ホーム > アーカイブ > 2015年5月のアーカイブ

2015年5月のアーカイブ

大阪の住民投票の結果を見て感じたこと<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年5月18日 5:17 PM
  • 未分類

昨日、大阪都構想の是非を問う住民投票がありました。この投票は法的拘束力を持つため、賛成が1票でも上回れば2017年度からの大阪市の分割が決定するところでした。結果についてはご存じだと思いますが、僅差で反対多数・否決となりました。開票率90%を超えてもまだ接戦だったため、思わずテレビの前を動けなくなりました。(余談ですが、テレビの生中継よりもネットの情報の方が開票率が上がっていくのが早かったことには驚きました…) 戦前の予想では、もっと差がついての反対多数と言われていたので、最後の最後で橋下さんを筆頭とする賛成派がかなり巻き返したという言い方もできるのだと思います。

この結果については、橋下さんもおっしゃっていた通り、大阪市の「民意」ですから、外野の私がとやかく言うべきものではありません。ただし、結果の詳細を眺めていて、何か釈然としない感じを受けたことは否定できません。
一番は、年代別の投票結果と全体の結果との整合性が取れていないように感じたことです。このブログを書いている時点で、年代別の投票率や賛成・反対の結果は公式なものとして発表されていません。(私の探し方が悪いだけかもしれませんが…) 私の手元にあるのは、マスコミが行った出口調査の結果です。3社のものがあるのですが、だいだい似たような結果です。その結果を見る限り、20代~40代は圧倒的賛成多数、50代・60代は拮抗(2社の出口調査では賛成が過半数です)、70代以上のみが圧倒的反対多数という状況でした。そのデータを見る限り、年代別の得票数を合計しても、全体の結果につながるようには見えないのです。

もちろん、出口調査の結果ですから(サンプルがそんなに多くなく)偏りがあるでしょうし、実際の年代別の結果とは誤差があるのかもしれません。さらに、少子高齢化により、70代以上の方の数がかなり多いのではないかと感じて調べてみましたが、これも違うことが分かりました。大阪市は、実は30代・40代の人口が多く、70代の人口よりも多いのです。(一番少ないのは50代・次が20代ですが、世代別の人口の偏りはあまりないという言い方が正しいと思います)
そうなると、結論はただ1つしか考えられません…
(次回に続く…)

大学入試改革の影響は中学入試にも…<その4>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年5月16日 4:40 PM
  • 未分類

もう1つの大きな波は、ずはり「英語入試」です。小学校で英語が正式な教科となることが決定してから、入試科目に英語を取り入れる中学校が少しずつ増えてきてはいましたが、今春の入試で一気に導入校が増えました。都内だけでも、(帰国枠ではなく一般枠で)20校以上が「英語入試」を実施しています。もちろん、5年後の大学入試におけるグローバル化を見越してのものです。新しい大学入試の制度下では、TOEFL等の外部テストが必修化されるという話も含めて、今までの暗記型ではない本格的な英語力が必要とされるようになることが予測されています。それを意識しての改革であることは、論を待ちません。
だたし、今年の入試科目に英語を取り入れている中学校でも、さすがに英語を必修としている中学校はありません。(一部の帰国性入試やグローバル入試を除く) 国語・算数・英語の中から2教科選択という形や、国語・算数・理科・社会・英語から3教科~4教科選択というような形となっていた中学校がほとんどです。算国理社の4教科の中で極端に苦手な科目があって、英語を早い時期から習っていてそこそこできる生徒が、その苦手な科目を英語に替えて受験するような使われ方が多いと思います。帰国子女等で特別な事情がある生徒も一定数いるでしょう。ただし、私もいくつかの問題を見てみましたが、どの中学校も英語のテストは非常に簡単なので(私でも満点近く取れるような問題がほとんどでした。当然ですけど…)、帰国子女レベルの生徒が極端に有利ということはないように感じました。

2020年から小学校で英語か正式の教科となり、通信簿の評定にも入ってくるようになると、今は英語の入試を行っていない中学校も何らかの対応をしなくてはならなくなるなってくるはずです。英語の科目を(一般枠でも)必修とする中学校が出てくるかもしれません。この件で、頭を悩ませている中学校の先生方も多いようです。
入試が変わってくれば、当然塾としても対応していかなくてはなりません。現時点ではまだ様子見の段階ですが、2~3年後を目途に具体的に考えていくことになると思います。

クールビズ

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年5月14日 12:42 PM
  • 未分類

手元の気温計で30度を超えました。真夏日です。明日も同じような感じになるようですが、聞くところによると、5月に3日連続で真夏日となるのは観測史上初とのこと。
最近、春と秋が短くなっているように感じるのは私だけでしょうか? ついこの前まで寒かったと思うのですが… 我が家の炬燵を撤去したのは2週間ほど前でした。
今年の夏は蒸し暑くなるようですね。今日も外を歩いていると結構堪えるのですが、40度近くになる時期はどうなってしまうのか、今から不安です。

ということで、GSは本日より「クールビズ期間」とさせていただきます。当面、5月中は(まだ涼しくなる日もありそうなので)「併用期間」とさせていただきますが、6月1日以降は完全に移行します。
ご理解の程、お願い申し上げます。

大学入試改革の影響は中学入試にも…<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年5月13日 3:14 PM
  • 未分類

正確に言うと、適性検査型の入試で合格して、私立中に入学することに反対しています。
都立中を第一志望としていて、その場馴れ・練習台として、2月1日とかに適性検査型の入試を受けることはあってもいいと思います。GSでは、それすらあまり勧めていません。(私立中の先生方ごめんなさい…) 都立中に不合格となった場合、私立中に合格していると進学したくなってしまう生徒が出てしまうからです。
誤解があると困るので再度確認しておきますが、私立中に進学することを否定しているのではありません。適性検査型の入試を経て、私立中に進学することに否定的なのです。なぜかと言うと、中学校入学後についていけなくなっている生徒がとても多いからです。(もちろん学校によっても違いがありますし、生徒個人ごとの問題ではありますが、全体の傾向としてということです)

特に私立中は、中学入学後も、知識量を前提としたペタッとした学習(分かる人には分かりますね?)が進んでいきます。暗記・詰め込みを否定していない中学校も依然として多いです。5年後に向けて舵を切っていこうとしているわけですが、現状ではまだその流れは変わっていません。そうするとどうなるかと言うと、私立中型の勉強をガリガリやってきた生徒が有利となり、適性検査型の入試で入学してきた生徒が苦しくなるのです。(受験勉強を始めた時期も含めて)小学生の時の、蓄積してきた勉強量の違いもあると思います。
また、適性検査型の枠を設けている以上、そこから一定数の合格者を出さなくてはならないわけですが、都立中は倍率が高いため歩留まりを読むのが難しく、入学者が多くなってしまうケースもあるようです。分かりやすく言うと、私立中型の入試で合格する生徒たちよりも、適性検査型の入試で合格する生徒たちの方が、偏差値的にも根本的な学力の部分でも、1枚も2枚も劣るケースが多くなっているのです。(実際、いくつかの中学校の先生から具体的にそういうお話を聞いたこともあります)
私立中に入学したはいいものの、授業の内容にまったくついて行けず、学校の中で落ちこぼれてしまっているケースが結構あるようです。もちろん、私立中型の入試で合格してもそういう生徒は一定数いるでしょうし、都立中は(当然ですが)全員が適性検査型で合格しているので、この状況にさらに拍車がかかっていることは追記しておきます。
そんな状況が多いのであれば、無理して私立中に進学する必要はないでしょう。高校入試で、都立高校も含めてもう1~2ランク上の高校を目指せばいいのです。私立中でついていけなくなるような生徒が、高校入試でそれより上のランクの高校に合格できるのかな?と感じる方が多いと思いますが、中1のうちからきちんと腰を据えて取り組んでいけば十分可能です。

中学入試への影響という視点で言うと、実はもう1つ大きな波があります。
(次回に続く…)

大学入試改革の影響は中学入試にも…<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年5月11日 10:37 AM
  • 未分類

昨日列挙した、適性検査型の入試を実施している中学校名を眺めていて、あることに気付かれたでしょうか? そこに気付いた方は、なかなか鋭い方です。中学入試に関わる塾講師の方でも、普段意識していないと見落としてしまうかもしれません。

それは、女子校の割合が圧倒的に高いということです。共学校では、(適性検査型の)男女の枠を設けていない中学校が多いのですが、合格者は女子の方が多い中学校が多いようです。これは、都立中受検者は総じて女子の方がレベルが高いケースが多いからという理由もあります(特に作文)。昨日のリストの中で、男子校は1校しかありません。日本学園です。系列の中学校でも、女子校の方は適性検査型を実施しているのに、男子校の方は実施していないというケースも多いのです。
なぜこんなことになっているのでしょうか?

私は理由は大きく2つあると考えています。
1つは、中堅以下の女子校で、生徒募集に苦しんでいる中学校が多いからです。都立中はほとんどの中学校で女子の方が倍率が高いのですが、この数年間で都立中に生徒を獲られているという見方もできると思います。その生徒たちを取り返そうとしている形になっているわけです。
もう1つは、特に作文や記述問題においては総じて女子の方がレベルが高いため、(共学校も含めて)その枠ではできれば女子を獲りたいと考えている中学校が多いからです。
男子校で適性検査型の入試を実施したことを想像すると、私は正直ぞっとします。特に作文の採点はしたくありません(笑)。字も汚くて読みにくい生徒が少なくありませんし、論理も(女子に較べると)破綻している答案が多いのです。発達段階による性差によって、小学校6年生くらいだと男子の方が精神年齢が幼いケースが多いからです。これが、中学~高校と進んで行くと、差が縮まり逆転することが多いというのが教育の世界での常識でしたが、私は特にここ数年くらいでその常識も変わってきているように感じています。就活塾で接する大学生や、企業の研修等で接する若い社員たちを見ていて、依然として女子の方が精神年齢が高くしっかりしていると感じることがとても多いのです。
大学入試の形が変わって、小論文や記述・面接等が中心になると、今の制度よりは女子の位置付けが上がることが予測されています。例えば、東大等最難関の大学の合格者は圧倒的に男子の比率が高いのですが、ここが少し縮まってくる可能性を感じています。政府が今後注力しようとしている、「社会での女性の登用」ともリンクしてくる話なのかもしれません。

ただし、私はこの適性検査型の入試で私立中を受験することには反対の立場です。
(次回に続く…)

大学入試改革の影響は中学入試にも…<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年5月9日 3:42 PM
  • 未分類

5年後の2020年度から、大学入試の制度・形態が大きく変わることは、このブログの読者の皆様はご存じの方が多いと思います。今の中1の生徒たちが大学入試に臨む年からです。厳密に言えば、4年後2019年から変わります。彼らが高校2年生の年から、今のセンター試験に代わる新しいテストがスタートするからです。(まだ詳細は発表になっていませんが、このスケジュールについては確定であるということを文科省は断言しています)
それに先行して、実は中学入試にも大きな改革の波が及んできています(後述します)。3年後は高校入試にもこの波が到達することも予測されています。そういう意味では、今の中1の代の生徒たちはとても可哀想な気がします。ある意味実験台なのですから… それだけに、正しい情報を先取りして準備をきちんとしている生徒と、そうでない生徒とで大きく差がつくのだと思います。

都内の私立中学の入試において、数年前から「適性検査型」の入試が少しずつ増えていました。これについては、はっきり言ってしまえば都立中の受検者に併願して欲しいという営業的な側面が大きかったのです。都立中の受検者が1万人もいて、そのうち大半の生徒は適性検査型の勉強しかしていないのです。その状況だと、普通の私立中型のテストでは歯が立たないため、併願で私立中を受験をするのが難しい状況がありました。特に中堅以下の私立中は、毎年受験者を少しでも増やしたいと考えているわけですが、そこで登場したのが、この適性検査型の入試だったわけです。都立中一本の受検考えている生徒たちを、少しでも取り込もうということです。
その適性検査型の入試を導入する中学校が、今年もかなり増えました。中学校の先生方にお話を伺うと、もちろん受験者数を確保したいという側面は否定されないのですが、今年は少し違うことをおっしゃる先生もいらっしゃいました。それは、6年後を見据えて、適性検査型のテストや作文(小論文)に強い生徒を一定数確保したいということです。新しい制度の大学入試は、適性検査型に近い形になり、小論文や面接も重視されるということがだいぶ知れ渡ってきているからです。

八王子あたりから受験する生徒がいる私立中学校で、今春の入試で適性検査型の入試を実施したところを思いつくままに挙げてみます。(五十音順抜粋)

郁文館
共栄学園
共立第二
啓明学園
光塩女子
工学院
佼成女子
駒沢女子
淑徳SC
聖徳学園
白梅清修
聖望学園
多摩大聖ヶ丘
帝京八王子
東海大菅生
東京純心
東京女子学院
日本学園
富士見ヶ丘
藤村女子
文華女子
文化女子杉並
宝仙理数インター
武蔵野東

(次回に続く…)

誕生日に

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年5月7日 9:07 PM
  • 未分類

私事で恐縮ですが(と言っても最近はほとんど私事ばかり書いている気がしますが…)、本日5月7日は私の誕生日でした。
今朝までは、「もうこの歳になると誕生日と言っても嬉しくないなぁ」と感じていたのですが、大変多くの皆様から、プレゼントやバースデーカード、メッセージ等をいただき、またとても心のこもった温かいものが多かったために、すっかり嬉しくなってしまいました。
保護者の皆様は何でご存じなんだろう?と思っていたのですが、昨年までのブログ(バックナンバー)をチェックしていて気づいた方が多かったようです。皆様本当にありがとうございました。一番右の写真は、メッセージ入り(もちろんオリジナル)のどら焼きです。最近のブログで、私が和菓子があまり好きではないということを知って心配されていましたが、全然大丈夫です。大変おいしくいただきました。わざわざ早い時期からご準備をいただいていたようで、とても恐縮しております。ありがとうございました。
今回も、ネットやSNSの威力を改めて痛感しました。グーグルの検索画面はバースデーケーキで彩られていますし、しばらく会っていなかった友人や教え子たちから「おめでとう連絡」をたくさんもらいました。もちろん個人情報を取られているということは承知していますが、これくらいは許容範囲でしょう。
授業やDTSも終了し、このブログを更新すれば、本日の仕事はすべて終了します。あと3時間、バースデーの残り時間を楽しみたいと思います。

たまにはのんびりと…<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年5月6日 2:40 PM
  • 未分類

本日より授業を再開します。厳密に言えば今日も祝日(振替休日)ですが、先週の水曜日からGW休みとしているので、2週続けて同じ科目の授業がなくなってしまうのを防ぐために本日は授業を行うことにしています。しかし、やはり帰省や旅行に出かけているご家庭が多く、早々と欠席の連絡が何件か入っています。今日帰って来るんだけど、渋滞の状況によって間に合うかどうか…と言う生徒もいました。小6・中3の受験学年はそんな感じだと問題だと思いますが、非受験学年(特に小学生)については大目に見ています。

職員たちも、GW期間中は思い思いの形でリフレッシュさせていただきました。総じて言うと、体は重くなり、財布は軽くなりました…(*_*)
最近、仕事も勉強もオンとオフのメリハリをきちんとつけることが重要だということを強く感じています。大人も子供も、どんなに頑張ろうとしても長い時間集中力は持続できせんし、体にガタがきていたり疲れが溜まっていると良いパフォーマンスは出せません。それを「とにかく気合いだ! 徹底して勉強しろ(働け)!」という精神論的な指導は、今の時代にはマッチしません。

私は、学生の時体育会に所属していた時から、この仕事をするようになって生徒指導や自らの仕事へのスタンスについても、おそらくその対極の位置(精神論の方です)に30年以上どっぷり浸かっていました。その私がそう感じているのですから、たぶん間違いありません。(まぁ、歳を取ったという側面も否定はしませんが…)
部活の指導等にも共通すると思いますが、塾の講師や会社の上司が、とにかく(勉強や仕事の)量を押し付けたり、方法論をきちんと示さないで気合いで何とかしろという指導をしているのは、指導者の側の怠慢でしかありません。一昔前、それで乗り切れた時代もあったのは確かですが、今は子どもたちはもちろん、20代~30代前半くらいの若者たちの気質が確実に変わってきています。(あくまでも一般論ですが)旧態依然とした指導は通用しなくなっているのです。(勉強でも仕事でも)同じ成果を上げるのであれば、かける時間は短い方がいいというのが、彼ら(彼女たち)のポリシーです。(特に40代後半以上の)保護者や上司は、ここの感覚が理解できないので、すれ違いや衝突が起こっているのだと思います。
塾で言えば、講習会や入試直前期の過去問バトル等、四の五の言わずに量をこなさなければどうにもならない場面があるのは事実です。しかし、1年中のべつ幕無しにそれを生徒に強いていても、成果につながらないでしょう。連休明け、生徒がみんな疲れ切った顔をしているようだと、注意信号です。(それは、会社についても同じことが言えます)

やる時は徹底してやる。休む時は休む。一区切りついたら、頭も体もリフレッシュして次に立ち向かう。
これからも、このことは強く意識して塾の運営に取り組んでいくつもりです。

たまにはのんびりと…<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年5月5日 12:03 AM
  • 未分類

<2日目>
〇イチゴ狩り
私はどういうわけか、果物があまり好きではありません。好きなのはバナナくらいで(子供か!)、特に山梨名産のぶどうや桃が苦手です。母親の実家が山梨にあり、子供の時に田舎に行くとぶどうと桃をこれでもか!と食べさせられた後遺症かもしれません。
そういうわけで、「イチゴ狩り」です(笑)。練乳をつければ食べられるので…(子供か!)。 しかし、これについては私が間違っていました。本当に旨いイチゴは、そのままでとても甘いので、練乳はほとんど必要ありませんでした。粒も大きかったのですが(写真左)、とにかく甘く、みずみずしい食感を思い出すと、今でも口の中に唾液が出てくる感じです。逆に言えば、もうスーパーで買うイチゴは食べられなくなってしまうかもしれません。

〇信玄餅工場見学
信玄餅を作っているのは「桔梗屋」さんと言う会社なのですが、本社・工場を一般に開放していて、製造過程が見学できるのです。もちろん、様々買い物もできるようになっています。お菓子のテーマパークと名付けているくらいですから…  袋の詰め放題が人気なのですが、私が行った時にはすでに終了してしまっていました。製造過程を見学して驚いたのは、人の手による職人の技がすごいということです。もちろんラインはオートメーションなのですが、そのところどころは人の技術によって成り立っています。例えば、あの1つ1つの信玄餅の包装は、裸の状態から1個数秒でパパッと縛ってしまうのです。とてもあんな風にはできないな…と思っていたら、工場見学を出たところで、包装の体験コーナー(有料)がありました。この商魂もすばらしいと感じました(笑)。お菓子で作った様々な展示物(樹木や動物等)も一見の価値があります。
私はどういうわけか、和菓子があまり好きではありません(おいおい!)。最近は洋菓子(ケーキとか)はだいぶ食べられるようになりましたが、若い頃はそれもダメでした。今も和菓子は好き好んで食べることはありません。しかし、桔梗屋さんではついたくさん買ってしまったのでした…

〇ワイナリー見学
「やっぱり山梨と言えばワインでしょ」ということで、覗いてきました。ちょうどぶどうの粒飛ばし(!)のイベントや、世界のワイン飲み比べ展等を開催していて賑わっていました。
私はワイン(というかお酒自体)をあまり好きではないのですが(おいおい!)、暑い中、ギンギンに冷えた本場物のワインはとても美味しかったです。「生まれた年に仕込まれたワインを飲もう!」のコーナーでは、自分の歳を忘れたふりをして通り過ぎました(笑)。お土産は、これ以上荷物が重くなるのが嫌で買いませんでした。これが電車での旅行のデメリットですね…
製造過程は…  暗くてよく分かりませんでした(笑)。地下室が寒かったことだけは覚えています。

〇足湯広場
通り道に足湯広場があり、靴を脱いで(もちろん靴下も)ホッと一息つきました。2日間結構歩いたので、最後にリフレッシュできました。山梨の方々は、あの感じでくつろぐのが日常茶飯事のようです。

たまにはのんびりと…<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年5月4日 10:59 PM
  • 未分類

昨日までの2日間、甲斐路の度に出かけていました。渋滞を見越して今回は電車で行ったのですが、正解だったようです。高速道路はちょうど事故も重なり、渋滞がとんでもないことになっていたと教え子が教えてくれました。八王子から特急で1時間で着いてしまいました。
とにかく温泉に入ってのんびりしようと考えていて、その目的は達したのですが、せっかく来たのだから…と、様々な場所に足を伸ばしてしまいました。以下、簡単にご報告です。

<1日目>
〇甲府の県立科学館
理科の教師としてはもちろん、個人的にもとても勉強になりました。体験型のアトラクションや展示が結構あってついはまってしまい、時間を予定以上に費やしてしまいました。理科を苦手だと言っている生徒たちを連れて来てあげたいと感じました。子供のうちにああいう体験をしているかどうかによって、将来の科学的な興味や素養に差がつくのかもしれません。ちなみに、マットに体当たりをして圧力を測定するというアトラクションがあったのですが、つい本気になってしまい、その日の新記録を樹立してしまいました。周りは子供たちがほとんどなのに、何て大人げないことを…

〇甲斐善光寺
ここはぜひ行きたいと考えていました。とにかく美しいお寺だと聞いていたことと、ちょうど御開帳をしていて本堂の中が見学できるということだったので…  しかし、科学館で時間を使ってしまったために、立ち寄る時間がなくなってしまいました。タクシーでお寺の前を通ってもらい、外観だけ眺めてホテルに向かいました。

〇ホテルにて
今回も、部屋に露店風呂があるすばらしい環境でした(写真右)。それ以外にもいくつか露天風呂があるので、そちらにも行ってみようと考えていましたが、その必要がありませんでした。部屋のお風呂に1晩で4回も入ってしまいました。季節的にも露店風呂に入るのにちょうどいい感じで、とにかく気持ち良かったです。
食事も最高でしたし(あまりにも旨すぎて写真を撮るのを忘れた…)、プールサイドが解放してあって、そこのベンチでくつろいでいたら、ちょうど満月が目の前にあって、なかなか風流でした(写真左)。
食事の後は、バーでシャンソン歌手・バンドマンのコンサートがあり、素敵な時間を過ごすことができました。あまりにも体が疲れていたので、整体を頼んでバキバキにしてもらいました。至福のひと時でした…

ホーム > アーカイブ > 2015年5月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る