ホーム > アーカイブ > 2015年3月のアーカイブ

2015年3月のアーカイブ

都立中入試得点開示<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年3月14日 9:14 AM
  • 未分類

都立中の入試得点開示が始まり、各校の情報が集まってきました。私の元には、GSの生徒はもちろん、他塾ネットワークも含めて多くのデータが集まってきました。(もちろん、他塾の生徒たちの氏名等、個人情報に該当する部分はやり取りをしていません。あくまでも「この中学校は何点でどうだった」という数字のやり取りです) それにより、ある程度各校のボーダーラインがつかめてきました。(何度も書いていますが、中学校ごとのボーダーライン等の情報はこのブログでは書きません。各方面にご迷惑をおかけしまうことがあることが分かったからです) 中学校により、(問題の難易度も違うので)多少差がありますが、概ねほとんどの中学校で似たような傾向が見て取れます。その点数の分布が昨年までとは少し違った形になっているように感じます。

ひと言で言うと、作文ではない適性Ⅱの方で差がついていて、そちらの点数で合否が決まっているケースが多いということです。昨年までは、適性の方は問題が難しすぎたり、採点基準が厳しすぎたりして、点数分布がつぶれてしまい、あまり差がついていなかったのです。特に南多摩がそういう感じだったのですが、ここ数年適性の方が30点台でも合格者が結構出ていました。しかし、今年は適性30点台での合格者は(私が目にした範囲では)ほとんどいません。
南多摩・立川国際について、今私の手元に集まっている範囲で言うと、適性Ⅱの方で60点以上取った生徒は全員合格していますし、45点以下の生徒は全員不合格となっています。逆に、作文はあまり差がついていなくて、(現段階で)GSの生徒たちの平均が60点台後半なのですが、一番点数が上の生徒と下の生徒で10点くらいしか差がありません。
この情報だけから導き出される結論は、(通信簿がオール3に近いと仮定すると)「合格するめためには、作文できっちり65点~70点確保した上で、何とか55点~60点を取る」ということになります。作文で50点くらいを取ってしまうとかなり苦しいです。適性Ⅱで70点以上取るのはなかなか難しいからです。
(次回に続く…)

就職活動解禁<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年3月12日 12:46 PM
  • 未分類

昨年までのこの時期は、すでに就活の最後の追い込みに入っていました。4月に入るとすぐに最終面接が本格化し、大企業については早いところが4月中旬、ほとんどがGWを挟んでその前後で内々定(実質内定)が出ていました。その後も内定辞退分の穴埋め等で採用活動は続いていたのですが、最初の段階での枠が一番多いため、4月が勝負どころだったわけです。春休みに、最終面接の練習にかなり時間をかけていた記憶があります。
今年は、さすがにまだ本格的な面接に呼び出されている学生はいません。まだ会社説明会がスタートしたばかりの段階です。そういう意味では(今のところ)協定が守られているということになります。一部の外資系やIT企業は、協定の対象外だったりして、すでに最終選考が進んでいるところもあるようです。GSの就活塾の学生や私の教え子たちには、それらの企業を受けようとしている者がいないということだけかもしれませんが…

問題は、これからどういう日程で選考が進んでいくかということです。昨年までは、内定をもらうまでに面接だけでも3~4回も呼び出されるケースが少なくありませんでした。もちろん、当たり前のように平日の昼間に呼び出されるわけですから、いくつもの企業で選考が進んで行くと、学業やバイト等にほとんど時間を使えない状態となっていました。
前回も書いたように、今年は日程が集中するため、1人の学生が受けられる企業の数が昨年までに較べると減ると予測しています。1つの企業が面接を行う人数も減るということです。1人の学生の面接の回数も減ることになるのかもしれません。1回・2回の面接で、決着をつけることになるケースも想定しています。
SPIや小論文等の筆記試験がどうなるのかという部分も、まだ具体的に見えてこない感じです。会社説明会を通して、スケジュールも含めたこのあたりの詳細が判明してくることになるでしょう。
いずれにしても、「超短期決戦」となることは間違いありません。

就職活動解禁<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年3月10日 3:53 PM
  • 未分類

3月1日より大学3年生の就職活動が解禁となりました。昨年までは12月1日だったのですが、今年から協定が変更となり、3ヵ月後ろ倒しとなったのです。
今はリクナビ・マイナビ等の登録・プレエントリーが一通り終了し、会社説明会のスケジュールを組んでいる段階です。就活のスタートが遅くなったことによって、様々な弊害が予測されていましたが、早くもその不安が的中し始めているように感じます。
まず、学生たちが苦労しているのは、会社説明会の日程がバッティングしている企業が増えていることです。昨年までは12月からスタートしてダラダラ2月・3月くらいまで続いていた感じでしたが、今年は短期決戦となったため、ほとんどの企業が3月~4月の数週間の間に詰め込んできている様子なのです。本格的な選考開始も8月1日からに後ろ倒しとなっていますが、実質的な選考はその前から進めていくことになるので、当然と言えば当然の話です。学生たちは、同業種等で説明会に参加したい企業が同じ日程にバッティングしてしまったりしているので、なかなかスケジュール調整に苦労しています。ここからの1ヵ月は、毎週いくつもの会社説明会に参加し続けることになりそうな学生も少なくありません。ここのスケジュールの組み方の上手い・下手で、まず差がつきそうな情勢です。

もう1つは、やはり学歴フィルターの存在です。以前からこの部分の差別は存在していましたが、今年はさらにその部分を徹底している企業が増えているような印象があります。説明会がすでに満席になっていると聞いたのですが、別の学生がその後に申し込めたというケースが実際にありました。もちろん、在籍している大学が異なるためです。今年のような短期決戦になると、最初の段階で人数をいかに絞り込むかが重要になるため、「最初のエントリーの段階で「選別」してしまおう。その基準は「学歴(大学・学部)」にするのが合理的だ」と考える企業が増えていることは、想像に難くありません。もうこのあたりのことも学生たちは十分に理解していて、「先生、うちの大学だとここは申し込めないみたい」というような報告が入ります。悲しいことですが、これが現実です。世間の声を聞いていても、この学歴フィルターについてはあまり批判の声が出ていないように感じます。世の中がまだまだ学歴社会であること、そしてそのことがある意味当たり前のことになってしまっていることを改めて感じずにはいられません。
(次回に続く…)

「受験生」としてのスタート<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年3月9日 4:16 PM
  • 未分類

もう1つこの時期に重要なことは、目標を明確にするということです。
新小6生・新中3生は、ある1つの指標で受験生としての意識レベルが判定できます。志望校が明確になっているか、そしてそれを公言できるかどうかです。
この時期に本人が志望校を明言できないようであれば、今後の成績の伸びも期待できないとさえ思っています。
学校のことが分からないから決められないというケースもありますが、一番多いのは、本当は行きたい学校があるのに自信がないから言えないというケースです。「まだとても決められる状況ではありません」とか、「志望校は成績が上がったら考えます」というようなことを言っている生徒で、その後大幅に成績が上がった生徒を私は知りません。
目標と目安は違うのです。はっきり言って、受験生としての1年間はとても大変です。この時期にゴールを明確に設定しなければ、苦しくなった時に乗り越えて行くことができなくなると思うのです。

それは、非受験学年の生徒についても同じことが言えます。もちろん、志望校が明確になっているのが一番良いのです。GSの生徒たちは、小4や中1で明確な志望校を持って入塾して来る生徒(小4の場合は保護者の方)が多いですが、決して早すぎることはありません。新中1で言えば、ほぼ全員が都立で言えば進学重点校、付属であれば早慶レベルを目指して受験勉強をスタートします。うちのような塾は、そこのコンセプト・方針が明確なので、ある意味志望校を決めやすいのだと思います。
志望校がまだ1つに決められない場合も、目の前の目標を明確にして取り組んで行く必要があります。偏差値でいくつとか、苦手な科目の成績をここまで上げるとか、目標は具体的でないと意味がありません。内申点や定期テストの点数の目標でもいいでしょう。高めの目標を設定して、それをクリアするために日々やるべきことにきちんと取り組んでいくことが必要なのです。もちろん、目標を設定した以上、結果にもこだわって進めていく必要があります。ただ漠然と時間だけかけて勉強していても成績は上がりません。

GSでは、(小5以上の学年で)今週から1学期の「GSシート」の作成に入ります。偏差値や内申・定期テストの点数の目標と共に、志望校を明確にします。それを達成するための学習計画も具体的に落とし込みます。生徒面談が必要となる生徒も出てくるでしょう。毎年見ていて感じるのは、これの作り込みがきちんとできる生徒とできない生徒で、その後の成果に差がついているということです。そういう意味では、春期講習会を前にしたここからの2週間がとても重要な時期になると考えています。

「受験生」としてのスタート<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年3月7日 11:32 AM
  • 未分類

GSでは今週から2015年度の授業がスタートしました。中学受験をする小学生や新中1生は、一足早く2月から新しい学年としての授業をスタートしていましたが、今週前半ですべての入試が終わったので、校舎として来春の入試に向けてのリスタートを切ったということです。

今まで自習室利用も含めてほぼ毎日校舎に来ていた中3生たちがいなくなったので、我々も何か寂しい感じがしています。他の生徒たちも校舎内の雰囲気が変わったことに気付いているようです。新小6・新中3の生徒たちは、本当の意味で「受験生」となりました。入試まであと11ヵ月ほどしか残されていないのです。

他の学年の生徒たちも含めてですが、新年度が始まったこの時期の取り組みがとても重要です。勉強の習慣付けという部分でもそうですし、特に新小6・新中3の生徒は、今までと較べて勉強量を増やして行かなくてはなりません。さらに、1回1回の点数にシビアに取り組んで行く必要もあります。毎月の偏差値テストはもちろん、日々の確認テスト等についても同様です。入試では、「点数を取れなければ合格できない」という当然の命題が突きつけられるからです。

中学生は、1学期の最初の定期テストの結果が大変重要です。最近は中間テストがない中学校がほとんどなので、6月中旬~末にかけての期末テストが初めての定期テストとなります。特に、新中1の生徒は、ここのテストの結果でほぼ3年間が決するくらいのつもりで取り組まなくてはなりません。最初は、定期テストの結果(点数)がそのまま内申点に直結するケースが多いからです。新中2・新中3の生徒も、クラスや担当の先生が変わったりするので、1学期が一番内申点を上げやすいタイミングなのです。

その視点で見た時に、「受験生」としての意識や取り組みが甘い生徒は、この時期に改善させなくてはなりません。この時期にいい加減な勉強が身についてしまうと、それが本人の中でスタンダード(基準)になってしまうからです。
毎日、各クラスで誰かしらが講師に呼び出されたり、ご家庭に電話が入ったりしています。緊急の生徒面談・保護者面談が多くなる時期でもあります。
(次回に続く…)

私立高校の繰り上げ合格がまだ続いています

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年3月5日 1:01 PM
  • 未分類

都立高校の合格発表が終わって、我々も入試終了モードになっていましたが、実はまだ余波が続いています。
私立高校の補欠繰り上げ合格が出ているのです。GSの生徒にも、昨日・今日で2件連絡が入りました。正確に言うと、補欠繰り上げではありませんね。(補欠待機ではない)不合格だった生徒の家に突然電話が入り、「欠員が生じたので通う意志があるのであれば繰り上げ合格とする」ということが伝えられるのです。業界用語で言うところの「✕〇(バツマル)」というやつです。
うち1人は、どうしても行きたかった第一志望校からの繰り上げ合格の連絡でした。無茶苦茶嬉しいはずなのですが、本人はきつねにつままれたような感じだったようです。別の高校の手続きを済ませてしまっていましたが、制服の採寸・発注は今週末だつたそうで、ギリギリセーフでした。1回不合格となって泣いた経験も、そして最後の最後にどんでん返しで吉報が舞い込んだ経験も、今後の人生にとって必ずやプラスの経験になると思います。

なぜこの時期になって追加の合格者が出ているかと言うと、都立高校に合格した生徒が抜けてしまい、歩留まりを間違えたために入学者が定員に満たない状況となっている高校が多いからです。もう少し早く、せめて都立高校の合格発表日には(辞退届も出てくるでしょうから)繰り上げてくれよと思いますが、私立高校にもそれなりの事情があるようです。
そのあたりのことを考えると、実はまだ今後繰り上げの可能性も残されているのです。今週末に入学予定者の招集日が設定されている高校が多いのですが、そこに来ない生徒がいたために慌てて追加合格を出したケースもありました。また、来週火曜日に埼玉県立高校の合格発表が予定されています。埼玉県内や東京北部地域の私立高校は、その後になって追加合格が出る場合があるのです。3月半ば、卒業式を目前に控えた時期になって合格と言われても…という気もしますが、どうしても行きたかった高校であれば、他の高校の校納金や制服代を捨ててでも通うことになるわけです。

現在の生徒募集の状況について

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年3月4日 12:12 PM
  • 未分類

本日より、2015年度の授業がスタートします。この間の生徒増に伴い、満席・募集停止の学年が出てご迷惑をおかけしております。本日現在の学年ごとの生徒募集状況をまとめておきます。

新小4…まだ余裕あり
新小5…残席5名
新小6私立中コース…残席5名
新小6都立中コース…まだ余裕あり
新中1…満席募集停止→募集再開の目処は立っていません(ウェイティングリスト3名)
新中2…満席募集停止→募集再開の目処は立っていません(ウェイティングリスト3名)
新中3…3月よりクラスを増設し、募集を再開しました。ただし、この数週間でお問い合わせ・入塾手続きが続いており、全員入塾手続きとなると、残り席は数名となります。ご検討いただいている方はお早めのご連絡をお願い致します。

戦い済んで…

一昨日の都立高校の合格発表を以って、今年度の入試がすべて終了しました。(正確に言うと、私立高校の補欠繰り上げ連絡が夕方まで続いたので、それを待って終了となりました。GSの生徒たちにも繰り上げ合格の報が何件か入りました)
昨日は校舎も完全に休校にして、職員たちも全員完全オフをいただきました。今までは休んでいても、生徒たち(受験生)は何をしているかなぁと気になってしまったり、保護者の方から相談の電話やメールが入ったりしたので、気持ちが落ち着かなかったのですが、昨日だけは完全にスイッチを切ってゆっくりさせていただきました。
今日から来春に向けての戦いがスタートします。職員一同、気持ちを新たに邁進してまいります。

進学重点校は、予想していた以上に合格最低点が上がった高校が多かったようです。(ここでも高校ごとの個別の情報を出すのは差し控えます)
全体的な状況を睨んで、今年の進学重点校の「合格ライン」を設定するとすれば、国語が65点~70点、数学が70点~75点、英語が60点~65点、理科・社会が85点~90点というイメージになると考えています。
やはり理科・社会が昨年までよりは少し取りやすくなったことと、とにかく数学の易化が極端でした。3教科の中では、数学の平均点が一番高くなる高校も出てくると思います。(これは今までだと考えにくかった状況です)
もちろん、合格ラインの点数は内申点にもよるのですが、今年は例年以上に本番の点数の標準偏差が小さくなっているような感じを受けています。本番の点数では、あまり差がつかなかったということです。そうなると、最後ギリギリの戦いになった場合は、内申点の勝負になってしまったのかもしれません。内申点が足りず特別選考の1割枠に賭けていた生徒たちが、点数であまり周りと差をつけられなかったために、その枠に入れなかったというようなケースも予測されます。

GSの生徒たちもよく頑張りましたが、今年は進学重点校で何人か不合格者を出してしまいました。(過去2年間は合格率100%でした) それぞれに敗因はあるのですが、上記のような戦いになったために、1科目でも大きくはずしてしまうとやられてしまうということと、やはり最後は内申点が足りない生徒が苦しい戦いになってしまったということは挙げられると思います。
逆に、今年も02クラスから進学重点校に合格した生徒が出ましたし、内申がオール4以下だったのに(おそらく9割枠で)合格した生徒も2名います。本番で点数を取り切ることができたためです。
ただし、来年度からはなかなかそうはいかなくなります。都立高校の入試制度が大きく変更になるからです。(ここについては、また改めて…)

都立高校入試終了!<その4>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年3月1日 9:05 AM
  • 未分類

<数学>
ほとんどの高校で、昨年より解きやすくなっています。昨年は、戸山高校以外すべての高校で数学の平均点が40点台でした。グループ作成の初年度だったため、問題の作成と差し替えも含む問題選択のところが難しかったのだと思いますが、各高校明らかに失敗しました。内部でもそのことが問題になっているという話も聞いていたのですが、ここまで緩めてくるとは想像していませんでした。
私も数学の模試を作ることがあるのでよく分かるのですが、平均点を上げる一番簡単な方法は、大問の1番やそれぞれの大問の(1)の問題を易しくすることです。今年は明らかにそういう匂いを感じました。

大問1の小問群で25点配点があるのですが、できれば満点、最悪でも20点(1問ミス)は取らないとまずいレベルの出題です。見直しをきちんとしたかどうかでも差がついているようです。
(1)のルートの計算、(2)の2次方程式の解の公式、(4)のさいころの確率の問題が全校共通でした。(3)は連立方程式の高校とルートの中の平方数の高校とに分かれ、(5)の作図も2パターンに分かれました。しかし、いずれも昨年に較べると難度は低く、生徒たちも解き易かったと思います。数学の大問の1で手が動くというのは、受験生にとって何よりの精神安定剤となるため、それ以降の問題も落ち着いて臨めた生徒も多かったのではないかと推測します。
すべての問題を普通に解いてもそんなに苦労する問題はありませんが、ちょっと裏ワザ的な解き方を知っている生徒はかなり楽に感じたと思います。解の公式の偶数用法や、連立方程式の係数だけ入れ替わっているパターン、さいころの目の規則性等についてです。
余談ですが、各高校(都教委?)が発表している模範解答にミスがあります。(2)の方程式でx=がありません。これだと、本番の答案でx=がない解答に〇がついてしまっているのではないかと心配になります。解の公式と言えども「方程式」ですから、文字が抜けているものは数学的に認められないのです。xなのかyなのかaなのかを明示しなくてはならないということです。まさか採点のやり直しというような事態にならないことを祈っていますが…

大問2は関数。これも全体的に解きやすいのですが、どちらかと言うと、戸山・八王子東・立川・青山のタイプの問題の方が易しいです。ここでも満点を取りたいところです。
大問3が平面図形。ここでも難問は見当たりません。例年は証明で差がつくのですが、今年はほとんどの高校で書きやすい相似の証明でした。西と立川の合同証明の方が書きにくかったかもしれません。
大問4が立体図形。ようやくここで歯ごたえのある問題が登場します。一番解き易いのは、国立・青山の(1)(2)だと思います。八王子東・立川のタイプの方がやや解きにくい感じです。日比谷・西・戸山がこの部分を自校作成にしたと思われます。全体的に問題が易しすぎるので、これらの高校は逆にここで難度調整をして難しい問題を入れてきたという印象すら受けます。実際、他の高校の問題に較べると解きにくいですし、(3)をできている生徒はほとんどいないのではないかと推測します。一番最後の問題なので、時間的にも苦しいでしょう。

ということで、全体を俯瞰すると、ほとんどの高校で昨年より平均点がかなり上がるはずです。50点を切る高校はほとんどないのではないかと予想します。
今年の問題で言うと、とにかく大問1や各大問の(1)で点数を落とさないことが重要です。そういう意味では、つまらないミスをした生徒がまず負けます。作図・証明・途中式等を書き切ることも大切です。差がつく各大問の(2)が勝負どころとなるでしょう。最後の(3)などは「捨て問」にしてもまったく問題がありません。
何とか70点を取りたいところです。各高校、例年だとほとんどいない80点以上の生徒も、今年は結構いるような気がします。半分取れないと相当苦しい戦いになることを覚悟しておく必要があるでしょう。

とは言うものの、昨年に較べると易しく解きやすくなったというだけのことですから、「しっかりしたハイレベルの対策をしていない生徒は勝負にならない」ということを再度確認しておきます。

全体としては、英語がやや難化、数学がかなり易化、理科がやや易化ということが言えると思います。ただし、理科は昨年全生徒に5点のボーナスがあったので、それを考慮すると、影響がどう出るかは微妙です。そのことだけからすれば、合格最低点は昨年よりやや上がる高校が多いのではないかと予測しています。(何度も書きますが、高校ごとのボーダー予測は行いません)

いよいよ、明日の朝9時に合格発表です。ドキドキ…

ホーム > アーカイブ > 2015年3月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る