ホーム > アーカイブ > 2014年1月のアーカイブ

2014年1月のアーカイブ

都立高校入試改革の骨子決まる!<その6>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2014年1月31日 8:59 AM
  • 未分類

今回の改革については、都教委の幹部の他に、高校・中学校・保護者・有識者等の代表からなる検討委員会で半年以上に渡って議論されてきました。その中で出ていた声を私はだいたいリアルタイムで把握していましたが、中学校の現場から、子供たちが(受験に関係ない)実技教科をないがしろにしていて困るという声が大きくなっていて、それが受け入れられたという経緯があります。実技科目に限らず、中学校で授業が成立しない、あるいは子供たちが意欲的にならないから、内申点(平常点)によって子供たちを縛りつけようという発想なのです。「そうすれば、子供たちが真面目に授業を受けるようになる」と発言した中学校の関係者もいました。何と愚かなことでしょう。自分たちの指導の質を高めようとするのでなく、内申点という武器(水戸黄門の印籠?)によって、子供たちを引きつけようというのですから…

一方で、高校側(何人かの校長)の意見も出されていましたが、その人選が偏っていたために、どうしても横並び改革の声の方が大きくなってしまった経緯があります。具体的に言えば、進学重点校(の校長等)の声はまったく反映されていないのです。進学重点校の何人かの先生とこの件についてお話ししましたが、嘆いていた方もいました。それはそうですよね。この改革によって、今まで築き上げてきたものが崩れ去ってしまう可能性があるわけですから… 私は、進学重点校等一部の高校に優秀な生徒が偏っている現状を、それ以外の高校(の校長等)が悪意的に阻止したがっているようにすら見えました。そうでなければ、今までに逆行して、横並び・統一化を急激に推し進めたり、進学重点校を中心に利用している特別選考枠を廃止したりという方向性を理解することができません。

端的に言えば、この改革によって、都立高校は凋落すると思います。石原さんが就任してから今まで10年以上かけて、私立高校から優秀な生徒を奪い取れるようになったわけですが、それは都立高校の「差別化」と「得点力重視」の方針によるものでした。それにより、大学の進学実績が劇的に改善したわけです。その根幹の部分が廃止・または縮小の方向に向かうのですから、少なくとも勢いが止まってしまうことは間違いないでしょう。
進学重点校等等トップ校は、今まではテストで点数を取れる学力が優秀な生徒たちが集う場所でした。しかし、2年後からは、「中学校で実技教科も手を抜かずに真面目に取り組み、先生に気に入られるような生徒を集めたい」という意志表示を都教委がしているということです。
しかし、どんなに入試制度が変わっても、いつの時代になっても、受験の世界では揺るぎのない「不変の真理」があります。ここでは多くを書きませんが、GSは今後もそのことを貫いて、生徒たちと向き合っていきたいと考えています。

都立高校入試改革の骨子決まる!<その5>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2014年1月30日 10:48 AM
  • 未分類

今回の改革で私が一番問題だと考えていることは、中学校の内申点(特に実技科目)のつけ方が依然として恣意的で信憑性がないのに、それによって都立高校の受験が大きく左右される(ほとんど決まってしまう)ことです。期末テストはあるものの、実際はその点数通りに内申はつかず、授業態度と作品や実技の出来が大きなウェイトを占めています。簡単に言ってしまえば、中学校の先生の主観で決まってしまっているのです。もっとはっきり言ってしまえば、先生の「好き嫌い」によって決まってしまうということです。
先生も人間ですから、これは一定仕方のないことだとも思います。もし私が塾で(テストの成績たけでなく)平常点も加味して内申をつけろと言われたら、やはり主観が入るはずです。「先生(大人)に好かれる」ということも、将来社会の中で生きて行く上で、必要な要素であることは間違いありません。就活の面接なんかは、その部分がとても大きいですね。大学入試もその方向に変わって行くようですし、開き直ってその訓練をさせてもらっているのだというくらいにとらえた方がうまく行くのかもしれません。

そうなると、子供たちは日常的に先生の顔色を伺って授業を受けなくてはいけないことになります。塾としても、その部分の対策を立てて指導せざるを得なくなるでしょう。

「先生の話は頷きながら聞け」
「授業中に先生と何度かアイコンタクトをしろ」
「(特に女子生徒は)笑顔を作れ」
「学校に提出するノートを事前に塾で点検するぞ」
「実技はとにかく一生懸命さをアピールしろ」
「家でやる提出物は全部自分でやろうとするな」
「お母さん、この宿題は手伝ってあげてください」

等々… 書いていてちょっと恥ずかしくなりますが、このレベルのことは実際に指導することになるのだろうと考えています。
(次回に続く…)

都立高校入試改革の骨子決まる!<その4>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2014年1月29日 11:45 AM
  • 未分類

内申(特に実技)が悪い生徒の逃げ場がなくなるということは、受験生側の対応策としては2つしかありません。
1つは、実技科目についても、何としても良い内申点をもらえるように、中1のうちから全力で取り組むことです。部活のニーズもより高まってくるかもしれません。中学校の中でも花形の運動部や、吹奏楽部、美術部等を選ぶ生徒が増えるかもしれません。活動はハードになるかもしれませんが、その科目については内申はあまり心配しなくていいケースが多いからです。
実際私が中学生の時(30年以上前なので時代は違いますが…)、バレー部のキャプテンでそれなりに活躍していたため、(それ以外の運動神経はそんなに良くはなかったのですが)体育だけはいつも5をもらっていました。音楽の素養も今イチでしたが、一時的に吹奏楽部に籍を置いていた期間は5をもらっていた記憶があります。 「パレードで大太鼓を担げるのは後藤くんしかいないのでお願い!」と音楽の先生に頼まれたのでした。!(^^)!

今までにも、塾で体育や音楽の特訓をしたことがあります。都立トップ校を受験する生徒で、最後どうしても内申の3をなくさないといけないというような状況を迎えていた時です。ある女子生徒がマット運動で後転をできないと3しかあげないと宣言されてしまった時は、授業の後1週間くらい付き合いました。絨毯の教室でずっとゴロゴロしていましたっけ… 無事できるようになって4をもらえた時は、一緒に泣いて喜びました。またそういう日々が来るのかな?

もう1つは、昨日も書いた通り、最初から都立の勝負をせず、私立高校を中心に選択していくことです。私立高校は、ほとんどの場合本番の一発勝負です。トップ校の中には、内申はまったく関係ないと公言している高校も結構あります。(1があったらはねられるような高校はありますが…)
ちょうど私立高校の入試が始まったため、ここ数日私立高校の先生方とお話をする機会が多いのですが、この都立高校の改革の話題で持ちきりです。はっきり書いてしまいますが、多くの先生方はこの都立高校の改革を聞いて喜んでいる方が多いのです。この形になれば、都立高校(特にトップ校)離れが進むことが分かっているからです。ある先生は、「ここ数年で都立トップ校に生徒を獲られていたが、これでまたうちにも戻ってくるだろう」とおっしゃっていました。私もそうだろうと思いました。しかしその先生には、「そんなに甘くないですよ。学校としてもっと努力しないとダメです」と伝えておきました。
(次回に続く…)

都立高校入試改革の骨子決まる!<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2014年1月28日 11:06 AM
  • 未分類

さらに追い打ちをかけるのが、特別選考の1割枠廃止です。特別選考というのは、定員の9割までを全体のルール通りに決定し、残りの1割について、学校ごとに独自の基準で合格者を決定できるという制度です。その内容として、進学重点校等最上位校のほとんどが、「入試当日の得点のみで決定する」という形にしていました。つまり、内申点が関係ない枠が1割はあったということです。これについては、高校の先生方と何度か話をしたことがありますが、狙いは明確で、実力がありながら内申が極端に低い生徒を救済することが目的でした。もちろん、その根底には中学校の内申点はあてにならないという認識があるわけです。(この点については、また後日に)

実際、私の教え子たちの中でも、明らかに1割枠で救われて合格したであろう生徒は結構います。(都立高校は得点開示ができるために、ある程度の母集団がいればそのことが判明するケースが多いのです) 不登校等で内申に1と2が並んでいた生徒もいましたし、前述したように実技科目が(頑張っていたのに)全然ダメで2や3が複数ついていた生徒もいました。そういう生徒たちは、この形の特別選考枠がある高校を選んで受ける場合が多かったこともあります。具体的に言うと、八王子東高校はこの枠がないために、内申が極端に悪い生徒は不利なのです。そういう生徒は、(この枠がある)立川高校や、本当に得点力がある生徒は(レベルは上がるわけですが)国立高校を受けたりしていました。

実技科目の比重が大幅に上がり、特別選考が廃止になったということは、「実技も含めて内申が極端に悪い生徒は、都立高校を受験するな」ということなのでしょう。実際、内申(特に実技科目)が取れない生徒は、早い段階から私立高校に選択肢を絞って取り組んでいくようになるケースが多くなるはずです。
内申の比重が3割だと言っても、例えば内申で5~6点の差を逆転するのはそんなに易しいことではありません。2年後からは、実技科目の2~3点分がこれに相当してしまうことになります。
(次回に続く…)

都立高校推薦入試

  • 投稿者: gs_staff
  • 2014年1月27日 12:05 PM
  • 未分類

昨日と今日で、都立高校の推薦入試が行われました。
小論文・集団討論・面接と多岐に渡るため、ほとんどの高校が2日間に渡って実施するのですが、進学重点校の一部の高校は昨日1日で完結しています。「受験生の負担を少しでも減らしたいことはもちろん、大学入試直前の生徒たちの授業休校日を1日でも減らしたいから…」とおっしゃっていた先生がいて、思わず「すばらしい!」と言ってしまいました。ほとんどの高校はそんなことすら考えていないのでしょうね。
あえて学校名は書きませんが、昨日集合させておいて何もせずにいきなりお弁当の時間になってしまったり、集団討論がグループによって昨日と今日に分かれてしまったりというとんでもない高校もあります。もちろん、集団討論のテーマは昨日と今日で変えるのでしょうが、進め方の形式等、知っている生徒とそうでない生徒で有利・不利が出てしまいます。男女別枠募集だから問題ないという判断なのかもしれませんが…

小論文や集団討論の形式・テーマ等は概ね例年通りの感じです。やはり対策をきちんとやっていた生徒が圧倒的に有利なのは間違いありません。塾や中学校によっては、バカな指導をしていたところもあるようです。「集団討論ではひたすらしゃべりまくって、とにかく目立って来い!」とか…。 内申がかなり足りない生徒の、玉砕戦法なのかもしれませんが。
集団討論では、グループによる当たりはずれが結構大きいですね。どうしてもグループの中での相対評価にならざるを得ないので、周りの生徒に較べて良ければプラス点をもらえるケースが多くなるはずです。学校・グループによっては、いわゆる「うざい生徒が」複数いたところもありました。その生徒たちが言い争いを始めてしまい、あまり発言ができなかったという生徒も。 まぁ、協調性のかけらもなくしゃべり過ぎている生徒は、マイナス点がついていると思いますけど。

都教委の指導により、今年も小論文と面接・集団討論の点数できちんと差をつけるようにということになっています。得点分布が正規分布になるのが望ましいということです。当日の得点分布をホームページ等で公表しなくてはならないことになっているため、各高校では、「とにかくきちんと点数に差をつけよう」という申し合わせがされていました。内申点は正規分布にはなっていないので、このことは何を意味しているかと言うと、当日点での逆転が可能だということです。

いずれにしても、金曜日には合否の結果が出てしまうのですが、生徒たちには推薦入試の結果をあまり期待せず、一般入試で合格することを目標に、引き続き取り組むよう指示しています。倍率も高いですしね。推薦入試で不合格となって落ち込むようなら、最初から受けなきゃよかったということになってしまいます。

都立高校入試改革の骨子決まる!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2014年1月26日 10:26 AM
  • 未分類

今回、このような大きな改革を行うようになった背景には、いくつかの要因があります。都教委が数年前から言っていたことを集約すると、以下の2点でした。

①入試の選抜において、「中学校で学習したこと」を評価するような形になっていないので、その点を改善する。
②入試制度が学校によって異なったりして分かりにくくなっているので、分かりやすい形に改める。

簡単に言うと、入試制度の簡略化・統一化が一番の目的だったのですが、中学校で実技教科の授業が成立していない状況を改善したいということも、はっきりと明示していました。
入試の科目数を全校5教科にしたことや、内申と当日点の比率を3:7に統一したことは、一定評価してよい部分だと思います。一般入試でも、面接や小論文を実施することができるようになったことも、悪い話ではないと思います。実際に実施する高校がどのくらい出てくるかは未知数ですが、普通に考えれば、上位校は小論文を、中堅以下の高校は面接を取り入れるところが多くなりそうな気がします。「どういう生徒を欲しいのか」という視点で考えた時には、そういう結論になるからです。

しかし、それ以外の改革については、私は間違いなく「改悪」だと思っています。塾としての立場でどうこうという視点ではなく、純粋に子供たちのためにならないと考えるからです。もっと言えば都立高校の今後の存在感等を考えた時に、なぜ自分たちにとってマイナスとなるであろう改革を行うのか理解に苦しみます。石原さんが先頭に立って、10年以上もかけて築き上げてきた都立高校の改革・復権が、すべて水泡に帰す可能性すらあると感じています。石原さんと(その息のかかった)猪瀬さんが(都政から)いなくなってしまったことも、今回の改革の公表を後押ししているのかもしれません。

まず一番最悪なのは、内申の実技教科の比重を大幅に上げてしまったことです。今までの1.3倍を多少引き上げようという動きは以前からありましたが、2倍までにされてしまうと、実技が苦手な生徒はもうどうにもなりません。主要5教科の25点に対して、実技が40点もあるのです。例えば、学力的には優秀なのに、体育がどうしても苦手でどう頑張っても3しか取れないという生徒はいると思います。(それは音楽についても、美術についても言えることです) そういう生徒は、5教科の方で1を取ってしまうのと同じインパクトがあることになります。実技科目で3を2つもらってしまったら、都立のトップ校は受けることすらできなくなってしまうような状況なのです。
(次回に続く…)

都立高校入試改革の骨子決まる!<その1の訂正>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2014年1月25日 5:58 PM
  • 未分類

昨日書いた内容で1点誤りがありました。お詫びして訂正させていただきます。

〇一般入試の面接について、必ず実施することになるのは「定時制」の高校のみでした。全日制の方は、小論文と同じように、「実施することができる」という扱いでした。

本日は、朝からずっと体があかないため、これ以上の更新ができそうにありません。
明日行われる都立高校の推薦入試に向けての最終確認が一番重要なのですが(この後の時間もまだ続きます)、3クラス分の授業もあり、その合間に入塾面談等が入っていて、机に座ることができない状況です。まぁ、この時期の塾講師は忙しくて何ぼの世界ですので、ありがたいことですが…

都立高校入試改革の骨子決まる!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2014年1月24日 5:24 PM
  • 未分類

都立高校の入試制度は、次年度(今の中2)から大きく変わることが決まっていて、このブログでも変更点の予想を書いたりしてきましたが、本日都教委からその骨子が発表となりました。その内容を確認して、私はしばらく唖然として固まってしまいました。私の予想の中では、最悪のケースとして書いていたような内容なのです。関係者の皆さんは、ちょっと覚悟して読んでください。

まず、次年度からとしていた変更を1年先送りして、2016年度入試から変更することになりました。今の中1生が受験する年からです。今の中2生は、現行の入試制度のままということになりました。なぜ1年遅らせたかと言うと、あまりにも影響が大き過ぎるため、周知徹底するのに時間が必要だからということです。都教委も、受験生に大きな影響があると考えているということです。

推薦入試については、昨年から大きな変更を行いましたので、この形のまま進めていくことになりました。推薦枠の20%も変わりません。全校で集団討論と小論文を引き続き実施します。集団討論や小論文のテーマについて、より妥当なものにしていくように改善するとのことです。

問題は一般入試の方なのです。箇条書きの形で列挙します。

〇全校5教科入試とする。
〇内申点と当日点の比重を全校3:7とする。

ここまではいいですね。問題はここからです。

〇一般入試でも全校で面接を行い、一定の点数化を行う。(配点はまだ発表になっていません)
〇一般入試ても、小論文を実施することができる。(もちろんこれも点数化)
〇内申点について、実技教科の点数を1.3倍から2倍に変更する。(つまり、主要5教科が25点、実技教科が40点ということになります)
〇一部の高校で実施している特別選考枠を廃止する。(今まで、進学重点校のほとんどで、本番の点数のみで合否を決める枠が1割ありました。これがなくなるということです)
〇自校作成問題は今年から廃止となり、グループ作成となりましたが、ここについては今回は言及されていません。しかし、全校共通問題化の検討もされているようです。

簡単にまとめると、中学校の内申(特に実技教科)重視、人物重視の方向にいち早く舵を切ったということです。今の中1生は、大学入試においても、センター試験の廃止・面接等人物重視の方向性での変更がほぼ決まっています。それを先取りした感もありますね。
いずれにしても、子供たちには大きな影響が出ることになります。ここについては明日からじっくりとお伝えしていきます。
(次回に続く…)

進路決定第1号!

昨日・今日で、私立高校の推薦入試(A推薦・単願)の合格発表が続き、進路が決定した生徒が何人か出始めました。合格した生徒は、第一志望校ですから無茶苦茶嬉しいはずなのですが、高校受験が終わって緊張感から解放されたという安堵感の方が大きいようで、至ってクールな感じです。まだこれから入試が続く仲間たちに配慮している気持ちもあるのかもしれません。
GSには鉄の掟かあります。この時期に合格が決まっても、2月末までみんなと同じように授業に参加して、勉強を続けることです。高校入学後のことを考えると、推薦入試で決まってしまって、1ヵ月も早く「真剣な勉強」からリタイアしてしまうと、ろくなことがないことが明らかだからです。まぁ、そんなことを強制しなくても、みんな最後まで通って来ると思いますけど… GSのことを好きですから…

都立高校推薦入試応募者はさらに増える!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2014年1月23日 10:27 AM
  • 未分類

昨日は都立高校推薦入試の出願日でした。毎年都内の中3生の4割くらいが受験をする一大イベントとなります。推薦入試という名前がついていますが、内申の出願基準がないため、極端なことを言えば誰でも受験することができるのです。
今年も、昨年より受験者を増やすことになりました。普通科だけで見ると、昨年より700名近く応募者が増えています。全体の倍率は、昨年の3.21倍から3.24倍と微増となりました。昨年から、原則すべての高校で小論文と集団討論を実施することになり、対策に時間を取られるため受けにくくなったのですが、その形式がだいぶ分かってきたため、受験生や塾等指導する側にも安心感が出てきたのかもしれません。

やはり、人気校はかなり高い倍率となるところが多いです。主だった高校の倍率を列挙すると…

日比谷   男子…3.1倍 女子…3.8倍
西     男子…3.5倍 女子…4.2倍
国立    男子…3.1倍 女子…4.9倍
立川    男子…3.1倍 女子…4.0倍
八王子東 男子…2.6倍 女子…3.7倍
武蔵    男子…1.8倍 女子…3.1倍
町田    男子…2.5倍 女子…3.5倍
小金井北 男子…3.6倍 女子…4.8倍
武蔵野北 男子…2.6倍 女子…4.1倍
日野台  男子…1.9倍 女子…2.5倍
国分寺  3.6倍(男女枠なし)

という感じです。なかなか厳しい戦いですね。どこの高校も女子の方がかなり倍率が高いのが特徴です。昨日の都立中の女子の応募者大幅減と併せて考えると、何か1つの流れが見えてきます。(このあたりについてはまた後日に…)
しかし、前述した通り、内申が全然足りない生徒も結構出願するので、内申が勝負になっている生徒の中での倍率は、この見かけの倍率の半分くらいの争いだと思っています。
入試当日まであと3日。今日も面接や集団討論の対策を行います。

ホーム > アーカイブ > 2014年1月のアーカイブ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る