ホーム > アーカイブ > 2015年9月のアーカイブ

2015年9月のアーカイブ

保護者面談スタート<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年9月30日 2:55 PM
  • 未分類

今回の面談は、小6・中3生にとって大変重要な場であることは間違いありませんが、実は小5・中2生にとっても同じくらい重要な面談だと考えています。
中弛みで少しぶったるんでいる生徒をシャキッとさせなくてはならないという側面もありますが(各学年に何人かずついますね…)、志望校を具体的に確定しなくてはならない時期に差し掛かっているからです。9月のGSテストから、小5・中2に関しても志望校の合格判定(合格率〇%とか)が出るようになりました。その志望校登録をするための志望校調査をしたのですが、そこでまだ明確に決めきれていない生徒がいます。我々は、小5・中2のこの時期に、明確な目標(志望校)を決める必要があると考えているのです。

確固たる目標が持てると受験勉強をより頑張れるようになるということもありますが、塾の来年度のコース・科目選択とも絡んでくるからです。。
小5生は、来年2月から私立中コースと都立中コースと2つに分かれて授業を行うことになります。もちろんカリキュラムもまったく異なりますし、原則として途中でのコースの移動はできないので、この時期にどちらかの決断をしてもらわなくてはなりません。
中2生がこの時期に決めなくてはならないのは、都立高校の位置付けです。都立高校第一志望の場合は問題がないのですが、私立高校第一志望で行く場合に、都立高校の選択の余地を残すのか残さないのかという選択です。来年3月から都立高校に向けた理科・社会の学習をスタートすることになりますが、もし私立一本で受験を進める場合は、その学習が必要なくなるわけです。

本日も面談が続いています。10月は面談尽くしの1ヵ月です。

保護者面談スタート<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年9月29日 5:17 PM
  • 未分類

小6・中3生は、今回の面談で受験校を固めきることになるわけですが、実はこの時期に重要なのは、本命校ではなく、滑り止めとして受験する学校の選択なのです。第一志望として目標に掲げている学校にまだ成績的に足りない生徒も多いのですが、その学校を受験するのか断念するのかの最終結論は、それこそ出願の段階でよいのです。中学入試については、二重出願(同じ日に2校の願書を提出すること)も有効な手段だと思いますが、その場合はそれこそ入試当日まで決断を先延ばしすることができます。中3生の都立高校については、2月15日に一度出した願書を取り下げて、翌日に別の高校に再提出することができます。いわゆる願書の差し替えです。ということは、(早慶高等一部の高校を除いて)私立高校の合否結果を見てから最終判断をすることができるわけです。
小6生の場合、他県の前受験をどうするかということとや、2月1日~4日で抑えの学校をどこにするのかという選択をこの時期にしておかなくてはなりません。中3生は、私立高校の併願確約をもらう学校をどこにするのかということを決める必要があります。最終的には2学期の内申が出ないと確約をもらえるかどうかは分からないわけですが、できればここ、内申が足りなければここ、というような決め方をしておかなくてはならないのです。受験を検討する以上、事前に学校説明会や学校見学にも行かなくてはなりません。受験生(とその家族)は、この時期はとても忙しいのです。

第一志望校にまだ成績的に足りない生徒も、まだまで諦めてはいけません。毎年、ここからの時期で急に成績が上がる生徒はいますし、最終的に偏差値的には足りなくても、過去問との相性や、入試当日の勝負強さ等で、本番で奇跡を起こしてくるケースも決して少なくありません。特に都立中や(併願制度がない)私立高校では、偏差値10くらいの逆転はざらにあります。
生徒たちや保護者の皆様には、「可能性が本当に0ならこちらからそう言うので、言われるまでは可能性があると思ってくれ」と伝えてあります。いくらチャレンジすることが大切だと言っても、可能性が0では受ける意味はありません。特に中学入試の2月1日や、高校入試の2月10日、そして都立高校については(可能性が0の学校を受けるのは)ダメだと考えています。都立中については、その後(中学入学後や高校入試)につながるのであれば、「ダメもと受検」もありだと思いますが…
この時期に生徒たちに引導を渡すのはとても辛い仕事ですし、我々の敗北でもあるわけですが、それをしなければならない時は、我々塾の講師が責任持ってするべきだとも考えています。
(次回に続く…)

保護者面談スタート<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年9月28日 2:54 PM
  • 未分類

本日より、秋の保護者面談期間がスタートしました。当初は10月に入ってから予定していましたが、急きょ予定を早めることになりました。(おかげ様で)生徒数が増えていて、全職員で均等割りをしても1人あたり40名からの面談を担当することになり、期間内に終わりきらない可能性が出てきたからです。
まず、今週から小6・中3の受験学年の面談をスタートします。非受験学年は10月中旬以降からスタートとなりますので、もうしばらくお待ちください。

小6・中3生は、この面談で受験校を最終決定することになります。もう「志望校」ではありません。実際の「受験校」です。中3生の都立高校等(内申点による)、最終的に多少変更となる余地は残すことになりますが、大筋は決めてしまわないといけません。一番大きな理由は、そろそろ自分の受験する学校の過去問に本格的に取り組み始めないといけないからです。特に私立中高は、学校によって出題傾向がまったく異なるため、自分の受験する学校は少なくとも5年分は複数回やり込まなくてはなりません。生徒たちにはすでに「過去問管理シート」を持たせていて一部始めさせていますが、残り4ヵ月、そろそろこちらもスパートをかける時期となるのです。
中3生は、面談に先立って土曜日に保護者会を実施し、来春の入試制度の変更点や、併願パターンの組み方、中学校の三者面談に向けての対策(実はこれがとても重要!)等について、かなり時間を取ってお話をさせていただきました。保護者会で受験パターン作成表をお配りしてあるので、ご家庭で作成していただいた上で、面談にお越しいただくことになっています。
(次回に続く…)

学校説明会に行きましょう!<その5>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年9月26日 6:51 PM
  • 未分類

学校説明会で話を聞いたり、配られた資料を読んでわかること以外の部分で、行った時にしっかり確認して来るべきポイントを2つ挙げておきます。

〇先生方の熱意
→私がコンサルとして登壇する先生にアドバイスをする際に、一番お伝えしているのはこの部分です。もちろん、話に具体性がなければ意味がないのですが、生徒・保護者に熱意が伝わるかどうかが最大のポイントだと考えています。ただし、説明会に登壇するのは(熱意の伝え方も含めて)話の上手い先生が多いので、それだけで判断してはいけません。入学した時に普段教わる先生方がどうなのかを知りたいところではないでしょうか? 実際にその学校に通っている生徒・保護者がいれば、その方に聞くのが一番手っ取り早いのですが、もし説明会当日に判断しなければならないとしたら、ぜひその他大勢の先生方に目を向けてみてください。会場の入り口や講堂の中はもちろんですが、それこそ最寄り駅や途中の道にもプラカードを持ったり、腕章をした先生方がたくさん立っているはずです。 その先生方の様子をチェックしたり、質問等して何か声をかけてみることをお勧めします。ほとんどの先生がいかにもかったるそうに対応していたり、基本的なことも答えられないようだと、その学校の日常の様子は推して知るべしです。私が関わったある学校では、当日説明会に関わるスタッフの先生方の(爽やかな)挨拶の仕方から練習しました。それほど酷かったということです…

〇在校生の様子
→私が一番お勧めしているのは、この視点での見方です。実際にその学校に通っている生徒たちがどんな様子なのかを見てくるのが、一番リアリティが湧くはずです。楽しそうなのか、元気に活動しているのか、ダラダラせずきちんとしているのか等を自分の目で見て確認してみてください。ただし、説明会に登壇するような生徒たちは「選ばれた生徒たち」なので、あまり参考になりません。優等生で、スポーツマンで、大人受けするような生徒たちを人選していますから… 学校説明会はだいたい土日の午後に行われるので、学校の中に在校生があまりいない場合が多いのですが、それでも部活等で登校している生徒はいるはずです。そういう生徒たちの様子をつぶさに観察したり、積極的に声をかけてみることをお勧めします。生徒たちの様子がよく分かりますし、時には「この学校来ない方がいいっすよ」みたいなことを言われて面食らってしまうことがあったりします。
私が感じているのは、在校生たちが(部外者に対して)挨拶をする学校とまったくしない学校にくっきり分かれているということです。私立でも都立でも、同じレベルの学校でもまったくそこの雰囲気が違う場合があります。もちろん、挨拶をきちんとしてくれるような学校の方がプラス評価です。先生方のしつけが行き届いているかどうかということもあると思いますが、それだけでも普段の学校生活の一端が垣間見えると思います。
毎年悩ましいのですが、第一志望校のはずなのに、学校説明会等に行って受験生本人がすっかり嫌になって帰って来てしまうことがあります。私服登校の学校では服装が派手だったり(スカートが短かすぎるとか…)、茶髪の生徒が多かったりという見た目の問題もありますし、在校生の雰囲気(話をしている内容とか…)がとても嫌だったという場合もあります。もちろん、そういう場合はその学校を受験をしないことになってしまう場合が多いのですが、入学前にそのことが分かって良かったとポジティブに考えた方がいいのかもしれません。入学後に「こんなはずじゃなかった…」となってしまうのが最悪ですから。
そういうことを見越して、学校説明会の日は在校生を立ち入り禁止とする高校もあります。そんな事情もあるので、在校生の様子をもっとリアルに観察したいのであれば、学校説明会よりも体育祭や文化祭等の学校行事や、指定された学校公開日(授業参観等)に見学に行くことをお勧めします。

学校説明会に行きましょう!<その4>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年9月25日 12:09 PM
  • 未分類

前回書いた通り、ほとんどの学校が学校説明会の重要性はある程度認識しています。しかし、実際に中身を劇的に変えるのはなかなか難しいのです。私が改革のお手伝いをする際に一番苦労するのは、話したがりの校長先生や理事長先生の存在です。話が面白くて、生徒・保護者に熱意が伝わるのであればまったく問題がないのですが、残念ながら話をするたけマイナスという校長先生がいらっしゃるのも事実です。(これも大学付属高校に多いようです。やはり、大学受験の合格実績で一目置かれている進学校の校長先生は話がうまい方が多いです。生徒募集に対する意識の違いかもしれません…) そういう場合は、校長先生には簡単にご挨拶だけしていただいて、それ以外で話をする先生の人選と話の内容・プログラムの相談に入ります。その場合、校長先生に誰がそのことを伝えるか揉めることが多いです。

最近は、ほとんどの学校が学園のビデオや、パワーポイントで資料・写真等を写して見せています。在校生や卒業生に話をさせる学校も増えています。それが一番学校生活のイメージを伝えやすいからです。登壇する先生が、(特に保護者の)笑いを取れるかどうかも大きいです。とにかく、「学校説明会がつまらなかった、退屈だった」という印象を持たれてしまうと、それだけでマイナスになります。やはり、進学校であれば大学受験に向けた指導体制と進路実績、附属高校であれば学部ごとの推薦率等に力を入れて話をすることになります。保護者も学校の出口のところ(我が子がどういう指導を受けられて、卒業する時にどうなるのか)が一番知りたいところだからです。後は、学校の教育方針を熱く語ることと、最近では問題のある生徒やいじめへの対応について時間を取って話をする学校も増えてきました。(それだけ、保護者が不安を持っているということです) 次年度の入試要項の説明や、各科目の出題のポイントも重要な部分です。どこまで話をするかがポイントですが、学校によっては、出題される問題のパターンを事前にほぼ公表してしまうところもあります。理由は簡単です。対策が立てられるので、受けやすくなるからです。「この話になると急に会場の集中力が増す」とおっしゃっていた先生がいましたが、ここは絶対に聞き漏らしてはいけません。
学校のパンフレットや入試要項はもちろんですが、最近ではDVDや校名入りの文房具等をお土産に持たせる学校も増えています。家でDVDを見たり、文房具を普段から使ってもらって、入学前に愛校心(?)を感じてもらう作戦です。この部分については、都立中高の先生方が私立中高に対して羨ましいとおっしゃることが多いです。「あんなに広告宣伝費を湯水のように使えるなんて…」ということです。ちなみに、塾の講師を対象とした説明会を実施している学校は多いのですが、私立では高級ホテルで説明会を行った上で、結構豪勢な昼食を振る舞って接待する学校も少なくありません。(これも都立ではあり得ないですね…) 長年その形を継続している学校は、(費用に対して)効果があると感じているから続けているわけです。(ちなみに、私はその形の説明会には参加したことがありません)

ただし、保護者の皆さんは、学校説明会では学校の良いところしか言わないし、問題がある部分はオブラートに包まれてしまうことをよく知っています。様々目が肥えているので、簡単には騙されなくなってきているのです。それを察知取ってか、最近は質疑応答の時間を設けなくなっている学校も多くなっています。学校によってやばいことを突かれると収拾がつかなくなってしまうからです。中には、サクラを紛れ込ませておいて、質疑応答でその(偽の)保護者を指名して都合の良い質問だけ出てくるように仕組んでいる学校もあります。(これは塾の説明会でもありますね… 説明会で妙にその学校や塾のことを礼賛する質問者がいたら、そのことを疑ってかかった方がいいでしょう…)

学校説明会に行きましょう!<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年9月24日 1:06 PM
  • 未分類

学校側の視点で考えた時には、学校説明会の内容・成否が、その先数年間の生徒募集に大きな影響を与えてしまうことになります。生徒・保護者は、まめに学校説明会を回って、その学校が自分(我が子)に合っているかどうか、3年間なり6年間なり、楽しく充実した学校生活を送れるかをチェックしています。特に私立中学の受験を考えているご家庭では、1年間で10校以上の説明会に足を運ぶようなケースも決して珍しくありません。各学校が様々工夫して説明会を行っているので、つまらない説明会をやってしまうと、それだけで生徒・保護者が逃げてしまうことがあります。そのあたりのことに、最近ようやく気づき始めた学校が多いのですが、相変わらず旧態依然としてつまらない説明会を実施して、未来の受験生を減らしてしまっている学校もあります。

私は、学校にお邪魔して、先生方の研修や生徒募集のコンサル的な仕事に関わらせていただく機会を多くいただいています。その中で最近増えてきた依頼は、学校説明会の改革のお手伝いです。私立の大学附属高校にお邪魔することが一番多いのですが、一昔前はあまりそういう意識(生徒募集の危機感や学校説明会の改善)は強くなかったように思います。ここ数年変わってきているのは、都立中高の存在・頑張りが大きいように感じています。都立中や都立進学重点高校の最近の人気については改めて説明するまでもないと思いますが、その要因の1つとして、学校説明会や宣伝の手数・質の向上が挙げられます。これも一昔前だと考えられないことでしたが、都立中高の校長先生等が塾に出向いて説明を行うのは当たり前ですし、説明会等でも優秀な生徒を1人でも多く確保したいという熱意を強く感じます。日比谷高校や西高校などは、「小学生対象」の説明会を実施しています。(もちろん)そうははっきりと言いませんが、私は「都立中なんぞに行かず、うちに来なさい!」というメッセージすら感じ取っています。
実際、優秀な生徒を都立に奪われている状況が各地域(特に三多摩地域)において発生しており、私立中高の先生方も、さすがに危機感を感じているということです。私立の先生方とお会いすると、私から都立中高の情報を必死に聞き出そうとする先生も少なくありません。
(次回に続く…)

学校説明会に行きましょう!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年9月22日 10:52 AM
  • 未分類

実は、学校説明会に積極的に参加した方が良い理由がもう1つあります。これはブログで書いていいものかどうか一瞬悩みましたが、やはり書いてしまうことにします。それは、学校説明会にきちんと参加していると、入試で有利になることがあるからです。入試で出題される問題の傾向を話してくれる学校は多いですし、中には「こういう問題が必ず出る!」ということを失言(?)してしまう学校もあったりします。そういう情報は、知っていた方が有利であることは間違いありません。
しかし、私がここでお伝えしたいのはそういうことではありません。入試本番での点数が同じだったとしても、早い段階から学校説明会に参加している生徒は合格となり、そうでない生徒は不合格というようなことがあるのです。もちろん、すべての学校でそうだということではありません。私立に限っての話ですし(都立ではそんなことは絶対にありません)、どちらかと言うと中学入試において、いわゆる難関校ではない学校でのことです。実際、私も過去に何度かそういうケースに出くわしています。明らかに本番の点数と合否が逆転していたので、学校に問い合わせをしたところ、「あー、この生徒は学校説明会に来てくれていませんよね…」と言われたこともあります。何でも、小5の頃から欠かさず学校説明会に参加していた生徒は有利なのだそうです。(学校によっては、余程のことがなければ落とさないと言う噂も…)
なぜ学校がそんなことをするのかと言うと、第一志望の生徒(保護者)や、その学校のことをよく知っている生徒(保護者)に来て欲しいからです。私立中の場合、入学後に生徒が学校を辞めてしまったりすると即経営に響いてしまうため、そういう生徒を極力排除したいという考えはほとんどの学校にあります。歩留まり(手続き率)が高くなるからという理由もあるようです。当然、早くから学校説明会に来ているということは、第一志望や少なくとも気に入っている学校だということですよね。学校説明会にも一度も行かずに受けている生徒は、最後の最後に(成績が足りなかったりして)塾で勧められて受けたというような可能性が高いわけです。少なくとも学校にはそう伝わります。また、学校説明会で学校の指導方針や、学校生活の実際についてかなり具体的に話をするので、そのことを理解して来てくれていることも、学校にとってはありがたいことなのです。
(次回に続く…)

学校説明会に行きましょう!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年9月20日 5:19 PM
  • 未分類

9月~11月は、学校説明会が目白押しです。この時期の週末は毎週のようにどこかの学校で説明会が開催されています。日程をホームページ等で確認の上、ぜひ「親子で一緒に」足を運んで欲しいと思います。小6・中3生は、受験を考えている学校については、必ず参加する必要があります。入試の手続きや変更点、入試問題の傾向等について、とても重要なことが語られる場合があります。
それ以外にも、学校の様子や入試の詳細について詳しい説明があります。在校生が話をしてくれたり、ビデオで学校生活を紹介してくれたり、各校様々な趣向を凝らしているので、学校の具体的なイメージが湧くはずです。小5生・中2生にも、ぜひ積極的に参加して欲しいと思います。この時期に志望校を絞り込むことは、決して早くありません。
学校説明会は、事前に予約が必要な場合もあるのでご注意ください。上履持参の学校も結構あります。
<次回に続く…>

日曜特訓開講!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年9月19日 12:34 PM
  • 未分類

9月以降、小6・中3の受験学年は日曜特訓の授業がスタートしています。授業は月に2回程度ですが、複数の学年・クラスがあるので、校舎としてはほぼ毎週どこかの学年・クラスの授業を行っていることになります。
日曜特訓は、主に「入試問題での点数の取り方」に的を絞った指導を行います。実際の入試問題(過去問)の演習→解説→やり直しというサイクルで授業が進む場合も多くなります。

先週は小6の都立中クラスで入試演習を行いましたが、2科目で合格ラインを余裕で超える生徒も出てきました。合格点に届かない生徒たちも、夏の前に較べるとかなり力がついてきていることが明らかです。夏でかなりの量の入試問題を解いたので、だいぶ解き慣れてきた感じがします。間違えた問題については、当日中に解き直しまで終了しています。この形の学習を繰り返して行けば、確実に力がついていくと確信しています。

本日よりシルバーウィークがスタートしていますが、明日も小6の私立中クラスと中3の授業が予定されています。様々な意味で楽しみです。

ちなみに、日曜特訓についてはGS生は「授業料無料」となっています。(1回数百円の教材費だけいただいています) 大手塾では、秋以降の日曜特訓だけで10万円からの授業料がかかるところもあります。GSは、何て良心的な塾なのでしょう… ぜひ「口コミ」お願いします。(^^♪

講演会の告知です

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年9月17日 2:03 PM
  • 未分類

私は、講演・研修の仕事にも携わっています。あくまでも本業は塾での生徒指導なので、毎週ルーチンで仕事が入るわけではありませんが、最近は各方面から定期的に声をかけていただくようになり、塾の仕事に支障が出ない程度に出かけています。やはり当然ですが、塾講師として受験情報や勉強方法についての講演が一番多いです。八王子のいくつかの公立中学校には、毎年お邪魔して生徒・保護者の方を対象にお話をさせていただいています。最近は、カウンセラーして子育てについての講演も増えていますし、一昨年は母校の大学で大学3年生を対象に「就活スタート講演」をさせていただきました。

そんな中で、今回いただいたお話にはさすがの私も一瞬戸惑いました。(結果としてはお受けしました) どこで講演を行うのかと言うと、御岳山の山の上(!)なのです。(噴火した「おんたけ」山ではありません。青梅の奥、奥多摩の「みたけ」山です) しかも講演の内容は、婚活ハイキングに出掛ける男女に対しての「婚活必勝講演」(!)です。今回は結婚相談所の所長として声がかかったものですが、つくづく自分でも仕事の幅が広がったなぁと感心しています(笑)。
今回のイベントは、青梅市の青年講義所が、地元の活性化と若者支援のために企画したものですが、男女各20名が御岳山のパワースポットを巡ったり、ハイキングをしたりしたりして盛り上がり、最後に「告白タイム」まであるという気合いの入った婚活イベントです。(名付けて、「天空婚活!」だそうです) ナイナイが司会をしているテレビの人気番組のマイナー版だと考えていただくと分かりやすいでしょう。主催者側は、このイベントで真剣に結婚まで進むカップルをできるだけ多く成立させたいと考えているようなので、私の責任も重大です。
今週から申し込みがスタートしましたが、まだ空きがあるようです。青梅には、昔(25年くらい前)の教え子がたくさんいるので、つながりがある何人かには声をかけてみようと思っています。現在婚活中の方、あるいはこれを機に婚活を始めてみようと考えている方は、ぜひご検討ください。私の講演を聞くことができます。あっ、もちろん目的は「お相手探し」ですよ。
下の写真をクリックすると、詳細リーフレットを見ることができます。

ホーム > アーカイブ > 2015年9月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る