ホーム > アーカイブ > 2014年3月のアーカイブ

2014年3月のアーカイブ

都立高校からの大学受験<その7>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2014年3月31日 12:20 AM
  • 未分類

以下の合格者数の表を再度じっくりと見てみてください。それ以外に何か気づくことはありませんでしょうか? この業界に精通していれば、間違いなく「あれっ?」と感じることがあるのですが…

<2014年都立高校別国立難関4大学合格者数>
69名 国立
64名 西
49名 日比谷
31名 八王子東
26名 青山
19名 戸山
13名 小石川・立川
12名 武蔵
11名 国分寺
10名 桜修館
 9名 白鴎・立川国際
 8名 両国

最上位校で言うと、日比谷が意外と少なくて国立が頑張っているように見えるかもしれません。しかし、これは不思議なことではないのです。日比谷の生徒は東大や国立大学の医学部など、本当の最難関を目指している生徒が多く、チャレンジしてダメだったら私立に進学するか、浪人して再度リベンジすると決めている生徒が多いためです。国立高校は、東大に合格できる可能性がある生徒でも、一橋等に回ってしまうケースが少なくないのです。地理的な理由もあると思います。

今年の入試結果で私が一番驚いたのは、(失礼ながら)青山高校の大健闘です。この4つの大学の合格者数で見ても、小石川・武蔵はもちろん、戸山・立川よりも上に来ています。ご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、青山は来年度いっぱいで進学重点校からはずされることが決まっていました。ここ数年の大学入試の結果があまりにも酷かったからです。先生方はもちろん、OB・OGや在校生にとってもとてもショックだったと想像しますが、そのことが決まった途端に、今までにはなかったような合格実績が出出てしまいました。浪人生が頑張った側面もないとは言えませんが、現役生もかなり健闘しました。
これにより、進学重点校からはずされずに済む可能性が出てきているという話を聞きました。その場合は少なくともあと3年くらいは延長されるというのです。「えっ?」と思って、都教委が「青山を進学重点校からはずすことを発表した文書」を読み返してみました。すると、次のような1文があったのです。 
「なお、平成25年度及び平成26年度入試の大学合格実績において選定基準に適合もしくはそれに準じた顕著な実績向上が見られたときは、平成29年度まで新たに進学指導重点校として指定する」
これを見て、なるほど!と思いました。今年の大学入試が進学重点校に踏み留まる最後のチャンスだったわけです。先生方も生徒たちも(?)このことを分かっていて、例年より必死に取り組んだであろうことは想像できます。進学重点校の指定がはずされてしまうと、予算や教員の配置等でかなり不利になるのです。学校を挙げて、何とかしてこれを阻止しようとしたのだと思います。本当に「残留」になるのかどうかは今後の都教委の正式発表を待たないといけませんが、今年の数字を見る限り残さざるを得ないと私は思います。来年以降青山高校の受験を考えている生徒にとっては、とっても大きい話ですね。
以前にも書いた通り、立川高校のお尻に火がついています。

都立高校からの大学受験<その6>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2014年3月29日 7:51 AM
  • 未分類

武蔵は、都立中の中でも入るのが一番難しい方の学校です。適性検査問題のレベルも高いですし、御三家等私立最難関中との併願者も多く、入学する生徒のレベルがかなり高いことは間違いありません。今年のこの大学入試の結果をどう捉えればいいのでしょうか? 今後どうなっていくのでしょうか?

私は、今後数年間で大学の進学状況は必ず改善されると確信しています。理由が4つあります。
①本質的には力のある生徒がかなりの数浪人しているので、来年以降はその生徒たちが合格実績に貢献する。
→1年間予備校でしっかり勉強すれば、さすがに合格できる生徒が多いと思います。しかし、これはちょっと反則ですし、本末転倒ですね…
②学校側が危機感を募らせて、様々な部分で見直しをかけてくる
→学校への風当たりはかなり強いようです。私の周りの現役生の保護者の皆様も手ぐすねを引いています(笑)。さすがに、学校としても抜本的な改革を断行しないとまずいでしょう。この結果で先生方が危機感を持っていなかったとしたら、もう終わりです。
③生徒・保護者の側が自衛に入る
→学校の言う通りにしていてはダメだということで、早いうちから予備校に通ったり、学校の課題を適当に手を抜くなどして、個人的な部分での対策を強化してくる生徒が多くなると思います。少なくとも、私の教え子たちから相談があったら、そう答えます。
④入学者のレベルが上がってくる
→実はここの部分が一番大きいかもしれません。初年度は倍率こそかなり高かったのですが、入学者のレベルは今ほど高くありませんでした。3年目くらいから入学者のレベルがかなり上がってきたように思います。御三家との併願者が増えたのもこの頃からでした。今の中3・高1あたりは、私の直接の教え子だけでも、かなり優秀な生徒を何人も送り込んでいます。2年後・3年後の結果が楽しみです。

都立高校からの大学受験<その5>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2014年3月27日 10:54 AM
  • 未分類

もう1つは、学校の授業や課題等も含めて、日常的な取り組みの「質」の部分の差です。

西高校の卒業生2人が声を揃えて言っていたのは、学校の授業だけでも、ある程度のところまでは何とかなると思うということです。この2人は高1の時から予備校に通っていたのですが、友だちの中には塾・予備校に行かずに、学校の勉強+α くらいで難関国立大学に合格した生徒もいるそうです。(学校で行う)夏期講習などは、講座の取り方にもよりますが、予備校に通う暇がないくらいに学校で拘束されることもあるとか… 学校の外に(西高生のための)自習室があり、毎日夜9時まで開いているため、かなりの生徒が利用しているとのこと。東大に進学したOBが交代で常駐していて質問や相談に乗ってくれたり、先生方も時々回って来て質問等を受けてくれたりするそうです。
普段の授業や課題等が、大学入試のところに直結しているので、とても安心感があったということと、過去問や英作文などは、学校の先生に見せに行くと喜んで見てくれて、とても丁寧に添削してくれたことがとてもためになったと、2人が同じことを言っていました。

一方、武蔵中高の卒業生はまったく逆のことを言っていました。普段の学校の勉強があまり大学入試に直結していない気がすると… はっきり書いてしまうと、かなり大変なことをさせられるのだけど、課題やレポート等、かなり無駄に感じることも多かったということです。確かに、中学生たちの様子を見ていてもそのことは強く感じます。私も生徒たちのノートや課題等を定期的に見ていますが、時間ばかりかかって、あまり本質的な力はつかないだろうと感じる課題が多いのは事実です。確かに中学生のうちは、高校入試もないですし、そういう部分の取り組みが重要なことは理解できます。しかし、高2・高3の受験期になっても、その傾向があまり変わらなかった(少なくとも生徒たちがそう感じていた)のであれば、大学入試のところで勝てるわけがありません。

また、これも卒業生の話から感じたことですが、中学入学組の中での学力差がとんでもなく大きくなってしまっていて、成績下位の生徒たちは、とても大学受験どころではないというような状況になってしまっていたようです。高校入学組も学力的にはかなり厳しい生徒が多く、1年間別クラスで鍛えたくらいではとても追いつけない状況です。そういう部分も含めて、(大学受験に立ち向かうという意味で)学校やクラスの雰囲気もあまりよくなかったようです。先生方も、どちらかと言うとその学力的に厳しい生徒たちをどうするかに向いてしまっていて、優秀な生徒たちをどうやって鍛えて難関大学に合格させるかというところに目が向いていない気がします。
あの適性検査の問題で選抜されたことと、6年間という長い期間によって、様々な意味で生徒たちの幅が広くなってしまっていたのだと思います。そういう意味では、西高校などの進学重点高校は全員高入生ですし、全員が(少なくとも3年前には)一定の学力が担保されているので、とんでもない生徒が紛れ込む確率がとても低いのです。
その武蔵中高の卒業生に、もし高校入試の時に西高校を受けていたらどのくらいの生徒が合格したと思う?といじわるな質問をしてみました。「半分以上は受からないと思う。いいとこ1/3くらいかな…」だそうです。このことがすべてを表しているように思います。
(次回に続く…)

都立高校からの大学受験<その4>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2014年3月25日 7:40 AM
  • 未分類

卒業生の話を聞いていて感じた一番の違いは、西高校の卒業生は「きっと大学入試でそれなりの結果が出るだろう」と思って取り組んでいたのに対し、都立武蔵中高の卒業生は、「このままじゃダメだ…」と感じながら取り組んでいたということです。西高校の卒業生は、1人が東大(理系)、1人が医学部に現役で合格した生徒ですし、武蔵中高の卒業生は残念ながら浪人が決まってしまった生徒ですから、その部分の成果により高校に対する満足度に差があるのは当然なのですが、自分のことだけではなく、同じ学年全体の合格予測という観点でもそう感じていたと言うのです。

1つには、先輩たちの残してきた実績、高校の伝統という部分が大きいように感じました。西高校は、ここ数年毎年のように、難関国公立大学を初めとしてそれなりの合格実績を残してきました。それこそ下手な私立進学高よりも、現役での進学実績は良いくらいです。だから、先生方も含めて、こういう風に勉強をして行って、この時期にこんな状況であれば、〇〇大学は大丈夫だというような安心感があったそうです。先生や先輩たちからも折に触れてアドバイスがあり、それもとてもためになったとのことでした。
一方、武蔵中高は一期生のため、先生方も含めて学校の方も大学入試については手探りの状態でした。OB・OGがいるとは言っても、今までの武蔵高校は大学入試の部分(特に国立大学)については、都立の学区トップ高の中でも一番弱い高校として「定評」があった高校です。あまりそういう部分での生きた情報も、(少なくとも生徒たちには)入ってこなかったようです。
(次回に続く…)

大学受験に向けてスタート!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2014年3月23日 12:25 AM
  • 未分類

昨日は、旧中3生(卒業生)たちが久しぶりに集まりました。中学校の卒業式も終了したので、高校入学そして大学入試に向けての意識を高めてもらうために、「新高1ガイダンス」を行ったのです。対象は大学受験を考えている生徒としましたが、付属高校に進学した生徒も何名か来ていて、ほとんどの生徒が集まりました。
さすがに、受験の頃とは雰囲気が違いますね。みんな、顔つきが緩んでしまっているぞ… 女子生徒で急に格好が派手になった生徒が多いのが気になる… 高校デビューするつもりか!?(笑)

普通塾で中3卒業生をわざわざ集めてガイダンスを行うのは、高校部への継続勧誘に他なりません。最後は、「結局営業か…」というオチで終わるわけですが、GSには高校部がありません。純粋に卒業生たちにこれからも頑張って欲しい、大学入試でも良い結果を出して欲しい、そのためには高校入学前からが勝負だぞ!、という強い思いによるものです。何で良心的な塾なのでしょう…(自分で言うなって!)

最初に私も少し話をして気合いを入れましたが、あとはM先生とM先生(イニシャルが同じだ!)に任せました。M先生は、都立高校から現役で東大に進学した経緯があるので、こういう話をするのに適任なのです。高校での過ごし方から、大学入試に向けた勉強法、予備校選びまで、正に至れり尽くせりの内容だったと思います。生徒たちは、漠然としていた大学受験について、一定リアルなイメージを持って帰ってくれたのではないでしょうか。
早くも、春期講習から通う予備校を決めて来ていた生徒もいました。高1範囲の参考書・問題集をもうかなり進めていた生徒もいます。3年後に向けた戦いは、もうずてに始まっているのです。

都立高校合格最低点<続報>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2014年3月22日 1:14 PM
  • 未分類

やはり、ブログを毎日更新するのは難しそうです。今までは、(生徒も職員もいない)午前中が絶好のブログ執筆タイムでしたが、その時間を確保するのが難しくなりました。午後特に夕方以降、生徒たちが校舎に来出してからは、なかなか落ち着いて書けないですね… 今になってみると、今までほぼ毎日休みなく(今年になってからは1日も休んでなかった!)平均800字程度書いてきたのは、自分でも改めてすごいことだなぁと感じています。「読者」の方(1度でもアクセスしていただいた方)は1500名を超えました。ご期待いただいている方も多いようなので、今後も何とか2日に1回のペースでは頑張っていきたいと考えています。

先週、都立高校の得点開示が行われ、生徒たちが本番で取ってきた点数が判明しました。GSの生徒たちは、点数が分かり次第詳細を報告してくれていますし、それ以外の生徒たちの得点の情報もかなりたくさん集まってきたため、本番の実際の合格ラインがほぼつかめてきました。

私が合格発表直後に予想したラインと大きく異なっていたのが、立川高校です。私は630点程度ではないかと書きましたが、実際にはもっと高い点数でも不合格者が出ていました。3月上旬に学校で塾対象の説明会がありました。(私は行けませんでしたが…) そこに出席した方からの報告によると、学校の先生ははっきり明示しなかったけど、言い方からすると680点前後ではないかとおっしゃっていました。私の周囲で630点程度で合格者が何人か出ていましたが、これらの生徒は「特別枠」での合格だったということです。中には600点に届いていないのに、合格している生徒が1人います。確かに立川高校は、学力(得点力)があるのに内申が異様に低いという生徒の受験者が多い学校なので、こういうケースが結構あります。それ故、正規合格ラインの推定が難しいのです。
今回、私のブログの情報により、様々な方面で波紋を呼んでしまったようです。受験生や保護者の方から事実とかなり違うというお叱りをいだたいてしまいましたし、立川高校の先生方の間でも話題に上っていたという話を聞きました。結果として傷つけてしまった皆様には、大変申し訳なく思います。今後も、一層精進して参ります。

それ以外の高校については、今のところ誤差の範囲以上の大きなブレは確認できていません。今後新たな情報が入ったら、改めて報告します。

都立高校からの大学受験<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2014年3月19日 4:41 PM
  • 未分類

例えば、東大の現役合格者数を比較してみても、日比谷19名、西11名、国立9名、武蔵3名、立川国際2名という状況です。これだけ見ても、差は歴然です。生徒たちの成績や学内の様子から、立川国際については一定この結果が予測できていましたが、武蔵がほぼ同じような状況で甘んじてしまったのはちょっと意外な結果でした。戦前は、学校の内部からもかなり強気な声が聞こえていましたし、業界でもそれなりの結果が出ると見られていました…

武蔵中や立川国際中の1年目の入試の状況はよく覚えていますが、人気が一気に加熱して、大変多くの受検生を集めました。立川国際の女子は実質倍率17倍を記録しました。こんなに競争率の高い入試は、他に例がありません。その超難関入試をくぐった生徒たちが、6年間鍛えられた(はずであろう)ことを考えると、あまりにも寂しい結果です。
理由はいくつかあると思います。特に立川国際は、最初の数年間、適性検査問題の内容・質と採点基準で失敗しています。そのことは以前に学校の先生方も認めていました。(大学入試のところを考えた時に)本当に優秀な生徒から順番に生徒を取れていないのです。特に、数学や理科の授業についていけない生徒も多かったようです。それ故、国立大学の結果が厳しくなるのは必然でした。4年目から適性検査の問題の質を見直して改善を図りましたが、果たして…

今年の大学入試の結果が出た後に、西高校と(都立)武蔵中高の卒業生にそれぞれ話を聞く機会がありました。カリキュラムや指導内容等、かなり細かい部分まで聞き出しましたが、それを聞いて「なるほど…」と思いました。大学入試の結果にこれだけ差がつく理由に納得がいったのです。
(次回に続く…)

都立高校からの大学受験<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2014年3月18日 12:40 PM
  • 未分類

ようやく春が来ました。本日、東京でも春一番が吹きました。今現在、八王子の気温は20度を超えています。私(のような体形の者)には暑いくらいです… 桜のつぼみもほころびかけています。花粉症を抱える方はつらいでしょうね。幸い、私はそっち関係にはまったく鈍感なので助かっていますが… 週末にかけて寒の戻りがあり、朝晩冷え込んだりするようですので、体調管理には十分お気をつけください。

さて、大学入試の話題です。
今年の都立高校の東大合格者数ランキングは以下の通りです。

<2014年都立高校別東大合格者数>
35名 日比谷
31名 西
24名 国立
 7名 八王子東
 6名 戸山・小石川
 5名 白鴎
 3名 青山・両国・武蔵・桜修館
 2名 立川・立川国際
 1名 国分寺・国際

これだけ見ていただいても、武蔵・立川国際は大変残念な結果だということが伝わると思いますが、東大の結果だけでは多くを語れないので、別の指標で見みます。私が都内の高校の大学合格力を見る時によく使う指標は、東大・東工大・一橋大・外大の4つの合格者数を合わせた数です。東大を除くと、理系で東工大、人文・社会系で一橋大、語学系で外大というのが、受験生の憧れのシンボルであり、大きなステイタスがあるからです。この4つの大学に重複合格者はいないので、純粋にその高校の難関大学への合格力を表している数字だと考えています。早慶等の私立大学については、1人でいくつもの学部に合格する生徒が少なくないため、併願を(無理にでも)たくさんさせている高校が数を稼いでいたりして、生徒たちの学力の実態をそのまま表していないケースが多いのです。

<2014年都立高校別国立難関4大学合格者数>
69名 国立
64名 西
49名 日比谷
31名 八王子東
26名 青山
19名 戸山
13名 小石川・立川
12名 武蔵
11名 国分寺
10名 桜修館
 9名 白鴎・立川国際
 8名 両国

都立中の定員は平均すると都立高校の半分くらいのところが多いことと、武蔵と立川国際は1年目のため浪人生がいないことは明記しておく必要があります。(ただし、武蔵などは高入生もこの中に含まれています。人数の割合は分かりませんが…)
しかし、それを加味したとしても、あまりにも…という状況です。皆さんはこの数字をどう見ますでしょうか?
(次回に続く…)

都立高校からの大学受験<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2014年3月17日 5:20 PM
  • 未分類

ブログの更新を2週間できませんでした。特に、GSの在校生・卒業生と保護者の方には多くのご心配をいただいてしまいました。申し訳ございませんでした。身内がしばらく入院しており、退院後も1日2回の通院が義務づけられていたため、そちらの付き添いを優先させていただいていました。そのため、校舎にいられる時間が限られており、授業や最低限の校舎業務はこなしておりましたが、ブログの執筆・更新まで手が回らなかったというのが本当のところです。
本日より少し余裕ができたので、書き始めることにしました。ただし、今後もしばらくは更新が不定期となったりする可能性がありますので、予めご承知おきください。

この間、高校入試・大学入試が終了したばかりのタイミングだったので、旬な話題で書きたいことがたくさんあったのですが、期を逃してしまった感じがします。今日から頑張って取り戻していきたいと思います。

もう1週間経ってしまいましたが… 
3月10日に主要国立大学の合格発表がありました。私の元教え子たちからも、合格の報がいくつか届きました。ここ数年、地方の国立大学へ進学する生徒が多いような気がします。北大・東北大・京大・阪大・九大等々… 私の教え子たちの中でたまたま多いのか、全体的な傾向なのかは分かりません。
国立大学に進学を希望する大きな理由として、学費が安いという経済的な側面があるのは間違いないと思います。地方に出て1人暮らしということになれば、家賃や生活費等でかえって足が出てしまと思いますが、それでも単身で行く決断をするのは、(一部専門の研究等でやりたいことが明確な生徒を除けば)やはりみんな就職のところを考えているからです。この就職難の中で、何だかんだ言って旧帝大を初めとする国立大学は就職の状況がとてもいいのです。

そろそろ高校別の合格実績もまとまってきました。東大合格者数については、開成が合格者数を大きく減らしていたり(それでもダントツ1位ですが…)、私立・国立の常連校で下がり気味の高校が多いのが特徴です。都立高校に優秀な生徒を奪われていることもあると思いますが(今年も開成を蹴って日比谷・西に進学する生徒がいます)、「何としても東大!」という生徒が少なくなったことも要因として挙げられるようです。優秀な生徒の中でも、医学部を初めとする難関理系学部を志望する生徒の割合が増えていて、東大が最初から選択肢の中に入ってこないのだそうです。

私が今年一番注目していたのは、都立の武蔵中と立川国際中が初めて大学受験生を送り出すので、そこからの難関国立大学への合格状況でした。だいたいの状況をつかむことができましたが、ひと言で言うと「惨敗」と言ってしまってよい結果です。
(次回へ続く…)

もう少しお待ちください

  • 投稿者: gs_staff
  • 2014年3月10日 7:49 PM
  • 未分類

今週よりぼちぼちと「職場復帰」を果たしましたが、まだフルタイムで勤務できる状況ではなく、ブログを書く余裕がありません。
大変申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちいただきますようお願い致します。m(__)m
尚、一部に「後藤重病説」が流れておりますが(笑)、まったくそんなことはなく、いたって元気ですので、ご心配には及びません…

ホーム > アーカイブ > 2014年3月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る