ホーム > アーカイブ > 2015年9月のアーカイブ

2015年9月のアーカイブ

夏の成果<その7>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年9月15日 2:51 PM
  • 未分類

最後にちょっと専門的な話を…

〇エビングハウスの忘却曲線
→これについては聞いたことがある方も多いのではないでしょうか? 脈略のないアルファベットの組み合わせをたくさん覚えた際に、時間・日数との経過によってどのくらい忘れるかをグラフによって表したものです。エビングハウスというドイツの心理学者が発表したので、この名前がついています。
それによると、悲しいことに覚えてから20分くらいで平均42%も忘れてしまいます。1時間で56%、1日経つと74%も忘れます。ただし、そこから1週間経っても77%ですから、残りの23%は頭に残っていることになります。
この実験は、あまり意味を持たないスペルの組み合わせを覚えるものだったので、受験勉強で意味を理解しながら覚えていけばまた違う結果になると思いますが、人間の脳の「忘れる」という機能について参考になる要素が含まれています。塾の授業の復習は、いつやるのが一番いいのでしょか? もうお分かりですよね。その日のうちなのです。家に帰ってからも短い時間でもいいので、その日授業でやったことを復習したり覚え直したりすれば、忘れないで覚えていられる内容が増えていくはずです。1週間してから復習しようとしても、授業で学習した内容のかなりの部分を忘れてしまうととても非効率です。今まで「当日復習」の習慣がない生徒は、ぜひ試して欲しいと思います。

〇寝た方が忘れない
→この忘れるということについては、エビングハウス以外にも面白い研究がたくさんあります。それらの実験によると、「起きているより寝ていた方が忘れない」という結果が出ています。これもかなり信憑性があります。脳が休まって働きやすくなることや、他の余計な刺激が入って来ないということが理由のようです。特に、定期テストの前日などは、覚えるべきことを覚えられたと思ったら、ダラダラ起きていないで、すぐに寝てしまうのがいいのかもしれません。(勉強をほとんどしていないのに寝た方がいいということではありませんので、くれぐれも誤解のないように…笑)
私にも(30年以上前に)経験があるのですが、大量の覚えることを朝までかけて詰め込んで、頭からこぽれないようにそーっと学校に歩いて行って、答案が配られたら、そこにバーッと振りかけてくるというような感覚でテストを受けていたことがあります。それこそ、途中の道で躓いたりしないように注意したり(躓いたら、覚えたことが頭からこぼれとしまうような気がしていた!)、友達に話しかけられて頭が余計なことを考えないようにテストが始まるぎりぎりに教室に着くようにした記憶があります。今思うと涙ぐましい努力ですが、他の刺激をシャットアウトするという意味では、ある意味理に適っていたのですね。夜覚えた後に寝てしまっていたら、もっと成績が良かったかもしれません…(^_-)

夏の成果<その6>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年9月14日 12:59 PM
  • 未分類

〇忘れてもOK、覚え直せばいいのです。
→実は、これが一番お伝えしたいことです。
中学校の定期テストなどは、どんどん一夜漬けをすればいいのです。テストが終わってすっかり忘れてしまったら意味がないのでは…と考える方もいると思いますが、決してそんなことはありません。
理科や社会の暗記物などで多いのですが、「早い時期に覚えてもどうせ入試までには忘れてしまうので、入試直前にまとめてやればいい」と言っている生徒がいたりします。そういう生徒は、間違いなく入試本番までに覚えきれないでしょう。暗記物の後回しはダメなのです。出てくる度に、覚えていく必要があります。確認テスト等で点検するのが効果的です。で、極論を言えば忘れてもいいのです。また次に出てきた時に覚え直すわけですが、その時には1回目よりかなり短い時間で覚えきれるはずです。これを繰り返して行くと、いつの間にか忘れなくなっているはずです。そういう覚え方をしていると、脳が覚えることに慣れて得意になっていくという側面もあるようです。つまり、忘れることを恐れて覚えようとしないのが最悪だということです。

塾の講師は、(歳を取っても)教えている教科については、細かい内容でも忘れたりしません。(それ以外のことでは思い出せないことが年々多くなってくるのですが…笑) プロなのだから当たり前だろという声が飛んで来そうですが、塾の講師は教える内容を何度も繰り返して使っているからです。同じ内容の授業をいくつかのクラスでやったりして、毎年何度も何度も接することになります。もちろん、「教える」ということが知識を定着する一番良い方法だという側面もあります。そういう意味では、友達や弟妹に勉強を教えてあげることは、自分の知識を固めるためにも有効かもしれません。
自分は暗記が苦手だとか言っている生徒に限って、1度だけで覚えようとして、忘れたら「ダメだ…」とか言って落ち込んでいたりします。一方、優秀な生徒は、授業中に初めて出てきた内容について、指示をしなくてもその場で頭に入れようとしています。
忘れてもいいから、「その場」で覚える努力を徹底していって欲しいと思います。
(次回に続く…)

夏の成果<その5>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年9月12日 10:32 AM
  • 未分類

〇バラバラの知識は覚えにくい、体系付けて覚えれば忘れない
〇意味がないことを覚えるのはしんどい、意味を理解して覚えれば忘れない
→この2つはほぼ同じことを言っています。例えば、英語の単語を覚える時に、テキストに出てくる順番にただ覚えていくのはなかなか大変です。果物の単語が出てきたら、他に重要な果物の単語をすべて覚えてしまうと効率的です。数学の公式をただ丸暗記するのではなく、その公式の意味が理解できていれば忘れにくいです。例えば、球の表面積の公式 4πr² は覚えているのに、体積の公式を忘れてしまったとしましょう。その際、表面積を底面とする無数の小さな円すいの集合体がイメージできれば、4πr² × r × 1/3 = 4/3πr³ であることが導けるわけです。また、どっちが2乗でどっちが3乗だったかを真剣に迷っている生徒がいたりします。まったくの丸暗記をするからそういうとんでもないことが起こるわけです。当然、面積だから2乗、体積だから3乗ですね。そういう常識的な部分も、講師の側が早期に徹底していかないとなかなか身につきません。

〇ゴロ合わせは有効
→これは絶対に必要です。前述の球の体積の公式については、「身の上に心配ある参上!」と覚えさせられた生徒は多いでしょう。私の授業では、田舎のお母さんが、都会で1人暮らしをしている子どものことを心配して来てしまった物語まで話をします。「心配ある事情」もあったのです(笑)。
鎌倉幕府が開かれたのは何年ですか? おそらく、大人の皆さんも覚えていますよね? 今頭の中で、「いい国作ろう鎌倉幕府」ってやりませんでしたか? (実は最近の教科書では、鎌倉幕府の成立は1185年になっています。このゴロ合わせはもう使えません… 今は「いい箱作ろう鎌倉幕府」だそうです(^^♪ )
ちなみに、夏期講習の私の授業で一番使われたのは、中3の理科の授業での「りかちゃん焦ってゲロ吐いた」です。(何のことか分かりますか?)
(次回に続く…)

都立高校の入試要項がようやく確定しました

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年9月11日 1:03 AM
  • 未分類

来春の都立高校の入試要項がようやく確定・公表されました。
入試日程や大きな柱の部分は夏の前の段階ですべて公表されていまししたが、高校ごとの要項がようやく昨日判明したのです。例年だと、高校ごとの要項はあまり問題にならないのですが、今年は(特に塾の講師たちは)ちょっとドキドキして待っていました。と言うのも来春から入試制度が大きく変更となり、一般受験でも(学校ごとの判断で)小論文(作文)及び面接を実施してよいことになっていたからです。進学重点校等、トップ校の校長先生方の中には、小論文の実施にかなり乗り気だった方もいらっしゃったので、もしかすると…という可能性を感じていたわけです。
蓋を開けてみると… 何てことはなく、昨年とほとんど変更はありませんでした。中堅以下の高校のいくつかで、面接を実施するところが出ましたが、ほんの数校です。小論文(作文)を実施する高校は、普通科では皆無でした…
まぁ、冷静に考えればそれはそうですよね。この時期に、急きょ一般受験で小論文を実施するなどということを公表したらブーイングの嵐でしょうし、受検者は確実に減るでしょう。また、ただでさえ採点等の業務の負担を減らしたいと考えている中で、そんな無謀なことはできないのは道理です。来年度以降のことを考えても、この部分に大きな変化はないように思います。制度だけ作ってこの状況では、仏作って魂入れずという感じがしますが…

既報の通り、来春の入試から様々大きな変更点があります。柱となる部分だけ再掲しておきます。

〇内申点において、実技教科は2倍換算となり満点が65点となる。
〇内申点と入試得点の比重は、全校で3:7とする。
〇入試科目は(普通科においては)全校で5教科とする。
〇特別選考の1割枠は全校で廃止する。
〇選択問題はすべてマークシート方式とする。

夏の成果<その4>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年9月10日 1:08 PM
  • 未分類

テストで点数を取るためには、学習したことの「保存性」がとても重要です。もちろん、それを必要に応じて頭から取り出すことができなければ意味がないわけですが…
人間は、覚えたことを忘れるように出来ています。これは人間に備わった本能みたいなもので、すべてのことを忘れなくなってしまったらそれこそ地獄です。学習した内容が、テストが終わって必要がなくなってもすべて頭に残っていたり、勉強以外でも、嫌なことや辛いことがいつまでも忘れられなかったら、精神に変調をきたしてしまうかもしれません。ある意味、忘れることによって、次のことを吸収できるようになっているという言い方もできるのではないでしょうか。特に受験生は、「覚えたこと、頭に入れたことは忘れるようにできている」という認識を持つことが必要なのだと思います。

しかし、受験生にとってはこのことが克服しなくてはならない最大の課題の1つです。どうしたら覚えたことを忘れないで済むのか、効率の良い覚え方はあるのかという点についてまとめてみます。

〇好きなことは忘れない、嫌いなことはすぐ忘れる(覚えられない)
→これは赤ちゃんの頃から自然と備わっている力のようです。最初に覚える言葉は「ママ(マンマ?)」ですよね。幼稚園生くらいの子どもでも、アニメのキャラクターとか歌の歌詞とか、自分の好きなことに関しては「そんなこと全部覚えてるのかよ…!?」と驚くようなことがあります。受験生も、自分の好きな科目・分野についてはきちんと覚えられて忘れないのに、嫌いな科目・内容はなかなか覚えられなかったり、すぐに忘れてしまったりすることが多いはずです。これは心理学的に言うと、嫌いなことは無意識に脳が拒否してしまっているのだと言われています。ということであれば、「すべての科目を好きになる(少なくとも嫌いにならない)」ことが一番の近道なわけですが… まぁ、それができたら苦労しないですね(笑)。
この部分で悩んでいる生徒に、スーパーテクニックを授けます。実は、自己暗示が有効なのです。勉強を始める前に、「自分はこの科目が好きだ!」とか、「この内容は楽しいのですぐに覚えられて、絶対に忘れない!」と自分に言い聞かせるだけで、保存率が違ってくる場合があります。脳が騙されてしまうのです。ぜひ試してみてください。
(次回に続く…)

土砂災害にご注意ください!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年9月9日 3:03 PM
  • 未分類

14時30分、八王子市の一部の地域に「避難勧告」が出されました。
昨日・今日の大雨により、地盤が緩んだり、川が決壊しそうな場所があるようです。
該当地域にお住まいの方は、くれぐれもご注意ください。
それ以外の地域の方も、川やがけには近づかないようにしてください。
今晴れて来ましたが、お子様が外に遊びに行く場合は、くれぐれもそのことを徹底してください。

夏の成果<その3>

もう1つ、今回のテストでは学習内容の「保存性」という部分についても強く感じました。夏期講習会が終わってから、今回のテストまで1週間日程が開きました。塾の方でも少し遅い夏休みを設定しました。もちろん、宿題・課題等はそれなりに与えて取り組ませていたのですが、それでもこの間ですっかり勉強の調子を崩してしまった生徒が散見するのです。同じレベルのテストをやっても、夏の終わりと較べて点数が極端に下がっていたり、夏の終わりには当然のようにできるようになっていたことがすっかりできなくなっている生徒もいました。中には、顔を見ただけで「ダメだこりゃ」と感じる生徒も…(*_*)
学校が始まったこともあり、受験勉強にかけられる時間は夏に比べたら当然減ってしまいます。また、ハードだった夏期講習会が終わって、ホッと気を抜いてしまったという要素もあるかもしれません。八王子はこの時期にほとんどの中学校で中3生の修学旅行が予定されています。すでに行ってきた生徒もいますし(GSテストは振替で受験しました)、今週・来週も生徒たちが入れ代わり立ち代わりで出掛けます。それにより何か気持ちがソワソワしてしまって、勉強に集中できなくなっている生徒もいるのでしょう。それにしても、「せっかく夏で頑張ってせっかく力をつけたのにもったいない…」と感じてしまいます。

受験生は、学習して理解したり暗記したりしたことを、しっかりと保存しておくことが要求されます。毎回のテストで結果を出すこともそうですが、最終的には2月の入試本番まで保存しておかなければ、合格点を取ることはできません。当然ですが、入試では範囲が広いため、一夜漬けでは対応できません。少なくとも数ヵ月に渡って学習してきたことを保存して、いつでも取り出せるようにしておかないとならないのです。
(次回に続く…)

夏の成果<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年9月8日 12:30 PM
  • 未分類

夏の前には似たような成績だったのに、今回のテストで大きく差がついてしまったような状況が、各学年・各クラスで生まれています。その生徒たちがどこで差がついているのか分析すると、今回のテストについて言えば要因は明らかです。それは、「復習の精度」と「保存性」です。分かりやすく言うと、「授業でやってきたことが(テストで)できるようになっていたか」ということです。
夏期講習会ではかなりの勉強量をこなしてもらいました。授業時間だけで見ても、(学年にもよりますが)普段の3~5ヵ月分くらいに相当します。今まで学習してきた内容を復習し直したり、小6・中3の受験学年においては、入試で出題されることを夏の間でほとんど学習したと言ってもよいほどです。それだけの量をこなしたので、夏の終わりや今回のテストでは、当然夏期講習中に学習した内容がかなり出題されているわけです。その問題において、きちんと得点できた生徒とそうでない生徒で差がついています。テストで狙われるところについては、何度も復習したり、絶対にこういうミスをしてはいけないということを徹底したりするのですが、やはりそういうところで失敗している生徒は点数になりません。

昨日私が担当している中1の授業の中で、GSテストを実施しました。授業の前半で復習プリントの解説をしていたのですが、「ここでこういうミスが多いからテストでは絶対に注意しろよ!」と何度か協調した内容がありました。その直後のテストで(たまたまですが)ほぼ同じ問題が出題されていました。(中1のこの時期のテストでは出題される内容が限られているため、そういうことはよくあります) しかし、そこで指摘した同じ失敗をしている生徒が何名か出てしまったのです…(>_<)  本質的にきちんと理解できていないからミスをするわけですが、直前の授業で学習したことが活かされないようだとテストでは苦しいです。昨日のテストでクラス平均点が90点を余裕で超えているような優秀なクラスなのですが、そういう1つ1つの積み重ねの精度で点数に差がついてしまっているのです。
(次回に続く…)

夏の成果<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年9月7日 12:06 PM
  • 未分類

9月の1週目は、全学年GSテストを実施しています。全国の多くの塾が塾内模試として使用している偏差値テストです。GSでは授業内でテストを実施していて、本日が最終日です。
また昨日は、中3生はV模擬、小6生は首都圏模試等、ほとんどの生徒が会場テストを受験しに出かけています。知らない生徒たちの中に混じってテストを受けるという他流試合の経験もとても大切だと考えています。
夏期講習会で頑張った成果が数字となって表れてきますし、特に小6・中3の受験生はここである程度の結果を残さないと志望校の変更を検討しなくてはならなくなるケースもあるため、1回1回のテストの結果がとても重要になってきます。

GSテストの方は、小6・中3についてはすべて採点が終了したので、結果をじっくり分析しています。ひと言で言うと、クラスの中での差がかなり大きなっている状況です。夏の前の成績によってクラス分けを行った学年が多いのですが、夏が終わってまたその状況がかなり変わってきています。偏差値で10くらいは簡単に逆転してしまっているような状況があります。(こんなことが起こるのは、1年間のうちで夏しかありません) 今まで成績的に苦しかったのに、夏で頑張ってかなり力をつけてきた生徒たちが目立ちます。逆に、点数的にまったく伸び悩んでしまっていいる生徒もいます。この点数の伸びは、やはり夏の頑張り度合とほぼ比例しているようです。
(次回に続く…)

八王子市子ども意見発表会<続々々報>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年9月4日 2:00 PM
  • 未分類

つまり、事前に大人が手をかけすぎたことによって、意見発表会が作られたものになってしまったということです。意見の内容の決定や資料の作成等は、子どもたちの自発的な発案によって進めていったのだと思いますが、当日の発表会の場では、子どもたちが決められた流れを演じるだけの場になってしまっていました。事前準備は一定必要だとは思いますが、当日その場で子どもたちがもっと生々しい自分たちの声を挙げられるようにすれば、もっと違ったものになっていたように思います。
また、事前に大人が根回しをするのであれば、質問の内容等にももっと踏み込んでおくべきだったと思います。例えば、電車の路線を延長して欲しいとか、市内のバスのルートを変えて欲しいとか、地元にスーパーを作って欲しいとか、行政の力だけではどうにもならない内容が結構あり、市長もそういう意味で答えに窮していた場面がありました。少なくとも、子どもたちに「行政」と「民間」の役割の違いくらいは説明しておくべきでしょうし、市長を前にしての意見・質問としてふさわしいかどうかはそれこそ事前に判断してあげる必要があったのではないでしょうか。
さらに私が一番気になったのは、子どもたちが八王子市の問題点・課題・マイナス面ばかりに視点が行ってしまっていたことです。意見の内容についても「〇〇がひどいので改善して欲しい」という論調のものが多く、中には「八王子のイメージは最悪で…」と発表していた子どももいました。(これにはさすがに市長もちょっと気色ばんで「私はそうは思っていない」と反論していましたが…) 子どもたちに、八王子の豊かな自然や歴史についての誇りや、八王子駅周辺の開発のスピードとその利便性等についても理解してもらう良い機会だったと思うのですが…

誤解されると困るのですが、前にも書いた通り子どもたちの様子はとてもすばらしかったですし、この意見発表会自体にも大きな意味があったと思います。子どもたちの今後の学校生活や人生において、プラスになる部分もあるかもしれません。しかし、普段同世代の子どもたちと、日々正に生々しいバトルをしている私の立場からすると、もう少し子どもたちの良い部分を引き出し、充実感を持たせられるイベントにできるのではないかということを強く感じたということです。
市の担当者側が、市長の前での御前イベント、もっと言ってしまえばそれを以って市民に対して「子どもたちの話を聞いていますよ」というアリバイ作りとして考えている部分が少しでもあるとしたら最悪なのですが… そうではないことの確認も含めて、以上の点については次回の児童福祉専門分科会で提言するつもりです。

ホーム > アーカイブ > 2015年9月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る