ホーム > アーカイブ > 2015年12月のアーカイブ

2015年12月のアーカイブ

いったいテストを何本解いているのだろう…<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年12月20日 1:37 PM
  • 未分類

例えばテストを解く量1つ取っても、GSの生徒たちは昨日書いたような量がスタンダードになっているので、当たり前のこととしてこなしています。例えば、銀本は冬期講習会の前に1冊すべて解き切ることが義務付けられていて、みんなそろそろ終わりそうなところに来ています。(もちろん、やらせている以上、すべてこちらで採点をしています)
しかし、世間一般ではこのレベルの学習は(まずは量をこなすことにおいて)普通のことではないようです。他塾の生徒で(入塾が前提でなくても)、この時期になかなか成績が上がらなくて…という相談を受けることが結構ありますが、話を聞いてみると、その部分でほとんど量をこなしていないという生徒がほとんどです。1ヵ月で過去問レベルのテストを数本程度しか解いていなかったり、やりっぱなしで解き直しをしていなかったりという状況が多いのです。この時期にそんな状況だと、入試問題で点数を取れるようになるわけがありません。

ただし、この部分は本人というよりも、塾の側の責任だと考えています。やらせる仕組みを作っていないということもありますが、私が一番差が大きいと感じているのは、テストをやらせた後の対応の巧拙です。特に作文についてがそうだと思いますが、生徒たちに書かせたあと1週間も経ってから返しているような塾は論外です。生徒たちは書いた内容すら忘れてしまいますし、力がつくわけがありません。そんなペースでやっていたら、絶対量をこなすこともできないわけです。それは、都立中コースだけでなく、私立中コースや中学生についても同じことが言えます。
保護者の方が不安なことがあって塾に相談した時の対応なども含めて、塾の講師側の「スピード感」があるかどうかがとても大きいと思います。(一般論としては)大手塾は1人の講師が抱えている生徒の数が多いため、この部分の対応では苦しくなるのは当然ですが、中小の塾であってもかなり対応に差があります。

このあたりの塾の比較について、「おおたとしまさ」さんの近著が大変参考になりましたので、ご紹介しておきます。

「親が後悔しない、子供に失敗させない、中学受験塾の選び方」
ダイヤモンド社

いったいテストを何本解いているのだろう…<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年12月19日 5:26 PM
  • 未分類

今日は土曜日ですが、私はこの時間までなぜか「日曜」特訓の授業をやっていました。先週の日曜日に、小6都立中の日曜特訓の授業が予定されていたのですが、会場テストを全員に受けさせるため、授業を本日に振り替えて実施することにしたのです。まったく知らない会場に1人で(保護者の方は付き添った生徒が多いようですが、周りがみんな知らない生徒だということです)電車に乗って行って、試験を受けて来るという経験がとても重要だと思うので、毎年この時期に会場テストを受験させています。先日は他塾のそっくり模試を全員が受験しましたし、他流試合の経験も結構積んでいます。そのそっくりテストは、みんななかなか成績は良かったですね。中には、そのテスト(志望校別)の受験者数百人の中で1番を取って来た生徒もいて、差し詰めテスト荒らし集団というところでしょうか…

改めて考えたのですが、受験生たちは1ヵ月にどのくらいテストを解いているのだろうということが気になって計算してみました。例えば今例に挙げているGSの都立中コースの生徒たちのこの1ヵ月間を振り返ってみると、偏差値が出るテストが塾内の全国模試を含めて3回(ということは2科の生徒は6本、3科の生徒は9本ということですね)、日曜特訓のテストが4本、授業中に実施した過去問が8本、それ以外に家で解いてきてチェックした過去問(自分が受ける学校の過去問や銀本)が平均で30本くらいですから、ということは1ヵ月でだいたい50本程のテストを解いていることになります。ほぼ毎日2本近くは解いていることになるわけです。そのほとんどについて、解説をした上でやり直しをしているわけですから、テストについてだけでもものすごい勉強量をこなしていることになります。もちろん、それ以外にも単元学習とか、作文の書き直しとか、テキストの復習とかもこなしています。これだけのことをやっているのですから、力がつかないわけがありません。
(次回に続く…)

教育にかかる費用は年々上がっています<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年12月18日 12:58 AM
  • 未分類

現在国立大学の年間授業料は、535,800円となっています。私立大学の平均が86~7万円なので、(一昔前と較べるとだいぶ差が縮まってきたとは言っても)国立大学は学費の負担が少なくて済んでいるわけです。ただし、その分人気が高く入学難度も高いため、一般的には学力上位の生徒でないと合格が難しくなっています。
その国立大学の学費を大幅に値上げするという話が出ているのです。財務省が指針として示したものですが、国の財政状況が理由とされています。我が国は毎年国の借金(赤字)が増えているわけですが、今後少子高齢化が進むため年金の原資等が不足することが予測されています。そのため、予算的に切り詰められるところを検討しているわけですが、少子化が進んで行くこともあり教育費に手がつけられようとしているということです。教員の数の大幅削減勧告もこの一連の流れから出てきているものです。
あくまでも財務省の試案の段階ですが、国立大学の学費を近い将来に私立大学並に引き上げるという提案がなされています。年々少しずつ引き上げて、16年後には年間93万円程度にする必要があるという計画です。今と較べても70%を超える値上げですから、大胆な提案です。当然、文科省や学校現場を初めとする教育界や、子育て世代の保護者たちからは大きな反発が起こっています。今全体で大きな声を上げないと、ほぼこの方向で進んで行ってしまうことになると思います。
16年後と言うと、今生まれたばかりの子どもたちや、今後生まれて来る子どもたちが大学生になる頃ですね。いったいどうなって行くのでしょうか…

教育にかかる費用は年々上がっています<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年12月17日 3:44 PM
  • 未分類

私がFPの試験に合格したからというわけではありませんが、今日は教育にかかるお金の話を…

日本は世界の中でも、教育にお金がかかる国の1つです。北欧などでは国が学校教育費のほとんどを負担するところも多いですし(その分税金が高かったりしますが…)、日本は学校教育費の私費負担率が先進国の中でも一番高い方なのです。(塾を経営している私が言うのも何かおかしいのですが)学校以外の教育費負担も含めると、平均で家計支出の1/3くらいが教育費に充てられている計算になります。

そんな状況の中で、この教育費負担はさらに増えて行くのではないかと見られています。私立学校(中学・高校・大学)の学費は、年々少しずつ値上げとなっています。一時的に平均で値下げ等抑制されていた時期もあるのですが、ここ数年は経済状況が少し回復したと言われているためか、値上げしている学校が多いのです。
例えば、都内の私立中学校の来年度の初年度納付金は、平均で約94万円となっていて、今年度よりは数千円の値上げとなっています。(2年目以降の平均は67~8万円です) もちろん、学校によって金額はかなり違いがあります。都内で初年度納付金が一番高いのは、玉川学園の国際バカロレアクラスで186万7千円。普通科だと、早稲田高等学院中の141万4千円です。最も安いのは、我らが地元の八王子実践中で54万8千円となっています。ただし、この中には寄付金は含まれていません。ご存知の通り、学校によっては半強制的に徴収されるところもあります。
中学校の3年間だけで、平均で250万円近くかかるわけですし、当然私立中に進学するには(場合によっては進学した後も)塾に通う必要があるわけですから、いわゆる「普通の家庭」が私立に通わせるのはなかなか大変なことなのです。

さらに、もう1つとんでもないニュースがあります。それは、国立大学の授業料が大幅に値上げとなるというものです。
(次回に続く…)

合格発表のドキドキ感を先取りしました!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年12月16日 2:58 PM
  • 未分類

合格発表は、やっぱり緊張するものですね…
本日朝10時に、私が先月受験した「CFP資格審査試験」の合格発表がありました。無事に6科目合格することができました\(^o^)/ インターネットのサイト上で発表されるのですが、パスワードを間違えたり、受験番号を会場番号から入力することに気付かなかったり、半角で入力するところを全角で入れてしまったり、なかなか結果にたどりつけでイライラしました。こんな私でも(?)、合格発表はやはり緊張するんだなと改めて実感しました。自己採点の結果でおそらく大丈夫だろうとは思っていましたが、マークシートですし、結果を自分の目で確認するまでは安心できませんでしたので… 下に合格発表の画面を貼っておきますので、クリックしてぜひ緊張感を共有してみてください。

CFPという資格は一般の方にはなじみがないかもしれませんが、FP(ファイナンシャル・プランナー)の国際上級資格で、世界24ヵ国で導入されています。日本では日本FP協会が資格の認定をしています。国内で言うとFP1級の資格と同レベルとみなされていて、CFPの資格を持っているとFP1級の学科試験は免除となります。(実技試験は受けなくてはなりません)
試験は年に2回実施されていて、全部で6科目あるのですが、すべての科目に合格しなくてはなりません。金融資産・不動産・ライフプランとリタイアメント・リスクと保険・タックス・相続と事業承継の6科目です。今回全国で444名の全科目合格者が出ましたが、受験者に対する割合は7.2%でした。全科目一発合格者はさらに少なく、受験者の2~3%だと言われています。私も全科目一発合格ですが、その視点で見るとなかなかすごいことなのだと思います。
教え子たちに聞いたのですが、銀行・証券会社や保険会社の社員が強制的に受けさせられているケースが多いようです。ただし、FP2級やAFPの資格を持っている者は多いけど、FP1級やCFPの資格を持っている者はプロの中でも決して多くはないと聞きました。ましてや、私のような「ど素人」の受験者はあまりいないようです。
試験には全科目合格しましたが、まだこれで資格が取れたわけではありません。資格取得の条件となっている「3年間の実務経験」はすでにクリアしているので、あとは通信課題に取り組んで提出することと、丸1日拘束される集合研修を受講して初めて資格認定されることになります。

日本FP協会のニュースリリース「444名のCFP試験合格者が新たに誕生」https://www.jafp.or.jp/about_jafp/katsudou/news/news_2015/files/newsrelease20151216.pdf

受験校確定→ラストスパートへ

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年12月15日 1:19 PM
  • 未分類

小6・中3の最終面談が終了し、受験校が現時点ですべて確定しました。「現時点で」と書いたのは、まだ今後一部追加・変更等の可能性があるからです。私立高校の推薦制度を利用した入試(単願・併願)については、本日から中学校の先生と高校の先生との間で「事前相談」が始まっているため、今後の追加・変更はできませんし、都立中についても先生方が冬休みに調査書(報告書)を作成するためもう変更はできないと言われていますが、それ以外の一般入試や都立高校については、出願ぎりぎりまでまだ流動的な部分があります。

ただ、これで一旦確定となったので、生徒たちもようやく腰を落ち着けて入試本番に向かえそうです。特に中3生は、この2週間で内申と推薦入試のところが確定したため、ちょっとバダハタしていた感があります。案の定、中学校の三者面談が終わってから落ち込んでしまい、しばらく勉強が手につかなかったような生徒もいました。
小6生も含めて、もう目の前には冬期講習と入試本番しかないという状況になったので、成績が足りないような生徒も、「開き直って本番で点数を取れるようにするために全力を尽くすのみ」という感じになっています。
毎年見ていて感じるのですが、ここから最後の追い込みの学習状況によって、入試の成否は決まります。特に冬休みから年明けのところの勢いがとても重要です。正月で緩んでしまったりすると、取り返しのつかないことになります。
GSでは、先週から生徒たちにGSシートの作成をさせながら、冬休みの計画を作り込んでいます。年明けの目標も明確にしています。もちろん、受験学年の生徒は「第一志望校合格」以外ありませんが、非受験学年の生徒たちにとっても、新学年を迎えるにあたって、とても重要な期間となります。

就活のスケジュールがまた変更に<その7>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年12月14日 12:48 PM
  • 未分類

私が塾講師の仕事を始めたのは昭和の時代なんだということを改めて実感し、感慨にふけっています。(昭和天皇崩御のニュースは、冬期講習会最終日に校舎で聞いたのでよく覚えています…) 平成の時代に変わってバブルがはじけて、日本全体の経済状況そして企業の枠組みが大きく変わりました。私が入社した会社は、翌年から新卒社員の募集を行わなくなりました。その後15年以上新卒採用をしなかったのです。これは何を意味しているのかと言うと、15年以上後輩ができず、一番下っ端の状態が続いたということです。中途入社の社員は一部にいましたが、ほとんどがベテランで私より年上でしたし、社員の中で一番年下という時代がとにかく長かったのです。今だから笑って言えることですが、当時を思い出すと、やはり大変だった記憶しかありません。仕事を進める上ではもちろんですが、荷物を運んだりするのに、「おい若いの!」と言われれば、30代後半の我々がスッと立ち上がっていたりしました…(笑)
私は(当時としては異例だったと思いますが)27歳で校長を、31歳の時に本部で全体を統括する役職を拝命しましたが、当然部下は年上の方ばかりなわけです(何しろ社内で年下がいませんから…)。20代の時に50代の方が部下だったこともありました。そういう意味では、周囲の方に本当によくしていただいたので、何とかかんとかやって来られたような気がします。年上の部下だった皆様には、逆に様々気を遣っていただいたことが多かったように思います。
私が30代後半の時に久しぶりに新卒採用を再開し、久しぶりに年下(しかもかなり歳の離れた)の後輩ができた時は、とても嬉しかった記憶があります。逆にそのあたりの代の社員たちに話を聞くと、少し上の代の先輩たちがまったくいなくて大変だったということを言っていました。20代や30代前半の社員がまったくいなくて、1代上の先輩が40近いオッサンだったのですから…

この状態は、我々の世代では決して珍しくないことのようで、久しぶりに高校や大学の同期たちと会って話をすると、やはり同じような境遇(部下がなかなかできない)で苦労してきた者が結構います。学校の先生からも同じような話を伺うことも多いです。先日お話を伺ったある私立中高では、今の30代~40代の教員がとても少なくて、年齢構成が2コブ駱駝のようになっているそうです。世代交代がなかなか難しいということもおっしゃっていました。
逆に言えば、こういう状況が続いていたため、仕事上ではある意味鍛えられた世代であるということも言えるかもしれません。一方で、今の立場になっても、雑用は全部一手に引き受けるというような習性がなかなか抜けなかったりして、長い期間かけて染み付いてしまったものの大きさを感じる場面も多いです。
結局、私はその大手の進学塾でちょうど25年間お世話になりました。母親の介護のために退職することになってしまいましたが、今こうして振り返っても、感謝の思いでいっぱいです。私の今後の目標は、GSでも25年は頑張り、塾講師を50年勤め上げることです。その頃は70歳を超えているわけですが、果たして… 体を鍛えなくては…

就活のスケジュールがまた変更に<その6>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年12月13日 1:34 PM
  • 未分類

そんなわけで、すべての試験の不合格(不採用)が確定したのは、12月に入ってからでした。特に地方公務員の試験(都・県・市)については、過去問の出来も悪くなかったので、少なくともどこか1つには合格できるだろうと軽く考えていて、民間企業の就活を一切していなかったのです。その時強く感じたのは、1次試験(筆記)でダメだったのであれば、時期的にまだ就活の動きようがあったのに、下手にすべて筆記は通って最終面接まで進んでしまったために11月中旬まで試験が続き、全部落ちたと分かってからではどうにもならない状況になってしまったということでした。こんなことなら、最初から全部落ちていればよかったのに、何て不運なんだ…と考えたこともありました。(今となっては、赤面ものですが…)

さて、困った。どうしよう…と考えた時に浮かんだのが、当時アルバイト的にやっていた塾講師の仕事を続けるという選択肢でした。仕事にも慣れてとても楽しくなってきたところだったので、辞めるのが辛いということもありました。塾講師をそのままアルバイトとして続けて、就職浪人をしようかと一瞬考えましたが、家計的にそんなことは許されないということはよく分かっていたので、何らかの覚悟を決めざるを得ませんでした。
12月の中旬(ちょうどこの時期)くらいだったと思いますが、社員として入社できないかということを本部の人事課に相談しました。(この部分でも、今考えたら当時の直属の上司を通すのが筋なわけですが、当時の私はそんなことも考えませんでした) 「講師として働いてもらっているからと言って、それとこれは別なので、きちんと入社試験を受けていただくことになります」とか脅かされたのですが、確か翌日に本社に呼び出されて入社試験と面接を受けに行くことになりました。筆記試験と人事担当の1次面接をバスしたところで、ちょうど社長がいるからということで最終面接まで進んでしまい、何とその日のうちに内定の連絡をいただいてしまいました。つまり、私の就活はたった1日で終了してしまったということです。それまでのアルバイトとしての勤務ぶりが評価の対象となっていたのかどうかは分かりません。

結局、そのままその会社には25年以上お世話になることになるのですが、(今となっては運が良かったのか悪かったのか分かりませんが)その会社は翌年から新卒社員の採用をしなくなってしまいました。ちょうどバブルがはじけたために、新卒採用を手控える企業が増えてきた時期でもありました。そのことがどんな意味を持つことになるのかは、当時の私には知る由もありませんでした…
(次回に続く…)

就活のスケジュールがまた変更に<その5>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年12月12日 11:25 AM
  • 未分類

もう30年近く前の話になりますが、私が大学4年生の時に就活を始めたのは12月になってからでした。
当時はまだバブルがはじける前で完全な売り手市場だったたことと、大学生の数が今ほど多くなかったこともあり、私の周りでもあまり就職に苦労していた友人はいなかったような記憶があります。夏前にはほとんど決まっていたのではないでしょうか。そんな中で、私は企業の就活を一切せずに、教員試験と公務員試験をたくさん受験していました。国家Ⅰ種を皮切りに、地方上級(東京都と埼玉県)、東京都の教員試験、私学教員適性試験、市役所(日野市)と11月まで試験が続いていました。大学4年生の時は、まだバレーボールを続けていましたが、それ以外の時間はあまり授業に出ずに図書館で試験の勉強をしていました。(専門科目はほとんど出席を取らず、学年末の試験もほとんどがテキスト持ち込み可だったのでそんなことができたわけです。古き良き時代です…) 結果、国家Ⅰ種と東京都教員採用試験は筆記試験で撃沈しましたが、東京都(警視庁)と埼玉県(埼玉県警)と日野市では最終面接まで残りました。結果としてすべて不採用の連絡が来たのが12月になってからだったのです。

私は大学3年生の時から、(その後新卒で入社することになる)大手進学塾で講師のアルバイトをやっていました。担当していた科目は数学で、かなりそちらの勉強にも時間を費やしていました。しかし、法学部だったため、教員免許は社会の科目しか取れなくて、専門科目の勉強が中途半端になってしまったことは否めません。(教育実習でも中1の社会を担当しました。プランテーションとか…) 結果採用試験や私学適性では、教職教養はよくできたと思いますが(私学適性はA判定)、専門科目がさっぱりでした(私学適性はD判定)。
地方上級の公務員試験の筆記はとてもよくできたと思います。私は警察の事務職を志望していたのですが(第一志望は警察庁でした…)、警視庁も埼玉県警も筆記ではかなり上位の点数を取っていたはずです。面接の出来はよく覚えていませんが、埼玉県警では(情報公開で順位が発表になり)合格者数の次の順位でかなり悔しかった記憶があります。ちなみに、警察を受験したため、近所の家や大学・卒業した高校等に身分照会(いわゆる身体検査ですね…)が入っていたということを後で聞きました。高校の先生には、「警視庁と埼玉県警両方から連絡があったので、何をやらかしたのかと思った…」と言われました(>_<)
市役所(日野市)も最終面接で不合格となったのですが、自分では面接も良く出来たと思っていたので、親を通して知り合いの市会議員の方に何でダメだったのかを聞いてもらいました。するとその市会議員の方は、「何で事前に言ってくれなかったんですか…?」とおっしゃったそうです。暗に、合格発表前に言ってくれれば何とでもなったのに…ということを匂わされたということでした。まぁ、結果が出た後では何とでもいえますし、今となっては真偽の程は分かりませんが…
(次回に続く…)

就活のスケジュールがまた変更に<その4>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年12月11日 12:19 AM
  • 未分類

このような混乱が生じることが予測できていたのに、8月1日選考解禁などという愚策を弄した経団連は非難されて然るべしですが、批判の声が大きかったために1年で6月1日に前倒ししたことからしても、これでうまく行くという確信がなかったことが見て取れます。来年(今の3年生)についても、とりあえずこれくらいの日程にして様子を見てみようとういう姿勢すら感じるので、まだまだ今後も混乱が続くことが予想されます。
指針・協定として出すからには、少なくとも会員の企業にはそのスケジュールを遵守させるべく働きかけを行うべきですし、もっと言えば国と協力して、非会員企業も含めて国内全体に徹底して、抜け駆けをした企業には何らかの罰則を設けるくらいのことをしないと、この問題は解決に向かわないように思います。この経団連の指針を受けて、政府が他の経済団体に対してもこのスケジュールを守るよう要請をしましたが、所詮「要請」でしかありません。今までの例を見ても、守っている企業が馬鹿を見るということで、(形の上では守っているように装った上で)抜け駆けする企業が後を絶たないわけです。

ただ1つ今回の「指針」で評価すべきだと思うのは、選考に際して、学生の事情に最大限配慮するように企業に求めていることです。昨年までも、特に4月~6月は企業の選考のために、大学の授業等が成立しない状況が当たり前になっていました。前述した通り、今年は9月以降もその状況が継続していましたし、正式な内定が出た10月以降も、内定式や研修・懇親会等で学生がかなりの日数拘束されてしまい、ゼミや卒論指導のところがとても難しくなっているという話を大学関係者の方から伺うことが多くなっていました。
企業の側としては、「大学4年生の学年は就活のためにある」くらいに考えているところがあるので、選考や研修など、それこそ翌日や数日後に呼び出すようなことが当たり前になっていました。学生の側としても、選考や入社後の処遇に影響するのでは…と考えて、その呼び出しに応じざるを得ないわけです。大学には、「当然のように就活で欠席します」という届を出すことになるわけですが、やはり何かが間違っていると感じます。今回は、そのあたりに経団連がメスを入れようとしているということです。これについても、指針として出す以上、各企業に徹底して、来年からはこの状況を変えて欲しいと切に願います。
(次回に続く…)

ホーム > アーカイブ > 2015年12月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る