていました。
保護者の方が抱えている不安を取り除くことも、面談の重要な目的の1つです。保護者の方が入試に向けて不安になっていると、子どもに良い影響はありません。面談では、極力保護者の方に話をしていただいて、少しでも不安を取り除いて帰っていただくことを意識しています。

来週は、中学生にとってとても重要な期末テストが控えています。それが終了したら、夏期講習会に向けて気持ちを高めさせた上で、具体的な計画作りに入ります。

ホーム > アーカイブ > 2017年6月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る