ホーム > アーカイブ > 2016年2月のアーカイブ

2016年2月のアーカイブ

都立高校入試終了!<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年2月29日 1:19 PM
  • 未分類

先週で入試がすべて終了したため、週末は校舎を閉めて職員たちも連休をいただきました。今年に入ってからは土日もすべてフル稼働していたため、ゆっくりできたのは本当に久しぶりでした。ただし、まだ都立高校の合格発表が残っているので、気持ちのどこかではそちらの方が気になっていますが…
ブログも2日間サボってしまいましたが、この間の訪問数は急激に増えていました。初めて訪問いただいた方も多いので、都立高校の合格ラインの情報を探し求めている方々が辿り着いたケースが多かったのではないかと推測します。メールやコメントでも、「進学重点校の合格ラインを教えてくれ」とか、「〇〇高校は〇点で合格できますか?」とか、問い合わせ・依頼も何件か入っていました。(受験生の保護者の方からの切実な声が多いのですが、同業者からの問い合わせも結構ありました) ご期待いただいた方には大変申し訳ないのですが、昨年から合格最低点の予測は自重して、一切書いていません。個人的にもお答えしていません。

この10数年間、詳細を分析して学校ごとにかなり細かい予測を出していました。実際の合格ラインとそう大きくブレていなかったと思います。しかし、2年前に立川高校の合格ラインを大きく読み間違えて、関係者の皆様(受験生保護者・OB・学校の先生等)にお叱りを受けてしまいました。私の周りに特別選考で合格した生徒がたまたまたくさんいて、それを正規合格のラインと見誤ったことに起因するものですが、結果としてご迷惑をおかけする要因になるのであれば、一切止めようと決めた次第です。自分が今まで長いことやって来て言うのも何なのですが、合格発表の前に合格ラインの予測を出しても(当たったとしても)あまり実利はないかもしれませんね…

いずれにしても、明後日の朝9時に結果が判明します。 

都立高校入試終了!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年2月26日 9:12 AM
  • 未分類

都立高校の各科目の入試問題の難易度の変化について、全体的な状況を簡単にまとめておきます。
他の塾も含めて多くの受験生の答案再現結果を見た上で書いていますが、あくまでも後藤の主観によるものですのでご了承ください。

<国語>
やはり記述問題が少なくなった分、生徒にとっては解きやすくなったと思います。漢字も例年並みかやや易しくなったところが多く、共通問題も含めて平均点は上がる学校が多いはずです。国語の講師たちに言わせると、「入試がつまらなくなった」ということらしいです…

<数学>
共通問題でマークシートが何問かに導入されたこと以外は、大きな変更はありません。難易度も例年並みの高校が多いと思います。強いて言えば、共通問題は少し平均点が下がるかな…?という感じがしています。やはり、日比谷・西の問題は難しいですね… 前半と大問の(1)でしっかり点数を取り切ることがポイントです。

<英語>
国語同様に、書く問題が減った分が少し点数アップにつながりそうです。共通問題も少し平均点が上がるものと予想します。八王子東・国立あたりも7割の勝負となりそうです。リスニングは例年並みです。(と生徒たちが言っていました)

<理科>
明らかに難化です。かなり優秀な生徒でも90点はなかなか難しいでしょう。進学重点校でも、84点くらいで合格ラインだと思います。ただ、70~80くらいに多くの生徒が固まるので、それを下回ると苦しくなります。学区2~3番手校では、70点取れば十分勝負になると思います。
問題自体はそんなに難しくないのですが、例によって問題文が長く、いくつかの資料を見較べないと解けない問題があったりして、生徒たちにとってはとても解きにくくなったと思います。「読解力」の勝負になってきているようにも感じます。

<社会>
記述問題の形式等は例年通りです。並び替え問題が選択式になったのでそこは解きやすくなりました。難易度は例年並みだと思います。ただし、「世界」に関してかなり突っ込んだ知識が問われていたり、ちょっと変な計算問題があったりして、そのあたりで戸惑った生徒が少なくないものと想像します。その部分を踏まえると、少し平均点が下がるかもしれません。

都立高校入試終了!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年2月25日 1:52 PM
  • 未分類

昨日、都立高校の入試が終了しました。ほとんどの生徒が1月22日から受験に行ったので、実に1ヵ月以上に渡って戦いが続いたことになります。さすがに、昨日の夜はみんな疲れ切った顔をしていました。本当にお疲れ様、という声をかけたいところですが、多くの中学校で本日から学年末テストなのだそうです。大変だ…

都立高校の入試は、今年から共通問題においてマークシートを導入することになりました。グループ作成校は、理科・社会のみマークシートです。事前に塗る練習をしていたこともあり、生徒たちに戸惑いはほとんどなかったようです。
マークシート導入の経緯は、ここ数年で採点ミスがたくさん発覚し、本来合格なのに不合格とされてしまった生徒が出てしまう等大きな混乱が生じたことによるものです。一定効果はあると思いますが、費用(税金ですね)に見合うのかどうかも含めた検証は必要だと思います。

採点の紛れ・ブレをなくすために、記述問題を減らそうという意図もあります。共通問題で言うと、国語と理科が大きく出題傾向が変わりました。国語は、200字作文以外、記述問題が一切なくなりました。理科は、例年記述・作図問題が4題程度出題されていたのですが、今年は実質記述問題が1題だけとなりました。英語と社会は、マークシート導入に伴い、例年生徒たちが苦労していた並べ替え問題が出題できなくなりました(4択としては出題があります)が、他に大きな変更はありません。数学の記述・証明・作図等は例年通りの形です。
この出題傾向変更の波は、マークシートではないグループ作成校にも影響が及びました。国語は、国立・八王子東等、いくつかの高校で、200字作文以外記述問題がまったくなくなりました。昨年まではほとんどの高校で作文以外にも3題程度記述問題があったのです。英語も、自由英作文以外には別解が存在するような記述問題はほとんどなくなりました。そんな中で、武蔵等の中高一貫校だけは、今年も記述問題の出題が多い状況が継続していることは特筆しておきます。
もちろん、採点がかなり楽になりました。英語・国語の担当以外の講師でも採点が問題なくできるようになったとお伝えすれば、イメージが伝わるかもしれません。それが本番の採点を考えた時の都教委の狙いでもあるわけです。
数学だけは、ほとんど変更点がありません。出題形式・難易度等例年通りです。

私は、今回のこの部分一連の改革については、まったくお話にならないと考えています。採点を楽にするという内輪の論理のために、(記述問題によって)生徒たちの本質的な学力を測るという自校・グループ作成校本来の趣旨をないがしろにしているわけです。こういうのを本末転倒と言います。これは、大学入試の改革とまったく逆行する流れでもあります。
事前にそういう部分まで生徒たちに告知がされていないことも大きな問題です。直前まで、記述問題の対策にかなり時間をかけていた生徒たちもいるのです。せっかくここまで(優秀な生徒たちが集まるようになったという意味で)都立高校が復権して来たのに、こういうくだらないことをやっていると、あっという間に流れが変わる可能性あると感じています。

合格発表は3月2日です。1週間も待たなくてはなりません。ここで、「あれっ?」と気付いた方はなかなか賢い方です。採点の効率をよくするためにマークシートを導入したのに、発表までの期間は昨年より1日延びているのです。入試日・発表日は同じなのですが、今年はうるう年で2月が1日多いからです。まさかそのことで1日稼げることをごまかせると考えたわけではないでしょうが… このことについても、都教委からは明確な説明はありません。
(次回に続く…)

新年度の生徒募集について

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年2月23日 4:44 PM
  • 未分類

2月に入ってから、新年度の入塾についてのお問い合わせが大変多くなっています。

現在、ほとんどの学年・コースが満席・募集停止となっており、入塾のご相談に応じられるのは、新小5生と新小6生(受験勉強をして来ている生徒)のみとなっております。

それ以外の学年は、ウェイティングリストにお名前を登録させていただいて、空きが出た時点でご連絡をさせていただく形となります。
新中1は空きが出る可能性が高いですが、それ以外の学年はお約束できる状況にありません。
悪しからず、ご了承ください。

都立高校入試に向けて最後の追い込み!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年2月22日 2:17 PM
  • 未分類

昨日で中3の私の担当分の授業がすべて終了してしまいました。終わってしまうと、ちょっと寂しいものがありますね… 本日は自習日、明日は英語と数学の最終確認をして、翌日の入試本番に備えて少し早めに終了します。その後は、また職員たちと「カツパーティー」かな…?
最後に実施した過去問で、少しグーッと来る手応えを感じて終了しました。全員の平均点が87点と過去最高点を記録しました。100点が1名、90点以上が6名、88点、89点もたくさんいました。クラス平均90点を目指していたのですが、これは本番に取っておきましょう。都立の理科・社会は、あと2日間でまだ点数が伸びます。それだけ、出題されることが決まっているということです。とにかく悔いを残さないように、最後までやるべきことをやり切って欲しいと思います。

あと40時間あまりで入試が始まります…

都立高校入試に向けて最後の追い込み!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年2月20日 11:59 AM
  • 未分類

いよいよ、都立高校の入試まであと4日と迫ってきました。実質、まとめて勉強時間を取れるのは、今日・明日が最後になります。当然、授業も1日2科目ずつ行うのですが、各自やるべきことが違うので、それ以外の時間の使い方もとても重要になります。
やはり、最後は理科・社会の暗記に時間を使うべきでしょう。最後の数日、限られた時間の中での時間帯効果は理科・社会が一番大きいからです。もちろん、英語の自由英作文や、数学の証明・作図等、都立高校特有の対策については、今までしっかり取り組んできているという前提があってのことですが…

私は都立クラスの理科を担当していますが、ここから数日で最後のひと押しができるかどうかでかなり結果が変わってくるという感触を持っています。もちろん、生徒たちにもそのことは伝えています。冬期講習くらいから、生徒たちの得点力が膠着状態に入っています。この時期は、毎回の授業の中で過去問を1本実施しているのですが(時間は35分~40分で)、10数名のクラスで、100点は1人でるか出ないか、90点台が3~4人、80点台半ばくらいの点数が一番多く、クラス平均がそのくらい。70点を取れない生徒が2~3名と、毎回得点の分布がほぼ同じなのです。多少メンバーは入れ替わりますが…
内容的に見ると、やはり一問一答レベルのベタ知識や、今まで何度もやって来た重要暗記事項を忘れていたり、問題の読み間違い等でつまらないミスをしていたりということがほとんどの生徒にあります。そのあたりが完璧に埋まって、本番の50分を集中し切れた時に、あと5点~10点の上積みができるのだと思います。もしかすると、そのちょっとした差で合否が分かれるのかもしれません…

そういう意味では、まだまだ時間はあります。我々も、気合いを入れて臨みたいと思います。

都立高校応募者数最終確定!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年2月18日 11:06 AM
  • 未分類

今日は、多摩地区の学区2~3番手校を中心にまとめます。
昭和はアナウンス効果もありだいぶ減りましたが、それでも厳しい戦いが予想されます。

町田 男子 1.4 + 5
町田 女子 1.5 - 5
日野台男子 1.5 + 2
日野台女子 1.4 + 8
南平 男子 1.6 +14
南平 女子 1.6 + 9
昭和 男子 1.9 -27
昭和 女子 2.0 -19
武蔵北男子 1.4 + 9
武蔵北女子 1.6 - 6
小金北男子 1.3 +19
小金北女子 1.4   0
調布北男子 1.6 - 9
調布北女子 1.7 - 8

都立高校応募者数最終確定!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年2月17日 1:28 PM
  • 未分類

都立高校の一般入試は、昨日の願書差し替えの結果を受けて最終応募者数が確定しました。
各校の倍率と差し替えによる増減数をまとめます。
今日は進学重点校と中高一貫校・進学重視型単位制高校です。
      
日比谷男子 2.5 -12
日比谷女子 2.2 -19
戸山 男子 2.4 - 2
戸山 女子 1.9 -18
青山 男子 2.4 -22
青山 女子 2.3 -30    
西  男子 2.1 -12
西  女子 1.5   0
八王東男子 1.4 + 2
八王東女子 1.6 - 6
立川 男子 1.6 + 9
立川 女子 1.5 + 6
国立 男子 1.8 -16
国立 女子 1.8 -11
武蔵 男子 1.8 +13
武蔵 女子 1.6 - 4
大泉 男子 1.9 - 6
大泉 女子 1.3 + 7
富士 男子 1.5 - 9
富士 女子 1.3 + 9
新宿 共通 2.1 + 3
国分寺共通 1.7 - 2 

私立高校入試終了!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年2月16日 9:42 AM
  • 未分類

本日の合格発表を以って、私立高校の入試がすべて終了しました。昨日も書いた通り、補欠の繰り上げ合格がまだここからあるかもしれませんが、現時点で確定している合格校をまとめておきます。

<GS進学教室 2016年度 私立高校合格校>
早大学院 桐朋 立教新座 明大明治 明大中野 中大附属 中大杉並 成蹊 
桐蔭学園 日本女子大付属 創価 帝京大学 東京電機大 日大二 日大三 
日大桜丘 日大明誠 八王子 拓大一 工学院 西武文理 聖望学園

※早慶高をはじめ、補欠待機(繰り上げ合格候補者)の生徒が数名います。

私立高校入試終了→来週の都立高校の戦いに向けて最後の追い込み!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年2月15日 10:43 AM
  • 未分類

本日で私立高校の入試がすべて終了します。学力試験は先週で終了していたのですが、本日2次試験の面接が行われている高校がいくつかあるのです。GSでは早慶高の面接に行っている生徒が何名かいます。その合格発表は明日行われます。あと、補欠待機の生徒が何名かいます。正確に言うと「繰り上げ合格候補者」と言って、入学手続きが定員に満たなかった場合に繰り上げ合格となる生徒たちです。ほとんどの高校で補欠番号がついていて、その番号順に繰り上げ合格となっていきます。ほとんどの生徒が補欠番号が若く(可能性が高いということです)、繰り上げ合格となったら進学する高校なので、こちらもドキドキして待っています。例年の状況から類推すれば、早ければ今日にも吉報が入ってくる場合があります。時間がかかると、都立の合格発表の翌日くらいになることもあります。待つのは辛いですね…

あと残されているのは、今週末日曜日に工業高専、そして来週水曜日がいよいよ都立高校の入試となります。あと9日、最後の追い込みに入っています。先週の土曜日からは、完全に都立高校の内容に特化した授業に切り替わりました。受検校が「グループ作成校」か「共通問題校」かによって、クラスも編成し直しました。(共通問題校受検者は毎年とても少ないのですが…) 昨日の日曜日も、もちろん特訓授業が行われています。

実は、私立高校や都立の推薦によってすでに進学校が決定し、入試が終了している生徒が40%ほどいるのです。しかし、その生徒たちも1人残らず授業に出席し、他の生徒たちと同じように頑張っています。多分、知らない方が様子を見ていても、どの生徒が受験に行く生徒で、どの生徒が入試が終了した生徒か分からないと思います。
(少なくとも塾では)浮かれているところはありません。本当はもっと喜びたいのでしょうが、まだこれから受験に行く生徒たちの雰囲気を壊してはいけないということもしっかり認識しています。すでに高校に入ってからのことに頭が切り替わっている生徒も多く、すでに(GSの系列校の)高校部の入塾問い合わせをしている生徒もいました。中には、すでに合格した高校の部活に参加している生徒もいます。そう言えば、(大昔のことですが)私も入学前に部活に参加していたような記憶が…
「みんな、偉いなぁ…」と思いますが、このあたりの合格した後の生徒たちの様子を見ていて、我々の今までの指導は間違っていなかったということを再認識している次第です。

ホーム > アーカイブ > 2016年2月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る