ホーム > アーカイブ > 2016年1月のアーカイブ

2016年1月のアーカイブ

大学入試改革続報<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年1月30日 1:02 PM
  • 未分類

なぜ今の中2生が影響を受けるのかと言うと、センター試験及び現行の入試制度の最後の年に大学受験となるからです。もし浪人してしまうと、現役の時とはまったく受験の制度が変わってしまうことになります。この部分で、浪人生に対して救済策が用意されるのかどうかについて、今のところ文科省は明言をしていませんが、様々な情報を総合すると、「救済策は用意されず、新しい入試制度で現役生と同じ土俵で勝負することになる」可能性が高いと思われます。
通常は1年浪人すれば、現役生に較べて勉強量も稼げるし、1回入試を経験している強みもあり、(もちろん1年間きちんと取り組めば…ということですが)有利になることはあっても、少なくとも不利になることはありませんでした。ところが、今の中2生に関しては、大学受験で浪人するとかなり不利になる可能性が高いということです。
今の中1生は、早い段階から新しい大学入試に向けて準備を進められるわけですが、今の中2生は、高3までは現行の入試に向けて勉強を進めて、万一浪人が決まったら1年間(実質半年余り)で新方式の入試に向けた準備をしなくてはならなくなります。これだとなかなか厳しい状況が予測されるため、「今の中2生は大学入試で絶対に浪人ができない」という声まで聞かれ初めているわけです。

私は、もしそうであるならば、高校受験の段階での学校選びにも影響が出てくると考えています。大学受験で絶対に浪人ができないのであれば、「それなりの都立高校や中堅私立進学校に行く」という選択を回避する動きが出てくるでしょう。都立高校や進学校であれば、現役合格率の高いしっかり鍛えてくれる高校に的を絞って受験して、ダメだった場合は附属高校へと選択肢も出てくるでしょう。早慶高等、私立の難関附属高校の人気が一時的に上昇することも考えられます。大学入試改革の混乱に巻き込まれず、そのまま大学に進学できることのメリットを改めて感じることになるからです。
また、特に都立高校に進学した場合は、高校入学後に部活や学校行事に燃えることが1つのステイタスなわけですが、今の中2生においてはそれが難しくなるかもしれません。絶対に浪人できない大学入試の戦いが3年後に控えているのですから…

今回の大学入試改革は、こんなところにも影響が出るほど大きな改革なのです。

大学入試改革続報<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年1月29日 12:20 AM
  • 未分類

今回の大学入試の大きな改革は、2020年度(2021年度入試)からの実施となります。現在の中1生の学年からが対象です。現在の中1生や小6生は今後の勉強の進め方に注意が必要だと言われていますが、これはその通りだと思います。今までとはまったく入試の形態・出題内容が変わるのです。特に初年度は過去問も何もない手探りの状態で受験勉強を進めなくてはならないので、かなり不安が大きくなるのではないでしょうか。こうなると、我々受験産業の腕の見せどころでもあるわけです。早くも、そのあたりを意識したコース設計や、対策講座などをスタートしている塾も出てきています。

しかし、私は実は現在の中2生にもかなり大きな影響が出てくるものと推測しています。高校受験の段階での志望校選びにも影響が出るような事態だと考えているのですが、それがなぜだか分かるでしょうか? これについて的確に答えられる方は、かなり情報通の方だとお見受けします。

生徒募集の状況について

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年1月28日 1:07 PM
  • 未分類

現在の生徒募集の状況をお知らせします。

新小4…満席募集停止(昨日で満席となりました。今のところ募集再開の目処は立ちません)
新小5…余席あり
新小6…余席あり(ただし、今まで他塾等で受験勉強をしてきた生徒のみ)
新中1…満席募集停止(今週で満席となりました。春期講習会よりクラス増設・募集再開の予定です)
新中2…満席募集停止(ウェイティングの方が数名いらっしゃいます。募集再開の目処は立ちません)
新中3…満席募集停止(ウェイティングの方がたくさんいらっしゃいます。募集再開の目処は立ちません。今後の新規お問い合わせの方は、入試まで順番が回って来ない可能性が高いことをご了承ください)

という状況のため、現在入塾のご相談に応じられるのは、新小5と新小6の転塾生のみとなっております。皆様のご希望にお応えすることができず、誠に申し訳ございません。

大学入試改革続報<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年1月27日 2:16 PM
  • 未分類

2020年度(今の中1の生徒たちの学年)からの大学入試改革について、新しい情報が入ってきました。今のセンター試験に代わる「大学入学希望者学力評価テスト」は、高3になってから複数回実施される予定で進められていました。今回の入試改革の大きな柱の1つが、「大学入試において、一発勝負の弊害を排除する」ということにあったからです。2~3回実施して、その中で一番成績が良かったものを大学入試で利用できるというような案も検討されていました。
しかし、どうやらやっぱり一発勝負の方向で検討に入っているというのです。一番大きな理由は、記述式問題の採点に時間がかかるため、短答式のテストとは別日程で実施することがほぼ確定的となっているからです。記述が別日程の上にさらに複数回実施となると、受験生はもちろん、大学側の負担がかなり大きくなってしまうということを文科省も指摘しています。
まだ本決まりではなく、これから有識者会議等で検討するようですが、おそらく一発勝負の方向で決まるのだろうと思います。そうなると、今回の入試改革の大きな柱の1つが失われてしまうわけで、「何だかなぁ…」と感じてしまいます。こうなると、今後も大きな方向性の変化があってもおかしくない状況です。引き続き、新しい情報には注意が必要だと思います。

都立中応募者数確定!<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年1月26日 9:43 AM
  • 未分類

一番新しくできた(と言っても6年前ですが…)4つの都立中が、今年初めて高校の卒業生を送り出します。南多摩・三鷹・大泉・富士の4校です。大学受験の結果がここで初めて出ることになります。推薦入試やセンター試験等、すでに大学受験は始まっているので、そろそろ学校の中でもある程度の手応えは掴めてきているところだと想像します。
都立中の受検を視野に入れている小学生の保護者の方とお話をしていると、やはりこの部分の結果をとても気にしている方が多いことに気付きます。例えば八王子地域で言えば、南多摩の志望者・受検者が圧倒的に多いのですが(都立中は近い方がいいと考えている方がとても多いです)、南多摩は今まで大学受験の生徒が出ていなかったため、結局6年間通って(大学受験のところは)どうなるのだろう…?という不安を感じていた方が多かったのです。東大を初めとする難関国公立大学にどのくらい合格するかという部分だけが注目されますが、例えば(模試の成績で)学校で真ん中あたりにいたらどのあたりの大学に進学できるのかというようなところを気にしている方も少なくありません。
その結果が2ヵ月後にはほぼ出揃うことになるので、その結果を踏まえて、来年度以降の都立中受検、またその中での学校選びのところに大きな影響が出ると考えられているのです。

都立中応募者数確定!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年1月25日 10:18 AM
  • 未分類

都立中の応募者は年々確実に減っていますが、入学基準のレベルは数年前と較べてもほとんど変わっていません。学校によっては、数年前より難しくなったように感じる学校もあります。
受検に向けてしっかりとした対策をせずに、「とりあえず受けてみよう」というお試し組の数がかなり減ったことと、都立中に合格するためにはそれ相応の対策(時間的にも費用的にも)が必要であるということが広く知れ渡ってきたためだと考えています。簡単に言うと、都立中が新設された頃に較べると敷居が高くなりすぎたということです。
大学受験の合格実績、すなわち出口のところの結果がとても重要なわけですが、全体としては頑張っているとは言うものの、都立進学重点校(特に日比谷・西・国立等)にはとても適わないため、最初から高校受験でこのあたりの高校を視野に入れて取り組んでいる優秀な小学生も増えてきているように思います。
いずれにしても、来年度の募集から、大きく都立中の評価が変わってくる可能性があります。良い方にも悪い方にも動く可能性があります。皆さん、それはなぜだか分かりますか?
(次回に続く…)

進路決定続々と…

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年1月24日 11:09 AM
  • 未分類

私立高校の推薦入試が本日で終了します。昨晩から今朝にかけて雪の予報が出ていましたが、はずれてよかったです。全国的にはかなり大変なことになっているところが多いようなので、くれぐれもお気をつけください。沖縄でも雪が観測されたようですし、世界的に見てもエジプトのピラミッドで112年ぶりに雪が積もったようで、気候変動・異常気象はますます進んでいるように感じます。

私立高校のA推薦(単願・第一志望)を受験した生徒は4名だけでした。この分は本日の朝までにすべて合格発表がありましたが、3名が合格しました。特にそのうちの2名は、内申等成績的にぎりぎりのところだったので、とても良かったです。残念だった1名も、すでに一般入試の方に向けて気持ちが切り替わっているようです。必ずリベンジしてくれるものと期待しています。
単願なので当然ですが、合格した生徒たちはこれで受験が終了です。進路が確定したことになります。ただし、GSの生徒たちのすばらしいところは、みんなここをゴールだと考えていないことです。当然、あと1ヵ月授業に来て頑張りますし、高校入学後も一般受験で合格した生徒たちに負けないように、最後までしっかり取り組む覚悟を決めています。

明後日火曜日からは、都立高校の推薦入試が始まります。昨日、集団討論の最終チェックを行いました。前回に較べると、全員が成長していてちょっと驚きました。本日は、面接と小論文の最終チェックを行います。万全の準備を最後まで徹底して、自信を持って本番に立ち向かって欲しいと考えています。

都立中応募者数確定!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年1月23日 12:24 PM
  • 未分類

都立中の応募者数が確定しました。今年も、昨年までほどではありませんが、全体的に応募者数を減らしています。昨年より250人ほど減り、全体の倍率は6.3倍まで下がってきました。(それでも他の入試に較べるとかなり高いのですが、数年前までは10倍近い倍率が当たり前でしたので…)
学校ごとに見ると、応募者数が少ないのは武蔵・富士・立川国際です。ほぼすべての学校で、前年よりは応募者が減っているのですが、唯一小石川だけは大きく増やしています。(小石川は私立中との併願者が多いのが特徴です) 南多摩も微増です。一番減らしているのは、立川国際です。

過去3年間の応募者数推移をまとめておきます。

一般全体(男子) 4693→4274→4111 5.9倍
一般全体(女子) 5168→4788→4694 6.8倍

南多摩(男子)  448→390→397 5.0倍
南多摩(女子)  559→496→497 6.2倍

立川国際(男子) 357→339→290 4.5倍
立川国際(女子) 446→490→432 6.6倍

武蔵(男子)   317→339→316 5.3倍
武蔵(女子)   251→254→267 4.5倍

三鷹(男子)   613→576→523 6.5倍
三鷹(女子)   559→564→538 6.7倍

富士(男子)   331→282→293 4.9倍
富士(女子)   351→349→300 5.0倍

大泉(男子)   429→388→383 6.4倍
大泉(女子)   535→507→494 8.2倍

桜修館(男子)  631→485→476 6.0倍
桜修館(女子)  838→652→598 7.5倍

白鴎(男子)   479→443→382 5.3倍
白鴎(女子)   627→581→589 8.2倍

両国(男子)   528→528→501 8.4倍
両国(女子)   562→517→502 8.4倍

小石川(男子)  560→504→550 7.1倍
小石川(女子)  440→378→468 6.0倍

高校入試も始まります!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年1月21日 3:10 PM
  • 未分類

いよいよ明日から都内の高校入試が始まります。ついこの前、「あと数ヵ月」とか言っていた気がするのですが、特に追い込みの時期の月日が経つのはとても早く感じます。
明日から始まるのはいわゆる推薦入試ですが、GSの中3生は1名以外全員が受験します。私立のA推薦(単願・第一志望)の生徒はあまり多くありませんが、他県の併願入試をほとんどの生徒が受験します。簡単に言えば「滑り止め・抑え」ということです。併願の基準をクリアしている生徒は、本番で余程のことがない限り合格をもらうことができます。ここで受験する高校には、まったく進学するつもりがない生徒もいます。それでも、場慣れをできることや1つ合格をもらって安心できることのメリットが大きいから、みんな受けに行くわけです。毎年、一番最初の滑り止めのはずの高校の入試の日が一番緊張したと言う生徒が多いことからも、そのことはご理解いただけるものと思います。
A推薦組の面接練習もすべて終了しました。みんな、落ち着いてやってくれれば(面接は)問題なくこなしてくれるはずです。ただし、A推薦は倍率も高い高校が多いので、何とも言えない部分があります。(学校によってはほとんど確約ですが…) もしここで不合格になっても、一般受験でリベンジすればいいだけです。
合格発表は翌日23日から始まります。早ければ明後日には「進路決定」となる生徒が出るかもしれません。泰然自若をモットーとする私も、さすがにそわそわしてきました。

続・雪の状況

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年1月20日 1:17 PM
  • 未分類

全身が筋肉痛です(>_<)  自宅の周りと校舎の前と両方の雪かきをしたせいです。特に我が家の周りは結構積もっていて、庭に屋根がなく車が雪に埋もれた状態からの復旧だったので、なかなかハードワークでした。今回の雪は湿っていて、かなり重かったこともあります。腰の周りがバリバリになっています。マッサージでも行こうかな…
月曜日の朝、通勤・通学の時間は大変なことになっていたようですね。特に京王線に乗った方からは、命の危険すら感じたという話を聞きました。こういう時には、徒歩圏内に職場があることのありがたみを改めて感じます。電車で通勤する職員たちにも、出勤時間を遅らせる指示を朝のうちに出していたので、混乱せずに済みました。
うまい具合に入試の狭間だったことも救われました。中学入試では前日まで受験していた生徒がいましたし、大学入試のセンター試験もちょうど前日で終わったところでした。入試当日だったら、受験生はパニックになったでしょうね。

明後日から東京の高校入試もスタートします。東京の高校は単願(A推薦・第一志望)受験の生徒だけですが、埼玉県の高校の併願入試も本格的にスタートします。気になる情報が… 土曜日(1月23日)にまた雪が降るかもしれないのです。現時点での予報は曇り時々雪で、降水確率は50%です。まだ何とも言えない部分もありますが、GSの生徒でも23日に受験に行く予定の生徒が何人かいます。特に埼玉の山奥に出かける生徒もいるので、ちょっと心配です。
もし当日雪が降っていたら、とにかく早めに出かけることと、電車が止まっても学校に辿り着ける方策を事前に検討しておくことです。入試の開始時間を遅らせたりする場合もあるので、スマホ等で学校のホームページにアクセスできるようにしておくことと、学校の緊急連絡先を携帯に登録しておくことが必要です。いずれにしても、慌ててパニックにならないように、事前に最悪のケースを想定したイメージトレーニングをしっかりしておいてください。

ホーム > アーカイブ > 2016年1月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る